FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
さぬき路うどんや巡り 6
高松市内のアーケードは日本一長い?と聞いている。
しかも、よく田舎でみかけるシャッターアーケード街とは違い、賑わっている。

英知を働かせた街造りプロジェクトの成果だ。
アーケード内の一番賑わう場所に、老人施設や病院、スーパー、そしておしゃれな店やレストランなど、生活に必要な施設を集めている。しかもおしゃれに。

その中のうどん屋を訪れてみた。
IMG_3484.jpg

中に入ってびっくり。
IMG_3485.jpg

言うまでもなく美味しい。


スポンサーサイト



さぬき路うどんや巡り 5
食もやはり、需要と供給は相関関係にある。
ビジネスマンたちが毎日列を作るところは美味しいに決まっている。

高松市内、市役所や県庁に近い店に、12時10分前に入った。
ところが食べ終えて出てみると、店の外まで列。
IMG_3459.jpg

IMG_3487.jpg
ここの肉玉ぶっかけうどん、栄養たっぷりで美味。『こだわり麺や』


さぬき路うどんや巡り 4
4杯目は、『谷川米穀店』。
IMG_3426.jpg

車を降り、見渡すが、店らしきものは見あたらない。
看板もない。
ガードレール沿いに進む‥‥
IMG_3424.jpg
突き当たりは、トイレ。えぇ? 店は?

左の看板は「自衛官募集の広告」。
右側が入り口なのだが、暖簾はおろか看板もない。

ドアを開けると、ようやく壁に小さな看板が。
IMG_3425.jpg
『谷川うどん』

ホームページを見ると、正式名は『谷川米穀店』とある。
うどんやそばの麺を製造している店で、その場で食べるための麺の数は平日、450玉、休日は600玉で終わりだとか。

家族だけで営んでいる店だそうで、おやじさんがうどんを切っておられた。
韓国人の友だちがカメラを構えると、おやじさんが不機嫌そうに左手で遮断。
あぶ?蠅?が、店内に飛び込んできたのを、網で捕まえようとした奥さんにも「やめろ!」と一喝。
IMG_3422.jpg
小1杯、150円。しょうゆをかけていただく。
優しそうな顔立ちだけど、威厳のあるおやじ殿が打ったうどんだけに、こしがあって美味い。

5杯目以降は高松市内のうどん屋へ。








さぬき路うどんや巡り 3
3杯目、4杯目は、マスコミの「讃岐うどん」特集で必ず紹介される店へ。
先ずは、『山越うどん』。
ここは「かまたま」で有名。
釜揚げうどんに、生卵を入れて食べる。なんと1杯250円。
それに山芋のトッピングで300円。
IMG_3384.jpg

安さにまずびっくり!
IMG_3381.jpg
玉の量が一目瞭然。4玉頼む人も少なからずいるということか?

店の名で、山奥にある店を想像していたが、まんのう町から30分ほど奥へ入ったところにあった。
日本中に知れ渡り客が押し寄せるのだろう、店内は狭いが、おばちゃんが注文を聞き復唱するやいなや、うどんが手渡される。うどん丼を持ち、ところてんのように押し出されると、広い庭のあちこちにテーブルがセッティングされていて、よく考えられた店の造りになっているのに感心する。

IMG_3380.jpg

この日、最後の4杯目は、徳島県との県境へ。
さぬき路うどんや巡り 2
2杯目は、釜揚げ専門店「長田」のうどん。
まんのう町にある。
開店時間には早いので、近くに住む友だちのご自宅で、その「長田の釜揚げ」をいただけることになった。

朝8時前に到着。
こんな朝っぱらから迷惑なこと! 
しかし高校時代からの親友は、快く迎えてくれ、なんとサクサクの天ぷらまで‥‥感謝!感謝!
IMG_3364.jpg

ご主人がお気に入りだったという囲炉裏のある部屋でいただいた釜揚げの美味しかったこと。
しかも、店と違って量の要望も聞いてくれる。この後も2軒行く予定なので、ごく少なめでお願いした。
バッチリ! 
IMG_3363.jpg