FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ベトナム・カンボジア 4
昨日、エアーチケットを取った。
1 成田-ハノイ
2 ハノイ-フエ
3 ダナン-シェムリアップ(カンボジアのアンコールワットがある所)
4 シェムリアップ-ハノイ(経由)
5 ハノイ-成田
5回のフライトで1人約9万1千円(税、燃料費込み)
レートで値段が変わる。先週だと8万台だったのに……ちょっと高くなってしまった。税金とサーチャージが高い。

今日はホテルの予約をした。
できるだけ連泊するようにしたが、3連泊は面白くないので、歩いて5分くらいの違うホテルに移るなど工夫した。
ほとんど5つ星ホテル。朝食付きで、1人平均1泊4,400円。

フエでは、農家を訪ねてベトナム料理を一緒に作る予定。
さぁ、明日こそ荷物を用意しなくては!

我が家のスナップエンドウ。甘くて美味。
スポンサーサイト



ベトナム・カンボジア 3
地元の市役所でパスポートの申請や受け取りができるようになった。
この便利さをこれほど深く感じるとは思わなかった。
何と、今日の受け取りまで入れて、4回も自転車で往復したことになる。



原因は写真。
夫が、「俺が撮る」と言いだした。
それはいつものことで、大概の証明用写真は夫の撮影で通過できた。
ところが、パスポートの壁は高かった。

1枚目 白い壁の前で、私も念入りに鏡でチェックし口角を上げたお気に入りの1枚。
が、壁に薄く地模様が入っているのでダメ、眼鏡に光が微かだが反射していてダメ。

それを聞き、夫は100均ショップへ走った。
買ってきた模造紙を、玄関のドアに貼り、外で撮影するという……。
人が通るので恥ずかしく、「早く撮って!」と、怒り気味のへの字顔の1枚。
念のため眼鏡も外したら、こんなに老けるものかと我ながら悲しくなる顔。

しかしパスポート係のお姉さんは大きなレンズで何度も写真を観て、
「素人のデジカメにしては、影もないし、上手ですね。解像度も少し低いですが、通る範囲ですねぇ」
「でも…」と。
でも?
「ここに何か付いているんですよ。分かります?」
そう言われて触ってみると、確かに何かくっついている。

その謎の物体は、糊だった。
夫が写真を切るとき使った定規に付いていたという。

3度目の正直で、受理されたそれは、言うまでもなく苛ついたヘの字顔。


ベトナム・カンボジア 2
カンボジアから入るか? 
いやいや、ハノイへまず行き、観光後カンボジアのアンコールワット遺跡のあるシェムリアップへ。
シェムリアップから、ベトナムのフエとホイアンの間にあるダナンという街へ飛ぶ方がいいのではないか?

と、大体のコースを立て、「地球の歩き方」サイトへ、このコースへのアドバイスをと送ったら、
なんと、ベトナムは再入国に1ヶ月を空けない場合、ビザが必要だということが分かった。



そこで、ハノイ、フエ、ホイアンと回り、ダナンからシェムリアップへ飛び、日本へ帰ることに。
カンボジアへの入国にはビザが必要だが、現地空港で取れるという。
飛行機を降りたら、4人分のパスポートと写真を持って、ビザ申告所へダッシュすれば、10分で済む。
のんびりしていたら、長蛇の列に1時間も並ぶことになる。
これらも「地球の歩き方」サイトの旅仲間からのアドバイスで知ったこと。

カンボジアはパスポート残存期間6ヶ月なので、11月に切れる私の場合、やはりカンボジアからの入国が安心。
と、思っていたら、なんとベトナムも今年の1月1日から残存6ヶ月必要になったという。

ヤバイ。結局私のパスポートでは、5日ほど不足するではないか!
そこで急いで連休明けの先週木曜に更新へ行った。
明日、ようやく新しいパスポートが手に入る。
なので、まだエアーチケットを買っていない。いや買えないでいる。
来週月曜出発予定なのに

このパスポート申請がまた大変で……。
ベトナム・カンボジア 1
先週、この旅の話が出た。
行くのは来週。
なのに現段階でまだエアーチケットもホテルも予約していない。

従兄弟の姪がベトナムのフエで日本語を教えている。
アベが言い出したアジア協力なんたら事業の一環らしい。



彼女の任期は半年。6月半ばに戻ってくることは前々から知っていた。
が、例の「日本と原発」の自主映画関係で、昨日まで残務処理でガタガタしており動き出せないでいた。
しかもフエは1度4年前に行ったことがある。
だから、まぁ行かなくてもいいかな?と思っていたのだが、声がかかると、気持ちはもう、王宮のある落ち着いた田舎街、フエに飛んでいる。なぜなら知人が住んでいる外国の地を訪れる旅の面白さは、なかなか味わえないのだもの。

去年一緒にトルコを旅した従兄姉たちと4人で行く予定。
ところが、そう簡単にことは進まない。
コースを考え、航路と到着時間を調べ、さぁエアーチケットを買おうと思ったら、なんと!

焼きお握り 野良遊び
教えてもらった通り、やってみた。
油もなし。ただ熱した鉄製のフライパンにお握りを乗せるだけ。



ここ数日、毎日余ったご飯で握り、冷蔵庫に保存しておいた。
くっつかず焼けるのかなぁ~、真っ黒になるんじゃないかなぁ~と不安。


ところがジャジャーン。色がついてきた。結構な強火。

焦げ目がついたお握りに醤油をまぶすと、表面がかたくなっているせいか、中まで染み込まず、良い感じに。


味もバッチリ。冷めても美味しい。


焼きおにぎりの作り方
野良遊びのたびに、焼きおにぎりを作るが、なかなか上手に焼けない。
美味しい臭いがして食べ頃なのに、網から離れず、力尽くで引き離すと、美味しい焦げは網に張り付いたまま。
焦げが剥がれたそれは、「焼きお握り」の名からはかけ離れ、見るからに哀れ。

先日、野良遊び友達に作り方を教わった。
・ご飯が余ったら、温かいうちに塩もつけず、小さめに握り、冷蔵庫に保存しておく。
・食べたいとき、熱したフライパンに乗せ、両面に焦げがつくまで弱火でしっかり焼く。
・焼き上がったら、醤油をまぶす。

コツは、火が通り易いように小さく握る
十分に熱したフライパンで焼く。
醤油や味噌は焼き上がってから

皆さんもどうぞお試しあれ!

手抜き家事
先日書くと言ったままになっている「エノキ」の話。友達に教えてもらったので、ご紹介!
ご存じの方も多いと思いますが……。

工場で育てられたエノキは、袋の上から根元の部分を包丁で切り落とす。
袋から出しても洗わず、お好きな長さにザクザクと切り、そのまま冷凍用の袋へ。
使うときは、凍ったままのエノキをバラバラと好きなだけ鍋へ入れる。
確か、去年椎茸で紹介したのに、エノキにも応用できることに気づかない私

ここ数日、毎朝庭のスズランを摘む。
敷地の北隅なので、雨水しかもらえず、太陽の恵みもなく、肥料など全くない土地なのに、毎年静かに密やかに小さな白い鈴をつける。