FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
野良遊び
子どもが小さい頃は、よく荒川の河川敷公園や飯能の河原で、バーベキューをした。

そういえば、ペットボトルに入れておいた洗剤を油と間違ったまま焼いた肉を子どもに食べさせ、救急病院に駆け込んだこともあった。

肉や野菜を焼きながら、何で泡が立つのかなぁと不思議だったのだが、焼く片っ端から娘と夫が食べるので、私自身が口にするまで異変に気づかなかったのだ。夫より娘が心配で、水をガバガバ飲ませ、念のため救急病院へ。
(それ以降は洗剤を持って行かない。環境にも良くないので)

昨夜、あの洗剤事件の時まだ1歳だった愚息が、数ヶ月ぶりに戻ってきた。
そこで友達の広大な土地に耕した小さな畑や、親父たちの木工小屋作りの現場を見せたく、また豚汁と焼きおにぎり、若い息子のために買っておいたカルビ肉を焼き、野良で昼ご飯してきた。


初めて見る窯に、
「え? これでやんの?」
「ここで?」と
引き気味の息子。

しかし火が熾き始めると、ようやくのってきた。
そうそう、火遊びは面白い。


スポンサーサイト



手抜き家事
1食作るときは、次の、できればその次の食事の準備も一緒にしてしまう。
例えば、もやしを一袋買ってきたら、全部茹で、昼のラーメンにのせた残りを明日のお浸し用にとっておく。
菜っ葉物も同じ。1回で全部茹で、3回分くらいに使い分ける。茹でれば冷凍も可能。

今日は、夏日だったので冷たいうどんにしようと思い、冷蔵庫を開けた。
うどんのつけ汁は、先週作ったのがまだある。うどんは冷凍が簡単で良い。
讃岐出身としては100点は付けられないが、まぁ許せる美味しさ。

夫がどこで買ってきたのか、エノキの、しかも大きめの袋が4つ、なめこ3袋、しめじが2袋冷蔵庫を占拠していた。
まぁ豆腐で埋まるよりはいいか!と思いつつ、調理にかかる。

エノキ一袋を残し、すべて2~3センチに切り、鍋の中へ。


みりん、酒、醤油を同分量入れ、煮る。水や出汁は入れなくてOK!
ぶくぶく泡が出てくるので、掬い取り捨てる。


味を見て、甘目、辛め、お好きなように醤油とみりんで調整してね。



熱湯消毒した瓶に詰め、蓋をした後、熱湯に逆さにして数分漬けこみ真空にすれば保存もバッチリ。
キノコ煮でうどんを食べると、これまた美味い!

残ったエノキ1袋の話、次回に。

野良遊び
このところ天気が良く、今日は夏日。
ちょっと前まではセーターを着込んでいたのに。

先週、久々に友達の土地(夫と友達のご主人が手作りで木工作業小屋を建築中、土地の一角に農園)へ出かけてきた。
朝から夫は自転車で、私は昼に豚汁とおにぎりを持って車で。



春の陽気で目覚めたように、広々とした土地は雑草で埋め尽くされていた。
放っておくと腰まで高くなる雑草を抑え込むため、秋に私が蒔いたクローバーもちょっと予想より成長しすぎ、車輪にからまりそう。蒔いて良かったのか悪かったのか??

畑は雑草に占領されていた。あらら……。ネギ坊主が畑の位置を教えくれるけれど……。


私はお昼だけ食べて帰るつもりが、雑草と格闘することに。


どうです!夫が植えたジャガイモが元気に育つ農園に戻りましたでしょ!

といっても、芽が出た食用のジャガイモ2個を切り分け植えたので、たった4株だけ。
「日本と原発」 36
映画予約受付が我が家の、また私の携帯電話だけだったので、ず~っと電話もろくにしなかった親不孝埋め合わせのため、桜を観に会津まで出かけてきました。三春の滝桜は残念なことに半分ほど散っていましたが、会津鶴ヶ城、芦ノ牧温泉は満開。母も大満足!


当日の様子
賛同者や友達に、スタッフ動員を募ったところ、多くの人が手伝ってくれ、朝は9時過ぎから、夜は9時近くまで、皆さん痒いところに手が届く動きで、テキパキと……。

午前中に試写。午後1時頃から受付にスタンバイすると、続々と客が集まり、会場前のスペースがいっぱいになってきた。
そこで開場予定時間の1時半より10分早く、中へ入ってもらう。

「完売」と建物入り口の看板に書いたが、
「立ち見でいいので観たい」という客が、7~8人ほど。
当日のキャンセルもあり、また機材置き場にしてあったプロジェクターの両横にも座ってもらい、何とか全員の席を確保できた。

夜も満席だったが、昼より上映開始ぎりぎりで入る客が多く、平均的に客層年齢が低い。

映画を観終わって出てきた人々の表情を見ると、高揚しているのが分かる。
私が2月7日に渋谷で観たときの
「これをできるだけ多く人に観てもらいたい。地元で自主上映会をやろう!」
あの思いなのだろう。

実際に、受付にいた私へ初対面の客が何人も声をかけていく。
「上映してくれてありがとう」
「私も地元で上映しようと思う。そのときは相談にのってほしい」
などなど。

募金箱を用意しておいたら、2万4千500円も入っていた。
収益金は13万弱。
もちろん全額寄付。

賛同者たちや、当日スタッフに入ってくれた友、全く今まで関わりを持ってこなかった数々の団体(9条を守る会、脱原発、新婦人の会、愛とヒューマンコンサート実行委員)等、多くの方々の支えがあってこその成功。感謝!感謝!その一言に尽きない。

国民が真実を知る権利、報道・言動の自由、間違っていることにNOと言える社会を保ち続けたい。
しかし残念ながら、日本は逆走し始めたようだ。



「日本と原発」35
ごめんなさい。近々当日のこと書きますね。
昼夜満席で、大成功!でした。
とりあえずご報告まで。
「日本と原発」 34
前日にあたる今日、予約希望、キャンセル、予約変更、それら問い合わせが何件あったらやら。

夕方の4時から5時が一番多く、10分置きぐらいに電話がなった。
携帯電話で対応しているときに家電話が鳴り、夫は出かけたばかりで、鳴り続ける呼び出し音に耐えかね、左手にもった携帯で
「ちょっとお待ちくださいね」と断りをいれ、
右手で家電話を取り、
「すみません。少しお待ちを」と。

群馬県から来るというメールも来た。
子どもと一緒に見たい。次世代に教えたいという若いお母さんもいた。
あぁ、この人たちにこそ観てもらいたいのに、席がない。

落ち着いた頃、今度はキャンセルが続出し、あぁこんなことなら、あの若いお母さんの電話番号を聞いておくのだったと後悔。携帯にかかったのなら、履歴が残るが、家電話にはその機能がない。
10時現在で、昼夜あわせて95.5%の予約状況。



夜の帳が降りたので、確認のために投影してみる。
が、映らない。画像が出ない……えぇ?? 
冷静な夫が焦っている。

「まっ、落ち着こうよ。そんなはずはない。正規のソフトは買ったし、お試しソフトでも映ったんだから、大丈夫!」と私。
そう、やはり念のため買ったのだ。まさかのときのために。

買ってあったから落ち着いていられたのであって、もしお試しのままなら、きっと
「ケチったから映らないんだぁ。どうすんの?明日なのに!」
とわめき散らしていたかもしれない。



原因は……プロジェクターの投影口の蓋が閉まっていたという、あまりに初歩的なことだった。







「日本と原発」 33
完売のため予約受付お断りを何人にしたか分からない。

  早く予約しておけばよかった。
  まさか売り切れるとは思わなかった。
  公民館のチラシに今日気がついた。
本当に申し訳ない気がする。

今日、鞄の中からメモ書きを見つけた。
出先で、電話を受けメモした予約だ。
エクセルの一覧表で確認すると、その人の名前がない。
しかも昼で2枚。
うぁ~!ヤバイ! 完売なのに。



こんなこともあろうかと、2席空けておいたので、なんとかなったのだが……。
不安は尽きない。
受付で、予約したはずなのに、チケットが席がないなんて!というようなことが起きるのではないか???

夜の部、手元のチケットは残り6枚。
売らずに取っておこうかなぁ……。
ドキドキ。




「日本と原発」 32
今日は久々の青空。
女子栄養大学の学生向けに、朝8時頃、1人でチラシを配りに行った。
もちろん、正門から少し離れた道路。

駅から続々やってくる女子学生に声をかけてチラシを配るが、やはり関心を寄せる学生は少ない。
自ら、手を差し出して受けてくれたのは、2人?
そのうちの1人は、たぶん教員。
さわやかな風が心を吹き抜ける。



ところが、1ヶ月ほど前に、ポスターの掲示依頼に行ったとき、
冷ややかに
「一応お預かりし、検討します」と言ったその事務職の女性が、
チラシを配る私のそばを通り過ぎるとき
「道路使用許可を取ってるんですか?」
と言った。

いやぁ~な気持ちになった。
へこむ。

「道路使用許可が必要なのは、デモとか集会とかじゃないの?」と
言い返すこともできず、スゴスゴと……。

残ったチラシはポスティングすることにした。
手元の夜の部の残席は、10。
やることはやった!と思うことにして、宣伝活動は、今日で終わりとしよう!



「日本と原発」 31
今朝、大東大学と東京電機大学の学生たちが利用する駅前で、チラシをまいてきた。脱原発東松山グループの声掛けで、一緒に参加させてもらえたのだ。

7時半 今にも泣き出しそうな曇り空。やはり学生はまだパラパラしかいない。高校生にも声をかけるが、ほとんど無視される。

8時 駅に電車が着くたびに、おびただしい学生が吐き出されてくる。集団はそれだけで無視の隠れ蓑になる。

大学専用バスは満員になり次第発車し、数分もせずに次のバスがやってくる。学生を誘導する警備員が何人も配置され、4列に整然と並んだ学生たちはバスの中に飲み込まれていく。

8時半、雨がポツポツ降り出してきたのを潮時と引き上げてきた。

百人以上の学生さんたちに声をかけたが、約1時間で受け取ってくれたチラシは10数枚?

残りチケットは、夜の部が20数枚。もう何もせずとも良いかな……、だけどチラシがある限りは!と思ってしまう……。


庭の花壇に植えたスナップエンドウ

「日本と原発」 30
前日、ブルーレイで試したとき、確かに映ったのに、翌朝になったらなぜか映らない、映せない。なんでぇ??? パソコンもプロジェクターも昨夜の位置から1センチも動かしていない。「日本と原発」のブルーレイDVDを早めに特別に送ってもらい、試したけれどやはり映らない。

真っ青になった。


都幾川 西平

実は、時を同じくして、同様のことがハードディスク上でも起きた。
ここ数ヶ月ほど「一太郎」で原稿の校正作業をしている。
普段はワードを利用しているのだが、一太郎での編集作業や文章入力作業でなければならない大事な仕事がある。

PCハードに入っている一太郎は2010年版。
それで十分なので、新バージョンが出ても買わず使い続けてきた。

ところが、ここ数ヶ月前から一太郎を立ち上げるたびに、

2015版 無料お試しキャンペーン中  購入 or 閉じる

の表示が出て、うざいなぁと思っていた。
買わないよ!とつぶやきながら、閉じるをクリック。
そのうち、表示されなくなるだろう、はやくキャンペーンよ終われ!と思いつつ。

すると、そのうち無料お試し期間残り9日というように秒読みが始まった。
あぁもうすぐ、このうざい画面が出なくなるんだなぁと、待ち遠しく思っていたら、
無料お試し期間0日の表示を見た翌朝、
今まで一太郎で保存していた資料が、すべて文字化けし、読めなくなった。

ブルーレイ以上に真っ青になった。これまで何千時間?かけてきた資料がぁ……うそぉ

こんな手段に出るとは! 一太郎メ!と 向かっ腹が立って仕方がない。
ワードもエクセルも2010で十分使えているというのに。
ワードから読めないか?テキストファイルに落とせないか? adobeではどうか?
いろいろ試したが、反応無し。

結局、2015版を、悔しいので正規ではなく一番安い店で買い、ダウンロードしたら、化けの皮がはがれ落ちたようにスラスラと読めるではないか。

つまりブルーレイも同じことだった。
娘のノートパソコンの無料ソフト期限が、よりによってちょうど前日までだったということらしい。

で、ソフトを買ったのか? 
いやいや、パソコンでブルーレイを観ることはないというので、今回のために別の会社の無料お試し1ヶ月ソフトをダウンロードし対応することにした。

まさか本番でお試し期間終わってます!ってことがないことを祈りつつ。

「日本と原発」 29
ブルーレイを映し出すことができるパソコンか、ブルーレイレコーダーが必要。

我が家のハードディスクでは可能。しかしこれを会場に運ぶのは面倒。
つないでいる線をすべて外すことはもちろんだが、なんといっても重い。

我が家にi Pad がきてからというもの、この便利さにノートパソコンはお払い箱になってしまっている。

そうだ、確か娘が去年新しく買ったはず。あれならブルーレイが見えるはず。

そこで早速娘のノートパソコンを借り、ブルーレイを入れてみる。
そこには驚くほど美しい画像が。
プロジェクターと接続し、壁に映し出してみる。
OK! よし!準備バッチリ!のはずだった。
翌日まさかの出来事が……えぇ?……うそぉ……そんなぁ!


都幾川村で
「日本と原発」 28
まさかプロジェクターがないホールとは思わなかった。

昔、もう20年ほど前に小津安二郎の映画を元同僚たちとそのホールで上映したことがあった。
だからスクリーンがあることは知っていたし、当然プロジェクターもあるものと……。

ところがテレビが横長になったように、DVD画像もアスペクト比は4:3から16:9へ変わってしまった。
つまり横長の画面になったことで、そのスクリーンも使えないことが判明した。

なんてことだ! 

で、どうするか?舞台の背壁を隠す幕に直接映すことになった。
良く見ると、あちこち破れかけている。
が、暗くなると分からないだろう、気づかないことを願うしかない。

ブルーレイを読み取ることができるパソコン探しも苦労した。
この話は次回。

「日本と原発」 27
初めて、予約を断った。
すご~く悪いというか、申し訳ないことをした気がする。

1人目の男性は、夜にするか検討してみると言ってくれた。
2人目の女性は、夜は用事があるので、立ち見でいいので、入れてほしいとおっしゃる。

そういえば、予約のキャンセルがぼちぼち出る。
そこでキャンセル待ち予約として承ることにした。

夜はまだ30名分ほど残っている。
あと10日。


「日本と原発」 26
昼の部は92%席が埋まった。私の手元には1枚しか残っていない。
市の文化会館に販売委託として預けてあるのが、その残りというわけだ。

今日、電話の主が、
「友達が当日券でいいんじゃない?と言ったけど、予約電話を入れてよかったわぁ」
とおっしゃった。

当日、どやどや……ってことは無いとしても、数人来る可能性があるのでは?
もう前売りをストップした方がいいのだろうか?
予約をせずに来た人に、「席は無いのよ、ごめんね」と言えば済むかしら?

夜の部は69%。

ただ、学生のチケットが1枚も売れていないことが残念でならない。
そこで、チラシを朝の登校時間に駅でまこうかと思う。
思う、そう思うだけで寝ている可能性の方が高いけれど……。
しかも夜のチケットだし。でも大学生なら夜でもいいかな?


「日本と原発」 25
毎日あれこれ用事があり、飛ぶように日が過ぎていく。
ポスター掲示に回る時間がない。

出かけたついでに立ち寄った店で、掲示を断られるとめげてしまう。
2軒目に足が向かない。弱い私。

市内中にこのポスターを貼りまわろうと思っていたのに。
上映まで、あと2週間しかないのに。
手元には大量のポスターが……。

しかしチケットは、応援してくださっている皆様のおかげで順調に売れている。
今日は、またまた「愛とヒューマンコンサート」で、宣伝させてもらえた。
その場で5枚売れ、昼夜合わせて76%の席は埋まった。
赤字の心配はもうない。寄付先を考えなくてはならぬ嬉しい悲鳴。

今日のコンサートのあと、どこにプロジェクターを設置したらベストなのかを試すこともでき、
プロジェクターを置く台の高さも分かった。

ポスターは他地区での上映に使ってもらうことにしようかな?



近所の公園