FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
「日本と原発」自主上映 8
地元市の後援許可が下りた。
但し、条件付き。それは政治的中立であること。具体的には、映画上映以外の署名活動や講演、トークなどを入れてはならない。

許可するかどうかでもめて遅くなったと、秘書?が電話で言っていた。他の自治体から浮き上がらないよう、上の顔色を見ながらということか? 

朗報なのに、素直に喜べない、このドヨンとしたものは何だろう? 

先日、金子勝氏の講演を聞いた。声を潜めて、いつもと同じように働き生活していたら、あれ?いつの間にこんな時代になっていたの?という、あの戦前の過ちをまた繰り返そうとしていると警告していた。

そして原発については、目前に迫る電力の自由化100%が電力会社を脅かしているという。大口の企業が自分でメガソーラーやバイオマス、水力、風力などで賄い始めたら、現存する電力会社は潰れてしまう。だからその前に原発を再稼働させないわけにはいかないのだ。安いコストで地震や事故さえなければ発電できる原発に、彼らの生き残りがかかっているのだから。それは電力会社とつながっている政府のお役人たちも同じ。肝心な廃棄物問題、事故やテロ対策は、先送りにして、ともかく1台でもと必死らしい。

スポンサーサイト



拙書が…
今日、用事があり都内へ出かけた折、リブロとジュンク堂へ寄ってみた。
話題のピケティも気になったのだが、パラパラと見て断念した。
私には難しすぎる。

ふと店舗内の検索機で、拙書『母乳指導の算』を調べてみると、在庫があると出た。
下記はリブロ。

『母乳で育てるコツ』の右3冊目、黒の帯が拙本。

もう4年も前に出した本なので、置かれて無いかもと思っていた。
久保田先生から、『「カンガルーケア」と「完全母乳」で赤ちゃんが危ない』を出版したと電話をいただいたので、もしかしたら先生の新しい本出版にあやかって、かもしれない。

ぜひ多くの母親たちやこれから出産する人に、そして助産師さんたちに読んでもらいたい。母親と赤ちゃんを「母性」という情で追いこむ完全母乳指導の誤りに早く気づき、救ってあげてほしいからだ。カンガルーケアや完全母乳指導を一生懸命に推進しているのは、産婦人科医というよりも看護師さんや助産師さんが中心と聞く。

因みにジュンク堂では、医学書のところに置かれていたので、早速店員に、母親たち向けの一般書売り場に移してほしい,
そして医学、看護関係者用の棚には『母性教育の歪み』を置いてほしいとお願いしてきた。さて、次回どうなっているかな?
久保田先生の本(写真では『母乳で育てるコツ』の左隣にある本)も必見です! 
「日本と原発」自主上映 7
今日は、教育委員会で後援を付けるか否かの審査日と聞いていたので、久々にドキドキした長~い1日だった。
合格発表のような……あのドキドキ感。

なぜなら、もしかしたら「反原発」というだけで、はじかれるのではないかと心配していたからだ。
文科省が「放射線服毒本」…あゃ間違った「副読本」の見本を、各学校に送り希望をとっているらしい。
「小学生のための放射線副読本」「中学生の…」「高校生の…」と教師用指導書まであるとか。

内容は、放射能研究が核兵器に使われたことや原爆、また原発事故には触れず、下記のような記述が並ぶ。
「放射線は身体を通り抜けるため、からだにとどまらない」
「万一汚染されたら、シャワーを浴びたり洗濯すれば洗い流せる」
「放射能から身を守るには、長袖の服を着たり、マスクをすると防ぐことができる」
「ドアや窓をしめ、換気扇の使用を控えるのも大切だ」
「時間がたてば放射線物質は地面に落ち、空気中に含まれる量が少なくなるので、マスクをしなくてもよくなる」

原発事故がもしかしたら再び起きるかもしれないけれど…っていう前提に立った、新たな安全神話刷りこみでは?
おかしくないですか?! この論理。
なぜそれほどまでして原発を再稼働しようとするの?

その理由がちょっと見えてきた。
次回、その話をしよう。

うれしいことに、地元市の教育委員会後援を得ることができた。
市の後援は、まだ決済できてないそうで、数日後に判明するとか。
先週、市の秘書課に申請書を出したときは、3~4日でと聞いたんだけどなぁ~??

まぁ何はともあれ後援が付いたので、今後の行動はとりやすい。


もらった梅のつぼみが、たった数日で次々と花開き、部屋の中に香が満ち満ちている。
春に向かうように、希望にあふれる未来であってほしい。
「日本と原発」自主上映 6
昨日は、ポスター、チラシ、チケットの印刷打ち合わせに御徒町まで行って来た。

パソコンで写真や文字を入れ、家のプリンターで印刷できる時代。紙の質を落とせば安く上がるんじゃないか?とか簡単に思っていたが、チラシを立てて置いてもらう場合を考えると、紙の厚さがないとダメだそうだ。また薄い紙が安いとは一概に言えず、世に多く出回っているポスターやチラシの紙が、1番安いらしい。紙の裁断やインクの種類、版を起こす否かなどでも、値段や印刷の仕上がりに違いが出るとか、業務の奥深さを知った。

ちょっと足をのばし、根津を散策。


根津教会

一度行きたかった、讃岐うどんの「根の津」。行列ができる店。私たちも外で10分くらい並んだ。お汁も油揚げの味も讃岐。ただ麺がちょっと平たい。値段はお手頃。
「日本と原発」自主上映する会 5
上映予定の会場で、2月22日に慶応大学教授金子勝氏の講演会があるという。
そこで主催団体「消費生活支援センター川越」へ、受付にチラシを置かせてもらえないか交渉の電話を数日前に入れておいた。先ほど、OKの返事。

早速チラシを作り、今このブログを書いている間に自宅プリンターで印刷。
このチラシには、同じ日に埼玉県比企郡にある国立女性教育会館での上映も書き込んだ。
比企郡でも2回上映だが、ちょうど金子氏との講演会と重なるため、夜の部のみの案内とした。

その代わり国立女性教育会館の上映受付では、私たちの企画のチラシを印刷し配ってもらうことで交渉成立。
今回配布するチラシは白黒だが、後援の可否がはっきりすれば、カラー版のチラシとポスターの作成に入る。

これは本業に頼まねばだが、知人が快く安価で引き受けてくれた。


今にも白い花が舞い落ちてきそうな底冷えに一輪の椿
「日本と原発」の自主上映 4
市内在住の賛同者が15名になり、市の秘書課と市教育委員会へ、後援の申請書を提出してきた。
申請書以外に、行事計画書、収支予算計画書、団体名簿、映画のチラシなどを添えて。
1週間ほどで結果が出るそうだ。

とりあえずちょっと一息。
結果が出たら、チラシとポスター作りに入る。

今日は春が来たかのようにポカポカだったのに、明日は雪かも……。
皆様、気温変化にご注意を!

枝垂れ梅
「日本と原発」の自主上映 3
夫は、北風が吹きすさぶ中、4時過ぎに戻ってきた。

朝、6時30分頃出発したという。

行きは背中を風に押され、よし!よし!と快調だったが、帰りは死ぬぅ~と何度思ったことか!と。
あまりの風の強さによろけ、壁にぶち当たったり、ペダルを踏む力も失せ、公園の芝生の上で大の字になって休んだり……。しかも弁当も持たず、途中で外食もせず、飲み物は公園の水だけ。
(起きたら、もう出かけた後だったので……言ってくれればお握りの1つや2つ水筒も持たせたのに……)


NHKで放送していた、「日本百名山」を一筆書きルートで、しかも徒歩、及び海はカヌーでという番組を観て、俺もと思ったが、無理だなぁ~俺も年だなぁ~と、しみじみ寂しそうにつぶやいておりました。

先ずは無事で何より



自主上映 2
「『日本と原発』有料試写会をしませんか?」のチラシと、映画の内容が書かれているチラシをセットにして、知人友人へ送付しようと、宛名書きやら、チラシの袋詰めやらの作業中、夫は横で寝ころびズッ~とテレビを観ていた。

「お願い、手伝って!」が言えない。

夜10時を過ぎようやく40部ほど作り、クロネコメール便(3月に廃止になる制度、ぎりぎりセーフ)で発送する段まで終えた。

すると、むっくり起き上った夫が
「じゃぁ、俺が近郊は配るよ」と言うではないか!

市内、隣の市あたりまでならお願いしてもいいかな?と思っていたら、
何と、自転車で片道4時間半かけ、一番遠くは都内の杉並区まで、一軒一軒、グーグルマップで家を確認し、出かけて行った。
今日は北風が強く冷たい。先ほど「今狭山」と電話があった。帰りは向かい風だ。
せめて私も昼ごはんを食べず、待つこととしよう! 煎餅をかじりながら。

う~ん、夫の根性には脱帽だ。
むろん、神奈川、鳥取や四国、神戸、岐阜や福島の友達にはメール便で。

遠方へも寝袋持って温泉入りがてら、自転車旅行ってのもありじゃないか?などとは口が裂けても言えません寒さで凍え死んでしまいます




渋谷駅ホームで
先日、渋谷へドキュメンタリー映画『日本と原発』を観に行ったとき、駅の構内で見つけた店。


いつか色々なメーカーのカップ麺を並べお湯を注ぐだけの店が出てくるんじゃないかなぁ? でもまぁ学校の文化祭くらいだろうなと思っていたけれど。まさか堂々としかも東京のど真ん中渋谷の駅ホームに出現するとは、マジ?しかも単独でとは!

中を覗くと、数人が向かい合う席で緑のタヌキや赤いキツネをズルズルと。
1食220円。


ドキュメンタリー映画「日本と原発」の自主上映 1
地元のホールの予約を今日済ませてきた。
駅から2分。収容人数147名。
上映日は4月18日(土曜)とした。
2回上映を考えている。
午後と夜に1度ずつ。

果たして何時上映に設定すれば集まりやすいか?
ポスターやチラシを何枚くらい依頼しようか?
どこに頼めばポスターを貼ってもらえるだろうか?
赤字にならないためには、大人1人1000円として80人は……そんなに集まるだろうか?
考えること、動かねばならないことは色々ありそうだが、4月に設定したので、賛同者もそのうち集まってくるだろう。

ところで……
映画のチラシを持って予約に行くと、事務の女性が何やら警戒し不安そうな顔つきで、
「いいですか? 大丈夫ですか?」と上司に相談するではないか。
何が大丈夫なんだ?福島原発事故が起きたあと、誰もが放射能の恐怖に慄き、反原発を叫んだではないか。
事故の真実を伝え、原発を維持することでのリスクを伝えるこの映画に、何の問題があるというのか!
と、唖然とした。

もしかしたらそのうち、この手の映画、いや反原発という言葉すら発することができない国になるのではないか?
そんなこと、杞憂であってほしい、いや断じてあってはならない。

具体的なことを決め、正式に映画製作者へ申請書を出したら、またご報告します!




日本と原発
昨日、2人の弁護士が作ったというドキュメンタリー映画を観てきた。

河合弘之氏が、ことの重大さと複雑さを、実に分かりやすく、でも彼の持ち味でユーモアを交えて伝える。
いかに原子力ムラが入れ子になり、抜け出せないシステムになっているかも、よく分かる。
政府や東電が、国民に対し原発必要性を解くときに使う数字のトリックも解き明かす。

2011.3.11以降の映像で何度も見た爆発の実映像は、これだったのかと改めて驚いた。

原発再稼働を前提とした様々な議論。
その背景にあるものを国民はしっかり見据えなくてはならない。
言葉巧みに騙されることがないように。

下記は、『日本と原発』の公式サイト。
2月3月の有料試写会スケジュールが掲載されている。
http://www.nihontogenpatsu.com/

この映画を地元でも自主上映しようと、今考えている。
自主上映の方法も上記のサイトに書いてある。
DVD貸出料金、チラシやポスターも破格の値段で提供してくれる。
50名以下の小さな集会なら、値段交渉にも応じてくれるそうだ。

裁判とこの自主上映による草の根運動で、原発廃止へと大きく舵を切り直しさせたい。

水曜デモ
先月正月明けの6日から3泊でソウルへ用事があり、ひとり出かけてきた。
ちょうど水曜を挟んでいたので、日本大使館前で毎週行われているデモに参加する機会を得た。

1月のソウルは極寒。最高気温がマイナスの世界。これでもかと着込み、100均で買ったホッカイロをポケットに突っ込んで出かけた。

このデモは、23年前の1月8日水曜日に始まったということで、誕生日ケーキが用意され、23の数字が掲げられていた。

しかも2015年最初の水曜日ということもあったのか、メディアも数社来ており、カメラを前にアナウンサーがマイクを持ちレポートする姿があちこちで見られた。

90歳近い元慰安婦のハルモニがお二人、寒い中デモに参加されていた。
冬休み中の小学生から大学生まで男女数多くの若者がハルモニを守るように囲んでいる。
日本でデモに参加するのは、中高年ばかり。慰安婦さん問題に限らず原発問題でも憲法改悪反対デモでも。


手袋もせず、真っ赤になった手でプラカードを掲げる小学生に、ポケットの中に忍ばせてきたホッカイロを渡した。
ところが、いくら振っても温かくならない。やはり100均だから? それとも冷え切った日韓関係ゆえ?

もし同じ時代に生き、自分が、または自分に関わる誰かが、慰安婦さんたちと同じ目に遭ったと考えれば許しがたい思いで腸が煮えくり返るはず。その想いのかけらほども当事者でない、そして戦争を知らない私たちには共有できまい。が、せめて全世界で同じ過ちを繰り返すことがないよう、そして凍り付いた心の楔が溶ける日が来ることを願いながら、シュプレヒコールを挙げてきた。



柚子を使って
庭の柚子を使って、今年もジャム、柚子ポン酢、柚子ローションを作った。
今年は、実が小さく、色も悪く量も少なかった。
小さいと手間ばかりかかり、とても大変で半日仕事になってしまった


友達に教えてもらった柚子ポン酢もオススメ。
鍋物に野菜のあえ物に、焼肉のたれにも合う万能調味料だ。
作り方
中くらいの大きさの柚子5個ほど。適当でよいらしい。
酢(穀物酢でよい)500mlに柚子の絞り汁を入れた中へしょうゆ1ℓを合わせる。
柚子の皮と玉ねぎ中1/3をミキサー(ブレンダーでもよい)にかけ、酢醤油に入れて混ぜるだけ。
あぁそうそう、最後にお酒を少し入れる。

柚子ローション
柚子の種を25度以下の焼酎に漬け込み2~3か月置くとできあがり。
これはカサカサ肌によく効く。
乾燥でかゆくなった皮膚やかかとにも。
お風呂上りに塗りこむと良い。



写真はまだ焼酎を買ってなかったので、カビを生やさせないために去年の暮れに作ったローションをとりあえず入れたもの。