FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
台湾地方旅  18 平渓線
火が消えて落下した「らんたん」が木にひっかかっていたり、川岸や山の中腹に無残な姿で残されている。
毎日毎日、観光客が飛ばし、らんたん祭りでは1000個もの美しいらんたんがゴミと化すはず。

しかし思ったほど、ゴミ化した「らんたん」を見かけない。

なんと、落ちた「らんたん」を集める人がいた。
竹と針金の骨組みだけをいくつも集めて、にこにこ顔のおばさんやおじさんたち。
ボランティアの笑みではなく、「再利用できる材料をこんなに集めて大満足」の笑顔。

山や川もきれいになるし儲かるし。一石二鳥。

5回中、3回のらんたん揚げを見たあと帰路についたので、余裕で列車に乗れた。
最後まで祭りを楽しむと、積み残されるらしいです!

瑞芳駅前電器屋の民宿は「Good Sleep B&B」。中国名だと「好眠驛棧」
ところがB&Bなのに、朝食は付いてないという。
「B&B」の意味が分かってないんだろうなぁ!

翌朝は近くの店で地元の人の朝食。
すいほう朝ご飯店

ずいほう朝ご飯
豆乳 麦芽豆乳 油条 パン3種 具入りおこわ。
4人で約500円。安くて美味しく台湾の朝食文化が分かって大満足!


スポンサーサイト



台湾地方旅  17 平渓線
会場内や周辺は続々と詰めかける人々でごった返している。
中には入れそうにない。
私たちが陣取ったのは、裏方、つまりらんたんを飛ばす人々を集める場所だった。

1つのらんたんを飛ばすのに、4人必要。
200個のためには800人。
今回は200個を5回?に分けて飛ばしたので、それだけで4千人が参加したということになる。

朝5時頃から並んで、参加券をGETしたという日本人がいた。
グループ番号を書いたプラカードの前に列を作って、順番を待つ800人。
日本人も多いようで、参加者への説明は中国語と日本語で行われていた。

台湾に留学中という日本大学生の説明……
ここ数年は雨が降ったり風が吹いたりで、らんたんを飛ばすには悪天候でした。ところが今年は、風もほとんどなく星空が見える好天気。皆さん大いに楽しみましょう!

会場にはテレビ局の車が並び、実況中継を行っているようだ。
韓国の友だちからも、台湾のらんたん祭りがニュースで流れたとメールが入った。
らんたん2
会場の外にいたので、中で誰が何をしゃべっているのかも、どういうタイミングでらんたんが放たれるのかも分からない。
漆黒の闇空に突然ふわっと200個のらんたんが浮き上がった様は、実に幻想的だ。
しかし、数分後には小さな点となり消えていく。

世界には色々な祭りがあるが、こんなに参加時間の短いのも珍しい。
いや朝5時から並んで参加券を……となると、むしろ長い?のか。



台湾地方旅  16 平渓線
3時半頃、らんたん祭りの会場となっている十份の駅へ。
公道はもちろん線路上までどこもかしこも人で埋め尽くされている。

こんな人出ならば、帰りは電器屋のホテルがある瑞芳までシャトルバスの方がいいか? それとも列車にすべきか?
シャトルバスの発着場などを確認しつつ会場へと向かう。
続々と人が同じ方向へ進んでいる。
駅ではあまり見かけなかった西洋人も、会場には大勢いた。

6時から、約30分ごとに数百個のらんたんが一斉に空へ放たれた。
祭りの裏側、詳しくは次回。
らんたん1



台湾地方旅  15 平渓線
台北から列車で約1時間、瑞芳という駅に着く。
(「台湾地方旅 12」で紹介した駅)

ここから平渓線に乗り換え、終点菁桐駅や十份駅、平渓駅などで途中下車しては、小さな田舎町々を散策。
観光客が少ない町は、普段の生活が見えて面白い。
偶然、風光明媚な渓谷で美味しい料理を、安価に食べられたのも、街外れまでフラフラ歩いたから。

今回は寄らなかったが、猫好きな人には猴硐がオススメ。猫の村で有名だそうだ。

十份駅や平渓駅は、らんたんあげの観光客でごった返していた。
今年の「らんたん祭」は2月22日18時からで、メイン会場は、十份駅から徒歩15分ほどの広場。

しかし昼間なら年中いつでも、十份駅や平渓駅近辺で、お金を払えば誰でも、らんたんをあげることができる。
色によって値段が違う。願い事をらんたんに書き、線路の上で火を付けて飛ばす。

電車が来ると、駅員が笛を吹き、らんたん業者や客を線路上から追い払う。
らんたん 昼
らんたん 電車

うまく気流にのれば空高く揚がるが、バランスを崩すと、燃えてあえなく落下の憂き目を見るらんたんも。
江ノ電のように民家の間をギリギリ通る狭いところでも、飛ばしている。
らんたん飛ばし 昼

点ほど小さくなるまで飛んでいくらんたんも、いつかはどこかに落下する。
よくぞ山火事にならぬと感心する。残骸の始末も気になった。




台湾地方旅  14 九份
九份の続き

オススメのレストランは、「芋仔蕃薯」。
有名な九份の通り

あの「千と千尋の神隠し」の湯屋モデルと言われている「阿妹茶楼」の近く。
坂下に向かって右手に突如現れるトンネルへ入っていくと……。
レストランへのトンネル
曲がりくねって意外と長い。
途中、頭を打つほど天井が低かったり、狭かったり。
そのトンネルを抜けると店構えが。
九份レストランの入り口
通りは身動きもできないほどの大混雑なのに、店の中は思いの外閑散としていた。

窓際の席からは、眼下に九份の夜景が広がる。
これだけでも、なんと贅沢なディナータイム!
九份の夜景

切り干し大根入りの卵焼きや揚げ豆腐、空芯菜の炒め物、エビチャーハン等どの料理もリーズナブルで美味しい。
九份料理
チャーハン

すり寄ってきて、おこぼれを静かに待つ行儀良い猫。
九份レストランの猫



花見
台湾地方旅記の途中ですが、機を逸せずお伝えすべきかと……。

今日は久々に母と二人でランチをし、駒込駅そばの六義園で枝垂れ桜を観てきた。
「花見に行こう」と誘うと、「まだじゃないの?」と半信半疑の母。

枝垂れ桜は、ソメイヨシノよりも開花が早い。
ネットで昨夜検索すると5分咲きとあった。

母には、やれ風邪をひいた、今日は腰が痛い、目が、耳が……と、誘うたびに断られてきた。
天気も大事。ちょっと寒いが、今日を逃すといつになるやら。

出かけてみると、入り口で係の人が「七分咲きですよ」と、訪問客に声をかけている。
藤棚のベンチに腰を下ろし、花を愛でながら四方山話。
六義園桜

退職金で数年前に補聴器をプレゼントした。数十万した。むろん片耳だけ。
が、慣れないと色々な音を拾い疲れるのか、普段は補聴器を付けない。

ところがなぜか装着しても、あまり聞こえてないようだった。
ここ数年は、装着していない方の耳に手を当てて声を拾うとする。
そのたびに、電池が切れているに違いないと、交換させた。
もちろん買った専門店で、パソコンを使い検査してもらった。
しかし補聴器に異常はないという!

その原因が、つい先日判明した。
なんと耳鼻科で診てもらったところ、耳垢がたまり、栓をした状態だったという。
数時間かけて薬でふやかし取った耳垢は、医者もびっくりするほどの大きさだったそうな。
しかも補聴器を付けていた方の耳。

今日は補聴器無しで、四方山話に花が咲いた。

六義園の枝垂れ桜、ここ数日が見頃です!
台湾地方旅 13
拙文ブログをクリックくださった皆様へ
暫く書けずごめんなさい。春の訪れに背中を押され雑用に追われていました。

例えば、ジャガイモ植え。植える前には石灰や肥料を入れ耕ししばらく寝かせなければならない。ようやく先週植え付けたのに、狸かハクビシンか?野獣に堀りかえされ、あぁ種芋が・・・。スナップエンドウも軟らかい新芽を鳥に食われ・・・あぁ哀れ!拙宅の庭も春に向け植え替え準備を。

他にも冬物を手洗いしたり、主婦は何かとやらねばならぬことが多いのでありまする。
では、では台湾旅の続きを始めましょう。

九份
バス代15元、約60円弱を払い降りる。するともう日本語が耳に入ってくる。どこもかしこも旗に先導された日本人観光客ばかり。

ところが土産物屋が軒を連ねる通りを外れると、押し合いへし合いの観光客が視界から消え、急な傾斜にへばり付くように建つ家々と猫たちが出迎えてくれる。はるか向こうには海。

観光客の喧騒など興味ないと、猫は降り注ぐ太陽のもとでうたた寝を貪っている。とても有名な観光地とは思えない静かな田舎町。
屋根の上の猫
泊まった部屋の屋上から撮影。


オーナーが住む棟。ご主人のこだわりのギャラリー。まさに小さな美術館。センスの良さがうかがわれる。



ここで頂いた朝食。十数種類もの手作り料理。




私たちの部屋は、靴を履き荷物を持って外へ出て、狭い階段を上がったり下りたりした所にある離れ。もちろん各部屋トイレ、シャワー付き。自然木を使ったセンスある装飾。

P2210318.jpg


ただ庭だと思っていた部屋の前は、公道で観光客らしき人が時折行き交うのが、ちょっとマイナス要因。

実は、今回の旅でここの一部屋が1番高かった。なのに2ツ星。毎日ウェルカムフルーツが出た4ツ星桃園ホテルは1泊1万。ここは1万5千円。もちろん2人で。どちらも朝食込み。ただランタン祭り日と近い所為のようだ。先日検索したら、同じ部屋が1万と出ていた。

朝ごはんに出た豆腐が美味しいとほめたら、ご主人がお土産とひと瓶ずつくれた。豆腐を米、パイナップル、豆、唐辛子、ワインに4ヶ月漬け込んだご主人の自信作。ご飯よりお酒がすすみそう。

この美味しい食事と素敵な家族が営む民宿の名は、チェンチンB&B。オススメ!
台湾地方旅  12
瑞芳駅近くに泊まるには理由がある。

今回の旅の楽しみの一つは、平渓線沿いにある十份という駅で開催される「天燈(らんたん)祭り」。
瑞芳は、平渓線への乗り換え駅。
祭りを見終えての時間や台北市内から大勢の観光客やこの祭り目当ての人々が押し寄せることを考えると、祭りの場所近くに宿をとっておく方が賢明。しかしそれほど大きな街ではないようで、ホテルらしきものは見当たらず、この電器屋の民宿となった。

祭りの前に、宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」の舞台と言われる有名な九份へ。
ここも夜景が素晴らしい。そこで九份で一泊。ここも民宿。
まぁ人の多いこと!しかも聞こえてくるのは日本語ばかり。
人混みをかき分けぐったり。観光客のいない九份を楽しむのなら泊まるべき。
IMG_0565.jpg

P2220340.jpg

瑞芳も九份もどちらもホテル検索サイトでは2つ星。どんなに狭い、小汚い?ところかと思いきや、電器屋の方は3つは星を、九份は朝食が素晴らしく、また部屋も新築したばかりのような美しさで、4つ星を付けてもよいくらい。詳しくは次回。
台湾地方旅  11
実際に住所の場所へ行ってみると、そこに電器屋があった。
P2230465.jpg
店の右側に見えるポストとドア。ここが民宿?いやプチホテル?への入り口

店の中へ入ると、ホテルの名前を口にせずとも、電化製品を求めに来た客ではなく旅人だとすぐに理解し、部屋へと案内してくれた。店主について行くと、部屋は隣の建物2階にあった。

まず建物入り口のドアを開けると、エレベータ。

2階に降りたつと、又ドアがあり、その奥に窓がない部屋が4つ。
廊下に共同の冷蔵庫やソファーセットが置いてある。
各部屋にトイレとシャワールームがあり、素泊まり2人で7千円くらい。

店主は、電器屋だけあって、翻訳機を使い、中国語を日本語に直して説明してくれる。
ただ荷物を置かせてもらいに寄っただけで、泊まるのは翌日夜というのを理解してもらうのに、四苦八苦。
店主は、自分が伝えたいことは、翻訳機で説明可能だが、例えば「明日(tomorrow)」という簡単な単語すら分からないので、こちらの言うことがなかなか理解できないのだ。

民宿というよりは、プチホテル。なかなか面白い経験だった!
しかしもし電器屋が開いていない時間に着いたら、どうなっていたのやら??




台湾地方旅  10
台南から新幹線(高鐵)で、台北へ戻り、平渓線に乗り換えて瑞芳へ。
駅前の民宿に大きな荷物を置かせてもらい、リュック1つ背負って、九份へ行くことにした。九份で1泊する予定。

この瑞芳駅前の民宿名は、ネット上では「Good Sleep B&B」。「好眠驛站」は、台湾語の名前。

私たちは、ホテルをネット上で予約した場合、必ずグーグルマップで場所を確認し、航空写真画像で、駅からホテルまでの道の風景、建物を目に焼き付けておく。これは夫の役割。

出発前に日本でパソコン画像をのぞき込んでいた夫が、
「おい、どこにもないぞ!住所はここのはずだが……」という。

駅前の商店街。飲食店、耳鼻咽喉科や歯科、電器屋は軒を並べているが、確かにホテルらしい建物も看板もない。

そこでホテル検索サイトの口コミを読むと、この民宿についてこう書いてある。
非常に見つけにくい。レセプションは電器屋。

レセプションは電器屋ってぇ?
IMG_0470.jpg



台湾地方旅  9
台南の犬はおとなしい。
何匹も放し飼いの犬を見かけたが、どの犬も吠えない。
犬
この犬は、特にまるで置物のように動かないので、うっかり彼の足を踏むところだった。

inu






台湾地方旅 8
台南の夜市へ繰り出した。
十数年前に、台北で行った士林夜市には、大きな屋根がかかっており、その下いろんな店が調理場を越しにカウンターを出していた。
匂いが強烈だったのを、記録している。

台南の場合は、写真のように広い野天に幟を立て、屋台の構えの店がいくつも軒を並べている。
IMG_0375.jpg

何種類食べたろうか? まずコオロギのような虫を餅を挟みながら揚げて、塩を振ったもの。

揚げる前の虫の姿を見ているだけに、口に入れるまでに勇気がいったが、塩味がきいており、小エビを素揚げした食感。

「芋頭牛好」という名前のジュース。屋台には「口感綿密」と宣伝。里芋の親芋を蒸し、それと牛乳を合わせてミキサーにかけたもの。牛乳を入れるから「牛好」なんだ!と納得。甘みもあり、里芋のとろっとした食感も残っている。

野天なのに、巨大なパン屋のオーブンを置き、焼きたてのパンも売っていた。焼きたてデニッシュもまた美味。
お好み焼きのような、もんじゃ焼きのようなものも食べた。


臭豆腐にも挑戦。この店は、カラリと揚げており、あまり「臭み」を感じなかった。