FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
畑 小屋作り4
夫は、やはりスギナを抜くことに夢中になったようで、植え込んだ「枝豆」の種が、畝のあちこちに哀れな姿をさらしていた!

芽が出かかったのもあった。1つ1つ拾っては土の中に戻してやる。

気を取り直して、地上に元気な姿で出て来てくれよ!と、声をかけながら。

今日は「ヤーコン」も植えてきた。どんな芋が収穫できるのか楽しみ!

ヤーコンの種芋
スポンサーサイト



畑 小屋作り 3
ジャガイモの芽が出た!
キタアカリが早い。

ジャガイモの周りに生えているスギナにお気づきだろうか? これが、あちこちにニョキニョキと。

次回来たとき抜こうっと。それより雑草に覆われているブルーベリーの救出が先だぁ!

仕事前

仕事後

草抜きは先週のこと。
ところが昨日、夕方夫が嬉々として戻って来てこう言った。
スギナを抜くのが大変だった!と。

オレは頑張っできたぞとばかりに。ちょっと嫌な気がする。実は空いていた畝に、枝豆の種を蒔いてきた。確かそこにもスギナが……。まさか⁇


畑 小屋作り 2
小屋作りは週に1回。何か用事が入ったり天候が悪いと中止。なので取り掛かって2年が過ぎたが、まだ棟上げも出来ていない。

固定資産税をとられずにすむサイズだからたかが知れてる、はず。

掘っ建て小屋と思いきや、釘を使わず、ノコギリとノミで凹凸をつけ組み上げようとしている。宮大工!?

ようやく屋根の梁などが組み上がった。


材木の太さにビックリ。どうやって屋根の高さまで持ち上げるつもりなんだろう⁇
(むろんバラして、上で組むそうですが……、しかし1本1本がけっこう重そう)

花冷えだったので、焚き火しながら隣の桜を愛でながらおしゃべりにも花を咲かせながらの「ながらランチ」。


友達が作ってくれたハッシュドビーフ、焚き火の炭で作った焼き鳥、サラダなど。燻る熾火で焼いたりんごがデザート。

何という贅沢な食事と時間!

畑 小屋作り 1
春の訪れで、土を持ち上げ芽を出す野菜たち。
3月ニンジンを、我が家の庭の花壇に蒔いた。


こんなに小さな種。

なかなか芽が出ず、土質が悪かったのか?深く土をかけすぎたか?と心配したが、ようやく重たい土から脱出したように細い細い軸と葉が姿を現した。しかしようやく芽を出したばかりなのに、間引かなくてはならないとは。確かにこんなに密集していては、細いニンジンばかりになってしまう。



間引いて、数えてみたら、10苗しかない。これでも多いくらい。
狭い花壇なので仕方ないけれど、間引くって心いたむ仕事だなぁ~。


台湾地方旅  失敗編
今回は、大きな失敗やアクシデントもなく無事旅を終えることができた。
それでもいくつかは笑い話のネタになりそうなものが……。
・台南市内のレストラン「阿美飯店」の火鍋
火鍋
鴨を丸ごとじっくり野菜と煮込んだ料理。濃くが深く美味しいスープなのだが、いかんせん量が多すぎた。
周囲を見渡すと、10人くらいのテーブルに一つずつだ。
しかも夫は丸ごとの鶏肉が苦手。唐揚げや焼き鳥は食べるくせに、鳥の形が残っている料理や皮が目に付くとダメらしい。
10人分を3人で食べられるわけがなく、もったいないが残してしまった。
教訓1 注文の前に量を確認しよう!
・台北市内の有名なレストラン「鼎泰豊」
小籠包1
十数年前に行き、ずいぶん並んだ記憶があり、今回は時間をずらし2時頃到着した。それでも40分外で待った。ところが食べ終えて店を出ると、誰も並んでいない。
教訓2 行列のできるレストラン「鼎泰豊」へは、4時前後に。
もう来る機会もないかと、5種類の小籠包とエビしゅうまいを食べた。5種類も食べると、感動が薄れる。しかもエビシュウマイとエビ小籠包は、どちらも蒸してありジューシー。エビも当然入っており、違いがよく分からなかった。
小籠包2
エビシュウマイ
ほとんどは5個ずつで1蒸籠なのだが、トリュフだけ1個から頼める。きのこの旨味が引き出され、香りが口の中に広がる。すべて食べ終わって「トリュフが美味しかったねぇ」というと、夫は気づかなかったというではないか! 普通の小籠包が1個20元。エビ入りが1個33元のところ、トリュフは90元もする。
きっと私の手料理だって何も考えずに食べているんだろうなぁ。
小籠包3
トリュフ入り
教訓3 夫には値段を確認させながら食べさせるべし!
台湾地方旅  20
桃園駅から10分の「鴬歌」という駅に降り立った。
駅前は、ひなびた田舎街。
鶯歌

見渡しても、観光客らしき人はいない。
ここからバスで「三峡」という街にある「老街」を目指す。

バス停で、「どのバスに乗ればよいのか?」と、従兄が片言の中国語で、初老?いや私たちと同年齢?の男性に尋ねた。
最初は胡散臭そうな顔をしていた男性の頬が、私たちが日本人と分かるや緩んだ。

一緒にバスに乗りこむ。
おじさんは、笑顔で何やら盛んに話しかけてくる。
むろん中国語。

従兄以外の3人は、チンプンカンプン。
うっかり目を合わせて、頷いたりしようものなら、それはそれは嬉しそうにしゃべりまくる。
なので、外の景色に気を取られている振りを決め込むことにした。

「三峡」というバス停ではなかったと思うが、おじさんはここで降りるよと手招き。

おじさんの後をついて歩くこと数分。おじさんのアパートに着いた。
通りで待っているように言い、おじさんは自分の荷物を置きにアパートへ。
しかし部屋に入ることもなく、アパートの階段下へ大きな荷物と傘を置き、スタスタと戻ってきた。

身軽になったおじさんは、スタスタ歩きながらニコニコ顔であれこれ話しかけてくる。
さっぱり分からないが、たぶん街の説明なのだろう。

その間、道端で台湾の碁?将棋?をうっている人たち、行き交う人や買い物をする人がおじさんに挨拶をする。
おじさんに敬意を払っているようだった。そのたびにおじさんは、声をかけた人とハイタッチしたり、握手しながら話かけたり。
もしかしたらここの名士なのかもしれない。作業着姿のおじさんだけれど……。

いろんな店が軒を並べる通りを抜けながら、私に「お腹すいてるだろう?」ときく。
お腹に手を当てたので、たぶんそういう意味だろうと思い、「うん、うん」と首をたてにふった。
すると、おじさんの口角がさらに上がり、何やら美味しそうな匂いのするパン屋の店先へ行くではないか。

数分もかからず、パンが入った箱を私に差し出すおじさん。
「いやいや、支払いは自分たちで」と財布を出すものの、おじさんは頑として受け取らず、「食べろ」とニコニコ顔。
パンの箱

パン

「老街」への入り口を示し、景色の美しい橋のところまで来たら、おじさんは突然私たちに別れを告げ、スタスタと橋から降りて行ってしまった。一緒に食べましょうと呼び止めるのも聞かず、振り返りもせず去って行く。(日本語だから分からないのだろうけれど)

しかし私たちは見た。おじさんの目じりに涙が滲んでいたのを。
きっとおじさんには、日本人が絡む温かい思い出があるに違いない。

焼きたて、周りはサクッとしているが中はふかふかの美味しいパンだった。
今回の旅で、思い出がまた一つ心に刻まれた。パンのぬくもりと一緒に。
10個のパン

三峡の老街
老街1

老街2







台湾地方旅  19
国際空港がある桃園市で台湾最後の2連泊。

鉄道の駅から歩いて5分ほどの4つ星ホテル。
中国名は「桃花園飯店」を英語で表すと「Tao Garden Hotel」。

実は、初日もここで1泊した。
2月の日本で必要だったダウンや厚手のシャツは、台湾巡りには不要だろうと、大きなキャリーバックに詰め込み置かせてもらったのだ。

しかし……。
世界的異常気象は台湾にも寒い冬をもたらしていた。
部屋の空調を25度に設定しても、気づくと19度に戻っている。
フロントに問い合わせると、なんと「冷房」しかないという。
持ち運び式の電気ストーブを部屋に入れてもらい、なんとか凌いだ。
そのくらい寒かった。

気温は低いが、心温まる出会いがあった。
P2230475.jpg