FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
「日本と映画」 自主公演 24
昨日は一回も電話が鳴らなかった。
そんな日は初めて。
言うまでもなく、映画の予約電話。
いやぁ~寂しかったなぁ。
携帯電話はいつも持ち歩いていたし、家の電話も、夫が留守のときは、庭にまで子機を持ちだし花の水やりをしていたというのに。

昼間の残りチケットは、手元に4枚のみ。
例の地元広告誌を見て、という電話はたった2件のみ。
あまりの予想外れに、あれれ?
配布されてから、もうすぐ5日。完売しても、もう地元誌編集者から文句を言われることはあるまい。


と……、
今朝は電話で目が覚めた。

かくして残り2枚となった。むろん昼のみ。

夜がまだまだ大量にある。
夜の街でビラ配るか? 
飲み屋にポスター掲示を頼んで回るか?
スポンサーサイト
「日本と原発」自主上映 23
昨日、今日と都内で会があり、会の間はもちろんのこと、電車の中では携帯電話が使えないので映画の予約が入りやしないかとハラハラ。

普段、夫は家の電話をほとんど取らない。
私がいれば、まず取らない。
しかし私がトイレやお風呂にいるときは、とりあえず出て、子機を、トイレや風呂の中へスッと差し込む。
それも面倒に思うのか、電話が鳴りっぱなしでも知らん顔してTVやパソコンを見ていることもある。
「出てよ!」というと
「出ようと思ったら切れた」とか
「どうせ俺に用事がある電話じゃないに決まっている」
などと言い訳をする。

昨日は
「予約の電話の可能性が高いので、すぐ出て、メモ帳にお名前、昼夜の別、枚数、電話番号を記入しておいてね!」
と、何度も頼み外出した。

戻ってみると、夫の字で4件の予約注文が書いてある。
ほっ!
今日もこれから都内へ。
たぶんもう大丈夫。この映画の取り組みで少しずつ夫にも変化が、(もちろん良い方向に)見えるような気がする。
気がするだけ……かもしれないけれど。 

植えた覚えはないのに、数年前から咲きだした水仙。しかも3種類。この細く小さく黄色のみの水仙が一番遅く咲く。
「日本と原発」自主上映 22
約2週間前に桜の枝をもらった。花芽はまだぎゅっと縮こまっていた。
日に日に、蕾が膨らんでいく。

桜の花が咲いていく過程を初めて知った。
5枚の花弁がそれぞれ独立した蕾のようだ。



ついに咲いた。
まぁ小さい花びらだこと!と思っていたら……



花開いたあとから茎が伸び花弁も大きくなっていくではないか。



27日発行のはずの地元広告誌配布が始まったようだ。
今朝、その記事を見てと予約の電話が入った。
預けていたホールの事務所から20枚回収してきたので、数日は持つかな?
現時間で175枚。






「日本と原発」自主上映 21
市の大ホール事務所に、チケットの前売り販売を委託している。10%の手数料を取られるが、購入窓口があるのはありがたいこと。ところが昼、夜ともに30枚ずつ預けているのだが、この2週間で売れたのは、たった1枚。

昼の部は、私の手元にあと8枚しかない。
そこで預けてあるチケットを20枚ほど回収しておこうと、北風が吹く中自転車で出向いた。
なのに、23、24日と2連休の張り紙。

な・なんという……

地元広告誌の発行が27日に迫っている。
もちろん売れてほしいのだが、せめて27日までは昼の部の完売をおさえたい。

電話がかかる度にうれしかったのは先週まで。
昨日、今日は、電話が鳴るとドキッとする。

因みに、3/24現在で昼夜あわせて159枚。
赤字の心配はなくなった!
やったぁ~

「日本と原発」自主上映 20
ポスター掲示を店にお願いしに歩くのは、とっても大変だということがよく分かった。

賛同者の皆さんが、団地内や自治会の掲示板、行きつけの喫茶店やベーカリ、生協などに貼ってくださっている。
私たち夫婦は、まず公民館や小中高、大学などへお願いに回った。

地元市や市の教育委員会の後援がついているのに、ポスター掲示を許可しなかった校長がいたことも知り、唖然とした。
その校長の判断は何をもとにしている? いや何を懸念しているのか?

公的な場所を終え、地元の店へ飛び込みでお願いに歩く。
夫は苦手なので、当然私の仕事となる。
チラシは受け取ってくれても、「ポスター掲示はちょっと」と断られると、へこむ。

それでもポスターやチラシ配布効果で、毎日予約電話が入る。
3/22 朝10時現在、昼と夜を合わせて135枚。
昼間のチケットが手薄になるほど。

売れるのはうれしいが、不安もある。
実は、近辺の市町村に無料配布している広告誌への案内を、2週間前にお願いした。
そのときの担当者に、
「3/27日付けの紙面に掲載しますが、その時点で売り切れているということはないですよね?」
と言われ、「大丈夫です」と断言したものの、正直不安で仕方がない。
夜の方は、まだ100枚くらいはあるのだが……。


「日本と原発」 19
先週の日曜、地域のフリーマーケットに出店する友達に誘われ、私も参加した。

約1か月前にその話を聞き、準備したのは、庭のアイビーやハツユキカヅラ、下記のつる日々草(名前を教えてもらいました)などを根から引っこ抜きビニールポットに植え育てたものなど。


パキラ、アイビー、モンステラは水栽培。

1か月水栽培すると新しい根が出てくる。
それは1本20円。
ポットに植えてあるものは50円で販売した。
1本20円、これが嘘でしょ!と思うほど売れた。
まぁ全部売り切っても数百円でしたが。

ねらいは、売上よりフリーマーケットを楽しむことと映画の宣伝。
チラシを配ると、反応が色々で面白かった。

その場で「いいことやるね!」と1枚買ってくれた人もいれば、チラシを見て、
「そうだよねぇ。これは見なきゃねぇ」
と盛り上がった若いお母さんたちもいた。

或男性からは、ニコニコしながら
「何でこんなことやるの? 市議会選挙にでも出るの?」
と言われ、思いもしない発言にびっくり!
「たかが数人が頑張っても世の中変わらないじゃない!」と。

映画というより、私の取り組みに興味を示した彼と歓談する中で、しみじみ日本の国民の多くは、あきらめの境地にいるから政治に無関心になるんだろうなぁと感じた。
「日本と原発」自主上映 18
今回の映画上映関連で、娘が学童でお世話になった先生ご夫妻と再会した。
小川町である催しでチラシを150枚も配ってくださるというので、丘の上にあるお宅へお邪魔してきた。
窓から雄大な秩父連峰が見え、庭にはご主人手作りのピザ窯がある。
先だって掲載したミモザもクリスマスローズも、先生の庭で咲いていたもの。

雑草対策で、イチゴの自然栽培をしているとか。確かに雑草のようにあちこちにイチゴが広がっている。
採れたイチゴでジャムを作るのが大変なんだと言っておられた。
でも、できるものなら、そんな悲鳴をあげてみたい。
理想的な有機農法での自給自足生活。

手作りピザも絶品! ピザ窯も耐熱煉瓦を積むだけとか。
う~ん? これなら作れるかも!


「日本と原発」自主上映 17
3.11の時間、「全国一斉に脱原発スタンディング!」に地元の駅前で参加した。
B1サイズの大きな映画ポスターを夫が持ち、私はチラシを配りながら、映画のお誘い。
勿論、脱原発を訴えながら。

電車が着くとドヤドヤと人が駅から出てくる。
2時46分、平日の真昼間なのでドヤドヤといっても大した人数ではない。
それでも多勢になると、チラシを渡そうとしても、無視する人の率が俄然高くなる。
パラパラの数だと、少しは反応する。チラシを受け取らずとも。

人の心理というのは面白いものだ。



クリスマスローズ
「日本と原発」自主上映 16
先週金曜日からポスター貼り、チラシの配布、チケットの売り出しが始まった。

この1週間で、なんと99枚売れた!
やはり昼の売れ行きの方がいい。
諸費用を賄うのに、150枚は売らないと赤字だ。
もうひと頑張り

ホール使用料だけでも2万7千円ほどかかっている。それ以外に次のような費用がかかるとは……

ホールにはプロジェクターの設備ないので、自分たちでどこかから借り、客席を8席もつぶして台を置き設置しなければならないそうだ。それなのに、プロジェクタを置く台代が1200円、コンセント1つ使うと50円、机を使うと1台100円。受付用の椅子1個50円。驚くのはスクリーンを朝の試写、昼、夜の上映を3回と数え、1000円×3回で3000円も取る。スクリーンを下げたままにすればいいじゃないかと毒づきたくなる。で音響設備も同じように数えるので、ホールを借りる以外の費用で1万5千円ほどもかかってしまう。市の文化施設だが、運営を委託しているため、そうなっているらしい。せこい!と感じるのは私だけ?

ミモザ
「日本と原発」自主上映 15
3/7(土)地元のホールで開催された「愛とヒューマン」コンサートに行ってきた。
「日本と原発」の自主上映を知ったコンサート主催者から電話がかかってきたのだ。
当日、映画のチラシを入れてはどうか?と。

クミコが出演するというので、1か月前に前売りチケットは完売したという。

正直なところ電話をいただくまで、このコンサートのことについて全く知らなかった。
実はクミコという歌手さんもケーナ奏者八木倫明氏も、日本フィルオーケストラのバイオリンニスト松本克巳さんのことも、初めて知った。

「広い河の岸辺」という歌が、NHKの連続朝ドラマ「花子とアン」で取り上げられヒットしたらしい。
曲は聴き覚えがあった。スコットランド民謡だそうだ。

スタッフの1人として入り驚いたのは、コンサートのために集まったボランティアの多さ。
しかもこの「愛とヒューマン」コンサートは、20数年前から行われ470回を数えるという。

一番最初は、坂本弁護士救出支援のために、阪神大震災、中越地震、特に東日本大震災支援にはこの4年間だけで240回も演奏家たちと出かけ、避難所や仮設住宅、集会所などでコンサートを開いているとか。
その費用は東京、埼玉でのコンサートで捻出する。音楽を聴き感動した人がお金を出しあって、音楽家を被災地へ送り、生の演奏で心を癒してもらう。まさに「愛とヒューマン」コンサート!

「広い河の岸辺」はスコットランド民謡に八木倫明さんが日本語の詩をつけたもの。

沈み方も泳ぎ方も
知らないこのわたし

河は広く渡れない
飛んでいく翼もない
もしも小舟があるならば
漕ぎ出そうふたりで

クミコの声が会場の人々の心をわし掴む。

コンサートを主催する71歳の今野強ご夫妻の包容力と行動力に脱帽!
この夫妻だから、ボランティアで音楽家たちやスタッフたちが集まってくると納得。
無欲。
そっと寄り添う。
困っていれば手を差し伸べる。
笑顔を絶やさない。

素のクミコさんもまた格好いい!
写真では見えないけれど、下はジーンズの短パンにスパッツ、ブーツ。
右は八木倫明さん。お二人とも写真OKと快諾!

「日本と原発」自主上映 14
前回のブログ写真を見てもらうとわかるが、「入場券」になっている。
「鑑賞券」だよねぇ~! 遊園地じゃないんだから……。
ミスだらけ。刷り直すしかない。


新しく刷り直したチケット。
昼は通し番号を黒に、夜は赤字でプリントした。

3月5日より売り出し、今日はまだ5日目。
それなのに、もう79枚予約が入っている。
ただしそのうち61枚は昼。

夜の集客は難しそう……



「日本と原発」自主上映 13
修正液を使い、一枚ずつ2人で黙って作業。
お互いに、相手が悪い!でも自分にも非があるかもと思いながら……
・昼のチケット  夜の案内部分を消す。
・夜のチケット  16時の「1」  15時の「1」を消す。
作業中、何度も口元まで出かかっている「作り直そうよ」という言葉を呑み込む。


作業終わったチケット。やはり汚い……

翌朝、夫から「作り直すか」と言い始めた。
良かったぁ! 
「税込」も不要だとか。

「日本と原発」の自主上映 12
携帯に問い合わせが来た。
「本当に上映するんですね? うれしいなぁ。何時からですか?」

上映予告チラシを見て電話をくれたという。
2/22に埼玉県嵐山町の国立女性教育会館でこの映画を上映した際に、配布をお願いしたチラシだ。

そのとき、夫は家のプリンターで手作りしたチケットの裁断中だった。
一枚一枚定規をあて、カッターで切り取っている。
それにギザギザのローラを転がすと、ミシン目が入る。几帳面な性格の夫らしいきれいな仕上がりだ。

その電話は300枚、ほぼ終わりかけた頃に来た。

受話器を取ったのは私。
夫が朝から丸一日かけてチマチマと手作りしたチケットを見ながら、
「2回上映します。1回目は2時で、2回目は6時……」と言いかけて、絶句した。
チケットには16時とある
受話器を耳にあてながら、夫に手招きで作業中止を促す。

チラシやポスターは私が手配、チケットは夫の手作り。
まさかそんな初歩的な間違いがあろうとは

 6時もしくは18時でしょ! 
 お前が確認したんじゃないのか?
 時間を何時にすればいいか、話し合って決めたじゃない。
 俺は知らない。お前が確認しないのが悪い。
エトセトラ エトセトラ

果てはこんな言葉が口を突いて出た。
私 30年以上一緒に暮らしていれば、いい加減な性格の妻だと分かっているはずじゃない! 間違いがあるはずと確認してよ!

なんという開き直り……
「日本と原発」の自主上映 11
つ・ついにチラシとポスターが届いたぁ~!

Kプロジェクトの了解を得て、チラシ、ポスターともに画像や文言のレイアウトを変え、
チラシに載っている「これ1本で原発を取り巻くすべての問題を提起。映画ご鑑賞後ご自身でご判断ください」をポスターに書き入れた。

早速、市役所、図書館、公民館などへの掲載依頼に出かけてきた。
原発関係のポスターに引き気味の表情が、
「市や教育委員会の後援を得ています」と、
記載箇所を指さすやいなや、すんなり受け取ってもらえる。
「後援」は、「これが目に入らぬかぁ!」で有名な水戸黄門の印籠のようだ。

明日もポスター貼りに出かけよぉ~

ただチケットは……作り直すことに。なぜって?……
「日本と原発」自主上映 10
ようやくチラシとポスターが明日届く。

以前も書いたが、印刷屋のスタッフが次々とインフルエンザに倒れ、今回の仕事を請け負ってくれた知人は、48時間、72時間ぶっ通しで働き、数時間眠りまた働き続けているという。

恐ろしい状況だ。

その電話のあと3日間ほど連絡が取れなかった。ついに彼もダウンしたのでは?とどれほど心配したことか。

映画のチラシやポスターが多少遅れようと、彼の身体が大事だ。

チケットは手作りした。
これが、…まぁ何と言いますか、夫婦の関係性の表れ、私の楽観主義、適当さ、甘さが裏目に出たというか……。
「日本と原発」自主上映 9
チラシの枚数を当初2000枚と考えていた。
市や教育委員会の後援もついたので、公共施設も貼れる。
数えると、ざっと100か所くらい。10枚ずつとして1000枚。

私たちの知っている範囲でチラシを配るとしたらその程度だろう、むしろ余るかもと。
因みにホールの席数は148。2回上映で最大296名。

ところが比企郡の嵐山国立教育会館で2月22日に行った際は、2時の部は前売り完売。当日昼はお断り、夜の部でも100名を超えた人が集まったそうだ。席数は同じくらい。チラシは3000枚、チケット数の10倍は必要と聞いて焦った。

一方で先日、新座で日をかえて2回上映予定しているという団体の代表者と会えた。1000枚とか。しかし少ないので、けちけちと配っているという。悩んでいたところへ、この1週間であちこちから
「お宅の町で上映するんだって? ならチラシ400枚配るよ。」
「うちは200枚」
「コンサートのとき、一緒にチラシ入れるから460枚」
と次々と声をかけてくださった。
比企郡の上映会で配った予告版の小さな手作りチラシや、kプロジェクトから1枚150円で買った巨大ポスターに予告として4/18の上映を書き会場となるホールに貼っておいたら、それを見て電話くださった人もいる。

結局4000枚注文することにした。1枚いくらかまだ交渉できずにいる。印刷業をやっている知人が、同僚がインフルエンザで次々倒れ、48時間働き3時間眠る生活で仕事をこなしているのだと聞くと、見積もりをお願いなんて言えない。それより早く現物のチラシやポスターが欲しい。昨夜、ようやく校正原稿が届いた。最終校正せずに印刷で大丈夫かなぁ?
チラシ枚数は増えれば増えるほど支出が膨らむ。収入のMaxははっきりしている。が、Maxになる可能性は見えない。
ミスの多い私。不安が脳裏をよぎる……。

ゲラ段階のポスター