FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ふるさと割 3
「ふるさと割」クーポンと一口に言っても、都道府県が企画しているものと、旅行業者が発行しているものがある。
(夏がピークだったようだが、味をしめたのか、また企画し売り出す県もある。)

条件がいろいろ……。
例えば前にも書いたと思うが、北海道クーポンの場合は、千歳空港以外の道内空港利用が条件だった。
フェリーで北海道へ入った人は、対象外。千歳空港以外の活性化を狙ったのだろうけれど、海から上陸した人々も歓迎してよ!って、ちょっと思った。

また大概、宿泊可能な宿は限定されている。
県で発行するふるさと割チケットと旅行サイトが発行するクーポンを、うまく両方使えば、お得倍増!と思いきや、なかなかうまく仕組まれており、抜け道は狭い。

旅行を企画しているなら、「ふるさと割」で検索してみてはいかが?


今年の見納め。オクラの花
スポンサーサイト



ふるさと割 2
人脈が人生に潤いをもたらす。
誰のセリフだっけ? 

私たちだけランクUPしてもらえたのは、「友達のご子息たちの人脈」ゆえ。
東京ドームホテル開業にむけて全力で働いたご長男。
職場を離れても、一本の電話で私たちの部屋は低層階のトリプル部屋から、高層階51米もある広々4人部屋へ。



部屋からの写真

次男さんが営む「たこ焼きバー」では、開店30分も前から入店し、メニューに無いものを注文。
どんなわがままも笑顔で対応し、美味しいケーキまでサービス。

こういう出来たイケメンたちの母親とお友達、というのが、私の人脈??な~んちゃって
ふるさと割 1
今年はあちこちで「ふるさと割」チケットが発行されている。
getした「文京区ふるさと割」使って、9月初め、友達3人と飲んだあと、東京ドームホテル泊。
その際このチケットで2000円引きに。

さらにチェックインしたときに、プレゼントされたのが、「文の京おもてなしパスポート」。
3人それぞれに、文京区内を走る「Bーぐる」というミニワンマンカーの1日乗車券と、86箇所で飲食や商品購入に使える500円券が3枚、六義園や美術館、小石川後楽園などの優待券がついてきた。台東区でも「ふるさと割」を出しているが、文京区のような「おもてなし」は無いようだ。因みに今月末まで発行されている。

第二段として、快晴の昨日、この「文の京おもてなしパスポート」を使い、朝から夜まで遊んできた。



美味しい戸隠蕎麦を食べ、六義園を散策。





松葉を手で梳き取っていた。剪定鋏でバサバサと刈り取るんじゃないんだ!


若いって良いねぇ~!

余ったチケットで和菓子をお土産に購入。
夜は、恵比寿のバーでグラスを傾ける! こういう遊びが夫とではできないんだよねぇ~。
だからやっぱり持つべき者は、友達!

しかも、私たちだけ東京ドームホテルも恵比寿のバーも、サービスがワンランクもツーランクもUPに
それは……。



芋掘り
朝から夕方まで曇り空の芋掘り日より。

6月、苗を一束150円で買い、ひと畝に植え付けた。
ひと畝、といっても、たかだか1メートル半くらい。
苗を植えながら、もっと間隔空けた方がいいんだろうなぁ? これで芋がそだつのかなぁ?と不安だった。

しかし、掘っても掘ってもゴロゴロ出てくる石と格闘してようやくの1メートル50センチほど。
あの時点では、それが限界だった。

サイトの「芋の育て方」を読むと、「蔓返しを時々する」とある。
蔓を返す? 何のこと? というところからの初心者。
唯一の心の支えは、「戦中戦後は、皆芋を植え、芋で飢えをしのいだ」という言葉。
誰でも、そう初心者でも作れるのが「芋」のはず。

芋の蔓があちこち這い回り、根をはり始めているのを引きはがし、ひと畝内に戻す「蔓返し」を覚えたのが、夏も終わる頃。

そして秋。

いざ掘ってみると、細く、小さいネズミのような芋がゴロゴロ、いやコロコロ。
やっぱりなぁ~。



もちろん大きめの芋も!(ちなみに安寧芋のみ)


ランチは、薪ストーブで煮たカレーライス。


食後のデザートは、焼きリンゴ。



夫は小屋作りをしていたので、1人で掘り上げた。こ、腰が(・_・;



はぁ~! ため息が……
息子に17日友達と河原でバーベキューするので、車や(キャンプ道具)を貸してほしいと言われていた。

このところ晴天続きだったのに、木曜夜から下り坂。金曜も一日中シトシト降り続いた。前夜から来てくれた友達と「この雨じゃ、明日は温泉かぁ?」と、深夜まで一緒に飲む。

日頃の行いは決して良いと思えないが、起き出した頃には雨が上がっていた。ところが集合をかけている他の友達が住む東京は、当日朝も雨。皆、中止と思ったそうだ。

ようやく皆が集合場所の「高麗川駅」に降り立ったのは2時半過ぎ。それでも自然の中で大いに楽しんできたようだった。総勢7名。
車を返しがてら、皆で我が家へ夜7時過ぎに寄るとメールが入った。
一応お菓子やら、果物を買い込み準備はしていたが、川越祭りに行くと聞いていたので、家には上がるまいと踏んでいた。
ところがやはり「まぁまぁお茶でも」となり、いそいそとお菓子を出そうと見たら、数が足りない。充分あったはずなのに……。

今日は、一転し爽やかな秋晴れなのに、気分は鬱。なぜかって?

夫の胃袋に消えたお菓子に執着しているわけではない。目に入らない場所に隠しておかなかった迂闊さと、買っておいた果物の存在に今朝になって気づいたことに落ち込んでいるのだ。



秋晴れ! 畑日和。
夏中、カメムシやらに負けていた唐辛子が元気を取り戻し、赤く染まってきた。


薬は使ってません。唐辛子が自力快復!

サツマイモもそろそろ収穫時期では?と、葉を剥いでみると……。



1メートルくらい葉をどけてようやく、芋2個。
この調子だと、あまり期待できない。

掘り上げるのは、もう少し後にしよう!

実がなった!
昨年、友達からもらった実。
シマシマ模様の地の色が緑から赤へと変化していった。



この種を初夏に植えてみた。

ここ数年、緑のカーテン兼食用にもなる胡瓜を育てているのだが、今年は苗代も回収できず、失敗。
致し方ないので、ふうせん葛と名前の知らないこの種を蒔いた。

すると、夏場はふうせん葛が軟らかな癒やしの景観を造り、夏の終わり頃から、このシマシマ模様の実がなる蔓が伸び出した。
そしてついに花を咲かせ実を付けた!




北海道 27 自然の中でランチ 後編

キタキツネ 
夏は痩せているから可愛くないそうだ。
フラフラと道路へ。
車の怖さを知らないのだろう。近寄ってくる。

熊に遭遇したことがあると、帯広八千代ユースホステルのオーナーが言った。
ビックリし、尻餅をつき、逃げたそうだ。
オーナーはもちろん熊も。両者ともたまげて必死に逃げた……。
熊のような風貌のせい?
強烈な臭さが印象的だったと聞いた。

帯広を走り抜けているとき、パン屋で買った美味しそうなパンをどこで食べようかと探すが、なかなか良い場所がない。
あの日は夏のように暑かった。
木陰、かつ景色の良いところを探すが、そう簡単には見つからない。
時間ばかり過ぎるので、また「そこに小道があるから曲がって!」と、夫に号サイン!

斜面、景色も良くない。でも木陰があるし、車も来ない。
妥協点満載だが、珈琲の湯を沸かし始めた。
キャンプ用の椅子を出し、どこに陣取ろうかと探す。
と、異様な匂い。嗅いだことのない臭さ。
見渡すが、匂いの原因となるものは見当たらない。

熊!? 

むろん食事も早々に逃げるように立ち去った。



熊の爪跡?
北海道 26 自然の中でランチ 前編
大自然の中で、珈琲をたて、ランチ。
至福の時間。

わざわざフェリーに自家用車を乗せて来たのには、キャンプ道具やらを積み、できれば満点の星の下で眠りたいという思いもあった。が、野生動物や夜の冷え込みもあり断念。せめてランチくらいは外でと、何度か試みた。

地元の美味しいパン屋が見つかれば最高!だけど、漁村や高原の中には無いことも。
スーパーで買った工場製造パンでも、ロケーションがよければ、それも良し!

そうロケーションが良ければ……。
しかし、絵のように美しい自然満載の北海道なのに、なかなか絵に描いたようにはいかない!







これは長万部で海を見ながら……。
が、ここを決める前にさんざん車の中でケンカ。
ハンドルを握る夫は、どこにしようかと躊躇して決められない。その間に、海岸線が途切れそうになる。
業を煮やした私が、「そこに海岸へ入る小道がある、入って!」の号を出す。
ところが入ってみれば、誰かが花火を楽しんだ跡が散らかったまま。
それを片付けるところから始めなければならなかった……。


北海道 25 チーズに開眼!
帯広辺りを旅しているとき、友達の知り合いの牧場を訪問した。
ハンダ
ピザやケーキ、チーズなどを食せるカフェも併設されている。
広尾郡大樹町下大樹198  TEL:01558-6-3182
半田ファーム(青字をクリック!)

友達が事前にオーナーに電話してくれていたこともあり、歓待してくださった。
ピザもソフトクリームも絶品!

チーズ造りで日本の高級レストランだけでなく、世界からも注目されているとか。
研修生が海外からもやってくるそうだ。

いろいろなチーズを食べさせてもらった。
チーズ
味噌やワインかす漬けも美味しかった。

ピザ

実はスイスやニュージーランド、どこでも、チーズを避けて旅行してきた。
チーズやグラタン、生クリームケーキなどを食べると胸焼けや下痢する体質……なので。

おずおず食べた。が、どれも後味が残らないことに、まずビックリ!
モッツレラチーズとトマトのサラダもドンと出してくださり、正直食べきれるかと不安になったが、完食。
胃もたれはもちろんのこと、体調の異変も全く出なかった。

新鮮さゆえだと聞いた。
電話などで注文すると、冷蔵保存で切り立てを100グラムから送ってくれる。

チーズの固定概念がガラガラと崩れていく。
チーズって、こんなにおいし~いものだとは!


北海道 24 面白言 
美瑛は世界から観光客が集まる美しい街。
某観光地のトイレに書かれた言葉。
「日本ではドアを閉めて使用します」
丁寧に和式トイレの使い方を順番に絵で説明したトイレもあった。



帰りのフェリーの中で聞いたアナウンス。
「下着姿で廊下やフロアに出ないようお願いします。」


北海道23 温泉6 ニセコ3
イケメンスタッフが教えてくれた「ホテル甘露の森」。



上記は女性風呂。ヒルトンほど視界は開けないが、まさに森の中で湯を楽しむ趣。男性風呂は壺のような浴槽だったとか。

ペンションで泊まった翌朝、ホテルの日帰り入浴可能時間まで30分ほどあった。
そこでたまたま立ち寄った小さな公園に「甘露水」が湧いていた。
ホテルの名はこれに由来するらしい。


次々と車が訪れては、水をボトルやタンクに汲んでいく。



写真の車の主は札幌から2か月ごとに来ているとか。(主に許可を得て撮影)
1年は持つそうだ。
しかしこの人のおかげで30分以上待たされた人もいたなぁ。
譲り合いが大事だと思うんだけどなぁ~。

むろん私たちもありったけのペットボトルに水を汲み自宅まで持ち帰り、ウィスキーの水割りやコーヒーをたて楽しんだ。
ありったけ、と言ってもたかが数本だけどね……。



北海道22 温泉5 ニセコ2
ヒルトンの露天風呂の湯は、浴槽の縁を越え隣り合わせた池へ流れ込んでいく。
池には、鯉がたくさん泳いでいるというのに。



木が映っているのは池。
手前が浴槽。
まるでつながっているように見える。

鯉は温泉効果で元気なのか、どれも太目。
しかし池の水温が上がることはないんだろうか?

ただ羊蹄山の真ん中にある木が邪魔なんだよねぇ。

カウンターで対応したイケメンスタッフに、ロッカーのカギを返すと、
申し訳けございませんが、入湯税をいただくのをうっかりしておりまして……という。

北海道の温泉は、安かった。
350円くらい。しかもどこも入湯税を取らなかった。
だから、一瞬「え?」って……。

ヒルトンは1000円。まぁ半額クーポンがあるから500円だけど。
しかしイケメンにそう言われると、仕方ないか!

イケメンも悪いと思ったのか、私にこう言った。
先ほどの雑誌にも出ていた「ホテル甘露の森」の露天風呂、私もよく行くオススメ温泉です、と。

ヒルトンのイケメンが言うんだから、行かねば!か?