FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
孫マゴ 2
赤子とはよく言ったものだ。

顔中の血流を全開にしてぎゃぁぎゃぁと泣く。
全身の力を振り絞って泣く。

足を床から浮かせて動かすにはさぞかし腹筋がいるだろうに、生まれてまだ1カ月にもならぬ子が必死に手足を動かし泣く。

泣くのが仕事!と思って見ていると、突然ブチューと勢いある破裂音が……。
泣き止み、口をすぼめ、大きな仕事をなしえた満足顔。



スポンサーサイト



孫マゴ 1
12月に入ってすぐ、我が家に娘と孫娘がやってきた。

会話のない夫と二人だけの寒々とした生活が一気に変わった。

孫のおかげで、朝からストーブを付けられる。
昼間の寒いとき、部屋の中でダウンを着たり、湯たんぽを抱えなくてもいいんだ。あぁ幸せ~!

その暖かい幸せな日々もあと1週間。
夫は、きっとこの一カ月で使った光熱費を取り戻そうとするのだろうなぁ~。




柚子……ではなかった
20年前に「柚子」の札がついたそれを買い、庭の隅に植えた。

桃栗3年柿8年柚子のバカったれ18年?
育つのに18年かかるのかぁ~。
そういえば数年前からようやく実が大きくなりはじめ、きっと香りも強まるものと思い込んでいた単純な私
毎年「小さくて、あまり香りがない柚子だけど」と、皆さんに配ってきたというのに、柚子じゃなかったとは……。

友達が一言
「柚子はねぇ、皮と実の間に隙間があるのよ。果汁が多いから、すだちじゃないかなぁ?」

なるほど切ってみると

上が柚子。隙間がある。

肌も色も。

柚子にも種類があるんじゃないんだ。アヒルの子は白鳥にはなれなかったものなぁ~。

1番右が我が家のアヒル。
ガレージセール 7おまけ
ちょっと手に入れにくい木の実などを紹介。


緑のスイカのようなのは、リュウキュウ瓜。赤はホーリー、薔薇の花のような右側の実はシダーローズ、左側は松ぼっくりの一種らしい。トゲトゲは、ふうの実。黄色は、分からない。

分からないといえば、我が家の黄色の実。ずっとこの20年間、柚子と思い込んで育ててきた。皆さんにも、毎年柚子としておすそ分けして。


まさか・・・とは(・_・;
ガレージセール 6
最初のお客さんは、郵便配達中の女性だった。
2番目は宅配便の女性。

どちらも、「あれ?何をやっているんですか?」と、興味津々。
「仕事を終えたら来るから、これとっておいて!」と予約して仕事へ戻っていく。
約1時間後、車で娘さんやお嫁さん,そのお友達数名を連れて来てくれ、大量に買ってくれた。

赤い実のついたホーリー(柊)やもみの小枝は、大人気。
私たちは、2本で100~150円で売ったが、花屋をのぞくと500円もしている。

お客さんはよく知っていて、「安い!安い!」と言いながら、買ってくれる。
山や河川敷、友達の庭で採取してきたものだから、元はタダ。
でも、洗って干したり、棘を一つ一つ取り除いたり、炭にしたりと手間はかかっている。

1時から売り始め、3時頃には、オブジェとして飾っていたものまで売れてしまった。

バタバタやっている間に、孫娘の誕生報告メール。
喜びいっぱいで、これまたハッピー!
机の上 s
オブジェ
ガレージセール 5
一緒にガレージセールを企画した友達は、娘の出産が近いことを心配して
「ドタキャン有りだからね!」
と、以前から言ってくれていた。

しかしチラシもご近所へ配り終えた。
メールで声をかけた友達も、みな楽しみにしてくれている。

まさかの「ドタキャン」というわけにはいかない!

もうサイは投げられたのだ。
娘の出産もガレージセールも。

病院まで、片道1時間半。
「生まれそう!」と電話が来てから出かけたのでは間に合わない。

夫は半ば呆れ、もはや諦め顔。
かくしてガレージセールは始まった。

ガレージセール 4
朝3時に起床。
長期戦に備えて、お握りを作りお茶もポットにつめていざ出発!

4時半頃病院に到着。
明け方生まれるかも!?と思い込んでいる私。

ところが、
「たぶんまだ時間がかかるから、一度戻って!」と、娘からの伝言をドアの外で聞いただけで、すげなく追い返された。

朝焼けが美しい。
白々と夜が明けていく。

う~ん、空回りだ……。
ストーブ s

ガレージセール 3
ガレージセール前日のこと。
愚息が3週間ぶりに戻ってきて、くつろいでいた22時半頃だった。
娘からメールが……。
「陣痛が始まり、入院したよ。たぶん早くて、明日の早朝かな? 生まれてから来てくれればいいからね!」

えぇ~?! と、ビックリ。
予定日は12月3日。初産は遅れがちになるものなのに、5日も早く、よもやガレージセールにドンピシャ重なるとは……。

飛んでいってやりたい。顔だけでもみて励ましてやりたい。
ところが、夫も息子も
「今行っても、どうせ追い返されるだけだよ。明日の早朝行く方のが賢明」と言う。
その通りと思うものの、あんまり冷静に対応されると、
『男どもには、出産のつらさも危険性も分からないんだ』と、苛ついてしまう。

行こうか行くまいか散々悩んだあげく、男どもの意見にそい、早朝行くことに。

全体 s