FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
とんだイスタンブール 10
ポリスを呼んでくると店を飛び出したが、そんな気はさらさら無かった。
短時間で決着を付けねばならない。ポリスを探す時間が惜しい。

そこで、あの店員より背丈があり恰幅がよく実直そうな、そして英語が分かる男性を探し、値札の写真を見せ、「これはターキッシュリラか?」と聞いた。
(実は、店員たちの写真を撮ったとき、値札も撮っておいた)

当然「yes!」という。

ユーロではないことを再確認するや、私はその男性に「店へ一緒に来て助けてくれ」とだけ言い、詳しい説明もせず、有無も言わせず、腕をつかみ引っ張るように店の中へ連れ込み、値札を差して
「これはターキッシュリラか? 彼(店員)はユーロだというのだが?」
と問うた。
そのとき、店員の顔がグニャッと崩れた。苦笑い、敗北の顔だった。

そのあとの展開は速かった。オーナーと呼ばれていた男は、何の弁解も説明もせず直ぐに100ユーロを私たちに渡し、お釣り30ユーロと品物が入った袋を受け取った。

あくどい店

私たちは意気揚々と、この店を後にした。勝利感に包まれて。
数分も経たなかったと思う。オーナーがわざわざ追いかけてきて、私たちに、こう叫んだ。
「you are stupid!」
むろん私は、その男を指さし、同じ言葉をゆっくり区切りながらぶつけ愚弄した。

この旅でトルコ人から受けた数々の親切や出会い、心温まる思い出が、一瞬で吹き飛んだ、「とんだイスタンブール」事件も、こうして今思い起こすと懐かしく、面白かった旅のひとコマに過ぎない。

さて次は、熟女4人でのメルボルン旅行を記そうかな……


スポンサーサイト



とんだイスタンブール 9
解決のカギはユーロにあり!とひらめいた。

そこで写真の値札を指さし、「これは140ユーロなのか?」と、店員たちに再度確認した。
140トルコリラ s

すると、当然とばかりに「Yes、140ユーロ」という。

確かに「」とトルコリラの「」は似ている。でも、そんなことで騙されるものか!。

「よし!ポリスを呼んでくる」と言い残し、私は店を飛び出した。

ipadで確認すると、トルコリラが表示されず◻︎になっていますね。写真を見てください。小文字のtに、横棒がもう1本入っています。
とんだイスタンブール 8
香辛料などが入った袋と釣りの30ユーロは従兄の手に、100ユーロ札は既に引き出しの中。

頭の中で計算機が空回りしている。円換算するといくらになるんだっけ? いや待て待て、「ユーロ」と言うこと自体がそもそもおかしい。

騙されていると気づいた従兄姉たちも「取引はやめだ!金を返せ!」と怒りを露わにして怒鳴っている。
結婚してから初めて聞いた夫の怒鳴り声。
「ポリスだ!ポリスを呼べぇ~!」

それでも店員の方が強気だ。既に品物も釣りも渡してあるのだから。ニコニコ顔で私たちを店から追い出そうとする。私がこの騒動中にカメラを向けると、笑顔で写真に収まることからして、奴らは勝ちを確信していたに違いない。

押し問答は続く。しかし「ポリス」「ユーロ」「ターキッシュリラ」しか単語は通じていない……かも?!



基本的に個人情報は本人の了解を得てないときは、ブログに載せないようにしてきたが、この2人は別。皆様、イスタンブールに行ったら、香辛料店のこの2人にはご注意を!

このままでは埒があかない。違う手を考えないと!
そこで……。
とんだイスタンブール 7
70ユーロですって?
ユーロ?

1トルコリラは約50円。(2014/11/21現在、円安で53円)
1ユーロは約138円(2014/11/21現在148円)
トルコリラとユーロじゃ2.78倍にもなる。
ドライフルーツも買った従姉と合わせての値段だが、1万もするはずがない。
怪しいと、待ったをかける私。

栗売りの親子

あれこれ味見をしたり、何度も計り直したりする妻2人の買い物をじりじり待っていた夫たちが、何やらごちゃごちゃ言い合っている私の異変に気づいた。

が、現金が足りないと勘違いした従兄が
「ワシが100ユーロ持っているから、出しておくよ」と言いながら、財布からお札を抜き出した。すかさず従兄の手からお札を取り、30ユーロのお釣りを渡す店員。

「待って! そうじゃない。おかしいのよ!」と声をかけるが、間に合わなかった。
ここから闘いが始まった。

とんだイスタンブール 6
薪ストーブの店、台所小物用品の店、鍋の店など問屋街には、様々な専門店が軒を並べている。

アヤソフィア

香辛料が山盛りになっている店で足を止めると、店員が種類はもっとあるよと奥の路地へ誘った。路地を折れたところにある店には、ナツメグやターメリック、パプリカや胡椒など日本でも買えるもの以外に、魚料理、肉料理それぞれに合わせてアレンジされた塩やサラダに振りかけると美味しいという香辛料など珍しいものが色々並べてあった。


少しずつ味見をさせてもらい、数種類買おうと思った。問屋だけあって、1キロ単位での値段が付けられていたが、少しでも分けてくれるという。ビニールに好きなだけ入れ、秤でgを計りながら、3種類ほど選ぶ。

その間に、チャイというトルコのお茶を夫たちにもサービスしてくれる。にこやかな笑顔で。従姉もいくつか選び、勘定をお願いすると、
「70ユーロ」と答えるではないか。
耳を疑った。

とんだイスタンブール 5
ジャーミー(モスク)は、バザールや飲食店を開けるような造りで設計されていると聞いた。できるだけ多くの人たちが生計を立て暮らしていけるようにと。

確かにバラが美しく彩る庭の隅にある階段を降りると、喧騒の人混みが待ち構えていたり、逆にバザールの中の見過ごしそうな小さな通路がジャーミーへの入り口だったりする。

しかし今のバザールは地元の人たちだけの場ではなくなり、観光客が落とすお金も大きい。

バザール

それにしても値の付け方がでたらめだ。同じ製品が店によって値段がまるで異なる。例えば写真の小袋は、2トルコリラから5トルコリラまで。交渉すれば、値段はどんどん下がる。観光客だと足元を見られているようで、何だか不安。


そこで香辛料が欲しかった私は、バザールではなく問屋が軒を連ねる場所へ出かけた。地元の人が買うところなら新鮮で安価な香辛料が手に入るだろうと思ったからだ。ところが……。

キッチン用品の金物問屋
とんだイスタンブール 4
タロウさんが、無地のスカーフを何度も勧めるが、買う気はなかったので、
「淡い緑色が好きなんだけど、無いからいらないわ」と、それを口実に断った。
するとタロウさんは、どこかへ電話しすぐに店員を走らせた。
数分後彼が抱えてきたのは、あろうことかまっ緑色のスカーフ。



「タロウさん」と呼ばれてはいるが、トルコ人。日本語を話せても、「淡い緑」「うぐいす色」というのは理解できなかったようだ。

よし!よし!さぁ今度こそ会計しようと立ち上がったとき、引き出しの奥にお洒落な柄の入った高級スカーフが見えた。

「あら? これステキねぇ」というと、タロウさんは「あぁこれは、あまり売りたくない」という。
しかも日本で買うと数十万はするのだとも。そんな馬鹿な値段あるものか!と思いつつも、今度は私の方から値段交渉をけしかけた。何度か電卓を介してやり取りし、従姉が買った無地のスカーフに近い値段まで落ちたので、財布の紐が緩むどころか、スッカラカンになっても、やったぁ!と勝利感に酔いしれ店を出た。



なのに翌日訪れたモザイク美術館の近くの店で、全く同じスカーフが、値引き交渉し買った金額とほぼ同値で棚に飾られているのを発見! 瞬く間に疑心暗鬼の渦が巻き始める。

日本語ペラペラのトルコ人が、日本人スタッフのいる店を紹介し、そこでまた日本語ペラペラの「タロウ」という日本人っぽい呼び名を持つオーナーの店を紹介する。「日本」というキーワードで安心感を引き出し、お金も財布から出させる。
何だか、そんなトリックにはまったような気がしてならない。

彼らはヤギのヒゲで編んだスカーフというが、それも怪しいもんだ。

でもこれは「騙された」とは言いきれまい。あくまでも推測の範囲。
しかし、したたかでやくざなトルコ人もいることは記しておかねば!次回は其奴らの話。


とんだイスタンブール 3
偶然会った日本語ペラペラのトルコ人が、イスタンブールのグランドバザールは偽物が多いので買わない方が良いと言う。日本人の奥さんと結婚して白髪が増えたと前に紹介したあのトルコ人だ。

彼は、奥さんがトルコへ来ると必ず寄るという裏通りにある小さな店まで連れて行ってくれた。そこには素敵な日本女性のスタッフが‥‥。不思議なもので日本人というだけで信頼度がグ~ンと上がる。

従姉は山羊のヒゲで作ったというスカーフを、私もついつい娘や嫁になるかもしれない息子の彼女に小さなトルコ石を買った。もちろん値段交渉をし安くしてもらって。


帰りがけ、その日本人スタッフが、日本の芸能人が必ず寄るという食べ物関係の土産屋タロウさんの店を紹介してくれた。

彼らのアドバイス通り、グランドバザールでは観光だけを楽しみ、タロウさんの店へ向かったのは言うまでもなかろう。

確かに店の壁には、よくTVで見かける芸能人とタロウさんが一緒の写真がいっぱい貼ってある。


人間、信じ込み1度財布の紐が緩むと怖い。いくら半額と言っても我が家にカラスミは高級食材。なのに、日本で買うと6000円はするというカラスミを半額以下で、また香辛料やドライザクロなどをいくつか買い込んだ。

さぁ会計してと思っていると、タロウさんがスカーフもあると広げ出した。たくさん買ってくれたから安くするという。

タロウさんは、従姉が買った同じスカーフを、さらに安い値段で提示した。もちろん私達は買った値段など口にしていない。

え?とまたまた心の中の財布の紐が緩み出した。ところが‥‥。
とんだイスタンブール 2
犠牲祭の日で満室だったのか、私らのヨレヨレ姿を見くびられたのか、部屋は半地下だった。

しかもエントランスの階段下なので、人の上がり下りの音やおしゃべりがうるさい。ベットに毛布がなく、疲れきった夫は早々とシーツに包まって眠っているが、私は寒くて眠れない。毛布をもらいたくても電話も無いからフロントまで行かなくてはならない。

きっと新たに増設した部屋なのだろう。
明かり取りの窓から人の足が見える。階段の段下が明かり取りなのだ。朝、箒で掃除をする音で目が覚めるなんて。

あまりのひどさにチェックアウトのとき、文句をタラタラ述べ、地方を周って帰って来たときは良い部屋になるようその場で予約を入れてもらった。


とんだイスタンブール 1
パムッカレから無事イスタンブールへ戻り、2泊した。最初に泊まったホテルに、大きなキャリーバッグを置かせてもらい、地方を周ってきたのだ。

従兄姉夫婦と私たちの部屋があまりに格差があったので、地方へ旅立つ前に、戻って来てからの2泊は2部屋とも良い部屋にしてと、その場で部屋を抑えてもらった。

楽しみにチェックインすると、とても同じ値段と思えない広くてステキな部屋だった。

ちょうど犠牲祭ということで、満室だったのかもとは思うが、あの部屋はひどすぎた。

どんな部屋かって?



素晴らしいジャーミーの写真を挟みながら、とんだイスタンブール編を綴ろうと思っています。
パムッカレ 3
パムッカレから空港まで1時間。マイクロバスに乗り込むと、何と日本人が私たち以外に5人もいた。新婚らしき若いカップル、60代後半と思われるご夫婦と男性。

5つ星ホテルを泊まり歩くというシニアご夫妻は、「今回の旅は憤懣やるかたなしだ」とぼやく。聞くと、国内の空港や最寄りの駅からホテルまでの送迎などに、旅行費用と別に30万を旅行業者に払ったのに、まさかこんな混載バスに乗せられるとは思わなかったのだと。昨日もパムッカレのオトガル(バスステーション)からホテルまでの送迎を頼んでいたのに、1時間も待たされ、挙句に自腹でのタクシー移動だったそうだ。
パムッカレ 夕陽にパラシュート
写真をクリックしてみてね

「トルコが嫌いになったわ。2度あることは3度あるというから、飛行機が飛ばないとか、フライトに間に合わないとかになるんじゃないかしら?」と奥さん。
などなどナイーブな発言の連発……。

20分ほど走りホテルの前で停まった。『あれ?まだ乗るのかな?』と思っていると、新婚カップルがバスを降り、再度乗り込んできた。席に着くや
「すみません。私たちのバッグがホテルに置き去りにされていたので、取りに寄ってもらったんです」と恐縮するばかり。
バス会社が荷物を事務所まで運んで置いてくれるという約束だったのに、忘れられていたらしい。ホテルは空港と逆方向にあったので、往復で40分ほどロスをしたことになる。
まさかシニア奥さんの不安的中か?……。

「大丈夫ですよ。国内便なんだし、15分前に着けば乗れますよ。シドニーで10分くらいの乗り換えでもOKでしたよ。」と、新婚さんに聞こえるように「大丈夫!」を繰り返す。

ところがさっきまで晴れていたのに、急に暗くなり雨が激しく車の屋根を叩き始めた。すると思い出したように、奥さんが「大丈夫かしら? 間に合わないんじゃないの?」という。
「大丈夫、大丈夫ですよ」という私。ご主人が「今回は福の神が付いているようだから大丈夫だよ」と、奥さんに言葉をかける。福の神って??

空港に到着すると、雨は上がっていた。チェックインにも、たっぷりとは言えないけれど、間に合ったし、やはり福の神が付いているかも……

パムッカレ 2
石灰棚の中に入れる場所は限定されている。しかも素足でなければならない。不謹慎にも侵入禁止場所で写真を撮ろうとする若者たちに、警備員が笛を鳴らし叱っている場面を何度も目撃した。

石灰棚の入口まではホテルのオーナーが送ってくれたが、帰りは石灰棚の中を、しかも水ではなく温泉湯が張っているところを歩いて降りることにした。もちろん許可されているところのみを通って。
パムッカレを歩いて降りる

途中、湯の底の土をペットボトルに集めているおばちゃんに会った。ウズベキスタンから来たそうだ。この土を顔に塗るときれいになるのだと自分の顔に塗りたくる。
お互い拙い英語だが、娘さんが日本に留学しているとかで、しばらく同行した。
パムッカレ 夕焼け

パムッカレ 羊
夕食後、歩いてホテルまで戻る途中に見かけた羊たち。

パムッカレ 1
翌朝、パムッカレまでバスで移動。デニズリで乗り換える予定だったが、直行するバスがあった。事前に値段を調べてあるので、少し多めに吹っかけられても、正規の値段に交渉できる。2時間半ほどで到着。
枯れたパムッカレ
旅の広告や雑誌で見るのと違い水が無い。なぜ??

ところがバスを降りるや、うっかり客引きに捕まってしまった。
日本語で、「ホテルはどこですか? あぁそのホテルのオーナーは私の従兄です。」
これにひっかかった。

なぜウソと分かったのかって? ホテルのオーナーに従兄かと確認したら、
「NO!親戚は僕にとって大事な人たちだ」と、あたかも『あんな奴らと一緒にされては迷惑』と露骨に不愉快な顔をしたからだ。
パムッカレ 水のあるところ
環境保護のために、水を流す場所を定期的に変えているそうだ。

話を戻すと、事務所の中へ連れ込まれ、片言の日本語と英語で
「今日はヒエラポリス(石灰棚)へ行く? 往復送迎を付けよう、素晴らしいエステもできる良いハマムもあるよ。お客さん、そこが絶対いいよぉ~。肌がすべすべになるよ」と自分の腕を擦る。

「ハマムはもう体験したし、私らおばさんたちにはエステは不要よ」と返すが、なかなか引き下がらない。

そこで、明日の空港までのバスチケットが買えるか聞いてみた。すると1人35トルコリラという。事前の調べだと、確か1人30トルコリラのはず。これで信頼の糸がプチンと切れた。
「30なら買うけど、35というなら結構よ。」

結論としてその値で手を打ったのだが、今考えると1人30トルコリラは高い。カッパドキアからカイサリにあるヒルトンまでの送りが1時間くらいかかって4人で50トルコリラ。あの親切な伯父さんにのせてもらったセルチュックまでのバスも4人で40トルコリラ。
しかし考え方によれば、タクシーという手もあるが、乗合バスだからこそ味わえる面白さがあるかも。それこそお金には変えられないことが……。

パムッカレ温泉
底に遺跡が横たわっている温泉。従兄夫婦は入ったが、夫は値段を聞き、私は日焼けを気にして諦めた。何せ1か月後には娘の結婚式が……。入り口には日焼け止めクリームもダメと書いてあるし