FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
舞台へ ラスト
以前、体育館での稽古中、こんなことがあった。

「聞こえないんだよ。聞こえねぇってさっきから言ってるだろうがぁ!」
マイクが会場で反響し、言葉が聞き取れないのだ。
ところが聞こえてないのは、どうも私たちの周りだけで、他の所の座っている人たちはスタッフの声かけに反応がよい。
そのせいか、私たちはなおざりにされていた。
最初は
「聞こえませ~ん」
と優しく丁寧に声を挙げていた人たちまでキレはじめた。

そんな罵声のような文句にも、スタッフはいつも謙虚に対処してくれた。
そのスタッフたちを逆ギレさせたという「クレーマー」さん。
私にもたまたま出番待ちで隣に立ったとき
「黒の靴はダメって言われているでしょ、白ですよ!」と
クレーマーさんから、突然だめ出しが飛んできた。

体育館での稽古のときは、体育館に土を持ち込むといけないので、色は関係なく体育館履き用意するように言われていた。
それを伝えると、
むっと不機嫌な顔になったことを記憶している。
下履きをそのまま使っていたようだった。

1500名の中には確かに色々な方がいらっしゃった。
ブツブツ「こんなやり方じゃダメだ」と、独りごちていた男性が、深々と会場に頭を下げているのを見た。




たった三ヶ月ほどだったけれど、多くの素敵な人たちとの出会いや非日常の稽古が、長年生きてきた私たちの琴線にふれ、何かを変えた。

クレーマーと呼ばれた彼女にも何かよい変化があったことを期待したい。(終)








スポンサーサイト



舞台へ 48
皆がその女性を「クレーマー」と呼んでいることにびっくりした。

前にも書いたが、リハーサルまで、稽古のたびに私のロミオさん確保してくれていた座席は、一番後ろで比較的男性たちが多い場所。女性たちの噂話はあまり聞こえてこなかった。しかし実は「クレーマー」さんの話を小耳に挟んだのは、体育館での稽古最終日だった。しかも彼女のロミオ役から直接聞いたので、真実に近いに違いない。

・自分の時間で動く。遅刻、早退、中抜け自由自在だ。相手方の都合などお構いなし。
・文句、愚痴が多い。それをスタッフや劇団事務所にぶつける。
・あまりに自信過剰。なぜ「私にセリフがないのか、理解できない! 〇〇さんのような下手な芝居でいいの?」とばかり……。

ロミオ役は、もう我慢の限界だ!と怒り心頭。
むろん隣同士で座るなんてことはしない。一時でも離れていたいとのこと。
クレーマーの姿が稽古場から消えるのを確認したロミオは、声高に文句を垂れていた。
(彼女の早退あとに、まだ稽古は続いた……。)
最後に、若い頃、悪でならしたんじゃないかな?と思われるちょっとイケメンの彼が、左眉をつり上げ小悪魔的な顔でこう言い放った。
「悔しいからよ~、本番のとき、思いっきり抱きしめブチュ~とキスしてやる。キスシーンでいつも左足を後ろに跳ね上げてポーズを取るんだ。それも気に入らねぇ。右足を思いっきり蹴飛ばしてやらぁ!」

真実は……。今度会えたら聞いてみたいものだ。
まさかその人が女性たちの間で「クレーマー」と呼ばれている人だったとは!





舞台へ 47
女性たちだけの座席にいると、いろいろなものが回ってくる。飴やお菓子類はもちろんだが、化粧品には驚いた。それは刷毛でささっと塗るとキラキラするコンパクト。

「いいよ~、使ってぇ!」と気前よく皆に回してくれる。そんなもの使ったことがないので、目の辺りに恐る恐る塗ってみる。あまり変化ない。

「えぇ~?いいのぉ!」と、これでもかと塗った人の顔は、光を受けるとキラキラ輝いていた。

「クレーマー」として有名だった或る女性に渡る寸前で、その化粧品は踵を返す。この辺り、女性だけの席でもありとてもシビア。

持ち主は、垢抜けした美人。キラキラが似合う彫りが深い顔立ち。その辺にいる私らおばちゃんとチョット違うと思ったら、ジャズバーで歌っているという。プロかぁと納得。

私の隣席も、顔立ちはもちろんプロポーションも素敵な惚れ惚れする女性。話を聞くと周防監督の映画「Shall we dance?」の社交ダンスコンテストの場面で、どなたかの相手役で踊ったという!

本番後の打ち上げには「芸能事務所に所属しています」「CMに出ています」という人が、何人もいた。やっぱり個性がキラキラしているはずだわ! (続く)





舞台へ 46
本番当日、朝9時半から始まる最終リハのため新都心駅へ向かう。さいたまスーパーアリーナには、いつも以上の数でスーツ姿のスタッフがスタンバイしていた。稽古のたびに、さいたま芸術劇場や県総合体育館で駐車場整理やらの外での対応に、風が強い時も雨の日もスーツ姿のスタッフがいた。県の職員だろうか。今年度さいたま県の税金を一番多く使った文化事業と聞いている。いつもさりげなく笑顔でバックアップしてくれていた。多くの温かい手に支えられ当日を迎えられたことに、頭が下がる。

前日の続きから、確認作業は始まり、通しでリハする間も無く、本番の時間となった。こんなので大丈夫なのか?と不安がよぎるが、プロの手にかかると、形になっている。魔術師のようだ。

本番は全く緊張感も無く、思いっきり動き声を出し、舞台上で創る楽しさにハマった。

いやはや女性たちばかりが集まると、姦しく楽しい。もちろん男性たちだけならではのおしゃべりも痛快だ。そんな裏話をしてこのシリーズを終わりとしよう!

全員がボレロの音楽に合わせ渦を作っていく最後のシーン。
舞台へ 45
リハーサルは、あらゆることの確認の場。役者たちの入りとはけ、立ち位置、照明、大道具、音楽や音のボリュームなど。体育館や大ホールの白熱灯の下では、素人集団のお粗末に見えた動きや衣装が、照明を当てると、芸術という冠をつけた「芝居」に変化していく。ゾクゾクする面白さ。

しかし確定できるまで何度も同じ場面を繰り返す。待ち時間も長い。最初はテンションが高かった女性陣も言葉少なくなっていく。

予定ではリハーサルの終了時間は夜8時。しかし6時を過ぎても8割しか終わっていない。皆、疲れていた。明朝、通しリハをやるためには、今夜中には、最後まで確認作業を終えたいに違いない。果たして今夜ここを出るのは何時になるのだろう? 腹をくくり始めたときだった。

「もう終わりにしてもらわないと、家に着くのが深夜になる」
「帰っちゃおうかしら?」
不満の声は、素人集団だったことを物語る。

それを察したのか、最初からその予定だったのか、7時過ぎにノゾエ氏はリハーサルを打ち切った。



舞台へ 44
リハーサルは12月6日。会場はむろん「さいたまスーパーアリーナ」。
その前々日まで、テニスの団体戦「Coca-Cola International Premier Tennis League(IPTL)」が開かれ、錦織圭選手がラケットを振っていた。5日スタッフたちが昼夜を徹して、「1万人のゴールド・シアター 2016」のステージへと変身させたと聞いた。

会場がある辺りは、高層ビルが建ち並び、大風の上ビル風を受けると、前へ進めず何度も立ち止まりながら、会場へ足を踏み入れる。この会場に入るためには、座席チケットが必要となる。不審者の侵入やテロ防止も考慮してと思われる。
出演者の私たちにも、予め自宅へ2枚送られてきていた。
リハーサルと本番用の座席指定。

しかもスタッフはグループ毎の移動を綿密に計算し、座席を振り分けていた。
今までは、私のロミオ役の方が、早めに稽古場に着き、いつも隣の席を確保しておいてくれた。
それはいつもギリギリに稽古場に飛び込む私には、とてもありがたいことだったのだが、日によっては男性陣に囲まれた席で、窮屈に感じることもあった。リハと本番は、男女分かれるに違いない。なぜならば、1500人もの楽屋を用意できない以上、座席周りでの多少の着替えも致し方なしと考えるからだ。衣装も男性は黒、女性は基本白。座席が黒白とくっきり色分けされているのも、演出の一つなのではないだろうか?

予想は的中した。久々に感じるこの安堵感。
高齢?老齢?になっても、異性の隣に何時間も座り続けるのは、やはり疲れる。


埋め尽くす観客。分かりづらいが、床に赤とゴールドのシマラインの装飾。左上は巨大スクリーン。

一番下の舞台を取り囲むように客席がすり鉢状に造られている。4面のうち1面のみ黒い布を天井から下げ、そこを舞台裏としていた。テニスコートの影は微塵もない。
ゴールドと赤をメインカラーにした装飾が、壁に床に施されている。
廊下の壁には、蜷川さんのこれまでの舞台がパネルで飾られ、いかにその存在が大きかったのかを改めて思い知らされる。

リハーサルが始まった。


舞台へ 43
当たり前の話だが、11月下旬から12月の公演まで、稽古日が増えた。

当初9月から最低10回参加すれば舞台に立てると聞いたが、11月下旬以降だけで、リハーサルも含めて7~8回はあったと思う。

50年ぶりだかの雪で電車が遅延した日でも、冷たい雨の日も、コートの襟を立て、皆稽古に集まってきた。

もちろん、中にはセリフがあったのに、体調を壊し緊急入院し、本番まであと数日という時点で降板した人もいた。本人ではなく家族からの要請だったという。

稽古中に、モンタギュー派とキャピレット派の民衆たちが諍う場面で、払った手が隣の人の肋骨に当たりヒビが入った人もいた。むろん急遽、諍う場面は、口で罵りあいながら行き交う場面に変更された。

もしインフルエンザやノロウィルスが蔓延していたら・・・と思うと、恐ろしい。


花束を持ち集まるシーン

本番前日のリハ日も、まともに歩けないほどの大風が吹き荒れていた。
舞台へ 42
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!拙文ブログを本年もよろしくお願いいたします。

今日は7日。1ヶ月前の朝9時半、スーパーアリーナで最後のリハーサルが始まった。その前に、前回の続きを。

スタッフ事務局から、電話が来た。
「ラジオ体操の基準をお願いしたい」と。
つまり縦と横に等間隔で基準となる人が先に立っていれば、千人規模の人たちは、前後左右を見ながら臨機応変に動き、列を揃えることができるだろうという狙い。その基準のひとりということだった。

基準に選ばれた人たちを見ると、さっと自分の持ち場にスタンバイできそうな人、練習を休まなさそうな人かな?

基準以外の人々は、グチャグチャに散っている状態から、ラジオ体操のキレイな列を数分以内で作らなくてはいけない。

練習の度に、グチャグチャ状態は変わるので、並ぶ列も異なる。基準を無視して、勝手に列を作ってしまう人たちもいれば、基準に割り込んで、すまして立っている人もいる。

若いスタッフが、走り回り声をかけて列を揃える。何回か繰り返してようやく皆さん、動きが見えてきたようだった。何回か繰り返し・・・つまり基準は、その間ずっと立っていなければならなかった。稽古場が狭いので、数百人ずつ分けて練習するため、そういう意味でも繰り返しがあった。

基準として選ばれたのには、「長時間に耐えられる体力」というのもあったに違いない(^^;。

親戚のヒグチアイのデビュー密着取材の様子が、昨夜1月6日深夜の日テレで放送されました。「バブリズム」?「バカリズム」?色々間違った情報が流れ飛びましたが「バズリズム」でした。最初の方で、今年ヒットしそうな歌手を、音楽雑誌担当者がランク付けして紹介するのですが、30位から始まり、次々紹介されるのに出てこない。残りは1位。まさかの期待は外れ、ランクインならず。えぇ?この番組じゃなかったのかと、半ば諦めモードで早送りすると、後半に、ビンテージタケイという芸人さんの「明けましておめでとうございます」という元気な声で、密着取材の様子が流れ始めた。取材は11月23日の渋谷のまさにデビューリハーサル風景から。ラジオでのトークの様子なども含め、約5分くらい紹介してもらえた。ヒグチアイの飛躍の年になればいいなぁ!
皆さま応援よろしくお願い致します!