FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
野良遊び 
桑の実が収穫できる季節になった!



子供の頃、口の周りが真っ黒になるまで食べた桑の実。
大学時代に過ごした小さな田舎町には桑畑がいっぱいあった。
しかし、桑の実を見つけることができなかった。
果物屋や八百屋、どこにも桑の実は売ってないし、友だちに聞いても「桑の実?」と、「何?それ」という反応。

あんなに美味しいものを知らないとはお気の毒!と思うほどなのに……。



数年かけて成長した木でないと、実をつけないと聞いた。
蚕にやる葉をつんでしまうので、養蚕業の桑には実がつかないようだ。

桑の木が、畑に数本ある。そのうち2本に実がなっている。



畑の中に、トゲトゲがある嫌~な草があちこちに生えていて、草抜きのたびにちくちく。
ところが、それは木イチゴの一種だったことに、この春気づいた。
これがまた甘い。

トゲトゲの草が愛おしく、大変化!
還暦過ぎても知らないことが、まだまだあるなぁ。


スポンサーサイト



思い込み 10 自転車後編
屑屋さんから何度も「引き取りましょうか?」と声をかけられた自転車。年代ものだ。

10年近く前に亡くなった夫の父親が現役のとき、中古で買ったもの。だから製造されたのは、半世紀くらい前かも? 東京のどこかの博物館に同じものが展示してあると、夫が言っていた。ライトが前輪を挟んで2個付いていたり、ブレーキの構造に特色があるらしい。

だから捨てられないのだ、と思い込んでいた。

つまり父親の思い出が染み込んだ、しかも博物館に展示されているほどの、もしかしたら「お宝」の自転車なのだから。


炭火で旬の筍と美味しそうなウィンナーを、畑で。

ある晴れた朝のことだった。
パソコンに向かっていた私に「壊れた掃除機をゴミ焼却場まで自転車で捨てて来るよ」と言い残し、夫は出かけて行った。

珍しいなぁ。いつもの夫なら、掃除機を分解し、さらに小さく壊し、指定されたゴミ袋に入れて近くのゴミ集積所へ出すのに。わざわざ運ぶとは!

と思いつつパソコンのキーボードを叩くのに夢中の私。

昼ご飯の時間になって、夫が帰ってくるなり、
「あぁ、恥ずかしかったよ!」
と。

自転車に積んで掃除機を運んだことが、なぜ恥ずかしいの?と聞き返すと、ゴミ集積所の入り口で、自転車の後輪のタイヤを外したのだという。

なぜ?
聞き返した。

「だってまだタイヤは新しいからさ。まだ走るし、何度このまま引きかえそうかと迷ったよ」
と、夫。

集積所入り口でタイヤを外す怪しいおじさんと係りや出入りする人たちに見られたに違いない。

もちろん帰りは、タイヤと工具を抱えての歩き。

その自転車が・・・そう、それだったのだ。

夫にとって大事な代物だと思ってたから、邪魔だなぁと思いつつも、「捨てて!」と言わなかったのに~。

何十年連れ添っても、夫を掴めない私。
前回の「思い込み9」の初めの文章、4台ではなく、5台でした。修正しておきました。
(足し算ができないとは…トホホ)

思い込み 9 自転車
子供たちが巣立ち、夫婦二人暮らしなのに、一時、自転車が5台あった。
今は3台。子供たちが使っていた自転車というわけではなく。

遠乗り用のサイクリング車が1台。ママチャリが4台。
そのうち1台は、友だちが捨てるというのを譲ってもらったもの。
前かごが歪み、さび付き、サドルも片足は壊れていたが、それが一番走りやすかった。
しかしやはりサドルが片足無いのは、いざというとき踏ん張りがきかず、危なく何度も転倒しそうになった。
さび付きもひどかったので、去年の夫の誕生日に、新車と買い換えた。

今時、1万円台でも売っているが、奮発し、「パンクしにくい自転車」というのを3万出して買った。
買物のため自転車で走り回るのが日課?趣味?の夫へのプレゼント。だけど、ママチャリ。
むろん子供たちと合同で。

新車の自転車を買うのは、20年ぶり。さそがし性能がよくなり快適なのだろうと思いきや、ペダルを漕ぐと重い。
しかも売り文句「パンクしにくい」だって? 買ってまだ1年なのに、もう3回もパンクしている。

パンクしないと思い込んでいた? 夫の走る距離が半端ないから?
確かに、毎日2時間は走っているかも。

もう1台の自転車の話は次回に。



畑の敷地内でみつけた「あけび」。下のかごから木に這い上がる緑の蔓があけび。
友だちにこれと種類の違うあけびをもらった。違う種類を同じ場所に植えると、実がなるそうだ。
これを育て、花を、実を、そして蔓を楽しむことに。何年先?? 
思い込み 8
大小の思い込みを繰り返す毎日。実に愚かしい。「愚かだなぁ」と分かるのは、むろん「思い込みだった」と気付いてから。

もちろん悪いことばかりじゃない。今日畑に行ってみたら、蒔いた大根の種からモサモサと青葉が茂ってた。去年、鉛筆ほどの人参しか収穫できなかったので、大根も人参も全く期待せず、バラバラバラバラと種をいっぱい蒔いた。

どうせ発芽しないだろうという思い込みが大外れ。

もちろん間引きし、味噌汁の具や漬物、おひたしに。

間引きながら、恩師の言葉を思い出した。
「大根は簡単に育つよ」

なのに、小さなものはまだしも、大根のような大物を素人農法で作れるはずがない!
間引きしながらも、そう思い込んでいる。

ハズレと出るか?当たりか?数ヶ月後のお楽しみ!
思い込み 7 飲み屋
埼玉県大宮駅近くの韓国焼肉屋で飲んだ。若い美人スタッフが拙い日本語でオーダーを聞く。てっきり韓国人かと思いきや、中国人という。しかもなんとスタッフ全員が中国人というからビックリ。オーナーだけ、韓国語も喋れるらしいが・・・。

外国で、日本料理レストランを中国人が経営しているという話はよく聞くので、韓国料理店を日本人や中国人、いやいや欧米人が経営していても有り!なはず。しかし何となく、そう何となくしっくりこない。

興ざめして、駅前の店へハシゴ酒。昭和22年からやっているという大衆酒場。安さが売り。幅が狭い長い長い机に丸椅子のみ。数本並ぶ机ぎっしりと老若男女。

メニューの数がすごい。

それ以上にビックリしたのは、スタッフのお姉さんたち。御歳80近い、いやいや超えてるんじゃないかなぁ。「お姉さんたち、昔からみんな変わんないよ」と常連が教えてくれる。そのお姉さんたちが強い!〈常連たちが「お姉さん」と呼ぶので、ここでも倣って〉
「お姉さん、モツ煮と、あっお通しは何?」
「飲み物から先に言って!お通しは無いよ。あんた、この安さでやってんだから、お通し付くわけないでしょ!で、ビール生大ジョッキ2つと烏龍茶、え?烏龍茶?」
ここは酒場だよという顔で私の顔を覗き込む。
「モツ煮と・・」と続けようとすると、「モツ煮3つね」と言い、踵を返す。注文を最後まで聞かずに行ってしまった。もしかして記憶力の限界?

右の割り箸と比べると大きさが分かる。大きいジョッキは手の甲で支えて飲むんだそうだ。飲兵衛の元同僚が教えてくれる。

お姉さんは、このジョッキを2つ運んできた!
「お姉さん、シシャモを・・・」と言うやいなや
「焼き物や揚げ物は、今はやってない。食事時間じゃないから」

えぇ?あんなにメニュー書いてあるのに?




思い込み 6
恥ずかしい!やっちゃった(^^;

ドラッグストアで買い物をしたあと、隣接するスーパーで買い物をしたとき、財布の中身を見たら、千円札が2枚しかなかった。えぇ?これだけ?おかしい。

確か千円札が財布に入ってるのを見たけれど、崩したいと思い五千円札を出したはず。

なのに、レシートは千円と打ってある。

ドラッグストアのお姉さんが間違えたんだ。そう思い込んだ。
だって5千円を崩した記憶は確かにあるんだもの。

おばさんになった私の顔の面は厚い。厚いけれど羞恥心もまだある。ドラッグストアのレジに誰も並ばなくなるまで待ち、さっきのレジのお姉さんにおずおずと、聞いてみた。

5千円だったかどうか、確かめる方法はありますか?

お姉さんは
「今は手動で入力しないので、間違いはないと思いますが、確認しますね」

優しい。責めるでもなく、やんわりと応じてくれた。

待つこと1~2分。そう、直ぐ答は出た。レジの中の余剰金は0だったのだ。

ぐうの音も出ない。赤面する間も無く退散。

もちろん不快な思いをおかけして申し訳ありませんでしたと深々と頭を下げて。
頭をあげる瞬間、知った顔が周りにいないことをチラ見するのも忘れないのもおばさん。

久しくあの店へは行けないなぁ。

千円札があるのに、わざわざ5千円を崩した記憶は鮮明に覚えている。ただそれが昨日の買い物だったように、冷静になった今は思えてくるんだよねぇ。参った!


ようやく咲いたスナックエンドウの花一輪。


思い込み 5
久しぶりに火傷した。夫が大量買いしてきた真っ赤なトマトを湯むきし冷凍保存する作業中のことだ。沸騰した鍋をうっかりひっくり返し、足にその湯が!

幸いなことに、ジーンズのスカートを履いていたので、湯はスカートの表面を流れ落ち、その間に湯量も温度も減ったため、火傷の範囲も狭かった。

いつものようにジーンズを履いていたら、太腿も負傷したに違いない。鍋をひっくり返した瞬間、腰を引くことで、厚手のジーンズスカートと身体の間に隙間を作ったようだ。

ペロッと皮が剥けている。すぐ流水で冷やし、バンソコを貼る。防水性があり、皮膚に密着し防菌した状態で自力快復を待つ優れものバンソコ。

その日はさすがにズキズキ痛んだが、翌日には火傷したことすら忘れていた。

3、4日後だったか、お風呂に入るとき、そのバンソコが剥がれかけていたことに気がついたが、「痛みもないし、大した火傷じゃなかったんだ、もう大丈夫かな?」と、そのまま湯船に足を突っ込んだ瞬間、痛みで飛び上がった。

そう簡単に治るはずないのに・・・(^^;

畑で、木漏れ日を浴びながらのランチ。ノンアルコールビールが美味しい!









思い込み 4
孫のために、鳥のエサ台を作った。と言っても極めて簡易なもの。窓越しに見える場所に、果物やパンなどを置くと、どこで見ているのか、名前の知らない鳥たちがやって来た。

孫は1歳3ヶ月頃から、鳥がやってくることに気づき、1歳4ヶ月頃には、「トット」というようにもなった。

先週、熱を出し一ヶ月ぶりにやって来た孫のために、大切りにしていたリンゴをエサ台に置いた。ところが待てど暮らせど、一度も姿を見せない。冬の間、リンゴの皮もきれいに平らげたというのに。

リンゴを置けば、いつでも見つけてやって来て喜んで食べると思い込んでいた。

人間の都合の良いときだけ餌付けしようというのが間違っていたようだ。

鳥にしてみれば、人間は不可解な生き物なんだろうなぁ。


昨日編んだ籠。