FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
畑 小屋作り 9
屋根をつけはじめた。


2人に任せて、サツマイモの苗を植え、そして50年ぶりに桑の実を収穫。



小学校の帰り道、実を摘み入れた帽子が紫に染まるのも気にせず無心になったあの頃の記憶が蘇ってくる。



甘酸っぱさが口の中に広がる。
うまっ!

施主殿が笑顔で言った。
「試食したんですか?」

口の周りが染まっていたらしい(・_・;


スポンサーサイト



畑 小屋作り 8
初めて鍬を入れ、ジャガイモを収穫したのは去年。
たった1畝だった。

今年は3畝。元気に育っている。
ジャガイモの後にサツマイモやカボチャと思い込んでいた。
しかしネットで調べると、どれも同時期、つまり5月~6月に植えるらしい。
一緒にジャガイモの種を植えたくせに、夫が私を責める。

ジャガイモ、欲張り過ぎだ。サツマイモを植える場所ないじゃないか!

安寧芋の美味しさが忘れられない。
北海道や鹿児島の美味しいカボチャの種も、施主殿からもらい受けてある。
これも蒔かないと!

ということで、またまた開墾に追われる毎日。



カモミールの花を収穫し干す。自家製カモミールティが楽しめるかな?

畑 小屋作り 7
前日、友だちのご主人(一緒に小屋を作っている人、というよりまさに施主殿)から電話があった。
「明日、お日柄も良いので棟上げしようと思います」
ええぇ?明日? 
私には急展開の話だったが、当然夫とは事前に話をしていたようだ。
いかに私と夫との間に会話が無いか!を物語っているでしょ?

翌日は、作業するのに最適な曇天。
11時過ぎに友だちと出かけてみると、作業真っ最中。
DSCF0500.jpg
人力で梁を持ち上げ柱と組む。

ここからは我ら妻たちも参加し一気に組み上げる。
DSCF0526.jpg

DSCF0542.jpg
施主殿は、お清めの護摩や酒、盛塩など万全の準備も。

ランチは妻たちが腕をふるい山菜の天ぷらを。BGMは鶯の鳴き声。
てんぷら
平均年齢60才を過ぎた夫婦4人だけで、クレーン車も使わず棟上げができたんだぁ!
感慨無量で乾杯。むろんノンアルコールビール。

畑 小屋作り 6
家を建てて、はや20年。草抜きの手間を省くため、隣との間に砂利を敷き詰めたのも、そう、20年前。

共働きで忙しかったころに、草抜きでぼやいた記憶がない。
記憶が無いのではなく、いつも草抜きしていたのは夫だったから?
まぁそうも言えるが、ここ数年、夏になると夫は草抜きに追われ疲労困憊しているようだ。

砂利はどうした? と、観察してみると、砂利が土に埋もれているではないか!
そこで土を掘り起こし、ふるいにかけ土はコンポスト用に、砂利は通路に敷き詰めた。

その作業中に、なんと!埋もれていた雨水枡を発見。
マンホールの上には3~4センチも土が積もり、その上で草が元気に育っていた。

20年という歳月の長さをこんなところで知るとは

小屋の棟上げ……。その日は突然やってきたぁ!

ジャガイモ畑。その向こうにはもっと元気な草たちが!


  
畑、小屋作り 5
鍬を振り落とすと、必ずカツン、カキンと石に当たる。
それほど石が多い。

河原だった場所のようで、掘ると、漬け物大から小石までザックザック。
小判なら腰の痛みも何のその掘りまくるが、石じゃぁねぇ

畑の横に砂利塚?石塚?ができた、いや正確にはつい先月まであったはずなのに、この陽気で草が生い茂り覆い隠していた。それどころか、砂利山の上にも草が生えているではないか!せっかく掘り出したというのに。

そこでこの砂利を使い通路を作ることにした。
草刈りの労を減らすためだ。

通路にしたい場所の草を抜き、除草剤をまき、リヤカーで運んだ砂利を敷き詰めていく。
単純な作業だが、草刈りと違い、何だか未来が見え達成感がある。
草を刈るだけだと、数日後には元の木阿弥だもの

ふと畑の砂利を敷き詰めながら、自宅の庭を思った。
隣家との間に砂利を敷いているが、毎年草抜きに追われている。私でなく、夫が……。

待てよ! 砂利を敷いているのに草が生える……? なぜ? 




先日都内で見かけた猫車。10匹を連れてお散歩。