FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
第二、第三の人生 クロアチア 2
「第二、第三の人生 クロアチア1」は、「第二、第三の人生 11(クロアチア)」 11/12掲載 をご覧下さい。

モンテネグロからクロアチアの長距離バスターミナルへ戻ってきたのは、夜の10時近かった。でもバスターミナルから徒歩5分のところにホテルを予約しておいたし、大きなキャリーバッグはそこに置かせてもらい、リュックサックひとつでモンテネグロ1泊旅行に出たので、ホテルへ戻るのも楽々だ。

翌朝、船でやってきた夏休み中の息子夫婦と合流。もう冬間近なのに、今頃「夏休み」。息子は、有給休暇や土日を入れて二週間の日程で旅行に出ている。イタリアでレンタカーを借り、私たちとは4泊一緒にいて、あちこち周り、最後にベネチアで車を返し、パリの友だちのところへ飛ぶ予定だとか。合流翌日以降の日程やホテル予約は、話合いながら決めることにしていた。
ドブゥロブニク 
早速、予約しておいたドゥブロヴニク5つ星ホテルへ移動。旧市街から車で数分離れた場所にあり、写真のような旧市街を眺めながらテラスで朝食が摂れる「ホテル グランド ビラ アルゼンティナ」は、シェラトンよりも今は人気だとか。それでも一人1万(朝食付き)という破格な値段や、何かと便利な、二部屋が中でつながっているコネクトルームがとれたのも、やはりシーズンオフに入っていることによると思われる。チェックインより早い時間の到着だったが、これもその恩恵か、すぐに部屋へ入れてもらえた。

確かに旧市街を歩くと、閉まっている店もあったが、シーズンオフを寂しく思うほどではない。ホテルの値段や観光客の数を考えると、オフの方がむしろオススメ。紅葉も、ちょうど盛りで気候的にも最高であった。海はどこも透明でエメラルドグリーンの美しさ。
ドブロブニクホテルからみた海




スポンサーサイト



第二、第三の人生 モンテネグロ 8
コトルを出発した18時,すでに陽が沈み、暗くなっていた。
お客は、やはり2~30人くらい。

行き同様、イミグレでは、順番に一人ずつバスから降ろされ、全員がパスポートにハンコをもらうまでバスに乗車できない。
私はダウンを着込んで降りた。

モンテネグロの出国でも、他の人より時間がかかった青年が、クロアチアでの入国審査でも足止めを食っていた。
IS関係懸念なのだろうか?

それでも出国は、割とスムーズに終わり、バスに戻れた。
ところが、クロアチア入国で最後の一人、可愛い女の子、アジア系の旅行客?で、時間が止まった。
夫がカメラのシャッタをきった途端、審査官が走ってきて、削除しろと言った。
腰には拳銃。危ない、危ない。
コトル別荘の花

国境のイミグレーション窓口は、高速道路や有料道路の支払い窓口のような感じで設定されている。
10分ほど、その窓口でなにやらやりとりしているようだったが、突然審査官が彼女のパスポートを持って、建物の中へ入ってしまった。
残された女の子は、離れたところで待たされている私たちに向かって、両手を開き、お手上げ!のようなポーズ。

冷え込む。
バスの中へ夫の上着を取りに戻って良いかと運転手に聞くと、ダメだという。
皆、夜寒の中で震えている。
雨が降ろうが、北風が吹こうが、雪が降っても、こうして外で待たされるそうだ。

一つ学んだのは、掲示はないがトイレがあること。
何人もがトイレに駆け込んでいた。
トイレに入っている間に出発されてはたまらない。

結局何事もなく、女の子のパスポートは返され、ようやくバスに戻れたのは、30分以上経ってからだった。

第二、第三の人生 モンテネグロ 7
別荘を買ったご夫妻。ご主人の年齢が70歳とか。お仕事は看護師さん。アメリカでは看護師の資格にレベルが幾段階かあり、そのトップでほとんど医師と変わりない仕事をしているそうだ。再来年の東京オリンピックには選手のサポートとして来日するという。

奥様の年齢は?だけど、小学校の先生をなさっておられたとか。バイオリンニストの息子さんが2年前にモンテネグロで結婚式を挙げ、この地の素晴らしさを知り、たった4日間で別荘を買うことを決めたそうだ。後ろの山の中腹まで、一軒の小さな家付きで日本円換算すると1200万だったとか。
モンテネグロの教会


トランプが大統領になり、何かとストレスを感じるそうで、モンテネグロの別荘でそれを癒やすのだという。
でも遠いよねぇ。いつもはトルコ航空を使い、初めてクロアチアのドゥブロブニクから入ったのだが、クロアチアは物価が高くて驚いたと言っておられた。

いやぁしかし、それにしても感覚、というか決断力というか、スケールが違うなぁ。

スケールの違いといえば、ザグレブからの飛行機出発待ちで出会ったアメリカ人は、このクロアチアへ船を買いに来たのだと言っていた。2~3年をかけて、世界を自分の船で旅するためだそうだ。ギリシャとかアドリア海沿いの街だと、船が安いらしい。まだ40代かと見受けられるその男性の仕事は、弁護士だとか。

18時発のバスでクロアチアのドゥブロブニクへ戻る。
行きはスムーズだったイミグレで……。


第二、第三の人生 モンテネグロ 6
ここからの景色
コトルゲストハウス
右前方に、コトルの旧市街地が見える。左の黒い柵のある家は、今製作中のゲストハウス。旧市街手前に見える階段を上がりきったところにも一部屋作るとか。できあがったらいつでも泊まりに来て良いよと言ってくださったが、ちょっと、いやかなり遠いなぁ~

コトル二人
テラスで、ゴムパチンコで木の実を落とすご主人。
コトル2
1階はリビングとキッチン、トイレのみ。 2階に寝室やバスルームがあるようだ。
コトル栗
薪ストーブで栗を焼いてくれた。
コトルカヌー
アメリカから担いできたというカヌーを見せてもらう。バラバラに分解して、持ってきたそうだ。


第二、第三の人生 モンテネグロ 5
クロアチアのドゥブロブニク、モンテネグロのコトル、ブドヴァ、3旧市街地はよく似ている。
規模は違うが、どこもアドリア海沿いに街が発展し、他国から山を越え侵入する敵を要塞で防いでいる。
日本の城壁は、城を囲むが、この辺りは、中国と同じように街全体を守る形態だ。
屋根の色もどこもオレンジなのは、屋根に使う土の関係だろうか?

コトルのバスターミナルでwifiがとんでいたので、そこからメールを送ったすると、近くのスーパーまで来れば、ご主人が迎えに来てくれるという。

行ってみると、確かに100段の階段が……。
別荘1

別荘への道
別荘へ続く道。石畳も花壇もすべて、その辺りにある石を並べて造ったのだという。

別荘

このテラスで、まずは眺望を愛でながら、お茶をいただいた。


第二、第三の人生 モンテネグロ 4
着いたブドヴァのバスターミナルの周囲は、建設ラッシュなのか、騒音が鳴り響いていた。
あちこちに工事の柵。行き交う大型トラック、ミキサー車。
既存の建物は、どれも現代的な四角いビルばかり。

なんだ、つまらない街に来ちゃったなぁ、コトルでゆっくりした方がマシだったかも、と思いながらもインフォメーションを探す。

日本を出発する前に調べてくればよかったのだが、今回は直前まで用事が色々あり、バタバタ状態のママ旅に出てしまった。ブドヴァへ行くことも、スマホで検索し決めた。

インフォメーションでもらった地図を頼りに旧市街へ向かう。

旧市街は、海辺を背景にぎゅっと建物がつまり、壁で囲まれていた。
ブドゥバ

コトルより城壁内は狭いが、観光地化されていない素朴な雰囲気が心地良い。
海に立つ像

ブドバ レストラン
シーズン中は全てのパラソルが開かれ賑やかなのだろう、海辺に面したレストランで、我が家にはちょっと豪華なシーフードパスタ。12ユーロ。
ブドバ ランチ

行きと帰りのバス代、なぜか違った。コトルからは、1人4ユーロ。帰りのブドヴァからコトルまでは、何と3.5ユーロ。
不思議なことがあるものだ。そういえばチェコでも、同じ区間でバス代が行きと帰りで違うことがあったなぁ~。




第二、第三の人生 モンテネグロ 3
モンテネグロでは、旧市街から歩いて数分のところにある、アパートメントホテルを予約していた。
モンテネグロのホテル

外から見ると、極々普通の民家。しかも通りからは少し奥まったところにあったし、看板も出ていなかった。
予めグーグルマップで検索しておかないと見つからない。マメな夫に感謝!

ベルを鳴らすと、ご年配のご婦人が出てこられ、ジュースや珈琲でもてなしてくださった。

部屋は、そのお母さんが暮らす部屋の隣でキッチン、バス、トイレ付きのワンルーム。
1泊39ユーロ。(二人で約5400円)。いま流行の「民泊」のようなものだ。
民泊をしてみると、その国の普段の暮らし方が見えて面白い。
例えば、流し。
コトル流し
洗った食器を置く右側台は、少し傾斜し真ん中に水がこぼれ落ちる穴が空いていた。

下記は、アイスランドのやはりアパートメントホテルで見た鍋。
IMG_8049.jpg
鍋の蓋に穴が空いており、中のものをうっかり落とすことなく、湯こぼしができるようになっている。

デンマークのコペンハーゲンでの民泊では、暖炉があり、チロチロと燃える火を窓の外に降る雪を見ながら、ゆったりとくつろぎながらワインを楽しめた。
日本の民宿と違い、外国の場合、出入り口が別で、オーナーに気兼ねなく出入りできる。
土地の野菜や肉をなどを買い込み料理も楽しめる。旅行に出てまで料理なんて!と思う人も多いが、簡単なもので十分。スーパーに見たことがない野菜が並んでいたり、チーズなどは味見させてもらいながら計り売りしてもらえる。その土地に住んでいる感覚になるのが面白いのだ。

通りを渡ったところにある美味しいパン屋は、朝5時から開店していること、スーパーもその通り沿いにあること、明日の朝のチェックアウトは、鍵を部屋の中においておくだけで、いつでも断りなく出て行ってよいと聞き、オーナー母娘と別れた。

翌朝も晴天。早起きしてパン屋へ行ってみると、次々と客が車で乗り付ける盛況ぶり。
朝焼けの山
朝焼けの山。

この写真を見ると、コトルの街が山に要塞を築いていたことがよく分かる。

鍵を部屋におき、ホテルをあとにする。一言お礼を言いたいのが、日本人なんだけどなぁと思いつつ。
この日は、コトルからバスで40分くらいのところにあるブドヴァという街に出かけた。
1時間に1本バスが出ていると、昨日確認しておいた。

バスのチケットを買おうとすると、もっとよい観光地があると売り場のおじさんがいう。
ただし半日コースのようだ。景観がすばらしいと説明してくれるが、私にはアメリカ人の別荘を訪問する方がずっと魅力的だ。
3時までにコトルに戻り友だちに会う約束があると伝え、ブドヴァへのチケットを売ってもらった。一人片道2ユーロ。

モンテネグロの物価は、クロアチアと比べとても安い。




第二、第三の人生 モンテネグロ 2
モンテネグロのコトルは世界遺産に認定されている。
コトル入り口
城門をくぐり旧市街地へ入る。

コトル旧市街内

小さな路地が四方八方にのび、道沿いにはカフェや土産物屋が並ぶ。建物の上層部は住宅になっており、洗濯物が風に揺らぐ。

ことる階段1

コトル山教会夫撮影
夫の後について歩き、狭い階段を抜けると背景の山へ続く道へ出た。稜線の中腹に教会が見える。山の頂上にも何かあるようだ。
まさか登る?

夫は当然とばかり、後ろを振り返ることなくスタスタ登っていく。
すると、最後の建物横に門番ならぬ親子が机を置き、ゲートをはり、お金を徴収していた。
以前、ニュージーランドでガソリンの残を気にしながら、山道を登りようやく城までたどり着いたのに、入城料がいると知り引き返した夫だ。お金を払うなら、きっと登山をやめるに違いないと思ったら、払えと催促するではないか。

山への階段コトル
降りるときの撮影。階段の横に石畳のスロープがあるが、踏みしめられツルツル。

コトル教会
息を切らしながらたどり着いた教会。

コトル旧市街見下ろす
教会から見下ろした旧市街地。
写真でみると湖のようだが、山から眺めると海の入り江にコトルの街があることが分かる。しかも大型豪華客船が横付けできるほどの深さ。
クロアチアからの道は、この入り江沿いに続く。橋があればものの20分で渡れるだろう。しかし数千年前からの景観を失う代償の方が大きい。筋肉痛は恐いが、登って良かった! 

頂上へ? まさかぁ。登りません。ここまでで限界でした!




第二、第三の人生 モンテネグロ 1
モンテネグロへの旅について、いつもの「地球の歩き方Q&A」サイトで検索してみると、入国審査が厳しく、もし団体バスが数台並ぶと、3~4時間待たされることもあると書いてあった。
スムーズに行けば、ドゥブロブニクからコトールという街には2時間半くらいで着くはずなのだが。

宿は旧市街から数分歩いた、いわゆるアパートメントホテルに予約した。
そのオーナーから何時頃着く予定かとメールが入ったので、11時ドゥブロブニク発のバスで行くつもりだが、何時に着くか分からないと返信したら、2時には着くだろうと、またメールをくれた。
本当に?まさかぁ~。

クロアチア出国のゲートでは、バスから全員降ろされ、一人ずつ出国審査を受けた。しかし乗客が少なかったこともあり、15分ほどで終わった。そこから3分も走らないうちにモンテネグロの国境があった。

入国審査を受けるため、また降りるのかと思ったら、バスの運転手が、何やら審査官と話をしたあと、全員のパスポートを集め、手際よくスタンプが押されたそれを返却してくれた。乗客はバスの座席に座ったままだ。
こうしてたった30分程で、入出国を済ますことができた。

コトール行きのバスを待つ間、ドゥブロブニクの長距離バスステーションで、アメリカ人のご夫妻に話しかけられた。
日本人が2人でモンテネグロへバスで行く。やはり目立つようだ。

そのご夫妻は、アメリカ人でルイジアナ州からモンテネグロの別荘へ行くところなのだという。
ぜひ時間があれば、その別荘へいらっしゃいと誘ってくださった。
何というラッキー! 

しかしアメリカからわざわざモンテネグロに何故別荘を? もうこの段階で興味津々の私。
お互いのフェイスブックやメールアドレスを交換し、モンテネグロのバスターミナルに着いたところで別れた。

翌日、夕方6時発のバスでドゥブロブニクへ戻る予定なので、その前にお邪魔しようと私は決めていた。
シャイな夫に、いつどのタイミングで訪問を切り出すか、そこが一番の問題だ!
neko ことる





第二、第三の人生 11 (クロアチア)
第二の人生

2回経由しドゥブロブニクに到着したのは、夜21時を回っていた。
シェラトンからの返信を、経由地の空港wifiで見た。

要約すると、

お客様は皆さんタクシーでいらっしゃいます。
空港から旧市街地にあるバスターミナルまで行くバスの停留所は、シェラトンの近くにはありません。
有料ですが、お迎えの車も手配できます。

やはりねぇ。みんなバスなんて使わないんだ。シェラトンに泊まる客だものね。

空港を出たら、夫が何か言い出す前にタクシー乗り場へ直行し、運転手にいくら位で着くか聞いてみた。
すると、運転手が壁を指さす。
そこには行き先別のタクシー運賃表が、老眼でもよく見えるよう?ぼったくりなんてしないよ!とばかりデカデカと貼ってあった。

タクシーで正解。歩ける距離じゃなかった。

その時間帯でチェックインした客は私たちだけ。
フロントのスタッフ二人が目を見合い交わした意味深な笑み。
「バス停はあるか?とメールで問い合わせた客が来たぞ!」と思われているような気がして恥ずかしかった。

それなのに、海が見える部屋にグレードアップしてくれたというではないか。
さすがシェラトン、どこもかしこも高級。
窓からの眼下には、プール、その向こう朝焼けのもとアドリア海が……。
シェラトン1

翌朝は、モンテネグロへ1泊で出かける予定。
大きな荷物を長距離バスステーションに近いホテルに預け、リュック一つでのバス旅行。

シェラトンでチェックアウトまでゆったり過ごしたかったなぁ。
モンテネグロへのバスは、ネットで検索すると、1日3本しかない。11時発を逃すわけにはいかない。
チケットも買わなければだし、次のホテルに荷物も預けなくてはならない。
それに、その長距離バスステーションへは、市内循環バスで行くのだから、ゆとりをもって早めにホテルを出なければ!

あぁ初シェラトンの滞在は、眠り込んでいる時間を除けば、3時間もなかったのでは?
シーズンoffで格安だったから、泊まれたのになぁ。残念!
シェラトン2

シェラトン3


第三の人生
すれ違った居住者の女性が和服だったり、どう見ても「奥様」と呼ばれるような上質の洋服やアクセサリーを身につけている人も。
白い帽子、いやハットの男性も、杖、いやスティックを突きつつも颯爽と歩いている。
場違いな服で来てしまったことを悔やむ私。

ここは、入居時には金額的な面で、入ってからは心理的な面で、かなり背伸びしなければならない「サービス付き高齢者住宅」のようだ。実際に、一番安い部屋でも、入所金が2千600万を超えている。3LDKになると5千600万以上。月々の費用も食費を入れて月約19万~約23万(部屋の広さで変わる)かかる。

二人で入居にすると、入居金が1LDKで4千600万以上。3LDKは6千400万以上。月々の経費は二人で約34万~36万。
入居金は、年齢に応じて償却期間が変わる。64歳までは144ヶ月。65~74歳までは120ヶ月と段々短くなる仕組み。

ネイルサロンまであり、もし介護が必要になっても、3階に介護付きの有料老人ホームへ優先的に移れるという。

こういう世界もあるのねぇ~!