FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
北海道21 温泉4 ニセコ
行きのフェリーで知り合ったライダーに、教えてもらった地元雑誌「HO」には、12か所の無料入浴券が付いている。また半額クーポンが37か所。月刊誌なので、クーポンの有効期間は1か月。

月毎に特集が組まれており、たまたま求めた月は、道東の「はしっこ」が面白いという副題で、北見、網走、釧路、根室などの温泉や「食」が紹介されていた。

しかしクーポンは全道の温泉地の協力を得ているので、どんな場所の特集月でもOKという仕組み。

今回は無料クーポンで3か所(モール湯の士幌温泉、南道の大沼温泉と岩内温泉)、そして半額クーポンを利用し、ニセコで2か所の温泉に浸かってきた。

泊まったペンションも源泉かけ流しだったので、3か所、ニセコで楽しんだということになる。
結果として3度、になった。その要因は「ヒルトンニセコビレッジ」のイケメンスタッフにあった。

なぜか「ヒルトン」の響きに弱い。イケメンにも弱い。
泊まるお金はないが、半額クーポンを使って、500円で楽しめるなら、ヒルトンの温泉に入ってみたいではないか!


スポンサーサイト



北海道20 温泉3 吹上温泉
これも旅の途中で耳にしたオススメ温泉。
場所は上富良野。

露天、無料、ただ男女混浴という……。
駐車場からダラダラと木々に覆われた坂道を下りると、川の流れる音が聞こえてくる。

と、温泉を楽しむ声とともに見えたのは……。
うう、丸見え過ぎて、近くまで降りることさえ躊躇する。
いくら恥外聞を気にしないおばはんになったとはいえ、ちょっと無理!

上の湯船に誰も入っていないのは、熱さの所為らしい。
果敢に挑戦しようとして、足をいれたものの、すぐ引き抜き退散していく若者たち。
下の湯船からそれを見上げ楽しそうに笑い声をあげる男たち。
こういう時だけ思う。あぁ男だったらなぁ~。

上の熱い湯船はガラガラだけど、着替える場所も丸見え。

北海道19 温泉2 ヨード湯
ユースホステルで出会った旅人に薦められた「晩成温泉」。
広尾郡大樹町字晩成という街にあり、雄大な太平洋を眺めながら湯につかる……のが醍醐味。
ところが、ちょうど台風の影響で、雨交じりの曇天。
荒れ狂う高波が、露天風呂の先まで押し寄せる。

ヨード泉という濃い緑色のなめらかな湯。
全国でも珍しい泉質だそうだ。

ここへ向かうため近道をしようと、336道道(県道ならぬ北海道道)からそれて太平洋沿いを走ることにした。
一台も行き交う車がなくなり、しかも海岸沿いを楽しみながら…といっても、荒れ狂う太平洋だが、それもまた希有な体験とウキウキしながらハンドルを握っていると、突然赤い大きな看板……。

あれ? 何? 夜間は通行止めってこと?と、思ったのと同時に、道を封鎖する柵が。



あわや、激突するところだった。
336道へ戻ると、脇道への入り口にも同じ看板があるではないか!
そういえば、母から昨夜「台風が来ているから、太平洋側へは行ったらいかんよ!」と電話があったんだよなぁ~。

北海道18 温泉 1 羅臼 熊の湯
知床から羅臼へ抜ける道、川沿いにある「熊の湯」に入った。
無人、無料、そして何より嬉しい男女別露天風呂。
湯は無色、熱め。
そこにこんな看板が。
北海道362s

熊の湯入浴十カ条(面白そうな条を3つほど紹介!)
一、脱衣場に入ったら何が書いてあるか、良く見て良く読んでから入って下さい。
  読む余裕がなくお急ぎの方は入浴せずお帰りください。
一、湯船に入っている人が(例えば十人いるとして)半分の人が熱いと言えば、水を入れてもよいが、二、三人が熱いと言っても、その人たちに従わなくてもよろしいです。
一、湯船を掃除しているときは、手伝いをしてください。手伝いもできないくらいお急ぎの方は入浴しないでお帰りください。
   羅臼観光協会、熊の湯愛好会


数年前に訪れたときにはなかった立派な看板。


北海道 17 旅程
始まりがあれば終わりも……、分かっちゃいるけど、やはり寂しいものだ。
旅しながら気になったことや感動したことを思いつくまま書いたので、読んで下さっている皆様方には、一体どこをどう走ったのやら??ではと反省し、また旅を振り返る意味でも書き出してみた。走行距離、北海道内だけで約2800㎞

1日目 仙台港から出航。船泊。
2日目 苫小牧着後、名寄ユースホステルまでひた走り。

3日目 オロロラインを稚内まで北上。稚内ユース2泊。


4日目 利尻島へ。
5日目 稚内からオホーツク海沿いを南下、屈斜路湖、摩周湖を見て清里イーハトーブユース泊。


6日目 知床自然センター散策、羅臼経由で釧路へ。とうろユース泊。
7日目 釧路湿原を周り、帯広の大樹町にある半田牧場へ。(近々報告します!)帯広八千代ユース泊。
8日目 富良野、美瑛へ。ふらのユース泊。

9日目 晴れた美瑛を再訪。その後旭川から大雪山へ。大雪山白樺荘ユース泊。

10日目 大雪山旭岳登山。午後函館まで南下。大沼公園ユース泊。



11日目 大沼公園、函館市内見学。湯の川温泉ホテル「啄木亭」泊。



12日目 ニセコへ移動。ペンション湯ごもりアダージョ泊。

13日目 温泉を2箇所周り小樽へ。グランドパークホテル泊。
14日目 小樽から船で新潟へ。船泊。

紅葉には早いが気候も良く、観光客がどこも少なかったので、ゆったり自然を満喫。
ところが余市を通り小樽市街地へ車を進めて驚いた。右も左も人ばかり。ウジャウジャ。

温泉情報やエピソードを順次報告しますね。

北海道 16 ユースホステルとペンション
14泊(船2泊)中、7箇所ユースホステルに泊まった。
ユースホステルが取れなかった場所では、直前割引のホテルやペンション。

どこのユースホステルもwifiが部屋で使えたので、2日先の宿を取りながら旅を続けている私たちには便利だった。

ただトイレが部屋に無いユースホステルは、この年齢になるとちょっと不便。
夜中に1度は行きたくなるもので……。

ユースホステルといえば、夕飯後にみんなで集まってゲームをしたり歌ったり……は昔の話。前にも書いたように、利用者の年齢が高いからだ。それでも、ホテルやペンションより客同士のコミュニケーションが多いように感じた。お互いの旅情報を交換し易い雰囲気がある。オーナーもそこを心得ている。ユースホステル精神みたいなものかもしれない。

ペンションも数十年ぶりに利用。
ネットで探したニセコの「湯ごもりの宿 アダージョ」。





部屋にトイレ、そしてなんと源泉掛け流し露天風呂付き。2食で1人8560円。平日限定ちょっと少な目の夕食プランなので安い。




デザート


朝食

大当たり! 広い部屋。寝心地の良いベッド。真夜中、露天風呂から見る漆黒の空を埋め尽くす星々。白濁の湯に身を沈め、白樺林を通り抜ける風に微かな硫黄の香りをのせる。

ユースホステルとは違いバスタオル類や浴衣もある。食事も満点。ユースより数千円高いけど、長期旅行だから、宿もメリハリ付けて!がコツかも。

最後の夜は、小樽フェリー乗り場に1番近い「グランドパークホテル」。フェリーが朝10時発なので、ここがベストと考えた。「じゃらん」という旅サイトではハイクラスホテル。でも予約したのは安いビジネスプラン。朝食のみの1人8425円。ところが部屋は16階、32平米もある広さ。大きな窓一面に石狩湾のオーシャンビュー。




チリで地震が起き津波が来るという。新しい台風も発生しているし、日本海航路を選んで良かったようだ。18時間かけて新潟へ向かう。長い船旅の間に、ブログを書き溜めよう。
温泉の話、あわや事故!、地元ならではのエピソード、知人の牧場を訪問した話、まだまだしばらく「北海道」話続きます。ただ来週以降?
北海道 15 高速道路割引
なぜ旭岳から函館までそんな長距離を登山、いや下山のあとに走ったかって?
ズバリ高速道路割引制度を使うためだ。




大沼公園
函館市内にユースホステルがなく、ここまで来たのだが、大正解!観光客も少なく静か。景観も素晴らしい広大な国定公園。駅近くに有料駐車場、レンタルサイクル店もあるが、少し沼の周りを走れば、駐車できる無料スペースはある。

土日3割引を利用し、土曜に自宅から仙台港まで走り、苫小牧着の日曜に稚内を目指し高速道路をひた走る。

高速道路情報「ドラぷら」というサイトをご存知だろうか?
「北海道、土日を挟む3日間乗り放題7900円」プランで高速道路を乗り降りし観光し、3日目の月曜に旭川から函館の大沼公園まで一気に下がることにした。

北海道プラン、実はフェリーとセットでもっと安いプランがあったのだが、シルバー連休直前からは使えないのと、確かフェリーも28日前だと片道半額だったような? でも旅行を決めたのが、出発数日前だったので、その割引制度は使えなかった。

ただ北海道の場合、田舎道は無料区間もある。計画を間違えると、プランを使う方が高くなる可能性もある。地元の人のアドバイスでは、札幌を抜ける時は高速道路を使う方がいいそうだ。市内は渋滞するらしい。

東関東以降なら、色々なプランが出ている。もちろん内容は時期により変わる。
利用する場合は、事前にインターネットで申し込む必要があるので、注意!
北海道 14 原野 旭岳
走れど走れど、「人為」を感じさせない大地。 青池 旭岳 下りはゆっくり自然を楽しみながら歩いてもいいか!と思ったことを何度悔いたことか。 ケーブルカーに乗ってすぐ「しまった!」と気づいた。下りなら歩きで1時間と聞いたのに、ハンパない標高。 石はゴロゴロ、景色を見てたら足を捻る。前日の雨で沢やぬかるみ、大きな水溜りまで。熊笹に覆われた狭い道がほとんど。 熊や鹿もいるのに、夫は静かどんどん降りて行く。若い頃から登山していたので、軽々スタスタ。一方私はというと、 上げたはずの足が石に引っかかる。足を置いた石がぐらつき転げそうになる。 「浮き石を瞬時に判断して避けろ」 「重心を前にかけ、リズム良く」 そんな芸当できれば苦労せんわ! 私ひとり熊よけのためバチパチ手を叩きながら、2時間半かかり、フラフラしながらようやく下まで辿り着いた。 その間に会った登山家は、10人もいない。 ここから函館大沼公園ユースホステルまで400キロ走る。
北海道 13 釧路とうろユースホステル


リビングや部屋の窓から見える無人駅「とうろ」のホーム。その背景は釧路湿原。

リビングのデッキには野鳥観察用の望遠鏡。

優しく上品なオーナーが作る野菜具沢山の料理、部屋に洗面台があるのも嬉しい配慮。



北海道 12 帯広八千代ユースホステル
NHKの番組、日本百名山を一筆描きで歩いて周る登山家田中陽希君が、何度か泊まったホステル。ここの特色は、料理の美味しさと愉快なオーナー。

夕食
隠れているが、手作りのローストビーフも。


朝食

庭をリスが走り抜けていった。

オーナーの話で約1時間笑いっぱなし。アラスカのユーコン川を1000キロカヌーで奥さんと下ったり、ウルムチやネパール、エベレストのベースキャンプまで行った際の自虐ネタ。笑いのツボを知り尽くしているので、お腹の皮がよじれる程楽しませてもらった。

トイレはもちろん、お風呂も男女別。そういえば名寄ユースホステルも分けてあった。ツインの部屋もある。

オーナーの許可を得て、写真をアップ。


北海道 11 ユースホステル ふらの
今回40年ぶりにユースホステルを利用し、時代に合わせた? 利用層に合わせた変化を知った。

まず良い点。
長旅を続けるには食事が重要。
ちょっと高いホテルや旅館は、良い食材や美味しく凝った料理が出るが、野菜の量が少ない。1~2泊ならいいけれど、長くなると色々な野菜をたっぷり使った家庭料理を身体が求める。

工夫を凝らした料理を出すユースホステルが多いことにびっくり。
我が家の食卓には並ばないような品々ばかり。
このことに気づいてから、2食付きのユースホステルを取ることにした。
値段は、宿泊代、朝夕2食付き、ユースホステルによって、1人約5000円~8500円の幅がある。因みに昨夜のふらのユースホステルは、自宅の畑で採れた米、野菜だから食事代は不要という。宿泊代のみで2人で9060円。日曜
は夕食が出ないので、注意!


部屋も広々としており、各部屋に小さいがトイレバス付き。共有のお風呂もある。

静かでよく働くオーナーが建てた。デッキで各部屋がつながっている。花があちこちに飾られ、センスの良さが光る。廃材利用もナイスアイデア。


ハンモック


今日は生憎の大雨。
ドラム缶を半分に切って作ったテーブル。ソファーは廃車の椅子に布をかけ、安全ピンで留めただけ。よく見ないと気づかない。





夕食、釜で炊いたご飯と色々な野菜料理






食前酒にワインを出してくれたところもあれば、デザートにアイスや夕張メロンが付いたユースもあった。ユースホステルを幾つか紹介しよう。

ただふらのユースホステル、来年からは、ユースホステルをやめ民宿にするそうだ。若者が集まらず、私たちのような昔利用した中高年ばかりだとか。


北海道 10 芋
地元野菜の店に入ると、色々な名前のジャガイモがあった。しかしインカの目覚めのところには、こんな注意書きが。


「甘さはありません」って。
どう考えても売り文句じゃない。そこでスタッフに意図を問うてみた。

収穫してから2度~3度の室温で3~4ヶ月寝かすと、熟成されて甘みのある美味しい芋になる。新ジャガはまずいので、農家にまだ出さないでと頼んでるのに、持ち込む人がいる。そこで知らずに買うお客さんのために、注意書きを付けたそうだ。確かに売っている新ジャガじゃない、つまり去年の芋は冷たい。冷温で保存しておいたのを、朝出してきて売るそうだ。

どのジャガイモも、煮物にするときは、冷蔵庫に数日保存してから料理すると美味しいというアドバイスも。

因みに、ユースホステルの食事がどこも美味しいので、作るのはやめた。ただどんな食材があるのか、興味津々で立ち寄るだけ。


北海道 9 希望の虹
台風の被害で多くの方々が悲しみに包まれているときに、こんなのんきな旅、申し訳なく……。

どんなに苦しみや悲しみで押し潰されそうになっても、いつか七色の虹が心に沁みる日が来る。

1日も早くそうなるよう祈りつつ。

今朝、帯広で。同じ日の朝の写真。虹は朝7時半。晴れてる写真は9時。


北海道 8 地元スーパーで
地元ならではの食材。
稚内で。

煮ると白くなり、舞茸みたいな食感だった。


名前は八角。食べて見たかったなぁ。

羅臼
ブドウエビ。色から名前がついたとか。
羅臼でこの大きさのエビを釣る漁師は1人しかいないそうで、一尾2400円。2人で一尾を分けて食べた。甘エビよりもっと甘く伊勢海老のようなプリプリ感。


釧路のスーパーで

この時期に、しかもこの安さ。お盆まで収穫できるとか。


秋刀魚を箱売り!28尾も1度に買ってどうするのだろう?
鮮魚センターでも市場でもなく、市内のスーパー。
北海道 7 屈斜路湖 摩周湖
フェリーで乗り合わせた北海道人たちから、くれぐれも夜道は走らないようにねと、忠告された。
鹿がライトを目掛けて突っ込んでくるらしい。

昨日泊まった清里ユースホステルのオーナーも、鹿に激突されるより、ネズミ捕りの方が安くつく!と言っていた。
そのネズミ捕りの多いこと。
稚内から屈斜路湖や摩周湖に向けて走った1日だけで、3組もワナを見つけた。


屈斜路湖
道内車の後ろを、あまり離れないよう付いて走るのがコツだそうだ。
なるほど道内の人は、どこに潜んでいるかよく知っている。
速度が遅くなったなぁと思うと、茂みに警察官が……。
国道、地図の赤い線はできれば避ける方がいいとも言っていた。
それと村に入る手前。
ネズミ捕りが潜んでいるから。


摩周湖


摩周湖近くの硫黄岳

国道を避け1本中の道を走る方が安全。
1時間走っても、家一軒ない真っ直ぐに地平線へ延びる道。
見渡す限りの牧草地。
自然のみ。


ハンドルを握り、アクセルを踏みっぱなして平均時速80キロをキープ。
高速道路ではない普通の道。
標識は「渡る牛に注意」「鹿に注意」だけ。

FMラジオからは、モーツァルトがクラリネットのために作曲した弦楽四重奏。
心が開放されていく。


北海道 6 利尻島
車を稚内の無料公共駐車場に置き、フェリーで利尻島へ渡った。
島でレンタカーを借りる方が、数万円も安上がり。
車料金が高い。約17300円。運転手料金が含まれるから、実質15000円くらい。
往復で3万。レンタカーは軽自動車、3時間で8千円もしない。
船は1日3本しかないし、3時間で充分回れる小さな島。


その浮いたお金で、たぶんこの旅で一番の贅沢をしてきた。
ウニ丼定食3500円。イクラ、ウニ、サケ、ホタテの海鮮丼定食は3300円。
採りたてのウニって、食べても食べても飽きない。

北海道 5 稚内ユースホステル
稚内市内を見下ろす高台にある稚内ユースホステル。
夕飯はつかないが、朝食は無料。パンと飲み物、ゆで卵、バナナや梨が出た。

自炊可能とあったので、地元の野菜や魚で料理をしてみたいと選んだ。


カジカという魚で味噌汁。

着いてビックリ。

ユースホステルまでの坂道が半端ない傾斜。
車だからいいけど、歩きは厳しい。
しかも外観が……かなり古そう。

ところが部屋は10畳の和室にミニキッチン、4人がけの食卓、トイレとお風呂付き。まるでアパート。部屋の中は改装しきれいで、バスタオルや浴衣まであった。


このユースホステルもオススメで~す!


2泊し利尻島へ行ってきた。


北海道4 名寄ユースホステル
今回の旅は国内、しかも長期なので、1泊1人5000円以内に抑えたい。
そこでユースホステルを泊まり歩く予定。

船で知り合ったライダーが、ライダー用の宿だと1000円から泊まれるという。
また「HO」という北海道地元誌には、無料や半額の温泉入浴券がいっぱい付いていると教えてくれた。
コンビニや本屋で売っているその雑誌は600円。
2箇所以上の温泉に入れば元が取れる。早速買った。



苫小牧から稚内へ向かって4時間くらい走った街、名寄ユースホステルでまず1泊。
そこで面白いおじさまたちに会った。

66歳から71歳までの男性3人組。
それぞれが愛車で湘南から来たのだという。
2台はオープンカー。1952年頃のイギリス製だとか。部品は今でも手に入るそうだ。
さすが古き良きものを大事にする国。


緑の中を風を切って走るのが最高に気分いいとか。
それなのに、北海道上陸後2日とも雨。
突然の豪雨で橋の下に避難したそうだ。

客は、ユースホステルなのに私ら中高齢の5人のみ。
愉快な話で、夜はあっという間にくれていった。

名寄ユースホステル、ペンションのようにオシャレで気配りがいっぱい。夕飯はワインの食前酒、生ホタテ丼にサンマの塩焼きやジャガイモ、味噌大根、トウモロコシやデザートまで。




北海道 3 仙台から苫小牧へ
埼玉を12時に出発、仙台着16時半。
船は19時40分発。

年金生活者の私たちは、家でランチ用のお握りとおかずを作り、イオンで夕飯を買い込み、
翌朝のパンやバナナ、ゆで卵、コーヒーなども準備して乗り込む。
もちろんレストランは船内にある。

2等船室、男女混合部屋は満室。覗くと混合といっても男性ばかり。
女性船室は、18人部屋で8人のみ。

2等船室の前の廊下手すりの下にロープ。濡れたタオルの干場困るものね~。

女子自衛官が2名。迷彩服姿は凛々しいけれど、まだまだ可愛いお嬢さん。
つい
「大変よね?安倍は許せんよね?不安でしょう」
というと、苦笑いを見せるだけ。
苦笑いの奥に潜む不安を慮るとやるせない。

同じ船室には名古屋から乗ってきた人が、自衛官も含めて4人いた。
2泊で1万円とか。仙台からは7800円なのに。
里帰りは、船が一番安いそうな。
その1人57歳のライダーは、500ccで京都からぶっ飛ばしてくるそうだ。
メチャカッコイイ!
里帰りを口実に、あちこち旅行し、主婦が家を数日開けることで定年前の夫を自立さすべく鍛えているんだとか。

夜8時半からはミュージックショーがあり、チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番やベートーベン第9演奏を、エレクトーンと共演。飛鳥だと、オーケストラ?
30年前に乗ったフェリーと大違い。満喫した!
北海道 2
仙台港から出航。

ちょっと見だと、飛鳥?




大浴場もあるらしい。
女性専用の部屋が空いており、変更してもらえた。トラック野郎に挟まれて、イビキの合唱に一晩中苦しめられる心配はない。

私の歯ぎしりの方が激しい??
そうかも(・_・;

北海道 1
退職して時間ができたら、観光客の少なくなった頃、ゆっくりとまわりたいと思っていた北海道。
夏休み前の6月か、初秋の9月か。

行きたいと思ったときが旅旬。
仕事を急いで片づければ時間が取れる、よし!と、8月後半エンジンをかけ頑張った。

明日の夜仙台発、苫小牧までのフェリーを予約した。
28日前に予約すれば半額だったのに、決めたのは今週の月曜。
一番安い船底の大広間が2名分空いていた。
何だか我々夫婦のためのように。
勿論スイートルームとか、個室とかも空いていたけれど、年金生活者には手が出ない。

船旅によく出かける友だちに、「船で北海道へ」と言うと、「船の名前は?」という。
「きそ」と答えると、友だちは頭の中で「?」マークが飛び交っているような顔で、しばし沈黙。
高級クルーズ船の「飛鳥」などを想像したらしい。

エンジン音の響く床で寝れるかなぁ~。

フウセンカズラのグリーンカーテン

2015韓国 11 ソウル 6
世界遺産「華城」のある水原は、牛カルビが美味しいとか。
例の列車を降りた後、散策している途中で知り合った地元の人に、どこの店が美味しいか聞いてみた。

カボジョンと皆一様に言う。
華城からタクシーで5000₩で行けるよ、とも。
早速タクシーを拾い向かう。

途中で事故渋滞に。
といっても事故直後だったこともあり、数分ですり抜けられた。
観光バスと乗用車の接触事故だった。

ところがその事故現場を過ぎたところで、突然運転手が、歩道でタクシーを探し手を挙げていた女性のもとへ車を寄せるではないか。どうしたのかと思っていると、
「どこへ行くのか?」と聞いている。
難しい会話は分からないが、このくらいの簡単な韓国語なら分かる。
すると「乗れ!」と助手席に女を乗せた。
私たち乗客に一言も断らず……

カボジョン(가보정)のランチ、オススメです。
これで22000₩(約2300円)