FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
2015 韓国 10 ソウル 5
ソウルに3泊し、地下鉄で1時間弱の水原へ出かけた。
イサンが造った世界遺産「華城」のある街だ。

8月は入場料が無料、華城内を走る観光列車(遊園地にあるようなトロリーバス?)も無料だと聞き、大喜びで列車に乗り込んだ。
日本人の女の子3人組が空席を探していたので、詰めて座らせてあげた。
「どこから来たの?」「働いているの?」などと話が弾んでいたところへ、係のおじさんが検札にやってきた。
安東からソウルまでの正式の特急列車でも検札なんて無かったのに、こんな子ども向けの列車にあるとは。
しかも笑顔一つ見せず、「チケットを見せろ」という。

「チケットって? 今月は無料でしょ?」と聞くと、無料でも整理券を受け取らなくてはならないというではないか。
乗れているんだから、いいじゃん!とごねる私たちおばさん2人。
しかし係のおじさんは、頑なに首を縦に振らず降りろという。
確かに3人組の手にはチケットが……。

かくして私たち2人を残し、おもちゃのような列車は出発していった。

むろん、すぐにチケットを受け取り、アイスを食べながら30分待った。
ナリ(形)はおばさん、気持ちは子供
なぜって? 列車の出発地点は高台にあり、終点まで歩けば1時間は軽くかかる距離なのだもの。
ナリも気持ちも、やはりおばさん



スポンサーサイト



2015 韓国 9 ソウル 4
ソウルの市場というと、東大門市場や南大門市場。
でもどちらも観光客目当ての店が多く、安物や偽物を割高で買わされることもあるので、ご注意を!

地元民の生活に密着している面白い市場は地方に限る、ソウルには無いと思い込んでいたら、あった!

今回、地下鉄1号線鐘路5街駅近くのホテルに泊まったのだが、その駅のそばにアーケード市場があった。
服地や洋服、食べ物や生活用具まで小さな店が軒を並べている。
そこへ朝出かけた。
アーケード街のど真ん中に、椅子とカウンターを出した飲食店がずらり。

山菜ビビンバを注文すると……、アジュマが料理用のボールにご飯を入れ、山積みした野菜からあれこれその上に入れる。
韓国ソウル市場1
そのボールのままで、ドンと目の前に。味噌汁もついて5000チョン。約500円。
勿論美味!
韓国ソウル市場ビビンバ






2015夏 韓国 8 ソウル 3
「冬ソナ」の撮影で有名になった中央高等学校。
正門から校庭内を覗く程度が、一般的な「観光」。

ところが散策しているうちに、正門とは真逆の位置にある裏門に着いた。
山の斜面を切り崩し、校舎やグランド、駐車場が造られているようだ。
裏門は校庭配置図を見ると、北側の一番高い位置にあり、正門は南側の低い場所にある。
低いといっても、2階建ての屋根を見下ろせるほどの高さ。
だから、もし中を突っ切らずに正門へ行くには、一度公共の道へ降り、そこから階段を数十段、さらに細い坂道を登らなくてはならない。う~ん、それは正直きつい!

むろん侵入しようなんて、大それた計画を最初から持っていたわけではない。

正門にはあった守衛室がここにはない。車が出入りするゲートはあるが、門もない。
しかも今は夏休み。

そこで、堂々と素知らぬ顔して入ることにした。

芝生が美しく整備された校庭でスポーツする生徒達。

誰に咎められることもなく、ゆっくりと由緒ある建物の前で記念写真などを撮りながら、あの正門から出た。


2015夏 韓国 7 ソウル2
「北村」。ここも最近観光地として賑わっている。
昔、両班たち、戦後はお金持ちが住んでいた場所だ。
たぶん今ごろの高級住宅地は江南地区?

しかし今でも下々の家瓦を見下ろすかのような丘陵地に豪邸が並ぶ。
もちろんまだ普通に住み生活している。
だから大型バスで乗り付けて、というような観光ツアーは来ない。
静かに歩いて!という張り紙も見かける。

三々五々連れだって、古都の落ち着いた雰囲気を楽しみにそぞろ歩く人ばかり。
その辻のあちらこちらに、染め物体験や陶芸などを楽しむ店が、古民家を改築し、オープンしている。
カフェも手作り装飾品の店もある。

フルーツカキ氷に

どのカキ氷にもぜんざいとお餅が!


またあの有名な「冬ソナ」の撮影に使われた「中央高等学校」もあり、正面玄関横には、日本人観光客向けの「ヨン様」ポスターなどを売っている店が並ぶ。今回、私たちはその高校に反対側から侵入した。
2015夏 韓国 6 ソウル1
ソウル観光というと、景福宮やソウルタワー、東大門、南大門、明洞、仁寺洞、板門店、DMZなど。
せっかくなら、旅行業者が組むツアーでは行かないようなところへ、友達を案内したかった。

そこで昌徳宮の秘苑(後苑)と北村散策を企画した。
ここはガイドと一緒でないと入れない。
10時半から日本語ガイドツアーがある。公式サイトで予約の混み具合を確認できる。もちろん予約も可能。月曜休み。

景福宮の離宮として造られた秘苑は、京都の修学院離宮のように、どこの位置に立つとどう景色を楽しめるかを計算し尽くしている美しい庭だ。


日本語ガイドの話が面白い。笑いを誘う上手な話で、90分があっと言う間に過ぎた。

私たちはその後、12時半からの建物日本語ガイドツアーにも参加した。こちらは60分。
秘苑に入る手前のスペースで、自由に見て回れる場所だが、説明を受けると当時の生活状況や文化や歴史がよく分かる。
オススメです!


2015夏 韓国5 安東2
ブログは、自分の記録だけではなく、拙文を読んで下さる方々への情報提供も重要なポイント。

安東の名物料理、前回写真を掲載した安東찜닭(ジムタック)も、この鯖定食も2人以上でないと注文できないのでご注意を。
山に囲まれた安東の鯖は言うまでもなく、保存がきく塩サバ。

ソウルー安東の移動手段
高速バス
東京の山手線のような環状線ソウル地下鉄2号線「江辺」駅前にあるソウル東バスターミナル1階の高速バスチケット売り場で16800ウォン。漢字で行先を書けば、難なくチケットは買える。安東バスターミナルは、街のはずれにあるので、そこからは市内バス、またはタクシーで移動。

列車
安東ーソウルの清涼駅(地下鉄1号線の駅と接続している)。1日2~3本。
高速バスより40分ほど長くかかるが、体験してみたい。
そこでムグファという名の列車の特別車両に乗った。料金は17800ウォン。ちなみに一般車両は15500ウォン。日本円にしたら250円くらいしか変わらない。改札もないし、指定席に座っていれば、チケットのチェックもない。
乗ったときはガラガラ。途中の駅から素知らぬ顔で座った若者たちが、数分後にやってきた車掌に追い払われていた。
たぶん彼らの座った席を指定した客は、まだいなかったのだろう。
車掌は、チケット購入のデータで見回るだけで、一人ひとりのチケットを検札しない。
だから検札のために、友達との話が遮られることも、素晴らしい景観を見過ごすことも、深い眠りからたたき起こされることもない。

高速バスも列車も3時間も乗るのに、2千円もしない。日本の交通機関は高い。
2015夏 韓国4 安東
数年前、安東の河回村を、桜並木が美しい時期に訪れたことがある。
名前の通り、河が村を囲むように流れている。

前に行ったときは、船頭さん含めて4人程しか乗れない小舟で対岸へ渡った。
実に趣があった。
対岸の小高い山の上から臨む村も必見だ。

ところが、10人はゆとりで乗れる船に変わっていた。
舟から船へ。
舟を知っているだけに、興ざめ

あまりの暑さに、歩く気力も失せ、早々に市内へ戻ることにした。


しかし韓国人の友達が一緒だったので、安東市内にある「月映橋」の夜景や、美味しいパン、安東の名物料理「塩サバ定食」や「安東ヂムタック」を味わうことができた。


鶏肉、ジャガイモ、にんじん、春雨などが入り、すき焼きのような味付け。
これで1番小さいサイズ。
後から来た客の元へはすぐ料理が運ばれて来るのに、小一時間は待った。
味付けを辛くしないで!と注文したので、最初から作ったそうだ。
大きなジャガイモが煮えるには時間もかかるはずだ。
2015夏 韓国 3
iPhoneで書くのは、画面が小さく面倒だったので、旅行中はお休みしてごめんなさい。

では続きを!
1日目は、仁川空港から安東という地方都市まで向かう。
仁川から、ソウル市内まで約1時間。ソウル東高速ターミナルがある地下鉄の駅「江辺」までがまたまた1時間。
幸い、高速バスのチケットは、待たずともすぐ乗れる便が取れた。が、バスターミナルまで予測した時間より1時間弱多くかかってしまっていた。
仁川からの移動時間が読めなかったので、サイトから予約せず、直接ターミナルの窓口で取ることにして大正解。

バスは片側2席と1席の3列。満席だ。
地方都市へは、列車よりバスの本数が格段に多い。
安東へは約3時間。
途中でトイレ休憩があるので、バスのナンバーを控えておくといいよと、側にいた小父さんが教えてくれる。


サービスエリアの駐車場には屋根がついていた。

安東のホテルでは韓国人の友達が待っている。
wifiが飛ばず、携帯での連絡ができない。
電話はつながるはずとかけてみるが、つながらない。
友達も心配して、私に電話したがダメだったという。
実は、バッテリーが少なくなっており、何とか持たせるために何度も電源を落としていたのだ。
そのタイミングのズレで電話がつながらなかったのだろう。

ホテルで心配しながら長く待っていたであろう友達は、恨み言ひとつ言わない。しかも冷やした桃を3個も持ってきてくれていた。その甘さと優しさが心にしみた。


2015夏韓国 2
前にも書いたように、エアーチケットを取ったのは、2月。

プリントしてあったeチケットをカバンに入れ空港へ向かう。

10時羽田国際空港発。成田と違い空港が狭いので、まぁ出発の1時間半前に到着すれば大丈夫だろう。

予定よりちょっと早い8時過ぎに到着。

掲示板で10時発金浦空港行きを探す。
が、ない。10時発がどこにもないのだ。

成田だった?まさか?焦る。

eチケットでフライト番号を確認し、掲示板を見ると、なんと9時発になってるではないか!

急ぎカウンターへ行く。

お客様の予約は随分前だったのですね。変更されたんですよ。

と、涼しい顔でいうではないか!

あわやのところで乗り損ねるところだった!

安東の河回村で。




韓国 1
明日から4泊で韓国へ友達と出かけてくる。夫を置いて。

毎年旅している大学時代の仲間たち……トイレ・お風呂・台所・冷蔵庫・洗濯機などを共有した友たちの絆は深い。

エアーチケットやホテルは2月に予約済み。
ところが、都合がつかずいけない人がパラパラと出て、そのあと、MARSの嵐でまた辞退者が2人。

結局、私と鳥取に住む友達との2人旅となった。
仁川国際空港で待ち合わせる。

ベッドルームが数部屋ある豪華マンション形式のホテルを予約していたが、キャンセルし、別のホテルをツインで取った。
ところが、この暑さ故か? いやいやいつものうっかりミスで、3泊しか予約していないことに、4日ほど前に気づいた。
しかも一緒に行く友達に、4泊目はどこのホテル?と聞かれるまで、3泊と思い込んでいたところが怖い。

幸い、MARSのおかげか、部屋はまだ空いていた。
田舎町で1泊、ソウル市内で3連泊。
美味しいものを食べ、ゆっくりと静かな所を選んで旅してこよう!





昨日、畑で。枝豆とオクラは初収穫!
手抜き工夫
高温多湿な時期は、カビの繁殖をどう最小限におさえるか!
しかもできるだけ手をかけずに。

まな板
重力で下へ流れる水が1箇所へ集まりシンクの中へ落ちるよう、傾斜をつけて立てて置く。
包丁
磁石で貼り付け、先から滴る水はシンクの中へ。

スポンジ
半世紀とは言わないが、数十年もの間、ずっとどうすれば一番衛生的かと思案していた。
で、やはり他のものとの接点をできるだけ少なくシンクの中へ水が落ちるには、吊すことではないかと思い至った。
紐が付いたスポンジを使ったことがあるが、シンクとの接面が広く満足できなかった。

で、今はこのスタイル。魚の目に引っかけるだけ。