FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
孫マゴ 13
9か月になる孫の離乳食の作り置き。
ばばバカだなぁと思いながら……。

鳥のひき肉団子
1 人参とシイタケ、青菜を細かく刻みだし汁で煮る。
2 鶏肉とすりおろした山芋に1を混ぜ、片栗粉、酒、ちょっと塩を入れてよく混ぜる。
3 出し汁の中へスプーンで落とし、火が通り浮き上がれば出来上がり。

上記の1を、電子レンジにかけてやわらく火を通したカボチャやジャガイモにそれぞれ混ぜれば、それで2品完成。

失敗したのはうどんとナス。
昼に食べたうどんを細かく切り、出し汁で時間をかけて煮込んだのに、コシが強すぎて、やわらかくならなかった。
ナスも煮ればやわらかくなると思ったのに歯茎でつぶせなかった。

娘と台所に立つものの、あまりに料理を知らずびっくり。
「ナスの灰汁を抜くために、水に10分くらいは浸してね」というと
へただけ切り落としただけで水の中へドボンと。

婿殿と孫の食生活、あぁ心配だぁ

今夜の夕食
お皿には、鳥のひき肉団子、カボチャ野菜和え、ジャガイモ野菜和え
お椀は、失敗したトマト味のうどんと青菜のペースト

我々大人の昼ごはんや夕食でアレンジ。そして小分けして冷凍保存。





スポンサーサイト
孫マゴ 12
家で食べさせる離乳食は、大人向けに作る料理の一部を味付け前に取り出し、スプーンでつぶせばいいのだけれど、お弁当はバタバタ忙しい朝、しかも暑い時期に安全なものをとなるとやはり冷凍してあるのが一番!

数週間に1回、いろんな野菜をブレンダーでつぶし、製氷皿でキューブ状に冷凍さえしておけば、朝選んで詰めるだけなので、むしろ楽らく手抜き弁当がすぐできる。
弁当に限らず、家での離乳食も、素材をいくつかあわせて電子レンジでチンすればOK!

昨日も書いたが、ペーストから固形への移行期の今が困りもの。



その上娘の夜勤が始まり、まだまだお父さんと夜を過ごすのは不安ということで、孫も保育園でお泊まり。
なのでお泊まりのときは、2回分?3回分の離乳食弁当を持って行かねばならない。

もう少し近ければ我が家で預かるのだけれどなぁ……。


孫マゴ 11
初期の離乳食は簡単!

火を通した野菜や白身魚をブレンダーでペースト状にし、製氷皿に入れて冷凍。朝、凍ったまま数種類を1個ずつ小さなタッパーに詰めればお弁当の出来上がり。

ところが中期以降が大変。歯も生え始め、ペーストでは物足りず、少し歯茎や小さな歯で嚙み砕くような状態にしなければならない。

ジャガイモやニンジンは、ペースト状なら冷凍も可能だが、形があると、解凍した時に、スカスカになる。(ー ー;)

何かよい方法はないものか?

もちろん毎食作れば問題ないのだが、何せ朝は忙しい。

昔と違い、ビン詰離乳食の種類も多いが、それだけに頼るのでは、毎日のことだけに味気ない。どうしたものやら?





孫マゴ 10
離乳食初期は5.6ヶ月頃、重湯から10倍粥、ペーストにした野菜を1日1回与える。

この段階は自宅で、二回食になったらお弁当でということらしい。

一回食、朝はバタバタ忙しいので、夕方自宅に戻ってから与えていたようだ。

娘の自宅から勤務先まで、空いていれば30分ほどで着くらしいが、朝は少しゆとりを持たせたいため、7時過ぎには出るようにしているという。

二回食になった7ヶ月頃、朝ごはんを食べさせるのは、6時30分頃?

ただでさえ、朝はバタバタなのに、ゆっくり離乳食を!なんて暇はない。なので、おしるし程度になりがちだったそうだ。

駐車場も自宅マンションから5分ほどだが離れている。雨でも降ろうものなら、大変だ。

因みに今はもうすぐ9ヶ月なので、三回食。

さぁそのお弁当の話を続けよう。

私の背丈を追い越す勢いのヤーコン




孫マゴ 9
離乳食が始まるまでは良かった。
仕事の合間を見て、抜け出し母乳を与えに保育園へ行ったり、仕事で動けないときは、ミルクを作ってくれる。
しかし6か月を過ぎた頃から、離乳食が必要になった。


季節外れのサクランボ。北海道みやげ。とても甘~い!

普通食を食べられる子どもたちには、宅配のお弁当があてがわれる。

少人数の保育園なので、調理場がない。
いやこの表現だと誤解を生む。
公立保育園に入れるまでの数か月、息子がお世話になった無認可保育園は、10人もいなかった。
それでも手作り給食だったし、卵アレルギーの息子ひとりのために、わざわざ卵抜きのおかずまで作ってくれた。

孫の保育園を見学させてもらったら、狭くて調理場を作るスペースがそもそもなかった。
なので、宅配弁当。それが嫌、もしくはアレルギーなどで食べられない子は、持参弁当ということになっている。
離乳食の宅配弁当はなく、持参しなければならない。

これが結構しんどい。


孫マゴ 8
娘は病院に勤めており、孫がお世話になっている保育園は、病院関係者のみ利用可能だそうで、子どもの数は少ない。
4ヶ月の孫が最っとも小さい。0歳児は4月当初、孫ともう一人7ヶ月くらいの子の2人。(後に4人に増えた)

クラスは0歳児とそれ以外、つまり1歳児以上の2クラスだけ。
最年長の5歳児まであわせても、十数人。



お姉さんお兄さんたちは、孫のベビー椅子の周りに集まり、ほっぺに触ったり、頭を撫でてくれたりと、それはそれはかわいがってくれるそうだ。

しかし1歳児や2歳児は加減というものを知らない。孫はさながら彼らにとって動くオモチャに違いない。
しかもまだ花冷えの頃で、風邪っぴきの子も多く、孫の顔をのぞき込んで、クシャミやゴホゴホと咳。鼻水たらり!

約1年間は、母親の免疫で病気にかからないというが、4ヶ月で早速「風邪」の洗礼をうけることに。
しかし、鼻水ズルズル程度で終わりやれやれ。
孫マゴ 7
孫が保育園に通い始めた。

娘の職場は人手不足で、長期育休をとるわけにはいかず、切りの良い4月から復帰することになった。
もちろん育休制度は整っている。しかし現場で働く同僚の苦労をみると、制度があっても使えないのが現実。

アベなんたらという首相が、女性が安心して働ける? 3歳まで思う存分抱っこ? と大言壮語した。
ホント庶民の生活を知らないにも甚だしい!

4月段階、孫は4ヶ月に入ったばかりで保育園児の仲間入り。

我が子たちも保育園にお世話になった、いや保育園で育ててもらったので、決して否定的に考えているわけではない。
むしろ、少子化の今、保育園での育ちはとても大事だと思っている。

少しずつ孫の様子や子育てについても綴っていこう!

畑 小屋作り 14
外気温35度を超えたなかで、小屋作りに励む夫たちに、アイスを差し入れしてきた。
すると、施主殿が
「面白いものを見つけたよ」と、手招きする。

板に何やら落書きのような、動物の手型いやいや足型?のようなものが。



軒下へ重ねておいた板の上を、ハクビシン? たぬき? いたち? アライグマ? が、歩いたらしい。
彼らのテリトリーなんだね、ここは。
もちろん消さず、記念に残すサ!
畑 小屋作り 13
素人の畑作り、2年目の夏。
10本植えたトウモロコシの収穫は、結局1本と半分だけ。


種から植え、夫に草抜きのたび掘り起こされながらも生き残った枝豆は、大収穫。
根っこから抜かず、丸々と太った豆だけちぎる戦法で、何度も収穫したての豆を味わえた。

新潟で6月ころたまたま農協で見つけた1本10円の茶豆苗10本も、もうすぐ収穫できそうだ。

失敗はナスとキュウリ。

先ずナス……
高価な接ぎ木苗を買った。もちろん牛糞や石灰を入れ土作りをしてから植えた、それなのに細い。
買ったときに付いていた札を確認したら、長ナスと書いてある。あぁ地面にお尻が……。

胡瓜は、自宅のリビングの日よけを兼ねて、毎年窓際に植えている。
連作がダメということで、大きなプランターに植えているのだが、去年ウドンコ病にかかり、途中で息絶えた。
そこで今年、値段が3倍する「うどんこ強し」という名前の苗を2本買った。
なのに、名前負けしウドンコ病で1本は枯れてしまった。

元気に育った1苗も、日よけになるほどには生長せずに終わった。
種から植えて2ヶ月、苗からだと45日というから、まぁ寿命なのかもしれない。

普通のナス苗が、見切り商品として85円で売っていたので、ダメ元で後から植えたら、一番元気が良い。
これって、どういうこと?


舞台へ 13
何せ暑さに弱い高齢者の私たち。
なので、8月の練習はお休み。



9月から本格的に稽古が始まるという。
昨日、9月の予定表が届いた。

あろうことか、私が9月に予定している旅行日程とほぼ重なっていた。

ニューヨークへ1週間でかける用事があり、エアーチケットを予約する際、さんざん考えて出した日程なのに!なんてこと。

8月丸々練習が休みなのだから、9月第1週後半に稽古が入るものと踏んだのになぁ~
まさか2週目からとは!
かろうじて、最後の練習には参加できそうだ。
ニューヨークから戻った翌日だ。キツッ~イ!

まぁ致し方ない。参加できるだけでも良しと考えなくては。

しかしもっと落胆したのは、セリフの特別練習3日間が旅行中に設定されており、その対象から外されてしまったことだ。

群衆劇、その他大勢のひとりとして舞台に立つだけでも嬉しい! と、思っていたはずなのに。
何だ? この寂しさは?

舞台へ 12
約50年前に観たオリビアハッセー演ずるジュリエットは、真っ白なレースの衣装に身を包み、恥じらいながらロミオを呼んだ。

半世紀以上世俗にまみれた私たちが、いくら鈴の音のような声を出そうとしても無理な話で……。
といって、「ロ・ミ・オ」と野太い声で叩き付けた演技は、ジュリエットとは真逆。

しかし演出家ノゾエ氏は、このジュリエットを絶賛した。
そして
「生きてきたあなた方の人生を、経験を、セリフに重ねぶつけてくれれば良いのです!」
と、語った。

振り返ると、蜷川氏の演出には、奇をてらったものが多かった。
三文オペラで、上半身裸体の女性が出てきたときには、目のやり場に困った。ハムレットだったか、いきなり舞台背後の大きな扉が開いたかと思うと、大型バイクが走り込んできたことや、天井から馬が落ちてきたこともあった。

ノゾエ氏の言葉を借りれば、奇をてらったのではなく、蜷川氏のほとばしる喜怒哀楽の情念がそれらだったということか。
とすると、高齢者ほど辛酸をなめた人ほど、深い演技ができる。
真似ではなく、自分を「あらわす」。
ぞくっとした。
面白い!

智光山公園で見つけたキノコ



舞台へ 11
約150人の前で、セリフを言う。
どのセリフを割り当てられるかは、直前にならないと分からない。
女性が多いので、後半グループになると、ロミオ役も女性になる。

私はジュリエットのこんなセリフだった。
じゃぁ、忘れたままでいる。いつまでもそこにいてほしいから。

前後の脈絡なしでは理解不能なのを承知で続けよう。
因みに直前のロミオのセリフは下記。
思い出すまでここに居よう! 

じゃぁ、(ちょっと間を置き、思わせぶりに)忘れたままでいる、と、言い放ったあと、そうその後が……。

そこにいつまでも? いつまでもあなたにいてほしい? 

あれ?何か違う。

台本テキストを見ながら言ってよいことになっていた。
皆それを握りしめ、立っている。
私もチラ見をして難を逃れたが、たったこれだけのセリフが言えなくて大丈夫だろうか?
不安が走る。

しかし思いっきり間違える人が続出し場をなごませてくれた。
例えば、ロミオを鳥にたとえたジュリエットのこんなセリフを……

正解 大好きだから、自由に飛んで行ってほしくないの
誤り 大好きだから、自由に飛んで行ってほしいの

全員がセリフを言い終えた後、演出家ノゾエ氏が評したのは、例の「ロ・ミ・オ」だった。