FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
サツマイモの苗
前回も掲載した畑の全体写真の一部拡大写真。(写真をクリックするとより鮮明に見ることができます)
左下の山盛になっている石や黒シートを押さえている大きな石は、ぜ~んぶ畑から出てきたもの。
この4倍はあったが、雑草防止のための敷石にすべく他へ移している。

畑の左側は笹林。笹の根、スギナの根、そして石、石、石。
ひと畝、いや1㎡ごと拡張しここまで広げるのに、どれほど格闘し汗を流したか!

ジャガイモを収穫したあとに、サツマイモを植えることにした。
ジャガイモはナス科、サツマイモはヒルガオ科なので、連作オーケー。

去年の苗は、種や苗を小売りしている地元の小さな店で買った。
紅東、1本15円、安納芋は確か1本25円?28円?だったかな?
正直、甘さが期待外れだった。

畑を作り始めたのは、1昨年。
秋に植えた安納芋のまぁ甘かったこと。
その苗は、某農家の前に置かれた無人農作物販売小屋でたまたま手に入れた。

やはりあの農家の苗をと、今年6月初旬に行ってみが、苗はなく、家も留守。
そこでお金を入れる箱の中へ、走り書きを残してきた。
美味しいサツマイモの苗を分けていただけないか?と。

するとその日のうちに電話をくださった。
電話の主は優しい声で、いつでもおいで!と言ってくださった。
そこで、紅東を10本、安納芋を20本お願いし、電話を切った。

振り返ると、滅多に怒った顔を見せない夫が、目をむいて声を荒げ私にかみついた。
「30本も植えられると思っているのか! どこに植えるんだぁ~~!」と。
確かに。あぁ~また開墾かぁ!

ところが怒ったあの夫はどこに?という変容ぶりが……・

スポンサーサイト



今年の野菜たちは生育が良い。
接ぎ木した高い苗じゃなく、1本98円程度なのに。虫も付かないし、病気もまだかかってない。黒シートによる効果だと思う。

これはオクラ。
一昨年はみごとにカメムシの餌に化したが、今年は、今のところ元気。小さい実がなっている。



手前や左側の黒シートには、紅アズマやはるか、安納芋、右手に勢いよく育っているのは、インゲンや枝豆類。奥にはヤーコン。

サツマイモの苗の話を次回!


葉っぱが黄色くなり始めたじゃがいもを、試しに2株掘りだしてみた。



豆粒サイズのじゃがいもがコロコロ。あれれ?まだ早かったようだ。本格的梅雨に入る前に全て掘りたかったのになぁ。

ブルーベリーもパープルに変色してきた。大粒。しかし甘みが足りない。友達の助言だと、お尻まで黒くなったら摘み時だとか。鳥に食べられる前に収穫したいが、ここはまだじっと我慢!


今年は、グリーンカーテン胡瓜もうどん粉病にかかることなく順調に育っている。2年続けてうどん粉病に泣かされたので、去年は、わざわざ「うどん粉病強し君」とネーミングされた高い苗を買って植えたのに、病に倒れた。

そこで、うどん粉病の菌がまだ付着しているかもしれない地植えをやめ、大きな野菜用のプランターに、ダメ元と一番安い普通の苗を植えたら、まぁスクスクとよく育つこと!

窓越しに胡瓜が大きくなるのを確認し、訪れる虫たちも観察できる。グリーンカーテン胡瓜、オススメです。

カマキリの赤ちゃん
野良遊び 桑の実その3
秩父の、大平戸桑の実農園へ出かけてきた。
収穫のお手伝い。

枝が垂れるほどに、大きな実をいっぱいつけている。
数百本もあるとか。
「収穫しながら食べていいよ!」
と優しいお言葉。

甘い! 同じ木でも、熟れ具合によって甘さが違う。
かごの中へ、口の中へと忙しい。



黙々と摘み取る作業を開始。
熟れていると、触るだけでポロッと落ちる。
無理にもぎ取ろうとすると、つぶれる。
黒光りする粒つぶの美しいこと!

最初は、一つ一つ丁寧に摘み、うっかり落とそうものなら、草の間から拾いあげていた。
枝は弓のようにしなるので、高い所の実も枝毎目の前へ引き下ろし、摘めばよい。



ところが時間の経過とともに、段々手荒くなっていく。
摘んでも摘んでも、熟した黒い実は五万とある。
落ちても致し方なし!と、気にもしなくなる。
木の下には、黒い実が悲しいほど落ちている。
拾う暇があれば、摘む。
時間を惜しんで摘む。
もちろん、口は動いている。食べるのとおしゃべりと。


カミキリ虫君も

お昼ご飯から戻ってきたら、朝は赤かった実がもう黒くなっている。
午後からはお腹の重みもあり、ペースダウン。

午後3時で作業終了。
オーナーさんが、「午後から摘み取った実は、持ち帰っていいよ」と言ってくださった。
たっぷり3キロはある。

桑の実は鮮度が勝負だそうだ。
確かに木からもぎ取り食べたのと、時間をおいたのでは、味が違う。

早速、洗って1キロほどは冷凍庫で保存。
残りはジャムに。
うまっ!


曇りがベスト収穫日。約2~3週間が勝負だそうだ。
摘み取り手伝いご希望の方は、直接下記へ連絡してみてね。
猫の手も借りたい忙しさだとか。
「来て! 来て!」と歓迎されること間違いなし。
http://www.oohirado-nouen.co.jp/



野良遊び 桑の実 2
桑の実を栽培し、ジャムを作り売っている農家が秩父にあるらしい。畑の友達が新聞でその記事を見つけ訪ね、一枝もらってきてくれた。

品種改良を重ね、こんなに巨大な桑の実に。来週あたり収穫とか。

左端が普通の大きさ。



畑で収穫した桑の実を、果実酒に漬け込んでみた。キレイな紫色。

道々の桑の木を意識して探すと、結構実がなっている。なんで今まで気づかなかったのだろう。何十年も「もう一度、食べたい!」と恋い焦がれていたのに。