FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
舞台へ 31
今日は皆さん本番の衣装を着けての稽古。華やかだ。

私は、娘が結婚前に使っていたレースのカーテンにゴムを入れ、娘と嫁が付けてくれたウェディングベールを、そのスカートに巻きつけて膨らみを出した手作り。遠目にはアラが見えない⁈

テンション上がるなぁ~!

ニュース放映予定

本番後にNHKで放映されるらしい。

昨日、入った情報では、セリフを言う人を決めるオーディションがあったそうだ。

ニューヨークへ行かなきゃ、チャンスはあったかな? 当落よりそのオーディションそのものを覗いてみたかったなぁ~。
スポンサーサイト



柚子
稽古お休み!
昨日は畑を耕し、今日は朝から柚子ジャム作り。

我が家の木は、やはり柚子だったのではないかしら?

柚子とスダチの違いは、切った時、皮から実が離れていることと、聞いた。

今年の実は大きく、柚子っぽいアバタ面。切ってみたら、少し実と皮にスキマが。

ただ、全ての実じゃない。20年かけてようやく柚子らしくなって来たというところかな?



どうやれば手抜きで作れるか、悪戦苦闘。でもやはり半日かかってしまった。実験結果としては、皮は切ってから茹でるべし。当たり前!と声が飛んできそう(>_<)

家庭用には、ブレンダーを使い、細かくすると楽チン。
舞台へ 30
何度も踊っているうちに、ステップがリズムにのり軽やかになってきた。
阿吽の呼吸で、私をターンへと押し出してくれる。


さいたま芸術劇場に置かれているオブジェ

問題は、セリフとキスシーン。
男性全員で、ロミオのセリフを言ったあと、各カップルがキスを……。

気持ちがはやる人と、ゆったりしゃべる人でセリフが合わない。
きっかけがないと、セリフの入りもバラバラに。
そこは演出家の腕。
音を使ったり、俳優さんに最初の一言を引き出させたり。

演出家が言う。
「空を仰いでセリフをいう場面じゃないですよ。相手の目を見て、『キスしたい』という気持ちをぶつけなくては!」
試行錯誤を繰り返すうちに、数十人の声が揃ってきた。

「キスのシーンですよ。もっと寄り添って。顔を寄せ合い揺らすだけでも、そう見えますから。」

私は舞台の端にいるので、各カップルの様子がお相手の肩越しに見える。
『夫婦なのかしら?』と思うほど熱々のカップルもいるが、微妙な距離を置いて『どうしたら良いものやら?』というカップルの方が多い。 

お相手がこのところずっと稽古を休んでいるという女性も。
その場合、若手俳優がお相手を努めてくれる。
「あらぁ~、今回もイケメン俳優? 本番もその方が良いのでは?」
稽古に笑いが絶えない。
舞台へ 29
ダンスのお相手男性が決まった。
ずっと男役しかやってこなかったのに、女性として踊ることに。
振り付けは?手の位置は? 困惑することばかり。

言うまでもないが、とって~も嬉しい!
しかもお相手は、素敵な紳士。

どうやって決まったのかって?
まさに出逢い!

いつものようにバラバラと舞台上にB①グループが集まった。
(一番人数の多いBグループは、B①とB②に分けられており、私はB①に)
B①グループは、カップルで踊り、B②グループは外周を囲むように手をつなぎ踊る。


つまりB①の男女は同数なのだ。
どうやって相手が決まるのかな?と思っていると、演出家が
「じゃぁ、お近くの人と組んでください!」と。
え? と振り返ったところにいらしたのが、今のお相手。

毎回茨城県から出て来られているとか。
むろん泊まりがけで。
しかもあの東日本大震災の津波被害でご親戚を亡くし、原発のために茨城へ居を移さざるを得なかったのだとおっしゃる。
「歳月とともに風化しつつありますが、まだ何も復興などされてないですよ。戻りたくても帰れないんですから」
胸中が慮られ、踊るために向き合っても視線を合わせるのが辛い。 
舞台へ 28
今日も稽古へ向かう電車の中で書いています。昨日のブログに写真を追加しました。CDの表紙は、アイちゃんお気に入りのマンガ家に書き下ろしてもらったそうです。

芝居の話に戻ろう!

禁断の恋であればあるほど、恋情は激しく燃え上がる。

今回集まった1500人もまた、過去に1度や2度、もしかしたら数知れずその甘くやるせない想いに狂ったロミオであり、ジュリエットだったかもしれない。

その経験をセリフに動きに出して!と演出家はいう。

ある意味、今回の参加者全員が主役とも言える芝居なのだ。
どのシーンでどんな仕草で、ロミオやジュリエットになるのか。
私の場合は、舞踏会での出逢い、敵同士だったと分かるまでのシーン。

出逢い瞬く間に恋に落ちた2人は、抱き合い甘いキスをする。
そう!キス。セリフのある方たち、大変だなぁと興味津々で見ていた。

ところが演出家が言った。
実際にキスするか、キスと見せかけるかは、皆さんにお任せします!

えぇ~⁈皆さんって、私たちも?と稽古場がどよめいた。
セリフのあるロミオとジュリエットだけじゃないの?


昨日雪が降る中でさいたま芸術劇場にかかる看板を。雪、分かるかしら?
ヒグチアイ メジャーデビュー
先ほど、「舞台へ 27」をUPしたばかりですが、別件でお知らせし、応援していただきたいことがあり追記します。稽古に向かう電車の中で書いてます。雪景色が心に沁みます。

昨日、11月23日、渋谷MODIで、ヒグチアイという名前のシンガーソングライターがメジャーデビューした。

ヒグチアイは、従姉妹の孫にあたる。
約9年前に活動を始め、路上や小さなライブ会場で自ら作った曲を歌い続け、ついにテイチクエンターテイメントからデビューできた。また「百六十度」というタイトルのCDも同時発売された。


会場はCD販売店の一角にある小さなステージだが、百人ほどの人々が詰めかけていた。

路上ライブから応援してきたから、感無量だなぁという声が聞こえてくる。

ビンテージのタケイという芸人さんが、アイちゃんを紹介し、応援するために来たという。しかしお互い初対面だとか。テイチクの宣伝部長によると、密着取材を来年1月6日に日本テレビで、放映するとか。

電子ピアノを自由自在に弾きこなし、聴衆やタケイさんも巻き込みながら、即興で歌う。

自作の歌の第一印象は、尾崎豊の女性版。心の傷は切なく、苦悩、矛盾は叩きつけるように歌い上げる。ビンビン心に響き鳥肌が立った。

『BARFOUT!』という雑誌に、先月と今月インタビュー記事が掲載されている。










舞台へ 27
60歳を過ぎた素人出演者だけでは、むろん成り立たない。 

ロミオとジュリエットのシーンには、当然キャピレット側とモンタギュー側の激しいケンカシーンもある。
ティボルトがロミオに刺され死ぬのは、語るまでもない。
そんな立ち回り、高齢者にはとうてい無理。

というわけで、イケメンの若手俳優や美人女優(といってもまだ「卵」?)が何人も出演する。
さすが演技もセリフも堂に入っている。

私でも知っている俳優は、木場勝己さんと、こまどり姉妹さん。

こまどり姉妹 と ロミオとジュリエット
え? ううん……? 

こまどり姉妹と言えば、『恋に拍手を』の唄。
ロミオとジュリエットは「悲恋物語」。
どう結びつけるのか?

ヤーコンの花


舞台へ 26
台本が届いたのが10月末。


なにせ、世界初の群衆劇、しかも60歳以上の素人高齢者1500人を満足させたいと思いながら作っているのだというのだから、修正に次ぐ修正で台本完成が遅くなったのではないかと思われる。

今までの稽古は、ある意味「実験」。演出家や振り付け師などが、1500人を動かせてみて、場面をかためてきたのであろう。
言われるままに、動かされてきた私たちは、その日その日の稽古がどう本番に活かされるのか分からず、困惑していた。

しかし台本や各グループの「出番シーン一覧表」を見ると、誰もにどこかで一度は「花を持たせる」ようによく考えられていた。
1500人もいるのだから、通しでの出番はない。高齢なので、体力的にも無理。

一般的には、舞踏会やキャピレットとモンタギューの喧嘩シーンを取り巻く群衆くらいしか思いつかないが、演出家ノゾエ氏は、予想もしない配役や動きを考えていた。


舞台へ 25
「あぁ、その……」
というセリフの「あぁ、」ひとつとってもバラバラ。「あぁ」の余韻の長さも込める想いも。

そこですかさず
「あぁ、」の後の句読点は取ってください。
と、演出家。
そして
「ジュリエットとキスしたい! チューと唇を奪いたい、その気持ちの『あぁ』でお願いします!」
の声かけで、男性陣はにんまり!

合わせてみると、雲泥の差で呼吸が合っているではないか。
「あらぁ、いくつになってもスケベ心を失わないのねぇ」
と演出助手の言葉で、どっと稽古場に笑いが起きる。

相手を恋焦がれる想い。
それは、もう数十年、いや半世紀以上前の記憶でしかないのに、そこから引き出し、老いた身を忘れさせてしまうのだ。

ともかく演出家の「導き」が見事!
年齢も、性別も、過去も、性格も何も分からない人たち、しかも高齢ゆえ何らかの形で人の上に立ち「指導」してきた経験を持っているであろう人々を相手に、あれは「指導」ではなく、「みちびき」「ひきだし」「誘導」なのだと気づいた。

教員や上に立つ仕事の人向け研修会に、こうした演出家による芝居の稽古を企画するといいのでは?

寒桜


舞台へ 24
セリフがあった。
勿論、ひとりではなく、数百人でいうセリフ。
そう数百人で、一斉に、声を揃えて。

そのセリフが長い!
「そうだ!」「乾杯!」とかなら分かるが、文節がいくつかある長さ。

例えば、こんな感じ。
「そう、あなたの幸せを、心から祈っているよ」
(ネタバレになると怒られるので、上記のセリフは私が作ったもの)

これを合わせるのは難しい。
実際にやってみると、バラバラだ。
句読点の間が、個々で違う。
気持ちの入れ方でも変わってくる。

しかも先ず1人ひとりがはっきりしゃべり、合わせないと、言葉が客席に伝わらない。
数人で合わせるのも難しいのに、これ、はっきり言って無理じゃない?

確かに「世界初の大規模群衆劇」とアナウンスしているからには、セリフが必要なのか?



この寒さの中、庭に数輪のバラ🌹が!




舞台へ 23
歌とセリフの稽古。
7月初旬頃提出した書類に、歌や踊りについての経験を書く欄があった。
そこで、高校生時代は聖歌隊に、大学では女性コーラス部に属し、アルトを担当していたことを書いた。
今回の稽古に参加して、そんな経験など全く必要がないことを知った。

完璧に外れてる女性の歌声が、左後方から聞こえてくる。
その不協和音が気になる。
しかし右後方から、男性の美声が聞こえてきた。
徐々に私は右肩を後ろに引き、美声に合わせるように自分の声を重ねる。

つい大声で気持ちよく歌っていたら、前にいた男性二人が帰り際に振り返り、ちらっと私を見た。

ふと「私は正しい!」と思い込んで声を張り上げ歌ったが、あの外れている人も、同じように自分の音階を信じているのではないか。そう思い始めると、自信がグラッと揺れた。






舞台へ 22
10月のスケジュール表に、「歌とセリフ」の稽古日が設定されていた。
Bグループはなにせ人数が多いので、3回用意されており、都合のよい日1回だけ出るようにと書かれていた。

セリフの個別稽古は9月から始まっており、私はその選考から外れていることは前にも書いた。
なので、きっと大勢で「そうだ!そうだ!」「やっちまえ!」などのかけ声程度だろうと考えていた。
だって「1回出ればいい稽古」だし……。

私は3回目、つまり最終稽古でしかも3時半からという遅い時間帯を選んだ。きっと参加数も少ないに違いない。

スタッフもそう考えていたらしい。
ところが大稽古場に用意された折りたたみ椅子が足りず、追加するほど集まった。

スタッフが、遠慮がちに尋ねた。
「お配りしたスケジュール表に1度だけ出てもらえればと書いたのですが……、初めて参加でない方、正直に挙手を!」
と誘うと、三分の一程の人が手を挙げた。スタッフは更に確認するようにこう言った。
「3回とも同じ内容ですけど、いいですか?」

それでも、誰ひとり帰ろうとしない。なぜ? 


安納芋




舞台へ 21
我ながら驚くほどテンションの高低は激しい。

記者会見の日、がっくりうなだれて帰りの電車に乗り込んだというのに、ダンスの稽古では、またまた急上昇。
30歳代と思われる若い男性が、笑いを引き出しながらダンスの振り付けを教えてくれる。
中世っぽい音楽に合わせて、男女で手を取り肩を寄せ合って踊る。
連れ合いとしか手を握ったことがない人も多い世代、心臓がドキドキバクバクの紳士淑女もいるのでは?と、想像するだけでも楽しい。

「どなたとでもいいですよ。ペアになってください」と言われたが、素敵な紳士は何処に?とキョロキョロする間もなく、声をかけられた。
この女性はおそらく奥手の方なのだろう。
男女同数であれば問題ないのだが、女性は男性の2倍いる。
なので宝塚のように男性役も必要なのだ。

ロミオとジュリエットが出会った舞踏会をイメージしながら、身体を動かす。
いつもロミオ役の私。
いっそうのこと、ロミオ役と決めてくれればよいが、まだ今のところ未定。
稽古のたびに相手が変わるし、動きも少しずつ変化する。
音楽まで、踊りの切り替えが分かりやすいようにと、私たちの習得に合わせて変わる。

見学側に座って、舞台上での稽古を見ていると、『 うう~ん? 音楽と合ってないよ~!テンポ速すぎだよ~』と思う人もチラホラ。
舞台上でも見学席でも、気分上々!

次回はセリフと歌の稽古。
えぇ? セリフ……?


紅あずまを収穫!

舞台へ 20
前にも書いたが、Bグループは数百人いる。
500人を超えるらしい。

稽古のとき、席の指定は男女別以外は特になく、到着順に前から詰めただけ。
私は、「間に合えば良し!」と考える質なので、後ろから数えて2列目の席に座った。

公開稽古の日も、舞台上での稽古は半分ずつの人数で行われた。
つまり半分は、客席で稽古を見学している形。



写っているのは、公開稽古を撮影している放送局のクルーたち。
その通り!私は見学側だったのだぁ

NHK9時のニュースで放映されたらしいが、うっかり見過ごしてしまった。
テンションがた落ち