FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
メルボルン熟女4人旅 10
1~3泊くらいなら女友達と旅することはままある。
4人で10日間もとなると、ちょいっと工夫が必要だ。

日本人女性は、譲り合うという美徳を持ち合わせている。
これが意外と厄介。

例えばエキストラベッドがあるホテルの場合、
「私が……」の主張合戦に陥りかねない。

そこで、ベッドを優先して選べる権利を順番で回すことにした。
じゃんけんというのも面白いが、毎回負け続ける人がいると、譲り合う美徳合戦が始まる。
正解だった。疲れてホテルに戻っても、数分で自分の居場所が確保できる。

実
貝殻がくっついているような木の実。

ホテル選びも工夫した。

今年もあと30分ほど。拙文ブログにご訪問くださりありがとうございました。
来年こそ世界中に平和が訪れますように。
佳い年をお迎えください。
ps まだメルボルン旅行は続きます!

スポンサーサイト
メルボルン熟女4人旅 9
翌日は、メルボルン北部を通り、ヤラバレーというワイナリーで有名な街へ向かった。

4人で交替しながら運転したのに、何故か私が運転している時に引っかかった。

スピード違反かって?

NO!

渋滞していたので、工事か事故だろうと思っていたら、検問だった。

全ての車を停めているようではなかった。なぜなら前の車は止まらずに通過したからだ。

なのに私にはストップの手が挙がった。
なんとアルコール検知器初体験。

もちろん問題なし!

メルボルン熟女4人旅 8
入り江付近は店が多いので明るいが、一本裏通りへ入ると街灯もない。
そこまで走って、車のライトを付けずに走っていることに気づいた。
真っ暗だった。

ところがライトのスイッチがどこにあるか分からない。運転しながら手探りであれこれ触ったり回したりするが、点灯しない。

田舎街で、車も人もないから良かったものの、危ないったらありゃしない!
と他人事のように今は言えるが、ハンドルを握っていた私にしても冷や冷やしっぱなしだった。

点灯せずに走っていると気づいた場所からホテルが近かったのが幸いした。

なぜか私が運転すると、何かが起きる。翌日も……。

大木 s
幹に注目! 下の方はこげ茶なのに、上の方は白い。



メルボルン熟女4人旅 7
翌朝、私たちは、灯台、自然林散策道、十二使徒の奇岩などのビューポイントに立ち寄りながらポートキャンベルを目指した。

6灯台からの眺望 s

7グレートオーシャン2 s

無事、3泊目のホテルポートキャンベルに付き、入り江に面したレストランで夕食。
オーストラリアでは、少量の飲酒なら運転してもOK!
例えば1時間以内でビールなら小グラス3杯、ワインは360mlまでと聞いた。

もちろん日本同様、抜き打ちのアルコールチェックが路上で行われるそうだ。

アルコールに弱い私は、ジンジャエールでここは我慢。
ホテルまでは私が運転することになっている。

DSCF8567 s

レストランを出ても、浜辺で、漆黒の海を照らす明りに揺れる波を見ながらのおしゃべり。
学生時代に戻ったような高揚感があった。

さぁ、じゃぁそろそろ帰ろうと車で走りだして、初めて気が付いた。
メルボルン熟女4人旅 6
メルボルンの市街を抜け、ひたすらグレートオーシャンロードへ先生の車について走る。
途中、先生の友人のポテトレストランでランチを食べ、子供の頃から毎年キャンプに来ていたという海岸へ寄り、あとは宿泊地アポロベイへ、のはずが、その街も通過。

いったいどこまで行くのかと思ったら、アポロベイから30分ほどポートキャンベルに向け進んだところで、左折。
地図上では灯台のある道だ。

舗装されていない道端に停まっている車が数台あった。
人々が木を見上げ何やら見つけては歓声をあげている。

コアラだ。生コアラ……いやいや動物園のコアラも生きている。
野生コアラが生息している場所のようだ。

ところが先生はそこも通過し、さらに牧場を過ぎた先で右折し、数分走ったところで停車した。
さすがに車は1台もない。むろん私たちだけだ。

静かに歩きながら探すと、いる!いる!
ユーカリの上の方に野生コアラが。
しかもどのコアラも寝てない。手足をチョコチョコ動かしたり、ゆっくり移動していたり。
なんだ? 変な動物が来たのか?と、こちらの様子を窺っているようだ。
グォーグォーと低い鳴き声も初めて聞いた。
コアラ探し 縮

コアラ s






メルボルン熟女4人旅 5
翌1日、先生は仕事をあけておいてくれた。

私たちは4泊で近郊の街をレンタカーを借り回る計画を立てていたので、アポロベイまで案内してもらうことにした。

メルボルン市内や近郊には有料道路がある。しかし日本のように起点が明確ではないので、気付かずその区間を走り、帰国後多額を請求されることがあるという。それが不安の一つだった。

左側通行、右ハンドルと日本と同じだから走行には問題ないし、先生の車が先導してくれるし、さぁ出発だぁ!と乗り込んだ。

ところが、グレードupされたFord車のエンジンのかけ方が分からない。エェ?こんな初歩段階で躓いて、この先大丈夫だろうか?と不安がよぎる。

立体駐車場には係り員はおらず、先生も、自分の車を駐車場から出して下で待ってるからと行ってしまった。

困りはてているところに偶然やって来た人に教えてもらい、ようやく路上へ。

トヨタもホンダも日産も操作方法は同じようなもの、Fordとて、と考えたのが甘かった。


今日楽しみに畑へ行って見たら、ブロッコリーの葉が鳥?虫?に食べられ茎だけになっていた。スナップエンドウの苗も枯れかけて今にも死に絶えてしまいそう。とほほ。

メルボルン熟女4人旅 4
拙文ブログを訪問してくださった方々へ
しばらくお休みしすみませんでした。暮れでもあり、年賀状やら障子紙の張替やら雑用に追われて……。
ではでは早速拙文ブログの続きを! でも少しずつ……


空港から市内までは、バスで行くつもりだった。空港からサザンクロス駅まで行けば、そこからは小さいシャトルバス〈無料〉でホテルまで送ってくれる。

しかし先生から迎えに行くと日本を出る直前にメールをもらっていた。
イケメン先生の再会に胸をときめかせながら入国ロビーを出た。が、姿がない。

「やっぱりねぇ。」
「先生は忙しいし、遠くからわざわざ迎えに来てくれるわけないわよ」
「若く美しい生徒たちならまだしも、平均年齢60歳のおばさんたちだもの……」

6月頃、メルボルンへ行こうと計画していると送ったメールに、welcomeの返信はくれたものの、その後いつどこで会えるか?と何度か質問したが音沙汰無し。そこで先生に期待せず、自分たちだけであちこちまわろうと計画を立ててきた。

だから迎えに来てくれるというのも、半信半疑だったのだ。

それでも確認の意味で電話してみると、あたかもツアー客の迎えのように、私たちのグループ名を書いた紙を掲げサングラス姿のほっそりした男性が近づいてくるではないか。

まさしく、日本滞在時からは考えられないほど激ヤセした先生だった。

後ほど、痩せた原因が明らかになる。
黄色花 s

メルボルン熟女4人旅 3
旅行時期は、ジャカランタという花が咲き乱れる春が良いということで、日本の秋にと決まった。

時期が決まり具体的に話が進むと、仕事の関係や親、愛犬の介護で残念だけど行けないという人が出始めた。私自身も娘の結婚話が急に進みだし、挙式日が決まらないと飛行機の予約を取るわけにはいかない。

やはり旅行計画は流れるかもと、誰もが思ったに違いない。

ようやく式場を抑えたのが7月半ば。
すぐにエアーチケットの手配をした。参加者は4人。
11月初旬で一番安い11/4日発で予約。

kantasu.jpg
カンタス航空

ところがホテルを予約する段に分かったのだが、1日ずらすべきだった。
連休明けの平日の方が良かろうと思ったし、確かに飛行機代も他の日より安かったのだが、メルボルン市内のホテルはどこも、到着する11/5日は高額で、2倍もした。

なんとビクトリア州の祝日で、オーストラリア最大の競馬レースがメルボルンで開かれる日だったとは、チケットを買ったときは知らなかった。一緒に行った友達から「メルボルンカップが開かれるみたいよ」と、その後で聞いたが、まさかそれほど大きな行事だとは……。確かに、異常なほど派手に着飾った御婦人方を何人も見た。

競馬レースへの意識が、日本人と欧州やその流れを持ちこんだ豪州とでは大違いということをすっかり忘れていたのだ。


メルボルン熟女4人旅 2
英会話クラス中、原則日本語は禁止! 

1時間強は会話、残りの1時間弱は、先生が用意した英文を順番に声に出して読み、分からない単語や内容について英語で聞き、英語で説明を受ける。

最初はほとんど聞き取れないし、勿論しゃべることもできないし、英字を見るだけでクラクラした。辞書を引くのだけが忙しい。終わるとドドッーと疲れが出て腑抜け状態になったものだ。

サークル仲間には、海外赴任していた人、英語教室を開いている人、学生のころ英語力を身につけるためアルバイトで駐米基地内の家庭でメイドをやった人、もっとハイレベルの原書での読書会もやっている人などなど、卓越した人の間に、5段階評価で2レベル、いや1?の私……。

しゃべるようにと促されると、ボキャブラリー不足、老化、焦り、恥ずかしさで、つい「あれ?病院って何て言いましたっけ?」と、口をついてスラスラ出てくるのは日本語。

しかし、メンバーの誰一人として、「文法がメチャクチャ!」とか「また日本語!」などと馬鹿にしないで接してくれた。
だから続けられてきた。

回を重ねるにつれ、先生が英語で説明する宇宙や生物などの話が聞き取れるようになってきた。
もちろん100%なんてありえない。何せ元は限りなくゼロに近いところが出発点なのだから。
それでも、ブロークン英語で茶々を入れるほどに、うち解けている。

ところが昨年の秋、先生が母国へ帰ってしまった。
そこで先生に会いに行こう!というのが、旅の大きな目的となった。

行先はオーストラリア。メルボルンを中心に大体8泊10日(機中2泊)。
そこまで決まったのが今年の春頃だったかなぁ。






メルボルン熟女4人旅 1
夫たちを置いて海外旅行に行きませんかと話を出したのは、去年のこと。
先生以外は女性だけという英会話サークルのメンバーで行こうというのだ。

その時は、「そんな夢のようなことできるかなぁ~」と、みんな半信半疑。
しかも旅行社のツアーではなく、個人旅行で行こうと持ちかけると、とても不安そうだった。

この英会話サークルは、十数年にも渡って、自分たちでネイティブの先生を探し、講師料金や内容を交渉してきたという。
3年ほど前、辞める人が数人出て、広報に募集を出したとか。
私は、それを偶然見て、入れてもらった数人のうちの1人だ。
人数が多すぎると、しゃべるチャンスが少なくなる。
でも少なすぎると、謝礼の負担が大きくなる。
その時、数人入ったのだが、結局残ったのは私一人で、生徒数は合計で8人。

先生はメルボルン出身の30代後半の男性だった。
人柄も頭もよく、絵も話も上手、辛抱強く下手な私の英会話にも付き合ってくれる笑顔のステキな先生と十数年続けてきたメンバーたちに惚れた。
ただ実際に英会話が始まると、学生の頃、英語に限らず優秀だったんだろうなという人ばかり。

私にとっては、逃げたい科目の一つだった。
大学の受験勉強が終われば、一生英語と関係ない世界で生きようと思っていたぐらいだ。

なのに、なぜ英会話サークルへかって?
海外旅行の面白さを知ってしまったからだ。







リース その2
赤を入れた方が良いと、リース作りを教えてくれた友達からホーリーの枝をもらった。



残ったホーリーとアイビーで。






リース
12月に入ったと思ったら、もう2週間が過ぎようとしているではないか。

熟女4人旅のDVD作成に時間がかかっている。やはり無料のソフトは限界があるなぁ。容量が大きくなると、すぐバグる。あぁイライラ‥‥。

気晴らしに作ったリース
暖かい部屋に飾ると、緑だった実の色が変化していく。



下のリースは大きすぎた。
赤い万両の実をあちこちに付けたのに、鳥に食われ寂しい。