FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
さぬきうどん屋巡り
さぬき育ちの私、韓国人の友達が高松へひとり旅と聞き、よし!行き、うどんめぐりに連れて行ったろぅ!と。

昨夜ジェットスターで成田からひとっ飛び。片道6千円。早朝便なら4千円らしい。

今朝は6時半にホテルを出て、まず朝うどん。県庁裏の「さか枝」スーツ姿のサラリーマンが多い。

なんと5時半から開店。
自分でうどんを温め、つゆを注ぐ。

スポンサーサイト



大根の初収穫
野菜作りを始めた頃、石ごろごろの畑に、「大根」が育つはずがない!と思っていた。
石を取り除いた畑に、パラパラと小松菜、春菊の種を蒔いても、収穫できるまでに虫に食べられ姿を消した。
だから大根を収穫できるまで、畑に存在することそのものが不可能だろうと決めつけていた。

ところが、つ・つ・ついに大根を先ず1本収穫!
葉は見る影もないほどに、虫に食われていたので、バッサリ切り落とした。


写真の真ん中に泥付き大根。左ボールの中に、インゲン、ピーマン、オクラ、枝豆、ミニトマト。
右ボール内は、ナスとバジル。左下袋の中は、ブルーベリー。
枝豆もパンパンに実が膨らみ、甘い。

蕎麦の薬味に、しっぽの方で大根おろしに。
辛い!

この日照りの中、水も十分やれていないのに、みずみずしい。
自然の恵みをいただく。




バジル
畑に植えたバジルの成長が著しい。
毎年、バジルの苗を買い育てるが、トマトを使う料理のとき、数枚の葉を摘む程度で、使い勝手悪い野菜だなぁと思っていた。
秋には枝ごと丸洗いして干し、カラカラになったらビニール袋の中に放り込み、袋ごと手でクシャクシャもみ、瓶に詰め替える。
1年間使っても余るほどできる。

すると畑のオーナー夫人が、バジルソースにして冷凍保存すればよいのだと教えてくれた。
「ジェノベーゼソース」というのだそうだ。

早速、葉を摘む。


80グラムほど。
オリーブオイルやニンニク、塩などを入れて、ミキサーにかければ出来上がり。
保存袋に薄く板状にして冷凍保存。
使いたいときは、必要な分だけ割って、取り出すだけ。


まずは熟れたトマトをたっぷり刻みいれたスパゲッティジェノベーゼで。
うまっ!

サツマイモの苗 後編
苗を買いに農家を訪れると、おじいさんが、サツマイモの苗場へと案内してくれた。一坪程の土地に、地面から50センチくらいの高さまで腐葉土が積まれている。その上で4種類のサツマイモの苗が青々と茂っていた。

なるほどこうやって腐葉土や鶏糞、籾殻、ヌカなど、栄養たっぷりの土で、苗を育てるのだと知る。

サツマイモの後は、白菜の苗をここで作るのだとか。

おじいさんは、
「安納芋と紫芋は見分けが付くが、あれ?紅あずまとはるかは、分かんないなぁ」とつぶやきながら、チョキンチョキンとサツマイモの茎を切っていく。

見分けが付かないから、両方持って行きな!と、またチョキンチョキン。


紅あずま

サツマイモ苗の時期はもう終わりだそうで、結局、安納芋、紅あずま、はるかの3種類合わせて、ナント70本。

どこに植えるつもりだぁ!と怒る夫のしかめっ面が目に浮かぶ。

紫芋は甘くないというので、遠慮した。しかもお金はいらないというではないか、イヤイヤと、無理やり受け取ってもらい、車内で待つ夫の元へ急ぎ戻ると、苦虫を噛み潰した顔で、「遅かったじゃないか!」と。

「おじいさんが、タダみたいな金額で70本もくれたのよ」と、「タダみたいな」を強調しつつ、70本は小さい声で恐る恐る言うと、機嫌が良くなった。「タダみたいな」が効いたようだ!やれやれ-_-


安納芋は葉の色が濃い。

またまた必死で耕し畑を広げたが、それでも植えきれない。畑の地主殿に、苗を押し付けてしまった。