FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ベトナム 16
海外へ行くときは、必ず保険に入る。
いつも某損保〇〇のサイトから入り、個人オーダーの保険を設定する。


ハノイの郷土料理 黄色いのに野菜をまき、ちょっと辛く甘酸っぱいタレを付けて食べる。


間違っても空港の保険ブースや旅行会社または保険会社お勧めプランという高額な保険には入らない。
ネットを見ると、大概、カップルとか家族とかのプランにすれば安いですよ~という設定が先ず出てくる。
しかしそれより安いのが個人オーダー。

治療費は必ず含まなくてはならないが、それ以外は含むか否かを選択できる。
障害死亡・後遺障害および疾病死亡……死んだらそれまでだから、0円
携行品損害……盗られたり壊れたりして困るものは無いので、0円。
賠償責任……ついうっかり高価な置物を壊したときの保険。そういう分不相応な場所には寄りつかないので、0円
救援者費用……どうせ日本からわざわざ来てくれることなんてないわ!と、0円。
以上、我が家はいつも最低料金。因みに2週間で1人2000円くらい。病気、ケガの治療費のみ。

ところが複数で旅行する場合、必ず付けておくべきなのが「救援者費用」ということを、今回の件でよく分かった!
続きは次回。
スポンサーサイト



ベトナム 15
日本では発症後3日間は誤飲による肺炎を懸念し、点滴だけだというのに、
ベトナムの病院では、入院した夜から夕飯に重湯?近いおかゆが出た。

確かに飲み込みが辛そうだった。

このおかゆと牛乳が3回続けて出たときは、さすがに飽きたのか従兄弟は苦笑いを浮かべていた。
味見させてもらったが、美味しいとはお世辞にも言えない。

2日目の夕ご飯に「フォー」が出た。
米粉で作ったうどんのような、ソーメンのような……。
これは食べやすく美味しいと平らげた。


この肉とネギがたっぷりのフォーは、退院した翌日、4人で食べに行った市内有名店の品。
ただし1種類のみらしい。



3日目の回診で退院してよいと、医者の許可が出た。
しかし3泊ほどホテルで静養してから帰国という条件付き。

そこでエアーチケットの変更に走った。
ベトナム地方都市のホテルやカンボジアのホテルは初日の夜にすべてキャンセルしてある。
ベトナム国内移動やカンボジアへの往復チケットをキャンセルし、2週間後の帰国便を3日後に変更しなくてはならない。しかも従兄弟夫婦の席はビジネスクラスにしたい。

すべてのフライトは、ベトナム航空のWEBサイトから日本の自宅で予約したのだが、キャンセルや変更は直接市内のベトナム航空支店の窓口へ行った方が話が早かろうと出かけてみた。
ところが、WEBサイトからの予約変更は窓口ではできない。WEBからするようにと言い張る。

なんてことだ! ipadでチマチマするしかないのか!と、ホテルへ戻ってきたら、イケメンで英語ペラペラのコンシェルジュがいた。
すがる思いで、事情を伝えると、笑顔でこう言うではないか。
「僕の妹がベトナム航空に勤めているから、聞いてみます」と。
なんと、面倒な手間がすべて省け、すぐに予約変更ができたではないか。
なんでベトナム航空窓口でできないで、電話1本でできるのか、わからん。
分からないけれど、とりあえず日本へ戻れればいい。
感謝の言葉を述べると、彼は、「お戻りになったら、ぜひ『口コミ』にホテルの宣伝を書いてくださいね!」と。
もちろん!褒めちぎるさ!

ベトナムの医師は、飛行機に乗る4時間前に注射を打ちに病院へ寄れば大丈夫だという。
帰国し、すぐにかかった東京女子医大の医者に言わせると、
「ええ? 6日で戻ってきたの? 日本だと発症後2週間くらいは様子をみるけどなぁ~。」って。

東京女子医大で、詳細に検査し、従兄弟にあった薬を調合してもらうとぐんぐんと良くなり、幸い、ほとんど後遺症も残らず、無事自宅へ帰ることができた。

脳梗塞で倒れてもポジティブな従兄弟と、えぇ?あんな時にそんなことしていたの?とびっくりな夫の話、及び海外旅行保険の話を最後に、このベトナム編を終わろうと思う。もう少しおつきあいを!




ベトナム 14
ベトナムは元フランス領だったので、ハノイ大教会やオペラ座など、フランスの建築物がいくつも残っている。

入院した病院の名は「フレンチ病院」。
中庭があったり、ロビーなどに座り心地の良い椅子が置かれているのもその影響か。

病院のレベルの高さは、働く看護師さんたちや受付担当者が、英語をしゃべることでも分かる。
(因みに、MRIを撮った病院の受付嬢は英語を話せなかった)

しかしレベルの高さは、プライドの高さでもあるようだ。
部屋のトイレットペーパーが切れそうなので持ってきてほしいと、看護師さんに伝えると、
「はぁ? それは私の仕事ではないわ」と冷たくあしらわれた。
(部屋はトイレ&シャワー室付きと聞くとホテル並と思うでしょうが、コンクリート打ちっ放しの貧相なシャワー室)

日本語通訳もいるし、テレビ付きの個室で治療も始まり、ちょっとホッとした。
が、いくらレベルの高いフレンチ病院といっても、昭和の時代を彷彿とさせる「古さ」は否めない。
建物だけでなく、脳梗塞への危機感も時代遅れだったことを帰国して知ることに……。
DSC09285 s

ベトナム 13
受付の奥の部屋で、MRI画像を囲み、医師たちが腕組みしたまま押し黙っている。

画像が部屋の入り口にいる私からも見える。
向かって右上に白い粒が……、あれが梗塞しているのか?

刻々と時間が過ぎる。
数分だったのかもしれないが、長く長く感じる。
画像が出ているのに、医師たちはなぜ治療を始めないのか?

女医が出てきて
「さぁ入院する病院へ行きましょう」

えぇ?ここで治療ではない?
「また移動? 何分かかるのか?」と聞くと、
30分くらいというではないか!
脳梗塞発症から3時間、いや正確には4時間半、そのリミットが迫っているというのに!


ベトナム 12
両開きドアを入ると、若い女性が1人座っているだけの小さな受付。その横でストレッチャーに乗ったまま待機させられる。

奥に小部屋が見える。右は待合所。
無料で飲めるコーヒーや水、柑橘パウダーが置いてある。

左にも部屋があるらしいが、MRI検査室はどのあたり? エレベータも見当たらない。

大概、巨額を投じたMRIの機器は、奥まった部屋の厳重な扉の向こうにあるものだが……。
キョロキョロ見回しても、建物に奥行きを感じない。 

外は夏の陽射しが容赦なく地面を照りつけ、白く反射している。

看護師?技師?が、何やら従兄弟に声をかける。

固定観念が働き、検査着への着替えを求めているのだろうと思ったら、ただ、財布や携帯などポケットに入っていないかと聞いているだけだった。

そのまま、つまり自分の服のまま、従兄弟は左手部屋のドアの中へストレッチャーごと吸い込まれていった。

MRIの高価な医療機器が、ドア一枚の向こうにデンと鎮座しているのが丸見えだ。

こんな簡単なドアでいいの? ズボンにジッパーが着いていてもそのままでいいの?と、疑問符がいくつも頭の中を飛び回る。
s DSC09296

ベトナム 11
MRIを撮る病院は、SOS病院からまた30分ほど走るのだという。
時間が刻々と過ぎていく。それが不安でならなかった。
そのことを告げると、美人女医が私の手を握り、「私たちはプロフェッショナルだから、心配しないで!」と言う。
言葉を信じるしかない。

気づけば、この車もサイレンを鳴らさず走っている。
救急車の前へ、隙あらばバイクが入り込む。
そこで女医に「他の車が避けるように、サイレンを鳴らさないのか?」と聞くと、すぐにベトナム語で運転手に声をかけてくれた。
ウーウーと馴染みのあるうなり声を挙げ始める。
通りを行く人々が一斉に振り返る。
よし!よし! 1分でも時間短縮しないと……。
数年前にフランスでサイレンを鳴らす警察車両に乗ったときは、行く先々で道を譲られ信号も無視し、人や車をスレスレ掠めながらパリの街を疾走した。
(ps あのときは、私の財布を盗んだスリを護送する車に同乗したのであって、決して私が捕まったのではありませんよ。)

ところがパリや日本と違い、救急車のために道を空け停車する車は一台もない。
車は、平気で救急車と競争するかのように併走する。
前を走る車が避けないものだから、信号のたびに停車を余儀なくさせられる。
すると、何台ものバイクが車の隙間を縫うように救急車の前に陣取る。
斜め前方から逆走してきたバイクすらあった。
車と接触し、転がりそうになったバイクもある。
この国の交通法はどうなっているやら??

これではサイレンを鳴らす意味がないと思いきや、赤信号の交差点に入るときはかろうじて優先されるようだ。
が、これは命がけの感をぬぐえない。
何せ、青になると同時にバイクがアクセルをふかし突っ込んでくるからだ。

ハラハラしながらも、何とか20分ほどで到着した。
今度こそ治療してもらえるのかと期待したが、この病院でも荷を解くことはできなかった。
s P8240124





ベトナム 10
30代後半の頼もしい日本人医師が言った。
「あなたが考えているように、僕も脳梗塞だと思います。融解剤が適切でしょう。」

やはり!

「で、発症は何時? それは日本時間? それともベトナム時間で?」と聞かれ、はたと悩んだ。
あれは何時だったのか? すごく長い時間が過ぎたように思えてくる。
到着は13:30。あれはベトナム時間? それとも日本時間?
時差が2時間だから……とか、いやいや到着時間はベトナム時間のはず……、頭の中が混乱している。
医師は、私の話と従兄弟の妻の話を聞き、それを英語でパソコンに打ち込む。

「僕がカルテを作りますから、それを持って、MRIを取りに行ってください」と言うではないか!
えぇ? この病院にないの?

日本人医師に安心したのもつかの間、私たちは別の病院へ搬送されることになった。
美しいベトナム人の女医さんと一緒に。
しかし今度は赤色灯のある本物の救急車だ。




ベトナム 9
車椅子での移動を拒否した数分後、突然、そう突然赤い十字を付けた白い車が現れた。
やっぱり、空港にあったんだ。
そりゃそうだろうと思いつつ、従兄弟をストレッチャーで車内へ。

全員で乗り込み、白衣を着た医師風の男性も一緒にいざ出発。

ところが車が走り出すと、その男性が、私にスマホを見せ、「この病院でいいか?」と聞く。
病院を他国人の私に確認するかなぁ? 詳しいのはあなたでしょうに……。

スマホの画面には、「International SOS Hospital」とあった。
国際救急病院
まさに我々にピッタリの病院ではないか!
「OK! OK! Let go!」

白衣を着た男性は、従兄弟の脈をとるでもなく、血圧を測るでもなく、ただ付き添っているだけ。
車は赤色灯も無かったし、サイレンも鳴らさない。


病院には、約30分ほどで着いた。
従兄弟を降ろし、感謝の言葉を述べると、その白衣を着た医師風の男性が、私に50ドルを要求した!
医師だろうか?と疑っていたので、つい「何ですって?」と、にらみつけた。
すると「40ドルでいい!」と値下げしたではないか。
ますます怪しい。

そこで「領収書を出せば、払う」と言い、病院にいた日本語通訳の人に、お金を要求されたことを伝えた。
すると通訳の人が、その男性とベトナム語でなにやら話をし、払わなくてよいと言う。
やっぱり

なんと、この病院には「日本人用受付」や通訳、日本人医師がいた!
あぁこれで助かった、そう安堵したのだが……。


ベトナム 8
2階の出発ロビーに駆け上がりインフォメーションを見つけた私は、従兄弟の症状を伝え、救急車を呼んでほしいと訴えた。
すると、市内から空港まで30分はかかるというではないか!

待っている時間を考えると、タクシーで向かう方が早い。
そう判断し、従兄弟の元へ向かう途中で、タクシー乗り場で仕切っていた英語を話せるスタッフと落ち合った。

そのスタッフが、「僕よりもっと英語が上手な人を紹介する」という。
連れて行ってくれたのは、なんと最初に私がすがったあの優しそうな現地ツアーブースの女性だった。
彼女は、ベトナム語でそのスタッフから状況を聞き、
「理解できなくて申し訳なかった」と
私に謝ってくれた。

タクシー乗務員たちが、従兄弟たちを取り囲んで心配そうなまなざしを向けている。
その人々に向かい、
「救急車を呼んでほしい。この病気には3時間以内の投薬が重要なのだ。」と、私は何度も請うた。
ps 厳密には発症から4時間半らしい。
すると誰が連絡してくれたのか、看護師らしき女性が車椅子を押しながらゆっくりと近寄ってきた。
その悠長な動きに、私は
「NO~!」
と叫んでいた。
「救急車でないとダメなのだ! 時間がない!」と。
空港にも救急車があるはず !


ベトナム 7
空港内の到着ロビーはすでに閑散としていた。
客どころか、空港職員らしき人も見かけない。

そこで現地ツアーディスクのブースで、一番優しそうな女性に話しかけた。
  緊急事態。
  従兄弟が突然しゃべれなくなった。
  たぶん脳の病気だ。
  病院へ行かなければならない。
  一番有名な大きな病院を教えて!
  海外保険会社へ電話をしたいので、国際電話を使わせて!

有名な病院? 大きな病院? 分からないという。
国際電話はダメだともいう。
ps イタリアで夫がスリ遭ったとき、クレジット会社へ携帯で電話しようとしたらつながらなかった記憶があり、固定電話にこだわった。今、考えると、あれはクレジット会社だからコレクトコールしかダメで、保険会社へはもしかしたら携帯電話でも可能だったかも……。

私自身、焦りと戸惑いとで混乱し取り乱していたに違いない。
女性は、そんな私を警戒したのだろう。

埒があかないので、出発ロビーへ向かった。

ベトナムコーヒー
ベトナム 6
ようやく荷物を手にし、空港の外へ出る。
湿気をまとった空気が、どよんと重い。

タクシー乗り場で、値段交渉。
43万ドンという。
事前に「地球の歩き方」のブログに書かれた値段を確認してきていた私は、高いと言うが、相手は下げない。

ミニバス(ワゴン車)もあると聞き、道路を渡り乗り場へ。
タクシーのトランクに大型バック2個は厳しいと判断し、ミニバスに乗り込むことに。
西洋人の若者もすでに乗っており、発車を待っている。ちょうど私たち4人で満席だ。
荷物を積み込み、皆を座らせて、さぁ出発というとき、肩を叩かれた。
「ねぇ、ちょっと様子が変なの。ろれつが回らない……」と。

あくび
ろれつが回らない

脳だ、脳に異変が起きたに違いない!
 
「ホテルで休めば……」と言われたけれど、病院へ直行するべきと判断し、皆を降ろす。
トランクを開けて!と怒鳴ったが、側にいた客引きのベトナム人たちは誰も手を貸そうとしない。
バンバンと、トランクを叩き怒鳴る私。
ベトナム人たちにしてみれば、突然騒ぎ出した私に戸惑ったに違いない。

一番近い横になれる場所に従兄弟を寝かし、空港内へ助けを求めに走った。

ベトナムのお金は桁が多い。2000ドンは約10円。20万ドンで約1000円。市内まで、大型のタクシーで約2千数百円。
ベトナム 5
長らくご無沙汰してしまい、拙文ブログを訪れてくださった皆様、申し訳ありませんでした。
実は、ハノイに着いてすぐ、一緒に行った従兄弟が脳梗塞を起こしたのです。
では、その話を少しずつ……。

まさに飛行機のドアをまたぎ、私のすぐ後ろを歩いていた従兄弟が、急にあくびを2度した。
「生あくび」だ。
異様に感じたことを記憶している。

入国審査を終え、預けていたキャリーバッグを待つ時間が長く思え、私は先に両替へ走った。
従兄弟が「1人で両替は大変だろうから、一緒に……」と言おうとして、言葉が出なかったのだと後から聞いた。
しかしこの時点で、脳梗塞の発症にまだ気づいていなかった。

ホテルで