FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
舞台へ 41
9月後半から10月にかけての稽古中、メモ用紙と鉛筆を持ち、参加者の動きを色んな角度から見ては何やら書きとめる人が、毎回数人いることに気づいた。

あれは何をチェックしてるのだろう? 補習候補者か? それとも何か特別な役やセリフがもらえるのだろうか?

「あの・・・番号は?」
突然声を掛けられた。
「私?」
『おぉ、ついに来た!』
その人は胸に貼った名札の下に小さく書かれた番号と共に私の名前を書きとめた。

ドキドキ、バグバク。

その後も別のスタッフからも声をかけられ、合計すると3人も私の何かに引っかかったらしい。人間、いやいや私は楽天家なもので悪い方向には考えない。きっとサスペッションライトが私を闇から浮き上がらせてくれるのじゃないかな?と期待に胸が膨らんだ。

しかし「棚からぼたもち」がそうあるわけないことになんで早く気づかないかなぁ。半世紀も生きてんのに(◞‸◟)

その理由は、あまり日を経ずして明らかになった。
緑から赤に変化した琉球弧
スポンサーサイト



ノロウィルス
「舞台へ」は、まだ途中ですが、実は・・・。

この数十年、インフルエンザやノロウィルスを患っていない。我が家では誰も。記憶にあるのは、子供たちが小学生だった頃。奇跡のような話。

ところが、ノロウィルス君をなんと孫が連れてきた。

噴水のように食べたものを吐き出し辺り中汚物まみれにし、水下痢がオムツから溢れウィルスを撒き散らす。

頭で防菌除菌が大事と分かっていても、実際にそれが起きると素手で処理してしまう。

ちょうど孫を抱いていた私は、エプロンの色が変わるほど吐瀉物を浴びた。孫を抱いてない片方の手のひらでそれを受け止め、床に垂らしながら流しへ。

夫とちょうど泊まりに来ていた嫁が2人で、床に撒き散らした吐瀉物を片付けてくれた。

私は孫を抱いたままお風呂場へ直行し、お湯が溜まるまで、汚れたままで待ち、頭から足の先まで洗い流したせいか、今のところ感染していない。孫はまだ下痢が止まらない。夫と娘、つまり孫の母親が感染した。夜勤明けの疲れに免疫力が落ちていた所為だろうか?

孫の様子を見ていると、嘔吐した夜も翌日もほとんど尿が出なかった。ただただ水下痢。しかし、昨日辺りからオムツが尿で重くなり始めた。食欲もあり機嫌も良い。治りは近いに違いない。

光が見え始めた頃になり、そういえば、亡き義父の介護用に買いだめしたゴム手袋があることを思い出した。

毎年のように報道されるノロウィルスのニュースを人ごとと聞き流していたことを反省した。侮るべからずノロウィルス!

ノロウィルス君が10日前に来ていたら、1万人のゴールドシアターもその後の九州旅行もオジャンだった!



舞台へ 40
さいたま総合体育館での通し稽古は原則全員集合だ。

グループ分けされてから初めて見るシーンの数々。しかも各シーンごとに、個別セリフの人がかなりの数存在していたことを知った。

台本を見ると、ジュリエットは77人、ロミオは63人いる。シーン毎に数人、バルコニーのシーンでは30人以上、毒を飲み死ぬシーンでも十数人いた。

バルコニーは4箇所作られており、下にいるロミオたちに、あちこちからジュリエットが
「ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」
と呼びかける。

バルコニーの上にはジュリエットたち、青いスカーフを付けているのがロミオたち。

ジュリエットもロミオも若手役者が1人ずつ入っている。もちろん声の張りや動きが違い過ぎるので、すぐ分かる。それを逆手に取り若手ロミオを突き飛ばして、老ロミオがセリフを言うなど、笑いを取る演出だ。

薬瓶をかかげ、毒を呷り死ぬ場面では、演出家の
「ちょっとそこのジュリエットさん、もう少し早く死んでください。しぶとすぎるなぁ。」という指導に、どっと笑いが起きる。



舞台へ 39
蜷川さんも奇抜な演出を好んだ。
上半身裸の女優を三文オペラに登場させたり、天井からドサッと音が聞こえるほどの重さの馬?を落としたり。

今回のノゾエ演出は、ロミオとジュリエットが舞踏会で出会い、お互いに敵通しだったと分かった後で、突然着物に身を包んだこまどり姉妹が三味線を抱え「恋に拍手を」を歌いながら登場、そしてラジオ体操に。体操が終わるやまたロミオとジュリエットに生きた中世へと、現代と中世の世界が行き来する。


ロミオとジュリエットがお互いの恋心を語り合うバルコニー。
舞台へ 38
ロミオとジュリエットの芝居にラジオ体操。

不思議に思われるのも無理はない。多くの出演者も口々にそう言っている。

毎回稽古の最初に行うストレッチを、一斉にラジオ体操をやることで済まそうという狙い? それとも千数百人でのラジオ体操をノゾエさんは見せたかったのか?

小学校のとき、縦横きれいに整列し、体育授業の度にやらされたラジオ体操。あの頃の記憶がよみがえる。

夏休みに参加した証のハンコをもらいに、眠い目をこすりながら通ったこと、厳しい体育の先生に挙げた手の角度が悪いと叩かれたこと、あぁそういえばラジオ体操の試験もあったなぁ~!


リハーサル風景
4つのバルコニーにピンクのスカーフを身につけたジュリエットたちが、下では恋に悩むロミオたち。
舞台へ 37
少し遡って、稽古の話に戻そう。

11月下旬、本番まで2週間を切った頃から、稽古回数が増え、稽古時間も長くなった。約5時間という日もあった。

私はラジオ体操で整列するときの基準担当のひとりだったので、極力休まず参加した。

さいたま芸術劇場大ホールは、出演者を二分割しての稽古になるので、基準の人や個別セリフがある方は出っ放し。

ところでロミオとジュリエットの芝居にラジオ体操、えぇ? ですよねぇ?


舞台へ 36
演出として、本番はもちろんのこと、稽古でも、毎回ランダムにマイクを向け、簡単な自己紹介と夢について語るよう求めた。
苦労した人生話を聞くと、ついほろっときたり、「よく頑張ったねぇ」と頷き気持ちを、参加者たちは表す。

松田優作と同級生という男性は、彼にはできない老け役で彼を超える演技をしたいと語った。
宇宙へいってみたいという人や芥川賞を取りたいという人も。
前者は夢物語だが、後者には可能性がないとは言い切れない。

「夢」って、子どもや若い世代の人たちのものという概念にとらわれていた。
『そうかぁ、いくつになってもどんな状況でも「夢」を思い描いていいんだ!』

出演者たちに友だちができるにつれ、皆さんやはり只者ではないことを知った。
社交ダンスで、周防正行監督の映画「Shall we ダンス?」に、エキストラとして出演した容姿端麗な女性とか、ジャズ歌手でライブの舞台に立っておられる素敵な女性や「CMに出ているんですよ」という男性など、劇団や芸能事務所に所属している人も数人いた。

「夢のような世界」で活躍している人たち。

もちろん私のような普通のおばさんおじさんもいっぱいいるけれど……!




舞台へ 35
12月7日、さいたまスーパーアリーナーでの公演が終わった。
新聞報道によると、観客数は約8千人とか。

今までもいろんな報道などで取り上げられているので、このブログでもお名前を出し素敵なご夫妻を紹介しよう。
早川さんのご主人は認知症を患っているが、男女で分かれて演技する場面もある。
奥さんの姿が見えないと不安になり探されるので、稽古が始まった頃からスタッフがひとり付き添っていた。

認知症のご主人にも個別のセリフがあった。
昔、俳優として舞台にも立っていたというご主人。
最初は「嫌だ」と稽古へ出かけるのを拒んだこともあったそうだ。
しかし徐々に家でセリフを何度も練習するなど、積極的になったという。
稽古ではセリフが飛んだり、最初の言葉が出ず奥さんのプロンプターに救われたことも何度かあったが、本番は完璧だった。
終演後、出演者の仲間たちの声かけに応える笑顔が印象強く残っている。
私もつい感動し、お二人とハグしあった。

ガンと闘いながら出演している女性もいた。
「老い」「死」「病」、苦しみや悲しみを抱えつつも、前へ、新しいことへとチャレンジしている人々に何度心打たれたことか。

公演が終わったので、稽古やリハーサルの写真をUPしながら、もう少し話を続けよう。






舞台へ 34
このところあれこれ忙しく、ブログを書けずにいてごめんなさい!

衣装では、先週金曜の通し稽古最後の打ち合わせで判明したことがあった。
いやいや「判明」なんていうのは大げさで、既に衣装合わせの時にその話は出ていたそうで、私が休んで聞いてなかっただけなのだが。

「アクセサリーは付けないで。付けても目立ちませんよ! なくしても絶対に戻ってきませんよ!」

実は、どんなアクセサリーを付けようかと、皆さんのを参考に悩んでいた。
照明に映えるよう、金、といっても本物じゃないけれど、木の葉型の揺れるピアスとやはり細い木の葉をモチーフにした金のネックレスに決めようと思っていた矢先の、スタッフのお言葉。

えぇ~? だってみんなジャラジャラ真珠やら色とりどりのネックレスを付けている人多いんだけどなぁ~。

今日はいよいよリハーサル。夜8時までかかるそうだ。
仕込みは昨日から昼夜を徹して準備しているとか。
前日、つまり日曜まで錦織選手のテニスの試合だったスーパーアリーナの会場が舞台に。

なかなかここにupできる衣装の撮影タイミングが……。
稽古中は、胸に名前の大きな札を付けているんです。
スタッフが声を掛けやすいように。

では、出かけてきます!


舞台へ 33
グループやお相手が決まると、同じ顔ぶれで合う回数が増え、友達の輪が広がってきた。打ち上げの話も出始めている。

通し稽古になって初めて他のグループの芝居を見て、ヘェ~そんなに長いセリフを喋る人も結構いるんだと、びっくり!

なぜ自分がオーディションを落ちたのか分からない。私にもセリフをくださいと事務局へ抗議の電話をした人もいるらしい。

この芝居のドキュメンタリーを撮れば、さぞかし面白い番組ができるに違いない。

ドレスの写真UPは、ちょっとお待ちを!
舞台へ 32
衣装はどうなるんだろうと、9月頃からよく話題に上がっていた。
ロミオとジュリエット、つまり中世の雰囲気を持つ衣装が必要では?
しかし1500人もの数……。

「もし企画側で作成するなら、9月段階で採寸に入らないと間に合わない。」
と、賢明な人が言った。
そりゃそうだ。ということは、自前で用意?

グループ分けやダンスのお相手が決まった頃、衣装の準備依頼が届いた。
私は、上下白。靴も白。
白いロングスカートなど持ってない。(ロングでなくてもよいという。動き易さを考えズボンでもOKとも)

しかしせっかく女性としてダンスを踊るなら、ロングスカートを!ということで手作りに。

これも昨日初めて知ったことだが、ひとりずつ衣装チェックがあったそうだ。
凝ってリボンやスパンコールをいっぱい付けてきた人は、ダメだしされたとか。
(実は、その衣装チェックの日に孫が熱を出し、孫守で稽古に参加できなかった)



明日も、衣装を着けての稽古なので、おしゃれなドレスを許可を得て写真upしてみようかな?