FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
第二、第三の人生 クロアチア ザグレブからの帰路 ラスト
まさかの大凶は、自宅で待ち構えていた。

翌日、羽田から自宅へ戻ったものの、旅の疲れかトラブル疲れか、何もする気がおきずダラダラと……。

夫がハマり撮り溜めていた韓流ドラマを数本見終え、ようやく重い腰を上げる気になったのが、午後4時頃。
夕飯準備の前に、まずお風呂の詮をし、蓋を閉めておこうと、浴室のドアを開けビックリ

窓が全開しているではないか!
えぇ~? 旅行中、ずぅ~~と開けっ放しで出かけていたとは、なんという愚かな私たち。

と、自戒しながら窓を閉め、もう一度ビックリ

窓ガラスのカギのところが三角にきれいにカットされていた。


泥棒だぁ!

前日、フランクフルト空港でドイツ警官に、まさかその数時間後に日本の警察にお世話になろうとは。
被害は、机の上に置いてあった財布の中から抜かれた数千円のみ。

警察官や鑑識らがキビキビ動く様子に、旅行疲れは一気に吹っ飛んだ。

被害の少なさゆえか、荒らされた跡がないせいか、ついつい鑑識の仕事に興味津々の私。
3時間ほどの仕事を終えたあと、警官や鑑識の皆さんと食卓を囲みお茶を飲み、最近の泥棒事情について伺う。

プロは、現金と宝石、金を狙い、通帳やカード類は、足が付くので持っていかないそうだ。
夜、2階に家人たちが寝ている間に盗みに入るプロもいるとか。
目につくところに、いくばくかのお金を入れた財布を置いておくのも被害を最小限にとどめる手らしい。

凶は後を引きずった。
晩秋から初冬へと寒さを感じ始めたというのに、窓ガラスの修理が1か月以上かかったのだ。
ペアガラスは、注文してから製作するそうで、2週間はかかると聞いたが、2週間過ぎても何とも言ってこないので、連絡したら、ナントガラス屋が注文を受けたものの忘れていたというではないか。
さんざんな目に遭った泥棒騒ぎだった。

火災保険で、ガラス修繕費用はほぼカバーされたものの、この1か月のガラス修繕待ちイライラ被害の方が大きかったことは言うまでもない。
モンテネグロの猫 2匹
次回以降、サービス付き高齢者住宅に住み始めた母の変化や、高齢者住宅事情様子を少し書いてみようと思っています。

スポンサーサイト



第二、第三の人生 クロアチア ザグレブからの帰路 3
しびれを切らした頃、ようやく警察官の男女二人が、ドアを押し開け姿を現した。
豊かな身体を左右に揺らせながらゆっくり歩いてくる。

部屋の隅にあるドアからだから、そんなペースだと、ここまで着くのに数分かかる。
「走って来いよ!」
どなりたくなるのを抑え
「早く来てぇ~ プリーズ!」とお願いする。
が、完全無視するポリスたち。
ムカッ!

夫の、トイレ行きたいよぉ足踏みが早くなっている。
私も、飛行機の出発時間までに、あと何分残っているか判断できないパニック状態。

ようやくやってきた警察官が、空港職員と何やら言葉を交わし、夫の手荷物をひっくり返し見て、
「OK!」
と、軽く手を挙げ、長く苛ついた時間は突如終わった。

カメラの部品の何かがひっかかったらしい。
そう「らしい」でしかない。
何の説明もないのだから。
当然のように謝罪の言葉はない。

そこからが地獄だった。
手荷物検査の場所は、Aゲートの2階。
日本行きの搭乗ゲートは、何とZ
広いフランクフルト空港の端から端へ、私たちは全力で走った。

夜間なので免税店は閉まっているし、どのゲートも灯りを落とし静まりかえっている。
客もいないから、走りやすい。
全力で走る経験をいつしたか? 記憶にない。
しかも、こんなに長い距離。

トイレに走り込んだ夫が、追い越していく。

私は、息切れし、足がもつれそうになったり、もうぶっ倒れそうだ。

もし間に合わなかったら、荷物だけ先に日本に着き、私たちは空港に取り残される???
先を行く夫が、飛行機の出発をとめてくれる? 
……なはずはない。

走るしかない。走らねば。
何としても間に合わなきゃ!

ヘロヘロでたどり着いたゲートでCAが、笑いを押し殺した表情で
「走って来てくれてありがとう」
と言った。

機内に乗り込むと、ファーストクラスやビジネスクラス客用に、グラスにジュースを注いでいた。
そのジュースで喉をうるおし、ようやく一息!

全乗客の視線を浴びながら、席を探す。
前に書いたが、その席も、窓がなかった。

さすがにこれで全ての不運が尽きただろうと思ったのに、まさか……!
IMG_5569.jpg
ザグレブの市場


第二、第三の人生 クロアチア ザグレブからの帰路 2
クロアチアエアーの小さな飛行機が、闇に浮かび上がったフランクフルト空港の滑走路に到着した。
小さい旅客機は冷遇されるのか、ここでもバスでのゲート移動。

前にも書いたが、30分遅れている。しかし乗り換えに十分な時間はまだあった。

IMG_5567.jpg

クロアチアエアーから別の国への便に乗り換える人は少なかった。
しかも夜10時をまわっており、イミグレもほとんど人がおらずスイスイ。
身体検査や手荷物検査も無事通過し、あとは飛行機に乗り込むだけと安堵しながら振り返ると、夫が手荷物で引っかかっているではないか。夫の横を次々乗客がOKをもらい抜けていく。

他の検査レーンは片付けをしだし、数分後には私たち夫婦と検査官数名だけとなった。
何がひっかかったのか?と聞いても、検査官は何も説明してくれない。
この後どうなるのか?と尋ねると、
「外から来る警察官が、判断する。待つしかない。」
というではないか。
待てど暮らせど、警察官らしき人どころか、誰もこない。

飛行機の出発時間が迫っているので、早くしてほしいと頼んだが、一向に急ぐ気配は見えない。
時間は刻々と過ぎていく。

と、夫が足踏みを始めた。あっこれは、トイレに行きたいときの仕草。
トイレはどこか? 行ってよいか?と尋ねても、「NO」と冷たい返事。

おばちゃん係員が気の毒そうな表情で私たちを見つめている。




第二、第三の人生 クロアチア ザグレブからの帰路 1
帰りは、クロアチアのザグレブからドイツのフランクフルトで乗り換えて羽田へ戻るコース。
乗り換え待ちが1時間程度の、とてもスムーズな便を取った。
IMG_5579.jpg
ザグレブの街で 日時計?

まず、ザグレブ出発が30分ほど遅れた。
まぁその分、待ち時間ももっと短くなりラクチンのはず!
と、そのときは単純に喜んだ。
それが、まさかあんなことに影響するとは思いもせずに……。

そして悪運の第二弾……
非常口でもないのに、窓がない席だった。

フランクフルトへの航路では、機首に向かって右側一番奥の二人席。
一番奥だからもちろん後ろは、壁。
右にあるはずの窓はなく、壁。
たちまち閉塞感に襲われる。

ところが通路を挟み反対側、つまり機首に向かい左側の一番奥の席には窓があった。
これに気づいた瞬間、凶のくじを引いた気分になった。

しかし、『この区間は2時間ほどだから、まぁいいか! お隣さんは新婚そうだし、窓がある方がお二人で良かった。
会話のない私ら老いた夫婦には、壁の席が似合っている。』と、自らそう慰めたものの、ここまではまだ良かった。

まさかの2連発をくらうとは。
そう、フランクフルトから羽田までの長時間飛行での席も、窓がない席にあたったのだ。
非常口が右後ろ側にある席。

ipadを持参していくときは、帰りの一日前頃に、サイトからチェックインし席も自分で選ぶようにしている。
今回、ipadを持って行かなかった。iphoneでも可能だが、小さいので面倒に思い、早めに空港に着けば問題なかろうと踏んでいた。

ところがザグレブからもフランクフルトからの飛行機もほぼ満席で、選べる状態ではなかったらしい。
お任せで、いざ乗り込んでみたら、窓のない席2連チャンとは!

しかし、こんなのは序の口というか、大した問題ではなかった。寝れば窓があろうとなかろうと関係ない。
凶のくじは、別件だったのだ。



第二、第三の人生 クロアチア ザグレブ 2
5~6人くらいしか入れないスペースに、日本の肉屋さんのように背の高いガラスのショーケースを一つ置いただけの小さいパン屋だった。人気なのか、時間が遅いこともあって残っているパンは数個だけ。

パンを買う私たちに、店の隅で店主と話をしていた男性が、日本のサッカー選手の名前やアニメについて話かけてきた。
夫が、サッカー選手の名前に反応すると、それは嬉しそうにし、店主に紙コップを2個求めた。
コップに酒をつぎ、私たちに勧めてくれるではないか。

IMG_4522.jpg
さっぱりして、果実酒のようなちょっと甘めの美味しいお酒だった。
3人で紙コップの酒を飲みながら、分かるような分からないような話(正直、アニメもサッカー選手もまるで分からない)をしながら、更けたザグレブの街を歩いたのも、思い出のひとつ。



第二、第三の人生 ハンガリー9 クロアチア ザグレブ 1
列車の値段は、空席数によって異なるのかもしれない。
中国では、深圳から麗江まで飛ぶ飛行機の値段がそうだった。
オーストリアでも確か、列車のチケット値段は時価だったような……?

日本でも、列車や飛行機のチケット値段に特割とか早割など出てきたが、直前割りって、まだ無いよね?

IMG_5503.jpg
漁夫の砦
IMG_5487.jpg
マーチャーシュ教会
王宮から橋
くさり橋
IMG_5448.jpg
ブダペストのハイライト写真

6時間かかって着いたザグレブは、クロアチアの玄関のような都市だ。
ブダペストからの列車も、ザグレブが終点だし、ここからイタリアやオーストリアなどへも線路は続く。
各国からの飛行機もザグレブ着が多い。

ザグレブに着く時間が遅いので、駅から徒歩5分ほどのところにある4つ星ホテルを予約しておいた。
駅前だしショッピングセンターの近くにあるので、遅くとも店が開いているだろうと考えた。

チェックインし小腹を満たそうと繰り出してみたものの、開いているのは飲み屋ばかり。
と、閉店しかかっているパン屋を発見。

やはり日本人は珍しいのだろう。そこにいた客が盛んに話しかけてくる。
しかもかなりお酒に酔っていた。

第二、第三の人生 ハンガリー 8
ちょっと話を列車に乗る前に戻します。

人間、いや私の思考回路は単純。
6時間もかかり、しかも国境を越え走る列車。
日本の旅行業者がサイトにupしていた値段1万6400円(2等)から想像するに、そこそこ良質の車両に違いないと期待していた。
食堂車も付いているらしいし……。

夫が電光掲示板で出発ホームを確認している間に、残ったハンガリー通貨(フォリント)の小銭で念のためパンと飲み物を買う。
IMG_5533.jpg

出発5分前、指定されたホームに停車する列車を見て、『えぇ客車がたった3両だけ?』と、正直なところ期待外れにガッカリ!
IMG_5558.jpg

中に乗り込むと、座席も粗末。二等車だから? たった9ユーロだからこの程度なの?と思いながら指定席を探すが、数字と車両のアルファベットがチケットに印字されたものと全く合わない。

そこで乗客に、切符を見せ尋ねると、変な顔をして、この列車はザグレブ行きではないというではないか!

慌てて、飛び降り電光掲示板へと走る。
見間違えていたのか、はたまたホームが変更されたのか、真実は藪の中だが、発車直前ギリギリ間に合い、ほっ!
よくよく考えれば、3両に一等車両や食堂車が付くはずがない。

日本の特急列車なみの乗り心地で、一等車両を探検してみたら6人掛けの個室になっていた。
残念ながら、食堂車両を示す方向に行ってみたが、売店すら無かった。
パンを買っておいて良かったぁ。何せザグレブに着くのは、夜の8時59分なのだから。





第二、第三の人生 ハンガリー7
列車情報URL
上記をクリックすると、ブダペストからザグレブまで片道1人、15:42発の直行便で2等で6500円と出ている。
因みに、今日の値段。

これは「RAIL EUROPE」というサイト。
あちこちの国を旅し、チケットをどうすれば安く買えるか国によって異なることを知った。
上記のURLは、日本語表記で便利だ。目安になる。
日本出国前に某ブログで得た情報と比べれば、半額以下の値段だ。
が、それでも直接窓口で確認することをお勧めしたい。
旅行業者のサイトだと、必ずマージンが含まれている。

ブダペスト駅のインフォメーションで聞くと、何と、「9ユーロ」というではないか?
耳を疑った。

「90」ではなく「19」でもなく、ただの「9」ユーロ。しかも指定席。

IMG_4531.jpg
これがチケット。右下に18ユーロと書いてある。2人分だ。

1ユーロ135円で計算すると、1215円。
まさか? 再度確認した。やっぱり「9ユーロ」。
夫と顔を見合わせ、「9」に間違いないネ!とアイコンタクト。
案内所なのに、チケットも買えるというので、列車で帰ることに即決。

時間も予定通り。
単線のせいか何度も停止し待たされたり、ハンガリー出国やクロアチア入国のため、車内で審査があったり。
時間が掛かるはずだわ。
車内はガラガラ。指定席だけど、隣に誰も来なかったので、ボックス席を占領し、ゆったり列車旅行を楽しめた。

列車の話、続きます。
ザグレブでは、またまた出会いが。
そして魔の帰国日、まさか4つもダメ出しがあろうとは……。






第二、第三の人生 ハンガリー 6
ブダペストからクロアチアのザグレブまでのバスの便は、下記で調べられる。
バス  ←左の「バス」をクリックするとURLが出ます。
直行便は朝の8時発 39.8ユーロ。または夕方の16時発の34ユーロ。5時間10分かかる。

鉄道の情報は、日本を出発する前にみた某ブログから得ていた。
14:45発、20:59ザグレブ着。乗り換え無しで6時間14分もかかる。1等22200円、2等16400円

バスより鉄道の方が1時間も余計にかかる?なぜ?値段も高いし……。

ストレートに夫に話をしたら、バス即決となっちまう。
しかしバスで5時間はきついなぁ。
IMG_4380.jpg

バスの情報は、バス会社のサイトで調べたので間違いないだろうが、鉄道はブログ情報だから確認する必要がある。そこで、鉄道の駅で直接聞いてみることにした。地下鉄で駅へ向かう。ブダペストのどこの駅も、必ず切符をチェックする人が仁王立ちでいた。

結構どこの国もトラムや地下鉄、また列車も、抜き打ちでチェックすることはあっても、ブダペストのように出入り口で取り締まっているようなことはなかった。あまり気分がよいものではない。
budapesuto 駅
列車の中央駅案内所で聞いてみたところ……



第二、第三の人生 ハンガリー 5
明けましておめでとうございます!
皆様にとり幸多き年でありますように。

市場へ出かけてみると、偶然にも「日本」をテーマにしたイベントを開催していた。
IMG_5521.jpg
オペラ歌手だろうか? 日本語の歌声が広い場内に響き渡っていた。演奏はバイオリンとチェロ。
ちょっと残念だったのは、晩秋に近いのに、浴衣だったこと。声は熱いが、見た目が寒い。

IMG_4470.jpg
日本の浴衣をつり下げ、扇子や日本人形を売っていた。
IMG_4476.jpg
ドラえもんのお菓子も。
IMG_4477.jpg
囲碁や将棋をするコーナーもあった。
将棋盤の向きが逆だったので、直して差し上げた。

酔い覚ましをしたあと、息子たちはスロベニアのポストイナ鍾乳洞やオーストリアのウィーンへ寄ったあと、ベネチアでレンタカーを返却すべく出発。私たちは、ブダペストでもう1泊することにした。

帰国の便をクロアチアのザグレブから予約しているので、そこへどうやって行こうか?
列車? はたまた長距離バス? 悩んだ。