FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ニューヨーク 4
今、「1万人のゴールド・シアター 2016」稽古の出待ち中。ホールでは別のグループが稽古を受けている。1500人を動かすのだから、スタッフは本当に大変。

例えば熱が入りすぎ、群衆の声が止まらないとき、ピーと笛を鳴らしたところ「笛を使うとは失礼だ!」とご高齢の参加者から怒りの苦情が届いたとか。

おっと脱線。この話の続きはまた近いうちに。

ニューヨークの空港は3つあり、私たちが降りたのはニューワークエアーポート。ここからマンハッタンまで、バスで約1時間と聞いた。バス会社🚍のカウンターでチケットをクレジットカードで買おうと思ったら、「バス内で」という。

キャッシュならカウンターで売るが、クレジットはバス内。

何故違う? う~んよく分からない。

さてどこで降車すればいいのかな?
息子にバスに乗ったとメールを入れる。

ソフトバンクには、アメリカ使い放題というサービスがある。スピリットというアメリカの会社と提携しているので、日本にいるように携帯が使える。これが実に便利だった。


しかしこのサービス、いつ打ち切りになるかは分からないそうだ。



スポンサーサイト



ニューヨーク 3
9.11の前だったし、ISのテロがあちこちで起きていることもあり、どれほど厳しい入国審査かと思いきや、あっさりと通過できた。
オーストラリアやニュージーランドのように、夫婦一緒や親子、友だちとパスポートチェックを受けられる。

私たちも二人一緒に質問をいくつか受けただけでOKだった。
何だ! 緩いなぁ。楽らくじゃん!

と、ところが隣のブースで、突然、審査官がスタッフを呼びご年配のご婦人を別室へ連れて行こうとした。
その女性のすぐ後ろにいた男性が、慌てて審査官に何やら言うと、審査官が怒鳴り声をあげた。

スタッフに腕を取られて移動を促されている女性は、不安そうな面持ちだ。

男性と審査官の間で話がついたのか、呼び戻された女性と男性が、私たちが通過したブースに並び直し、無事入国した。
日本人の親子だった。

聞くと、母親が英語が分からず質問され困っている様子を見て、通訳をしますと近づき、親子だと言い直したことが、どうも審査官の逆鱗に触れたようだという。最初から親子と言えばよいものを通訳と嘘を言った、と捉えたらしい。

へぇ~そんなことで? と、ビックリ!





ニューヨーク 2
日本を出発する数日前に、台風13号が発生した。
8月下旬、台風10号によって日本中が甚大な被害を受けたばかりなのに……またか!

天気予報で示された台風の関東地方への進路予想時間と成田出発時間が重なっている。
いくら「天気に強い夫婦」でも、今回はヤバイかも!と不安。

台風の雨に備えて、夫が靴に防水スプレーをかけると外へ出て行った。
まだ降ってはいないが、出かける頃には大雨になるかも。

いつもの旅と荷物の中身が違う。味噌、醤油、みりん、鰹節、昆布やお茶碗、味噌汁椀など和食器も。
バタバタと準備で家の中を動き回りながら、ふと玄関を見ると、夫の靴が一足しかない。

私が忙しくしているというのに、夫は防水スプレーをかけ終えただけで、のんびり韓国ドラマを観ている。

「もう片方の靴は?」と尋ねると
「あっ、外だ」と。

降り始めた雨の中に、1足ポツンと……。


防水スプレー効果は?
ニューヨーク 1
時差ボケとやらで体内時計が狂いっぱなし。
帰国した翌日は、例の「1万人のゴールド・シアター2016」の稽古に出かけられたのに、その後ガタガタときた。

だるさが抜けず、だらだらグダグダうだうだダレダレ状態。
あれ? 濁点を続けると視覚で伝わる気がするなぁ。
「ダ」音を持つオノマトペのイメージに共通性が見えてくる。面白い!

脱線してしまった。話を戻そう。


セントラルパーク

今回の滞在は6泊8日。
ホテルを検索したら、目を疑うほど高額。
そこで赴任した息子のマンションに寝袋持参で転がり込んだ。
(ただ今単身赴任中ということもあり……)

ダブルベッドを私が使い、息子は日本から船便で送った小汚い布団、夫は寝袋で床にごろり。

と、書くと、なんてひどい母親、妻と思うでしょうが、
ベッドもリビングのソファーも軟らかすぎて腰が痛くなると拒否したのは、夫の方。
くれぐれも誤解なさいませぬように。

物価が高いとは聞いていたが、これほどとは。
例えば、息子の部屋にティッシュの箱がない。
ティッシュ1箱、キッチンロールペーパー1本が200円以上もする。

あぁ路上で配られるポケットティッシュを、ありがたく頂戴しスーツケースに詰め込んでくれば良かった。



孫マゴ 20
あちこちのスポーツジムで、ベビースイミング教室が開かれている。まだオムツも取れない乳児が、プールの中で漏らしたらどうするんだろうと不思議だった。

と、この夏、孫の保育園でも水遊びをするので水着とスイミングオムツを用意するよう言われたという。

水着?パンツでいいんじゃない?
タライでの水遊び程度でしょうに。

なんと、写真のスイミングオムツが売られていることを知った。1枚100円もする。
これを履けば大人と一緒に大きなプールに入れるってわけかぁ~!


次回からは、ニューヨークへの旅ブログをお送りします(^O^)/
孫マゴ 19
フウセン蔓の実を孫の小さな手に載せたが、全く興味を示さずポイと投げ捨てた。



触ったのは数秒だったと思う。しかしその手で目の辺りを触れたのか、見る間に片目の周りが赤く腫れた。

約1ヶ月前は、卵でアレルギーが出た。

黄身は離乳食初期から与えていたし、娘は卵を食べ母乳を飲ませているが、アレルギー反応は出なかった。

8ヶ月にもなったし、そろそろ全卵を試してみてもよかろうと与えたら(ー ー;)

因みに、私の息子は、母乳をしっかり飲み始めるや肌が荒れ痒がった。検査の結果、アレルゲンは卵だった。そこで私が卵はおろか原料に卵を使っているもの全てを避けたら、息子の肌はスベスベに戻った。

卵を割った指でうっかり孫のホッペを触ったとき、すぐ赤くなったので、検査をするまでもなかろう。

まるでリトマス試験紙だ。





孫マゴ 18
生まれて9ヶ月で、体重が3倍に。改めて考えると、天文学的勢い?は、ちょっと言い過ぎだけど、この時期の成長は凄まじい。

生物学的に、人間の進化を目で確認でき実に興味深い。

視聴機能、筋肉、味覚の発達、なぜ泣くのか、意志の芽生えや他者への対応。

言葉というツールはまだ使いこなせないものの、どうすれば、自分の思いを伝えられるのかと、こんなに小さいのに、思考しているのが見える。

脳の機能が、日々発展し、身体の細胞が凄まじい勢いで増殖されているわけて・・・。

親として子育てしていたときとは全く違う視点で、観察?いや客観的に見られる、あぁ、これがゆとりというもの?

外界からの異物への反応も明解だ。
例えば、こんなことがあった。

孫マゴ 17
前回いただいたコメント。

泣く要素は、全部取り除いたのに、何故泣くんだろう?っ悩んだことを思い出した。

そうなんですよね~。
オムツも取り替えた、お腹も空いてないはず、必死にあやしてもいる。なのに何故?って・・。

まだ孫が1ヶ月くらいのとき、やはり訳が分からず泣き続けたことがあった。まるで「泣き」のスイッチが入ってしまい、孫自身、スイッチの切り方が分からないみたいに。

寒い冬の夜で、大人より1枚薄着させてはいたが、ストーブは付いていた。

最初は、チョイ泣きだったはずが、誰も止められないほどの狂い泣き。

とうも、全身で泣いたので体温が急上昇したのが、スイッチインの原因だったようだ。

暖房が効いていない部屋に入ったり、肌着1枚にすると、泣き止み、大人の私たちはようやく泣く理由が分かり安堵した。

先日もそうだけど、大泣きされると、ご近所さんに、虐待していると聞こえるんじゃないかと心配になる。


珍しい飛行機雲 栃木県で。

今回の理由? ちょっと眠いけどまだ遊びたかった!らしい。

よく観察していると、遊び疲れると、ひとりゴロンと横になり指を吸っている。タオルを弄りながら。ものの10分もすると、復活し、ニコニコと遊びだす。

いつも8時から9時までに寝るのに、7時から寝かせられゴネたのだろと、娘の分析。

そぉっと見守ってやれば良いものを、つい孫を預かった責任感からそらそらと手を出し大泣きされ、オロオロ(ー ー;)


孫マゴ 16
8時、ひとり布団にゴロンと横になり寝入った。

と書くと、なんと楽な!と思うことだろう。いやいやその前に大泣きしている。

孫を家に連れて帰ってから、眠らせようとするまでは順調だった。

しかし、全てが1時間いつもより早かったようだ。夕食もお風呂も寝かせるのも。

よく食べたし、遊んだし、お風呂も気持ちよく入ったのに。

疲れて眠そうに見えたので、和室に入れゴロンとさせたら、彼女の不満か炸裂した。

この小さい身体でこんな大声を出せるのかと思うほど泣き叫んだ。喉が潰れるか
明日しゃがれ声になってたらどうしようかと心配した。しかもせっかく汗を流したのに、涙と鼻水と汗でベトベト、あぁ・・・(ー ー;)

それでも小一時間も泣けば疲れたのだろう。最後はしゃくりあげながら、好きなタオルで指を吸いながら、寝入ってしまった。

今回、再認識したこと。
泣きのスイッチが入ったら、抱いてあやしても無駄。孫なりのペースがある。横になり、身体をあちこち向けながら寝心地のよいスタイルで眠りに入る。

それに子供は泣き疲れたら寝る!

抱かないと寝ないというママがいるけど、大人だって抱かれたままじゃ窮屈でしょ?

例え愛されていても。

子供も同じ。親も子も自分のスタイルで寝入った方が楽!

我が子は抱かないと寝ないと思い込んでいるのは、大人の方。幾夜たとえ泣いたとしても、楽な寝方をそのうち身につけるもの! 我が子は○歳だからもう遅い!と諦めず、チャレンジしてみよう! いくつになっても、食べ物の好き嫌いも含めて変わるよ~(^O^)/



孫マゴ 15
毎夜、8時から9時には眠り、深夜12時頃と3時頃に目覚め、早朝5時には起床するそうだ。

夜中のおっぱいをやめれば、朝まで寝るのだがなぁ~なんで?
と思いつつ、添い寝すると……、

判で押したように、12時3分にとろんとした目でハイハイしながら側に寄ってきた。
私はその気配で目が覚めた。

しかし私の目をみつめ2秒もしなかったと思う。
まるで
『あれ?ママじゃない!ねだってもおっぱいくれないかも……』
とでも判断したのか、そのままコロンと横になりまた眠りに入った。

3時、少しぐずり声をあげる。
のどが渇いたのかと、すかさず、哺乳瓶に入れておいた麦茶を飲ませると、グビグビ飲み、満足しまた自らコロンと寝てしまった。

5時、上機嫌でハイハイし遊びはじめた。

故郷の親友が送ってくれた無花果。生を食べたのは何十年ぶりかも。美味しかったぁ!


朝まで続けて寝てくれると楽なのだけれど、まぁ泣かなかっただけマシかな?
そんなに楽だったのかって? いやいや、実は一波乱あったんですよ。


孫マゴ 14
先日の娘の夜勤日。初めて、孫だけで我が家にお泊まりした。

夜勤が始まった7月から、夜中の授乳をミルクに切り替えたという。
初日は泣かれたが、翌日には哺乳瓶を口にしたそうな。

7月8月に、それぞれ1回ずつ夜勤があり、そのたびに孫は保育園で泊まった。

7月のその夜、泊まったのは、孫1人だったとか。あまりに寂しい。

それに9ヶ月を過ぎると、色々なことが分かるようになってきた。
例えば、迎えに行くと嬉しそうな笑顔を見せる。
そうなると、逆に誰も迎えに来ない寂しさも味わうのではなかろうか。
夜を保育園で過ごすのが不憫に思えてくる。

で、バアバ、じいじの出番となったわけだ。

寝返りでゴロゴロどこまでも転がっていくので、和室に布団を敷き詰める。
柱や机の角に座布団などを置く。
孫の手が届くところから、細々とした日常品を撤去する。
離乳食もすぐ食べられるように用意した。

万全の準備をして、孫を迎えに保育園へ。
その夜は……。