FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
またまたクルミ
収穫してきた大量のクルミの殻をむき、冷凍してしまうと、またあのワクワクする感触を味わいたくなった。するとあら不思議、以心伝心、友達から「もう一度行こう!」と電話がきた。

北風が吹いていたが、土手を南側へ降りると、ポカポカ陽気。

さぁ竹藪?笹藪?の中へ分け入るぞ。ムムッ、行く手を阻むかのごとくギッシリ。チャレンジ精神に火がついた。


身体一つ抜けられそうなところを探し、無ければ足で踏み倒し、または四つん這いになり中へ分け入る。ちょっとしたアドベンチャー気分。

藪が切れポッカリ空いた場所にドテッと座り込み、周辺に目を遣る。ひとつ見つかるとしめたもの。その周りで数十個は拾える。2月も終わりなので、落ちた実に枯葉が積もっていて見つけにくいが、手で枯葉を弄れば、コロコロとクルミが顔を覗かせる。


朽ちた実の皮は、軍手で簡単に取れる。


藪の中に生活音は入って来ない。私がなす音と自然音のみ。

地面は腐葉土でフカフカなので、寝そべり、這いつくばり、思う存分自然を満喫する。

冬のせいか、野生の動物の気配すら感じない。夢中になって拾っていたら、遠くから私を呼ぶ声が。
「お昼にしようよ」と。

土手の曼珠沙華の葉っぱが、ちょうど良い自然のシートに。持ってきたおかずを交換しあいランチタイム。

クルミ塩のおにぎり、卵焼き、長ネギのみじん切りに味噌とクルミを入れて薄切り豚肉で包んだフライ。こんな手をかけて美味しいものを作るのは、私じゃなく友達。ありがたや!ありがたや!

ランチ後、再チャレンジ。午前午後の3時間ほどで、各自5キロずつ収穫。笑いが止まらない。

1年でも2年でも保存可能だとか。クルミ味噌、クルミパン、クルミ入りドレッシング、クルミ和え、いろいろ楽しめそうだ。ウキウキ。

スポンサーサイト



クルミ
和クルミ、鬼クルミと呼ばれる日本の野生クルミは、ちょっと小さい。そのクルミ専用の割り器がある。

乾煎りし、空いた隙間に刃を当てると、力を入れずともパカッと割れる。



新潟県三条市古沢製作所のクルミ割り器をネットで注文。「ほじくるみん」が一本ついてくる。正確に書くと
「ほじ くるみ ん」
「ほじくる」と「クルミ」の掛詞。
じゃぁ「ん」ば何だ?


これがまたクルミの隙間にぴったり入り良く取れる!

2人作業の約4時間でこの量。手前は大き目のクルミ。向こう側は塩を入れて乾煎りしておくと、サラダや和え物にパラパラと。もちろんおにぎりにまぶしても美味しい!



リースの蔓を ラスト
蔓を採りに行ってから約2週間。収穫してすぐ編むと、きつく編んだつもりでも蔓の水分が抜けスカスカになる。といってあまり放置しすぎると、蔓がしならず編みにくい。


収穫した蔓の山

昨日、北風が吹き荒れていたが、風を避けた陽だまりは春。梅の花を愛でながら、のんびりと編みの作業。


2時間半ほどかけて、リース状に。


木の実や春を彩るミモザを飾るもよし。
いつかここでバザーをする予定。お楽しみに!
クルミ拾い
河川敷に群生する笹竹を分け入り、クルミの木の下へ向かう。



ポキポキ笹を折りながら進むが、なかなか相手は手強い。無理に入り込もうとすると、ピシッとしなった笹の枝が私の身体を叩く。しかしギッシリ前が見えないほど密集しているところにこそチャンスがある。

誰か通った跡があるということは、既にクルミも拾われてない。最初の木で拾った数は僅か。あったのは、穴が開いたクルミばかり。

ところが必死に笹と格闘して、やっと近づけたクルミの木の下には、ごろごろ。




友達の説によると、トルコが発祥の地だとか。黒く変色した皮でクルミインクを作り、カリグラフィーを描いたという。彼女は何でも器用に工夫し芸術作品にしてしまう。

笹薮の中から見た青空。

2時間でスーパーの袋にいっぱい収穫!

フライパンで炒ると、クルミの殻に少し隙間が空く。そこに金属を差し込むと簡単に割れる。今回は外ストーブに直接のせて炒る。



ランチは手焼きのパンと野菜スープ。ジャムは友達の手作り。パンに初めて干しぶどうを入れてみた。一晩置くとしっとり感が無くなる。水じゃなく牛乳にしてみようかな?

リースの蔓を 2

この状態に分け入り蔓を収穫。
アケビ、藤、葛、山葡萄と蔓にも色々種類がある。

花が咲いているときに下見し、場所を確認しておけば良いのだが、冬枯れした蔓はどれも同じに見える。が、山葡萄は特色がありわかりやすい。下記は最近作った山葡萄でのリース。クルクルと細いツルが節々にあるのが魅力。


葛は掴むとフニャとして形にならなかったり細いとポキポキ折れたりして始末が悪い。悲しいかな、葛が1番多い。
リースの蔓を
2月を過ぎると、木々は芽吹きの準備に入る。冬枯れしていた茎が地面から水を吸い上げ始めるのだとか。だからリースや籠編みに使う蔓の採取は、彼らが元気づく前に終えなくてはならない。

蝋梅

冷え込みはきついが風のない朝、友達と山に入った。車で細い林道をゆっくり登ると、ブラ下がっている蔓がある!ある!

ところが車から降りて、それを引っ張ると既に骸。根元を切られている。風に吹かれ揺れるはずだ。ブラブラと。

林道を管理している人たちが、蔓の繁殖で山がダメにならないよう、切って歩いているのだ。それはそれで大変な仕事と頭が下がる。

全く人の手が入ってないようなところの蔓採りは、足場を確保するのも大変。あまり中に入り過ぎると、野獣捕獲の罠が仕掛けてあるという。 続く

太い良い蔓!