FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
洋服作り 7
前回紹介した、こうの早苗さんの本は、初心者に分かりやすく丁寧に縫い方を写真入りで書いてある。
同じパターンだが、違う生地で仕立てると、応用の仕方で夏に限らず愛用できることも、写真で示している。

そして「目から鱗」だったのは、
縫い代の印を生地につけないという手法。
もちろん、ダーツとか縫い合わせとか、大事な数カ所は付けるが、あとは脇も肩も1センチの縫い代と決めてあるので、ミシンをかけるときに、布地の端から1センチを意識すればよいという。

生地に縫い代の印をつけていく作業は、裁縫の中では苦痛の工程。
これをすっとばしてよい。理屈で考えれば、その通り。
何故今まで気づかなかったのだろう?

またダーツの取り方や脇の裁断パターンが大胆で新鮮。
しかし実際にパーツに切り分けたとき、これらがどう繋がるのか?と、頭を捻ってしまう。
自信のない私は、まず安く買い求めた緑の生地から縫い始めた。

慎重に取り組んでいたはずだが、何故か見返しを付ける工程で失敗した。
袖ぐりがピタッといかない。引き攣っている。
曲線部分に切れ込みも入れたのに。

よく分からないが、最大の原因は「自信のなさ」「いい加減さ」にあることは間違いない。
大体、「左右同じ形に切る、縫う」ってことは、私にはできないと思い込んでいる。
多少、そう数ミリの狂いは絶対ある。しかしその数ミリが数センチになることも経験で分かっている。
分かっちゃいるけど……、
『えいやぁ!もう縫っちまえ、着るのは私だ。多少のずれはどこかで調整すりゃぁいいのだ』
と、ミシンを走らせてしまう。

反省しながら、縫い目をほどく作業を何度繰り返せば、この性格が治るのか?
いやぁ一生治らないんだろうなぁ。

そこで同じ布でとったバイアステープで、袖ぐりをカバーした。
袖ぐり

印つけの手抜きに味をしめた私は、襟ぐりの見返し付けで、自己流の手抜きを試みた。




スポンサーサイト



洋服作り 6
某手芸店Yの30%割引券を持っていたので、型紙を写し取るハトロン紙、糸、ファスナーなども含めて、昨日写真をupした生地も買った。1枚のワンピースを作るのに、前も書いたように、2メートル10センチ。もちろん布幅で変わるけれど。

高い布は、薄茶に花を描いた下の生地。1メートル1700円だが、3割引なので、2699円(税込み)。
気に入った柄のワンピース、3千円以内ではとうてい手に入らない。
緑の生地は確か、1メートル580円くらいだったような……。その3割引きだから、実にお安い。
世界に1着のみというのもうれしい。

完成品
2番目のワンピース

薄茶ワンピ

両方とも、同じパターンで作りました。
今回、この素敵なワンピースの本を友だちが貸してくれたことで実現した2作品。

それがこの本。河野さなえ本

目から鱗の「裁縫作り」にも惚れちゃった!




洋服作り 5
ミシン糸は50番。
信じて疑わなかった。
ところが手芸店の棚には、それがない。
店員に聞いてみると、
「シャッペスパン ミシン糸ですね。こちらです」と、案内された。

シャンパンスペインシュワシュワッ??
いやいやミシン糸の名前。
何でこんな言いにくい、覚えにくい名前を付けたのだろう?!とブツブツ独り言つ私。
しかも昔のようなお徳用サイズはない。気持ち、白と黒のみ太巻きだが、ケチってる感じがしてならない。
値段は同じなのに、サイズが小さくなったり、数が減った竹輪みたいだ。

ところがこの糸に替えた途端、上下の糸調子での苛々は解消された。
糸巻きそのものの端に、糸の先端をひっかける切れ込みがないので、縫いすすめてもひっかからない。
糸の滑りもとても良い。

ボビンも昔のものと、ほんの気持ちだけサイズが変わった。
だから、昔の金属製のボビンなど全部使えない。
使うと、糸調子が狂うのだ。

何だか、ミシン業界にやられた!気分。
プラスティックのボビン、原価は1個数円だと思うが、意外と高い。

糸を求めたときに、生地も2種類買った。
緑の布

花柄生地

さて、上と下、どちらが高いでしょうか? 倍以上違いましたぁ~。





洋服作り 4
裁縫箱に眠っていたミシン糸。カタン糸50番。
これが故障の原因だった。

昔のミシンは、巻いた上糸を縦に棒に入れる。
最新式は、横に寝かす。下記のように。
misin

するとこの糸の端をひっかけておく切れ目(左から棒で示しているところ)に、糸が回転する拍子にひっかかるのだ。
糸巻き

かするぐらいだと、上糸がつる状態に、深くひっかかると切れる。
これはミシンの欠陥じゃないか!
と、苛々しながらそれでも縫う。
自分の腕に自信がないので、ミシンの欠陥と決めつけられない。
何か方策があるのかも? ミシンをよく知らないだけ?

しかし何度も何度も切れると、もう上糸がつろうが、とりあえずパーツがつながってくれればいいや!の心境になる。

とりあえず完成。
wabbpi-su 1

裏は見せられません。
またいつ糸が切れ、分解するかもしれません。
はらはらしながら着るという暑い夏にスリリングな洋服。

この上糸ひっかかり問題が解決しないことには、次の作品を縫う気になれない!
と、思っていたら、なんとまぁ!

洋服作り 3
50センチも足りない布、パーツを分けながら、ギリギリ何とか裁った。

さぁ縫おうと思ったが、ファスナーをつけた経験がない。
去年縫い方を教えてもらったワンピースはかぶりもの。
メチャ不安。
しかしタイトなワンピースだけにファスナーがないと、身体が入らない。

何㎝のファスナーを買えばよいのかもわからない。
そこで手持ちのワンピースのファスナーを測り、手芸店へ出向く。
測った長さに近いものを探すが、なかなか無い。しかも色々な名前のファスナーがあり、迷う、迷う。

コンシールファスナー? 何だぁ?聞いたことがない名前。
早速、スマホで確認。
見た目は縫い目のように1本の線に見えるすぐれものらしい。

もちろんそれをget!
あとはつけ方だ。
インターネットで動画を何度も見ながら、初挑戦。
我ながら、おぉやるじゃん!と調子にのっていた。

ところが突然、そう突然ミシンがへそを曲げた。
上糸がつる。何度も下糸が絡まる。
そのたびに、ボビンケース(新しいミシンにはボビンケースは無いのだけれど)にあたる部分に絡みついた糸を切り、やり直し。
まっすぐに縫うだけなのに、すぐ上糸が切れる。
なぜ?

理由が分かったのは、苦労して縫い上げた頃だった。
asitaba
明日葉のつぼみ


洋服作り 2
去年、たまたま気に入った生地を見つけた。
生地

これでワンピースを縫おう。
即決。

店の鏡で生地を身体にあて、幅を確認し、自分の身長から1メートル60センチもあれば十分だろうと考えた。
頭と足の長さは不要なのだから、足りるに違いないと。

裁縫経験がある人は、「馬鹿だぁ!」と大笑いしているだろうなぁ。

買ったあと、本で確認すると、必要な長さは210センチとあった。
50センチも足りない!
えぇ??どうするの?

生地を眺めたり、身体にあてて、鏡で確認したり、悩むこと1年。
この夏、ダメもとでタイトなワンピースに仕立てることに決意した。

先ずは型紙作り。持っているワンピースの肩幅や長さ、胸回りを計り、慎重に型を新聞紙上に書いていく。
タイトなワンピースの型紙を見つけられなかったので、自分で作ることにした。
慎重に、と書いたけれど、いい加減な性格。「きっちり」できないんだなぁ。
最後は、まぁこんなもんかなぁ~で!






洋服作り 1
長らくお休みして申し訳ありませんでした。
何だか、この20日ほど怒濤のような日々で、その疲れもあって、何十年ぶりに高熱を出しダウンしていました。
風邪です。でも胃腸がやられなかったので、毎食、にんにく、生姜、ネギ、椎茸などを摂取する料理を食べ、水分をたっぷりとりおとなしくしていました。大人しく‥‥それは嘘ですね。行かねばならぬところがあり、風邪をおして片道3時間かけ、川崎へ出かけたり、母の老後をどうするかの親族会議のために雨の中、みんな半袖なのに、3枚長袖、その上にフリース着て出かけたり。

身体は正直なものです。長引いてしまいました。
でもこうしてパソコンに向かえるようになったので、もうすぐ全快かな?

さて本題。
この夏は、洋服作りにはまった。
以前から、単純そうな造りの洋服にお金をかけることに抵抗があり、おしゃれな生地になると高額というのも許せない。
ということで、いつか気に入った生地で手作りしたいと思い続けていた。
しかし、洋裁のイロハが分からない。中学?高校のとき?にワンピース縫っただけ。できがひどく袖を通さずお蔵入り。
それに私はときたら、不器用、面倒ぐさがり、適当、いい加減。
どこから縫えばいいのか、本に書いてある言葉も分からない。

そこで昨年、友だちとそのお姉さまに、泊まりがけで手取足取り教えてもらい、1枚縫い上げた。
タンスに眠っていた黒の羽織をほどき、ワンピースに。絹のワンピース、もう有頂天!

35年ぶりにミシンを新調し、洋服作りに火が付いた! しかし‥‥。


さぬき路うどんや巡り 終
さぬき路うどん巡り、2日間で、訪れたうどん屋は7軒。
都内や埼玉周辺で「さぬきうどん」と看板をかかげるうどん屋を軒並み食べ歩くが、やはりうどんそのものが違う。
うどんのコシとその周りのフニュツ!とした感触が、本場さぬきうどんならでは。

それでも子供の頃に食べたうどんと、変化しているようにも思う。
家から数分のところにあった小さな製麺店へうどん玉を買いにいくと、まだ玉として固まらない打ち立てを、持参したボールに入れてくれる。それにふきんをかけて家まで持ち帰る。

家に向かいながら、そのふきんをちょっとめくっては、1本2本とつまみ食いをする。
これが実に美味い。うどんが程よい塩梅で、ついつい手が伸びる。
家に着く頃には5玉買ったはずが4玉あまりしかない、なんてことはざらだった。

あの頃は「かけ」「きつね」「たぬき」「天ぷらうどん」「ざる」「釜揚げ」といった定番のものだけ。
昔はどこのうどん屋でも同じメニューが並んでいた。

ところが今は「ひやかけ」「あつかけ」「ぶっかけ」「肉うどん」、さらに店によって「釜揚げ専門」「肉うどんがオススメ」など、特色を活かしすメニュー。「釜揚げ専門店」で「きつねうどんください!」なんて言おうものなら、「ないよ!あんた何言ってんの?」と叱られる。

友だちや親戚が、生うどんを送ってくれたりお土産に持たせてくれるが、
お恥ずかしい話、つい最近まで、店によって特色があり、それにあわせたゆで時間が違うことを知らず、釜揚げ専門のうどんを適当な時間で茹で、ざるうどんにして食べ、なんでおいしく茹でられないのか?分からなかった。
釜揚げ用に作られている生麺なので、水でしめてはならないのだ。
頭の中の「うどん」が40年前から離れられない。

そうそう、韓国からきた友だちにはうどん屋以外に、琴平神社や江戸時代の歌舞伎小屋「金丸座」や瀬戸大橋記念公園、海が見えるレストランでの食事や海鮮を料理の居酒屋も案内した。都内と違い、ひと品のボリュームがあり、しかも新鮮で美味しく大満足!

IMG_3407.jpg

IMG_4211.jpg

次回は、無謀にもこの夏ワンピース作りに挑戦した話を!