FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
舞台へ 10
例えばこんな台詞のやりとり
ジュリエット1  ロミオ、ねぇ、ロミオ!
ロミオ2     俺の名を呼ぶのは俺の魂、夜に聞く恋人の声は、銀の鈴のように甘い
ジュリエット1  ロミオ! 

何せ150人ほどもいる。登場人物はロミオとジュリエットの2人しかいない場面。
そこで、一文ずつ(もしくはⅠ行ずつ)で交替。

なので、ロミオが7人、ジュリエットは10人でA41枚の台本を読み合わせる。
演出助手が順番に、〇〇さんはロミオ4、〇〇さんはジュリエット5と台詞の番号を振り分けていく。

この上記ジュリエット2回のセリフは、一人が担当。(ジュリエット1)
ジュリエット1を7~8人が演じた。
その中で、いやこの日の全稽古を通じて演出家に声をかけられた女性が一人いた。

ロミオの「恋人の声は、銀の鈴のように甘い」に応えるジュリエット。
容姿は、髪は「老」でも、心は「純真無垢な乙女」でないと……と、普通は考える。

ところが、ジュリエットは、太く低い声で、威圧的に
「ロミオ」と怒鳴った。
3度目は「ロ・ミ・オ」と区切って。

演出家ノゾエ氏が、何と評したか?お楽しみに。



スポンサーサイト



舞台へ 9
15日の朝日新聞埼玉版に、「1万人のゴールド・シアター2016」が取り上げられていた。
三段組みで、稽古の写真も大きい。

その記事によると、応募者約1900人の約6割が県内在住だそうだ。

稽古の話……、
自分たちの番になり、早歩きしながら、いろんな人に話しかけた。
すると、東京、神奈川、茨城からと、県外の人ばかりだった。
午後の稽古だと、県外の人が多いのかもしれない。
1時間で通える私は、近い方だ。

前半グループの稽古を見ているので、意外とすんなり、笑い、怒り、そして泣けた。
演出家の「次は怒って!」の声かけで、突然、それまで笑いながら話をしていた人に
「なんで笑うのか!」と怒鳴ったら、一瞬その人は戸惑い、また笑おうとした。

「怒れと言っているじゃないですか」
とさらに詰めると、
「怒りは笑い顔の中にも潜ませることができるのですよ」と
切り替えされた。
うまいなぁ~。
大声でぶつければ良いと考える私は、単純思考。

この年齢になって、大声で怒りをぶつけたり、泣くことなど先ず無い。
腹の底から笑い、泣き崩れる。
気持ちよかった。

次はセリフの稽古……。

舞台へ 8
ストレッチの後は、いよいよ演出家ノゾエ氏の出番。
「まだ若輩者です。2000人での舞台は、世界初。何ができるのか?!挑戦でもあります。」
世界初。良い響きだ!

約150名を二つのグループに分けた。正面に向かって真ん中で切っただけ。
私は、後半グループ。先ずは前半グループの見学。



ホールに出て、ゆっくり同じ方向へ歩けという。徐々に演出家の指示のもとスピードが上がっていく。
次は、自由な方向へ。今度は歩きながら、出会った人、近くにいる人としゃべりながら歩く。

ここまでは難なくこなせそうだが、止まってはいけないというのは、ちょっと難しい。
つい出会い話しかけるとき、立ち止まってしまう人がいる。
そのたびに「歩いて!止まらないで!」と声がかかる。

しかしこれは「こなせる」うち。

「では、笑いながらしゃべってみましょう。足は止めないで。」
これも楽しそう。

「今度は怒りながら。ケンカしてください!」
え?と、一様に戸惑いの表情。
「そんなぁ突然怒れと言われてもねぇ~」とでも話をしているのか、笑みを漏らす人が多い。

「怒って! 腹を立て、むやみに相手にかみついてください!」
これはハードだわ。
舞台へ 7
参加者の約5割が65歳~69歳。70代は36%、80代や90代も。

前にも書いたが、申込書には身長・体重・健康状況はもとより、経歴を書く欄がなかった。
人生これほど長く生きてくると、色々な肩書きを持っている人も多かろう。
自ずと、顔や振る舞い、持ち物や装いに生き様が垣間見える。
気品あふれるご婦人や紳士たち。

それが最初のストレッチ体操で木っ端微塵に打ち砕かれるとは!

「顔」のストレッチでのこと……。
唇の右側を思いっきり右へ引張れという。
「唇の端に糸が付いていると想像して引っ張って!ほらほら痛い、痛いねぇ、でももっと引っ張って」
「さぁ、今度は下です。顔はまっすぐ前に向けたまま、下唇だけ下へ引っ張って」
左へ上へ、もう一度右へ。ぐるーっと2~3周。

みんな前を向いているので、どんな「変顔」をむき出しにしているのか全く見えない。
見えないが、自分の顔を想像するだに楽しい。

上流の生活をなさっている上品な方々も、私のようなどこにでもいる庶民も、肩書きなぞくそくらえ!で、「変な人々」に化けさせてしまったのだ。

いや化け……ではなく、「素」に戻す、何層にも肩に載せている人生の「ホコリ」をこの一瞬で振り落とさせた!
剥がれ落ちた自尊心や過剰な自意識、恥じらいが、床のあちこちに転がっている。
お見事!

最後に演出助手が付け加えた。
「お宅でも、このストレッチ体操を続けて下さいね」
うぅ~しかしまだ……家人に隠れないと…… 
舞台へ 6
冒頭、6月末で参加者が約2千人となったことが伝えられた。
2千人かぁ。どうさばくのだろう? この人数を……。

7月の稽古日は14回準備されており、そのうち1回出席すれば良いということだった。
前回の説明会の時に、希望日をいくつか伝えてあり、幸い、私は第一希望の稽古初日午後の部で参加することができた。

稽古場の壁沿いに、ホールを囲むように椅子が並べられている。正面に向かって並ぶ椅子は2重。
今日の参加者は150人くらいだろうか?

まず演出助手の指導でストレッチ体操から始まった。
床に座り、足首を回す。
と、「床に座れない人は手を挙げてください」
その声で、男性がお一人スッと手を挙げると、すかさず若いスタッフが椅子を用意する。
「左の腕を前に伸ばし、手のひらを正面に向け、右手で指を身体の方へ押しましょう」
平段の上から演出助手の声が聞こえる。
私は一番後ろに陣取っていたので、全体がよく見える。
前の方にいるご年配の男性は、右と左が逆だ。
すると、若いスタッフがそれに気がつき傍へ寄り、そっと手を添え直す。

決して壇上から急かす声や間違いを指摘する厳しい口調は飛んでこない。
「ゆっくりでいいですよ。息をしてくださいよ。息は止めちゃぁいけませんよ~!
気分が悪くなったらいつでも手を挙げてスタッフに教えて下さいよ~大丈夫ですか?」
床に寝転び、身体をあちこち緩める。深く深呼吸しながら。

「老」へのケアや「長じた人」への敬意に満ちあふれていて、実に居心地が良い!
何だか、以前義父がいた老人ケアホームの体操教室にいるような気がしてきたなぁ。

「さぁ起きて、席に戻ってください」の声。
30分が過ぎていた。
しかし練習予定時間の3分の1も使っちゃっていいのかなぁ?
舞台へ 5
初稽古!

さいたま芸術劇場1階にある大稽古場。
バスケットボールのコートが軽く取れるくらい?の広さ。

参加者たちが集まってきた。
白パンツに鮮やかなグリーンのロングブラウスのご婦人。
ヒゲを蓄えた顔にハットがよく似合う方。

正面には鏡、その前には故蜷川氏も座っていただろうテーブルと椅子。
天井には照明。
藤原竜也や宮沢りえたちが流した汗が染み込んだ木の床。

数多くの芝居を支え生み出してきたその床に座り、寝転ぶ。
それだけでゾクゾクする。

舞台へ 4
女性プロデューサーは、何度も
「お電話でもお伝えしましたように……」
という言葉を使った。
事務局への電話問い合わせが多いに違いない。

気になることがあると、そのことに逡巡し、他の用事が片付かない。果ては眠れない。
歳を重ねるに連れ、そういう傾向が強くなる。むろん他人ごとでは無い。

質疑応答では、女性プロデューサーが丁寧に説明した内容を問う人もいる。
居眠りして聞いてなかったのでは?と、マイクを握って質問する御仁を数人が凝視する。
それでも嫌な顔一つせず、プロデューサーは再度丁寧に説明した。
できた人だなぁと感心する。

さいたま芸術劇場の一番広い練習室でも、150人を超えると練習にならないという。
何せ1万人。まぁ1500人と見積もっても、同じ稽古を10回に分けて行う必要がある。
演出家やスタッフも大変だ。

なのに、こんな質問が出る。
「スポーツと芝居体験というつもりで参加しているので、練習は多いほどいい。同じ内容に回数参加して良いか?」

女性プロデューサーが、
「練習場所が狭いもので、同じ内容の練習は1度だけにしていただきたいのです」
と応じたにも関わらず、また違う御仁が
「一回目にうまくできなかった場合、練習してくるので進歩を見てほしい。同じ内容で複数回参加したい!」
他にも
「練習はできなくても、せめて見学だけでも。他の人の演技を見るのも勉強ではありませんか!」
等々

だから、練習室のキャパの問題だと、何度も説明しているのになぁ……。

30分ほど質疑応答に使ったが、予定時間を過ぎても質問は止まらない。
皆さん、とても意欲的!
司会者が気を利かし、質問のある人のみ残るよう配慮してくれた。

ホールを後にしながら、安心感と期待に胸が膨らむ。
皆「老」を抱えている演者たち。
体調不良も物忘れも「あって当然」の集合体。
その中に紛れていればいいんだ! 私でも、何とかなりそう~!という安心感。

次回はいよいよ初練習。
ロミオとジュリエット……。

舞台へ  3
プロデューサーの女性が、丁寧にゆっくりとした語調で説明する。

脚本.演出は蜷川氏の意でノゾエ征爾氏。劇団「はえぎわ」を主宰し、脚本家、演出家、俳優としても活躍している新進気鋭の人。
蜷川氏が演出してきたシェークスピア脚本の数々をモチーフにした台本になるのではと考えている。(つまりまだ執筆中)

蜷川氏は下手な役者は舞台に上げないという厳しい人で、役者に灰皿を投げつけたという話は有名。
しかし晩年、稽古の楽しさ、舞台でスポットライトを浴び、演じる喜びを、多くの人々に味わってもらいたいと語っていた。そこでこの企画が蜷川氏より提案された。

説明の最後に……
皆さんにはもちろんセリフも喋ってもらいます。最初の稽古日までにお手元のセリフをご自宅で声を出して練習して来てください。しかし覚える必要はありません。(A4一枚2人の掛け合い)
と、ここで前の方の参加者が何か言ったようだった。
プロデューサーが驚きと笑みを含みながらこう言った。
もう覚えられた?  ウズウズしてらっしゃいますねぇ。

その宿題の掛け合いは、ロミオとジュリエットのバルコニーでの熱いセリフだ。見た瞬間、ここに集う白髪の御仁たちが、自宅で家人に隠れて練習する様を想像し、それだけで幸せな気持ちになった。くだらない娯楽番組を観るよりよっぽど面白い! もちろん私自身も含めて、だが。

質問応答は次回!

舞台へ  2
さいたま芸術劇場ホールを老男老女が埋め尽くす。ファショナブルな装いで個性が際立つ人々も。
総監督の
「先ずは、皆様合格おめでとうございます」の言葉に失笑が漏れる。
何せ写真不要、面接も無い審査。み~んな合格と誰もが分かっている。
「1万人の……」の意味
できるだけ大勢の役者で、ということらしい。故蜷川氏が約1年半前から、芝居を作る楽しさを多くの人に味わってもらいたいと企画していたのだそうだ。埼玉県文化振興財団が今年度一番予算をかけた企画だという。
北は北海道から南は宮崎まで。なんと、アメリカからも応募があったという。最高年齢は91歳、女性が7割。説明会があった6月20日前日現在で約1522名らしい。
質問ありますか?の声かけに、会場内のあちこちで手が挙がる。この質問内容に「老」が垣間見える。

ヤマモモ
舞台へ 1
「1万人のゴールド・シアター2016」の合格通知が届いた。封筒の中には、説明会と7月の練習日程が入っている。
合格、すごい!って? いやいや!申し込んだ時点で、合格はほぼ確実と踏んでいた。
なぜならわざわざ「65歳以上」の条件を「60歳以上」に引き下げ、募集期間も6月末まで延長したくらいだもの……。

枝豆

故蜷川氏の「ゴールド・シアター」というだけで飛びつき申し込んだものの、公式ホームページで調べても内容がよく分からない。
1万人の?
この意味は何? 出演者? 来客数?
2016と付いているということは、2015もあった? 2017以降もあるってこと?
芝居の内容は?
届いた封筒の中にも、内容に触れた説明書きはないし……。

未知の世界、見えない内容。
不安?、それも魅力?
まずは説明会へ。