FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
安行寒桜が7分咲き。


今年で2度目。
坂戸市内北浅羽野にある1.2キロも続く200本もの桜並木。


ほとんど人がいないのが良い!

おにぎり」友達が昨夜から煮てくれたおでんで、一足早いお花見!

スポンサーサイト



水仙
春ですねぇ。我が家の庭にも春の水仙が咲き始めました。1月頃の白い花弁の水仙が咲き終わる頃、蕾を膨らませ、お彼岸の頃から一斉に花開きだす喇叭水仙。


1ダース摘み飾ると、部屋の中がパッと明るくなります。

よく見ていただくとわかりますが、二種類あります。真っ黄色でふた回りも小さな花弁。私はこの可憐さが大好き。


蕾の間は首をもたげ、少しずつ太陽に向かい顔を上げていく。力強ささえ感じさせます。

水仙って植えた覚えはないのに、いつの間にか種類も株も増えているんです。不思議な来訪者でもあります。

庭に咲いている様子。この種類の葉は花より短め。
コンサート
今日は、コンサートを通して東北支援を続けている「愛とヒューマンコンサート」の企画を少しだけお手伝いしてきた。

同じメンバーでコンサートを開き、その収益金で、東北コンサートツアーを毎年何度も何度も実施しておられる。今回はパリオペラ座の専属ピアニストのベッセラさんも参加してくれている。
今日は障がいのある方たちを招待してのコンサート。約200人もの方々が曲に酔いしれた。





ソプラノは大前恵子さん。チェロは原田哲男さん。操り人形は井上さん。
カゴを編む
このところ、毎週のように友達夫婦と野良遊びをしている。夫たちは作業小屋作り、私たち妻2人はクルミや蔓など自然を相手にあれこれと。

今日は、友達に籠の作り方を教わった。

先ず底のところを十文字にして固定する。


今回は三本ずつ。しかし偶数だと蔓を横に編み込むとき、中、外と交互にならないので、もう1本追加する。それがコツとのこと。


底はできるだけ細めの長い蔓を使い、きつく編んでいく。

どんな大きさにしたいかイメージを膨らませながら、楕円、縦長など好みに編んでいく。


シダーローズと。

縁はちょっと太めの蔓で大胆に。多少いい加減な方が味わいある出来上がりになるみたい。


摘んだフキノトウとクルミ。


寒いので焚き火。もちろんオヤツは焼き芋。


梅が満開!


鶯の初音、そろそろかな?
などと頭の中では呑気なことを考えながら、鍬をふるい上げ畑を耕す。

冬型気圧配置のせいで晴天だが、空気は冷たい。なのに汗。

じゃがいもを植え込む準備で、苦土石灰やら鶏糞をすき込まなきゃいけないのに、夫は?と見ると👀・・・。



植え込み準備など我関せずとばかり、黙々と畑を広げむと開拓に勤しむ夫。


蒔いたはずのスナップえんどうは、発芽しなかったのか?はたまた草と間違われて夫に抜かれたのか? 一本もない。後者に違いない(-_-;)

私も学んだ。苗を育ててから植え込めば、いくら夫でも草とは思うまい。

ネギ苗を植える。これ、予定外。


金継ぎ
お気に入り急須の蓋が割れた!
大事に大事に使ってきたのになぁ~。

瞬間接着剤でくっつけてみたが、全くダメ。諦めムードが高まる中、ふと、「金継ぎ」という言葉を思い出した。

友達の家で金継ぎした陶器を見せてもらったことがある。

早速ネットで調べると、本漆が接着剤になるそうな。金継ぎセットなるものも売っているが、本漆のみを東急ハンズで買う。



以下はネット情報。
先ずセロテープで割れたところを固定する。楊枝を使い隙間に漆を入れる。はみ出たところはサラダ油を染み込ませた布で拭き取る。これを10日間繰り返す。

漆はゆっくりゆっくり固まるらしい。

もちろん漆に触れるとかぶれる可能性があるので、作業中の手袋は欠かせない。

数日繰り返すうちに、隙間から漏れていた光が見えなくなった。

ついにくっついた?完成か⁉︎



漆で染まり小汚く見えるなぁ~(-_-;)

本漆は生きているという。熱いお茶を入れたせいか、隙間から漆が溶けて滲んでいるのを発見。いつ漆は落ち着くのだろう?
クルミ処理のコツ
クルミの殻の周りには、皮の繊維がいっぱいくっついている。これを取り除かないと、ほじくった時に、混入し面倒なことになる。


ネットで検索すると、高圧洗浄機でとか、網の中に入れ洗濯機で、とか書いてある。高圧洗浄機はないし、洗濯機に入れるのもちょっとなぁ~。

鬼クルミと呼ばれるだけあり、頭の先が角のように尖ってる。手のひらで5~6個ずつ揉むと繊維が取れる。しかしこんなペースじゃ日が暮れてしまう。

里芋の皮むきのように、クルミ同士で汚れを落とし合えばいいわけで・・・。あっ!と思い付いた。布袋の中にクルミを数十個入れ、袋の上からゴリゴリとクルミを擦り合わせる。




あらまぁ面白いように繊維が取れるではないか!やったねぇ!

クルミをフライパンなどで乾煎りさせて、割りやすいように殻の隙間を開けるのだが、しっかり時間をかけて火を通すと、実が少し縮むので、ほじくるのも楽。




スナップエンドウ
鳥だと思い込んでいたが、よく考えると、鳥なら美味しい芽を食べてしまうはず。我が家の場合は、地面ギリギリのところで、やわらかい新芽が無残にも首をもがれた状態で放置されている。

すると、その夜、家の中に避難させた鉢に、真犯人が姿を現した。

ナメクジだった。

インタネットで調べると、奴らは新芽を舐め回し溶かしポキッと折るらしい。


少し香りを放ち始めた沈丁花。
スナップエンドウ
ひと月も前に植えたスナップエンドウ。その芽が、ひとつふたつようやく出てきた。ワクワクした数日後、ポキッと小さな小さな芽は折られていた(-_-;)

鳥に違いない。早速、格子状の枠で保護した。これで安心!と思いきや、今朝見たら、新しく出ていた芽がまたまた犠牲になっていた。


悲しい! 隙間から入り込みイタズラしたのかなぁ。

家の中へ避難し、新しい豆を植え込む。


無事に大きく育ってくれ~!
野良遊び
梅の下で豚汁、クルミ塩おにぎり、薪ストーブで焼いたシシャモのランチ。

食後、シダーローズの炭化に挑戦。





火の加減次第で、触るとボロボロに分解したり、未だ茶色のところがまだらに残ったり。なかなか難しい。失敗を繰り返しながら、コツを探る。




完成!


おやつは焼いた安納芋!



うまっ!