FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
舞台へ 19
記者会見場は、さいたま芸術劇場大ホール入り口に設けられていた。
テレビでよく見かける、映画や芝居の宣伝記者会見の、あのセット。
「1万人のゴールド・シアター2016」の看板が華々しい。
その前にセットされた机とテーブル。
記者たちの椅子も並べられている。

あとで写真に撮ろうと思ったのが間違いだった。
ホールでの稽古が終わると、私たちBグループ数百人は、楽屋出口から外へ出されてしまい、記者会見の様子すら窺い知ることができなかったのだ。 あれれ? こんなはずじゃ……

こんなはずじゃ……は、公開稽古の場でも起きた。


スポンサーサイト



舞台へ 18
10月初旬、記者会見が開かれると聞いていた。

9月下旬に届いた10月の稽古日程案内の中に、記者会見へBグループが参加とあった。
全体稽古で低迷していたテンションが、一気に上がった。

記者会見だけでなく、稽古風景も公開するそうな。
ニュースに流れるに違いない。

友だちに、「記者会見があるよ」とあちこちにメール。
すると、「目立つように前の方で演じて!」とか、返信が。
『そう簡単にはいかないわ』
と独りごちながらも、あわよくば!と、考えている。
映るかどうかも分からないのに、気分はウキウキ……。

何を着ていこうか? 
美容院へ行ってこなきゃ!

ところが……。



舞台へ 17
1500人も動かすというのは、大変なことだ。
若者ならば、客席からフロアへ小走りで移動し、「整列!」の一声でシャキッと並ぶ。


軽井沢 10月24日

しかし、高齢者相手ではそうはいかない。
「慌てなくて良いですよ!」「ゆっくり降りてくださいね~」
スタッフの声は実に優しい。
それでも足をくじく人が出て、救急車が出動したと知ったのは、2日目稽古での待ち時間。
聞こえてくるおばちゃんたちの話では、2日目の稽古参加者がゴソッと減っているとも。

確かに1日目の稽古は、段取りが悪く、待ち時間が長かった。
スタッフの動きにも、初めて尽くしのせいか戸惑いが見られた。
例えば、男女を等間隔に並ばせるにも時間がかかった。

帰りのバスの中では不平不満が渦巻いたという。

おばちゃんたちが(自分もおばちゃんだけどね!)こう言い放った。
「私たちにアドバイスを求めてくれたら、いくらでも助けるのにねぇ~」
「そうだ!」「そうよ!」の大合唱。

そうかなぁ~? 船頭が多いと船は進まないって言うじゃん。


舞台へ 16
グループは7つに分けられていた。
体育館の壁に貼られたBグループの席に座って見渡すと、片面がすべてBグループだった。
聞くところによると、600人を超えるとか?

待ち時間に聞こえてきた話では、参加費を払う段階で、数百人が抜けたらしい。

実は、この企画に参加するため、交通費(遠方の人は宿泊費も)はもちろんのこと、参加費として1万払っている。
1万が高いのか?安いのか?

ひとり1万、1500人だと1千5百万円?
すごい金額だよねぇというおばちゃんもいた。

しかしダンスやピアノなどを習っている人たちの話では、舞台で発表会を開くには、数万の支出は当然だという。
参加費だけでなく、先生へのお礼、花代、練習会場費の分担、生演奏でダンス発表の場合は、演奏者へのお礼まで。
1万は断然安い!そうだ。しかも1万の中には招待券1枚も入っているので、実質は7千円の支出だ。

確かに6月末から数ヶ月間、埼玉芸術劇場の大ホールや稽古場、いやいやあの広いスーパーアリーナをリハーサル含めて2日間借り切る費用、パンフ、ポスター、チラシなどの広告料、スタッフの人件費、そしてIT時代なのに、参加者への連絡は毎回郵便というアナログ費用を考えると、半端じゃないお金がかかっているに違いない。



この企画は公益財団法人埼玉県文化振興財団が主催しており、県の税金からもかなりの額が支出されている。県議会でも支出金額について論議されたと聞いた。


舞台へ 15
全体練習の挨拶で、1500人とディレクターが言った。

あれ? 6月末で約1900人と聞いたんだけどなぁ?
数百人が辞退した……ということか。
確かに、遠方から毎月数回出てくるのは大変だ。
アメリカからの応募者はどうされたのだろう?
最年長の91歳の方は?



減ったといっても1500人。
この人たちを順番に観客席からフロアへ下ろすだけでも時間がかかる。

いくら広い体育館でも、本番で使うスーパーアリーナの3分の1くらい?

1500人全員で一度に稽古はできない。

よって待ち時間が長くなる。
待っている間に知り合った周囲の人の話から、情報が入ってきた。
舞台へ 14
故蜷川幸雄さんの遺志を継いだ「1万人のゴールド・シアター2016」の本格的な稽古が、9月第2週から始まっていた。



ニューヨークへ行っている間の練習に参加できず、結局セリフの割り当ては無し。
まぁ、ほとんどの人がそうなのだけど、それでもやはり残念に思ってしまう。

それまでの稽古の様子や年齢?性別?住所?などで、私は「B」グループに配属されたという通知を受け取ったのが、9月下旬に入った頃。
『AじゃなくてB。いくつグループがあってのBなのだろうか? Bってどんな役の人たちの集まり?』
期待と不安が入り交じる。

その答が見えてきたのが、9月27,28日2日間に渡って行われた全体稽古だった。
県の総合体育館を借り切っての練習。各地方から参加する人たちは、交通費やホテル代など何かと物入りだ。

体育館が不便なところにあるため、貸し切りバスで最寄り駅からのピストン移送も準備されていた。

さいたま芸術劇場の大ホールを使っての練習では、最大でも400~500人。
全参加者が集まる。それだけでもちょっとワクワクした。
ところが……。





ニューヨーク ラスト
ニューヨーク市内の交通手段についてまとめておこう!

ニューワーカー空港から、マンハッタンまではバスで17ドル。空港でバスに乗り込むと、車掌がチケットを売りに来る。
勿論現金でもクレジットでもOK!

ニューヨーク市内の地下鉄停車駅やバス停に通りの番号が付いているので分かりやすい。(大通りはアベニュー、細い通りはストリート。まるで京都市内のよう)

私たちは「7日間地下鉄、バスフリーパスチケット」(30ドルだったかな?)を利用。
帰りはジョンケネディ空港から帰国したが、途中までこのフリーパスチケットが使えた。

ただし、どう制御しているんだろうと思うほど、地下鉄の急行や特急、各駅停車の停まるホームが変わる。
地下鉄が着くと、客が振り返り「あれ?今回は逆だわ」とばかり、反対ホームへごっそり移動し平然と乗り込む光景を何度も見た。

また、「この駅は停まりません」という通達がよく出るらしい。
待っていたのに、目の前を通り過ぎていく。電光掲示板を読むと、確かにそう書いてある。
日本のように数週間前から予告はないんだ!
バスも時刻表通りに来た回数の方が少ない。遅れて当たり前。

日本の交通機関の時刻正確さ、おもてなし精神に慣れていると、「多少遅れても走っているじゃないか!」「たとえ今朝掲示したとしても走る前だから問題ないだろう?」「仕事に愛想笑い?何をバカな……」と言われている気がする。

巨大な経済大国のアメリカだが、必死に働かないと食べていけない人々の方が多いのだろう。人々の心にゆとりがないアメリカを感じた。むろんマンハッタンという物価が高い地域だけの「空気」なのかもしれないが……。


帰る頃はハローウィンの飾り付けが始まっていた。スーパーにも色々なカボチャが。

来週からは、「1万人のゴールド・シアター2016」の続きをお送りします!

ニューヨーク 10
歌とスピーチは、15分ほどで終わった。
藩基文国連事務総長が退場しようとしたときだった。
数名の韓国人が彼に近寄り、握手し一緒に写真を撮り始めた。
韓国人たちは次から次へと、写真におさまっている。



ならば私もと、後ろにいた夫に、写真お願い!と目配せし、藩基文氏に近づき、
「私は、日本人です。日本語の歌が印象深かったです。」と話しかけると、
握手してくれたではないか!
やわらかい肉厚の手だった。

振り返ると、カメラのカバーを外すのに手間取っている夫が、人混みの後ろにいた。
ニューヨーク 9
国連は予約が必要で、見学ツアーに参加という形でのみ入れる。大人16ドル。
前日、パソコンからツアーが空いている時間を確認し予約した。



もちろんセキュリーティチェックもあった。
エントランスから、見学ツアーの出発は地下。
中国語やスペイン語はあるのに、日本語の案内パンフはない。

階段を下りようとすると、右手奥に報道陣がたむろっているのを発見。
突然壁のドアが開き、SPに警護されながら、国連事務総長藩基文が現れた。

吸い寄せられるように、後をついていくと、ステンドグラスを背景にスタンバイしていた外国人たちのコーラス隊が歌い始めた。
あらぁ~ステキ~! と聴き入ってビックリ!
 ♪ あなたの~♪
えぇ? 「あなたの」って、これ日本語じゃない。
でも初めて聴く曲。
アメリカ訛りのせいか、歌詞はよく分からないが、「別れて」とかところどころはっきりと日本語が聞こえた。



なぜ日本語の歌だったのか、司会者の英語もその後の藩基文のスピーチも皆目理解できずで、しかしその後に……。


ニューヨーク 8

期せずして、9.11を挟んでの滞在となった。

テレビは、朝から当時の映像やオバマ大統領ら要人たちの弔問、演説を映し出していた。

その儀式のため、一般市民は4時までグランドゼロへ近づくことができなかった。



金融街のど真ん中にデンと建つゴージャスで巨大な「トランプビルディング」の前を通り、路地を抜ける。

すると、無機質なビルの合間にオアシスが広がっていた。
ワールドトレードセンター跡地に植えられた樹木が影を張る。

メモリアルサウスプール
四面の縁から水がとめどもなく、流れ落ちる。数えきれないほどの人が流した、いや今もなお頬を、心を濡らしているであろう涙を思わずにはいられない。


縁には亡くなっ方の名前が刻まれ、花が添えられている。



ニューヨーク 7
ミュージカルは見られなかったが、ヤンキースタジアムで、マァ君が投げた試合を観戦してきた。



虹が

ビールやアイス、ポップコーンの売り子がごっついオッさんばかり。神業のような素早さで、お釣りとビールを渡す可愛い日本の売り子さんたちと真逆。

マァ君、勝利投手に!
ニューヨーク 6
ニューヨークといえば、ブロードウェイ。

有名なミュージカルなら、あらすじは分かるので、私でも楽しめるはず。ネットで検索すると、当日券は半額ほどで買えるとある。ところが、夜は8時開演だとか。帰りは11時頃になる。夫は全く興味がないし、息子は仕事だし。昼間の上演は曜日が合わない。

残念だが、諦めるしかない。1人で夜中のニューヨークを歩く勇気はない。

昼間ブロードウェイを歩いていたら、格安チケット売り場に長蛇の列が!


これに並ぶのも根性いりそう。

バスの中で見かけたチョーオシャレなご婦人。

これぞニューヨーカーファッション!

ニューヨーク 5
バス停の時刻表にQRコードがあった。



早速、スマホで読み取ると、



何番のバスがあと何分で到着するか、スマホで知ることができる。便利だ。だが、スマホを持ってない人には情報は伝わらない。

土曜夕方ということもあるのか、スーパーのレジは、長蛇の列。よく見ると列は3本。
レジは数十箇所もあるのに。

列の頭上に青黄緑の電光掲示版があり、空いたレジ番号を示す。


掲示版は三色で区分した客を、空いたレジに誘導しているのだ。レジの店員は憮然として愛想笑いひとつ見せない。

空港の職員、バスの運転手、そしてスーパーのレジ店員、誰もが「仕事をこなしているだけ」という表情。心冷えるなぁ~(ー ー;)

お知らせ
今週金曜、7日に「1万人のゴールドシアター2016」の記者会見があり稽古の様子も報道されるそうです。その稽古に参加予定です。チラッとでも映るかしら~?乞うご期待!