FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
メルボルン熟女4人旅 ラスト
親友のホームパーティの前に、J先生のお兄さんが経営している工房へ連れて行ってくれた。

お兄さんは、某会社のCEOとしてディスクワークを長年やってきたが、数年前に早期退職し、フレーム工房を始めたそうだ。J先生は帰国後、大学へ通いながらここでアルバイトをし稼いでいる。

写真や絵画だけでなく、記念のTシャツやチームウェア、色々なものを入れ飾る額を作る。
Tシャツ s

私たちの写真を撮り、それをフレームに入れお土産にくれるという。
気取ってポーズをとり撮った写真をパソコンでチェック!
写真を選ぶ s

次は倉庫でフレーム材を選ぶ。
倉庫 
左右の段ボールに様々な種類のフレーム材が入っている。

フレーム見本 2s
壁面に見本がこんなに。

それぞれ好きな素材を選ぶと、カットしフレームに加工してくれる。
作業中s 作業中2 s

完成フレーム ぼかしs
      J先生と我ら熟女4人 
(肖像権の関係上、ぼかしを入れ、さらに解像度を下げてあります!)

先生はメルボルンに戻って困惑する場面にでくわすことが時々あるのだという。
日本人的なものの見方、考え方が身についてしまったので、ズケズケと言われると傷付くし、相手を慮り、意見をストレートに言えなくなったのだとも。

先生の夢は本を出版すること。日本にいる間に「禅」を通し学び、知り得たことを世界に伝えるために書くのだと熱く語る。

日本にいる時からその話を聞かされていたが、『何言ってるんだか?!』と、皆、聞き流していた。
が、メルボルンでの先生を、彼が取った行動の跡を目の当たりにすると、彼なら実現するに違いない!と思えてきた。
どんな本が世に出るのか、楽しみに待つこととしよう!

長々とお付き合いくださりありがとうございました。



スポンサーサイト



メルボルン熟女4人旅 25
お隣さんは、お母さんと息子さんの二人暮らし。

手作りのブラウスに赤いジャケット、赤く染めたショートヘアのお母さんは80歳を過ぎているとか!
ブログに紹介できないのが残念。
(はっきり顔や名前が分かる写真は、了解を得てない場合は載せないようにしているのでごめんなさい!)
60歳前後?の息子さんは、6回も日本へ旅に来ているそうだ。

2歳のお嬢ちゃんが、案内してくれる。みんなでぞろぞろとお隣へ移動。

モダンな若夫婦の家もステキだったが、お隣さん家はどこにカメラを向けても絵になる洒落た住まい。

お隣 4


お隣 3

このベッドカバーも手作り。写真だと分かりづらいが、草のような模様は刺繍。クッションも手作りレースカバー。
ベッドカバー s

お隣 2

メルボルン熟女4人旅 24
メルボルン市内まで無料区域の高速道路を走り、レンタカーを無事返却。

その翌夕、J先生の親友宅でのパーティーに招待された。
2歳の可愛い女の子がいる若夫婦のお宅。
親友の妻は、J先生の元彼女とか。
J先生とハグし合う2人に、
「元彼女なのに、いいのぉ?」と茶々を入れたくなる日本人おばちゃんの我ら。
パーティの様子
白を基調とした現代的な造り。

日本が大好きというお隣さんや、他の友達、親友の従妹も集まり賑やかに。
料理 s
料理と飲み物は一か所に。各自好きなものを好きなだけ。

お隣さんが、「うちにも来る?」と誘ってくれた。

メルボルン熟女4人旅 23
J先生の庭は、ダイナミックで自然の中に佇む安らぎを与えてくれる。

自分の背丈以上の重い木を植えこんでいるとき木が倒れ、胸が圧迫され死にかけたとか,アルバイトで稼いだお金を全部、これらの木々の購入に使ったと聞いた。

それにしてもたった一人であれほどの空間を造りあげるとは! 
その発想と行動力、そして根性に誰もが脱帽し、もう彼に教わることができないことを残念に思った。

J先生のお宅以外にも、別の日に2軒訪問させてもらった。
次回はJ先生の親友の家を紹介しよう。


メルボルン熟女4人旅 22
カーテンを開けると


花壇ではなく、森林?は言い過ぎだけど…。



決して広いとは言えないスペースだが



壊したコンクリートの上に土を盛り苔やシダ類を植え 、水も誘引し日本の禅を表現するそうだ。
メルボルン熟女4人旅 21
野生のコアラを見に案内してくれたときも、家に着く前に寄った園芸店でも、J先生は自分の庭の方が素晴らしいと自慢していた。

去年の2月から庭造りを始めたという。敷き詰めていたコンクリートを壊すところから、独りで毎日毎日取り組み、それで痩せたとか。足の悪い老いたお母さんが、キッチンからもリビングからも窓越しに楽しめるために。あぁなんて優しい息子!

そう言えば不自然にカーテンが半分閉じられている。どんな花が咲き乱れているのか?と興味津々楽しみに庭へ出てみると……えぇ?と誰もが息を飲んだ。
メルボルン熟女4人旅 20
ランチのご招待を受けていたのに、到着したのは4時。
ご自宅には、J先生のお姉さんもいらっしゃており、食べずに待っていてくださった。

広々とした平屋の建物に、お母さんとJ先生の二人住まいとか。
7~8年前に、お二人(お姉さんとお母さん)が来日されたとき、英会話サークルのメンバーが歓待したそうだ。
食事はもちろんのこと、抹茶や和菓子を振るまったり、着物を着せ写真を撮ったり、手作りの日本人形をプレゼントしたりと……。

おかげで、そのころはまだ英会話サークルに参加してなかった私まで歓迎していただけた。

メニューは、至ってシンプル。切った生野菜や買ってきたローストチキン、ハムなどを自分でパンに挟み食べるオープンサンド。


後から出してくれたデザートも、「美味しい!」とほめると
「あら買ってきたものよ、スーパーならどこでも売ってるわ」と、袋からバラバラと器に追加した。

ココナッツをまぶしたチョコゼリー?

しかしどれもとても美味しかった。
そして不思議と気持ちがすっと楽になった。
なぜかって?
いつも誰かを招待するとき、どんな料理を作ろうか? 何品用意すべきかと悩む。
が、一番の御馳走は、一緒にテーブルを囲み話をすることなんだと教えられた気がしたからだ。


メルボルン熟女4人旅 19
園芸店で小一時間ほど過ごし、一つママへのプレゼントの花鉢を買い、出発。
と、山道の途中で、急停車。

「Lizard!」とJ先生が叫ぶ。
とかげ


トカゲだ。
しかも青い舌を持つトカゲだと、J先生も興奮気味。

昨日の熟女4人旅18に写真を1枚追加しました。
メルボルン熟女4人旅 18
ランチを準備し待っているママのもとへまっしぐらと思いきや、J先生がお気に入りの園芸店へ。すでに時間は2時を過ぎている。

フェンスで囲った中に整然と並べられた苗木や花々の鉢という日本のイメージは木っ端微塵に吹き飛んだ。

宿木しているこの植物も商品。
林?ジャングル?の中に植物の苗や鉢が適当に種類分けするでもなくあちこち置かれ、通路もあるような無いような。

それでもずっと奥には温室があり、ランなどの花々が育てられていた。整然と。

先ほどの巨大宿木植物の赤ちゃんたち。
DSCF0082 s
成長するとこんな風に。
野良遊び
昨日、簡易まきストーブで、友達が作った芸術品。

木の実を炭に。
左上は椿、下左は炭化前のふうの実、下右が炭化後。宝石みたい。これらでリースを作るとか。
畑と小屋
昨日は冷たい雨でしたが、今日は風もなく3月の気温。
そこで友達にお借りしている野菜畑へ行ってきました。

唖然! 1ケ月前と大違い。
年賀状にも収穫が楽しみだと書いたのに。

茎のみのブロッコリー。


手前は枯れたエンドウ、その後ろは冬菜のはず。

鳥の餌場になっていたようです。
無農薬、有機野菜って、鳥からも守ってやらないと……だったんですね。

夫たちは、木工作業小屋を手作りし始めました。
基礎の基礎?というのも変ですが、穴を掘り、穴の底を平らにし、柱を建てる6か所にブロックと柱の足になるコンクリートの塊?を水平に垂直に置く、そこまでに2日間かかりました。


さて、いつどんな小屋が完成するか?これまた楽しみです。

簡易薪ストーブでトン汁や焼きいもを食べたり、小屋づくりを手伝ったり、枯葉を集めて腐葉土作りをしたり。
今夜はぐっすり眠れそうです。
というわけでメルボルン熟女4人旅、今日はお休みします。

メルボルン熟女4人旅 17
J先生が、自宅に招待してくれるとホテルまで迎えに来てくれた。
約束は10時だったはずだが、現れたのは12時近く……。まぁよくあることなので、動じない。

ランチを準備をして待ってくれているJ先生のお母さんのために、早く行かねばだったのに、途中、偶々通りかかった村の小さな店にちょっと寄ってしまった。羊毛のカーペットやAGUのブーツを売っている。

10分のつもりが……、4人ともあの靴この靴、黒がいいだ、グレーでもう少し小さいサイズだと倉庫から運ばせ、店中広げ散らかして、あっという間に1時間。

日本と真逆で季節は冬から春へ向かっており、羊毛のブーツはセール中。ちょうど日本人の足に合う小さいサイズばかり残っていたことも幸いし、冬が近い日本に戻る私たちには絶好のチャンス。メルボルンへ行く前にデパートで見たブーツは3倍の値段だった。むろん全員がお買い上げ!店主は笑いが止まらない様子。

下記のスリッパは、メルボルン市内へ戻ってからやはりセールで買ったもの。ブーツとこのスリッパのおかげで、今年はしもやけを患っていないし、マイナス10度のソウルも寒さ知らずで過ごせた




メルボルン熟女4人旅 16
ヤラバレーは、ワイナリーで有名。

一昨年パース近郊のスワンバレーに行ったとき、3~4箇所のワイナリーに立ち寄った。
試飲させてもらい気に入ったワインを買うはずが、ワインの良し悪しも分からず、思いっきりが悪いこともあり、ワイナリーでは1本も買わなかった。ところが買おうか迷ったワインが、空港の免税店でワイナリーより高い値で売られているのを見てしまった。

そこで今回は買う気満々でワイナリーを訪れ、私の口にあうフルーティなワインを2本GET!


ワイナリーで出会ったスコットランドから来たというご夫婦に
「休暇で来ているのか?」と聞かれ、
「毎日が休暇よ。主婦だから」と友達が答えたら、
「Domestic Engineerだね」と。
まさに物は言いようだ!



ソウル デモ参加
23年前の1月8日水曜日、ソウルの大使館前で、慰安婦への謝罪を求めてデモが行われた。

その日から毎週水曜日に行われているデモに参加してきた。


2015年最初の水曜日が1月7日ということで、誕生日ケーキも。

冬休み中ということもあり、小学生から大学生まで100人を超える人々やマスメディアも各社取材に来ていた。
日本でも慰安婦問題解決の集会や原発反対デモなどにも参加したが、いつもどこも50歳以上の人ばかり。
この違いは何なのだろう? 

80歳を超えた慰安婦さんがお二人、零下の中、厳しい表情で参加されていた。




極感のソウル
ソウルへ用事があり、3泊で来ていました。最低気温マイナス8度?10度?最高でもマイナス4度でしたが、想像していたほどでもありません。

今日帰国予定なので、またメルボルンの続きを来週から始めますね!

ソウルの体験もそのうちお送りします


7時20分。ソウルタワー。
メルボルン熟女4人旅 15
デザートに入ったのかが、ようやく10時前。
いくつかから選べて、その一つがこれ。やはり端に寄っている。
デザート s

友達の1人が、お酒を飲んでいないのに、デザートでチーズを頼んだ。
出てきたのは、チーズの数々、クルミ、緑は……ケチャップにキューリ?
チーズ s
端ではなく、まな板?の上に山盛り。
デザートなので、キューリではなく青りんごのスライスをジャムに立てて。

「えぇ??この量は無理でしょ! パンまで付いてる」

すでに10時半。
う~ん、熟女と呼ばれるような年代の私たちだけど、「大人の夜」は楽しめないわ。
早く温かいお風呂に浸かりベッドに横たわりたい。
チャッチャと料理を出してくれればいいのに……と思うようだと、5つ星には向かないんだなぁ。
メルボルン熟女4人旅 14
トルコやベトナム、マレーシアで5つ星ホテルに泊ったことはあるが、ディナーは初めて。
到着した時間が5時を過ぎていたため、8時からのディナーとなった。

おめかしして、レストラン?食堂?へ向かう。
土曜だったこともあり満席だった。

食堂 s
翌朝に撮影。

前菜だけで小1時間。
きっとお酒を楽しむ時間なのだろうけれど、飲まない私たちには手持無沙汰。
お腹がすいていたので、前菜はペロリと食べてしまい、9時になろうとしているのに、主菜が出てこな~い。

因みに、他の3人は牛肉を、私はラム肉のステーキを選んだ。
やっと出てきた料理が下記。
盛り付けが、お皿の端過ぎて、この空間に後で何か追加料理が来るのではないかと期待してしまう。
料理 s
ラム肉のステーキ

ホテル夕食 2s
最高牛のステーキ

牛の方が美味しかった! 
分け合うのは、5つ星ホテルのマナーにそぐわないかもと思いつつも……。

明日はデザートの話を。




メルボルン熟女4人旅 13
ホテルの名前はChateau Yering。
ワイナリーも併設している。

ホテル フロアs

部屋にはツインベッド、4人が座れるテーブルと椅子、それ以外にソファーまで。
ベッドルーム s

5つ星ホテルだけあって、「もてなし」の心を感じる。
テーブルの上に下記の美味なチョコレートと日本語で書かれたカードが。
チョコ s
メッセージカード s

連泊すると、1回ディナーが付く。もちろん2日間の朝食付。





メルボルン熟女4人旅 12
ツインルーム2つだと、部屋の行き来が面倒。アパートメントスタイルの良さは、集まれるリビングやミニキッチンがあること。カギの心配もなく、パジャマで動ける。一部屋1泊計算だから、人数が増えると安くなる。最大5~6人は泊まれそうだった。


バララットの街で見つけたポスト

祭日は別として、メルボルン市内中心部で泊ったホテルも、広々としていたポートキャンベルのホテルも、1泊約25000円。4人で泊ったので1人あたり約6300円。アポロベイは、少し狭かったしキッチンもなかったので、1人5800円くらいだった。
ちょうどアベノミクスの影響で大きく円安にふれ、ホテル選びをしていた時より数%高くなっていて残念!

ホテル紹介サイトを利用して、先払いをしておけば良かったのだが、ホテルのホームページから直接予約したため、現地払いとなってしまったホテルが多くなってしまった。予約した時点では、ホテル紹介サイトより、直接の方が安かったからだ。今回の場合は、多少手数料を取られても紹介サイトを利用し先払いした方が安く済んだはずだ。

しかしこればかりは予測不可能。まさか為替レートが、数か月後に円安へ大きく動くなど思いもしないもの。

2連泊した5つ星ホテルの場合、やはり直接ホテルのサイトから申し込んだのだが、半額先払いが予約条件だった。これは助かった。なにせ1人2泊で5万を超える値段だもの。半額払っておいて良かったぁ。

どんなホテルかって? 明日のお楽しみ!

メルボルン熟女4人旅 11
明けましておめでとうございます。
本年も拙文ブログをよろしくお願い致します。


早速続きを……。
ホテルの良し悪しが旅行の満足度に影響することは、言うまでもない。

旅行の楽しさは、計画する時から始まっている。どこを観て、どこの街で泊まるか、どんなホテルがいいか、4人で2~3回集まりパソコンでホテルを検索し、一つひとつ相談しながら決めた。

トラム s


1箇所以外は、リビングとキッチンが付いたアパートメントホテルにした。ベッドが4つ確保できることをホテルに直接メールで確認したが、実際に行ってみるとベッドが1つ不足しており、急遽エキストラベッドを入れてもらったことも……。

例えば
メルボルン市内 4泊
浴槽があるシャワールーム付きのベッドルームが2つ、それにキッチンとリビング。駅もスーパーマーケットも近く地の利が良かった。

ポートキャンベル 1泊
ベッドルーム3つ、広々としたリビングに使いやすいキッチン。ただシャワールームが1つだったのが、難といえばまぁ難。

どちらのホテルも洗濯機や乾燥機があったので、大助かり。

値段については、次回に!