FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 9
ほぼ1ヶ月、毎日何度も愚痴の電話がかかってきた。
たまたま、廊下で母の電話を聞いてしまったスタッフから
「もう限界だと、電話しておられたので、びっくりして」と、話があったりもした。
どうも、仲の良い従姉妹に、そんな電話をしたらしい。

「家に帰りたい!ここを引き払って、家に戻ってもいいかな? いいよね?」
と言われたときには、あぁついに退居か?と、腹をくくらねばと思ったりもした。

ところが、年末年始で家に帰る際に、同居しているお仲間達から、
「寂しいから、早く戻ってきてね」
と手を取って言われ、今までの鬱々とした気持ちが吹っ飛んだというではないか。

友だちができ、母のことを少しだけど頼りにしてくれる人もいる。
しかもあんなに帰りたがった家は、昔からの木造住宅で底冷えに寒い。

トイレも廊下も脱衣場も暖かいサ高住とは大違い。
正月明けには、「友だちが待っているから」と、いそいそと戻って行った。

それからは、笑顔が出始め、そこでの生活を楽しめるようになった。
どんなふうにか? 男女席を同じうせず……の世代の母に……
ume




スポンサーサイト



第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 8
12月に入居。
上機嫌だったのは、最初の数日のみ。

長年、家族とだけ生活してきた。
だから突然、色々な人と関わることになり、疲れたのだろう。
母は、気遣いの人。
周りの人の顔色を伺いながら、一喜一憂する。
耳が遠いので、母の顔をチラ見して話をしようものなら、
「きっと、自分のことを言っているのだろう。何か悪いことをしただろうか?」と
自分の行為、口にした言葉をひとつ、ひとつ思い起こしては、被害妄想に陥る。

一日に何度も何度も電話がかかってきた。
「もう限界や」
「私の悪口を言っている」
「嫌われている」

疑心暗鬼の渦に沈んでいく母。
夜中だろうが、朝の6時だろうが、弟や私の携帯を鳴らし愚痴の嵐。

あぁ~いったいどうなるのだろう?



第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 7
11月の小春日和に誘われ街を歩いていたとき、ふらっとよろけた。

救急車で病院へ行くほどではなかったのかもしれない。
しかし85歳のか細い身体でふらふらと歩いているだけでも、危なっかしい。
それが、ふらっと傾くのだ。
歩いていた人々が手を貸してくれ、すぐに救急車を呼んでくれたのだとか。

これを後日談として、私は聞いた。
実は、クロアチアへ旅行中だったのだ。

入居することに前向きになったきっかけは、この騒動にあると私たちは思っている。
いざ、というとき、娘や息子はあてにならぬのだ!と確信したに違いない。

お気に入りの部屋に仕上げるべくカーテン選びに出かけた。
条件は「防炎仕様」。

ところが、防炎になっているものは、種類が少ない。
既成のものは、いわゆる無難なものばかり。
なかなか母は首を縦にふらない。
この店で決められなければ、どこに行けばいいのだろう?と、苦慮しながら既成のものをあきらめ、注文仕立てのコーナーを回っているとき、
「わぁ~これ!」と華やぐ声を発した。
即決! (写真、次回母のところへ行ったとき、忘れないよう撮ってきますね)
注文した際、同柄でクッションも2つ作ってもらった。

ゴミ箱一つも、母の希望のものを買いそろえた。
「新しい自分の部屋を、もう一箇所作る」
その気持ちへとエスカレートさせるために。

ベッドに敷く敷き布団も、拘った。
話題のエアーなんたらというものやら、あれこれ下見した結果、圧を逃し、点で身体を支えるという東京西川AIRにした。
これは我が家の孫たちも含めての誕生日プレゼントということに。
「そんな高価なものを?」と母の気持ちはさらにUP

(介護用ベッドに柵がついているので、西川AIRに限らず、サイズを確認することをお勧めします。普通のサイズでは入りません)





第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 6
タミフル効果はてきめん! 
昨年秋に、数週間患った風邪を思うと、この快復スピードが魔法のようです。
明日の通し稽古には、参加できそうでホッとしています。

さてさて、母の変化を。

母は「老人ホーム」や「ディーサービス」に類するすべてのものに、悲しく哀れなイメージしか持っていなかった。
同居していた弟夫婦も孫たちもそうだった。
「入居したら、寿命を縮めることになるぞ! 姉ちゃん、それでもいいのか?」と、2年ほど前、強い調子で叱られた。

母は長年、弟家族と一緒に暮らしてきた。
しかし昨年春、孫たちが自立し家から出て行き、弟も単身赴任で地方へ。
嫁の義妹は日中パートで留守。
料理好きな母は、同居の最初から二階で自炊していたが、さすがに料理そのものが億劫になっていた。
話し好きなのに、近所の仲の良かった友だちは逝き、日中も夜もテレビに向かう日々。
そしてスーパーへ出かけるか、病院通いのみの毎日。
こんな毎日が楽しいはずはない。

同じ時代を生きた人たちと、思い出を語り合い、笑い、時に涙してこそ、「生きている」ってことじゃないか!

もちろん母に、色々なサークルやディサービスやらを何度も勧めた。
しかし1回行くと、何だかかんだと言い訳をして断った。

自立者たちが月に一度集まり雑談するサークルでは、壁に飾ってある参加者の写真があまりにきれいなので、
「こんな写真を撮っていただけるのですか?」
と聞いた母に、参加者の一人が
「そうなんです。遺影の前撮りですの。ステキでしょ?」
と、返した。

しかし「遺影」の一言でアウト!
自分の一番気に入った写真を遺すって、良い話だと私は思うのだけど……。

ヨガのディサービスを勧めたときは、身体に良いと喜んでいたのに、
「ヨガの最初のポーズは、オーム真理教のアサハラと同じだ。そういえばヨガの指導者のジャージにア○○と書いてあった」
と、言い出したときには、開いた口がふさがらなかった。

さらに
「二階の窓から下を眺めていると、ディーサービスの迎えの車を利用していた人は、皆死んでいった」
とも。

自ら閉じこもっていながら、毎日のように
「私はどうすればいいの?」
「このままでいいのか?」
「もうご飯を作る気力もない」
「今日もお総菜を買ってきた」
と、愚痴と不安を口にする電話がかかってきていた。

ところが、母が熱中症で倒れ、救急車で運ばれたことが転機となった。




インフルエンザ
迂闊にもB型インフルエンザに罹患してしまいました。
来週末、芝居の本番があり、その稽古に電車で1時間かけて通っていたときも、私には珍しくマスクを必ずして用心していたというのに。どこにウイルスが飛んでいるかなど、分からないですものね。

以前、いつ罹ったか? 全く記憶にないのです。初?だと思うのですが。
子供達が罹っても私は平気だったのに。やはり体力が落ちてきたと言うことでしょうか?
もう少し快復したら、「第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅」母の変化について書きます。

そのあと、来週土曜にさいたま芸術劇場大ホールで上演されるモリエール作「病は気から」の芝居参加についても。
お楽しみに!


第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 5
前回の記事に、質問をいただいた。
「敷金、礼金」って? 
更新時に入居金から礼金、敷金を差し引くということ?

かつて「有料老人ホーム」の建築費や設備投資費用に、「入居金」を当て込んでいたところが多かったのは事実だろう。
この「入居金」数百万~数千万の一部が、悲しくも入居時に初期償却になったり、その後も約10年くらいで段々償却され、ゼロになってしまう。「入居金」はそんなイメージだ。

家を売り、資金を作って思い切って入ったものの、満足が得られず他に移る……という場合、償却されたお金は戻ってこない。
そう考えると、二の足を踏んでしまう。

それに比べ、「敷金、礼金」システムは、一般の家やマンション、アパートを借りるのと同じで、入居金は不要。その代わりに、前払いとして1ヶ月?数ヶ月?分の家賃を払う。(礼金は、取られるところもあればないところもある)因みに母の場合は、敷金も礼金もなかった。明朗会計。もし合わなければ、他に移ってもいいんだ!という気安さはありがたい。

地主の家族がすでに入居、もしくは先々入居するかも、というケースで設置されたところがある。母のところもそうで、実際に地主のお母さんがディサービスに通っておられる。他にも見学しているとき、やはり同じようなケースがあった。

身内が入るかも、もしかしたら自分も、となると、南向きの陽当たりのよい場所に造るだろうし、設備に地主が注文をつけることもある??のではなかろうか。当然、そういうところは人気が高い。

サ高住、いつか自分もと思っている。一軒家だと家の中の管理や庭の手入れも大変だ。

いつか? いやそう言えば母の所には、60代の方もおられる。高齢者という括りではなく、ニーズにあわせて、多様なサービス付き住宅。食事の心配不要、掃除も自分の部屋だけ。自分の好きなことに時間をさくために住む部屋。なんと夢ある響き!梅


次回は母の変化について……。

第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 4
サ高住は、資産にゆとりがある人が住む所、そんなイメージがあった。
だから高い入居金が必要なのではないか? 月々の支払いも高額ではないか?
そう思い込んでいた。
私だけでなく、弟たちも。

ところが右肩上がりに増え続ける高齢者のニーズは千差万別。
資産家だけでなく、中間層をどう取り込むかがこの業界で勝ち上がっていく鍵になっているようだ。
だからか入居金が0(ゼロ)のサ高住は、思った以上に多かった。

入居金がゼロだから、月々の費用が高いかというと一概にはいえない。
そういうところ、つまり月々の費用を高めに設定しているサ高住もあるが、妥当な部屋の賃料を提示している方が多いと思う。
ただ交通の利便性と賃料は正比例していることも確かのようだ。

もちろん高額所得者向けに、入居金数千万というところもある。
この入居金、以前は施設毎の計算方法で、毎年、いや毎月減っていき、そこで生活し続ければたった数年で消えてしまった。
義父の場合がそうだった。
ところが今は、不動産の賃貸物件で使われる「敷金・礼金」システムにかわってきた。

それでも昔ながらの数千万が10年くらいで消えてなくなる入居金を提示するところもまだある。
が、新しい契約方法を取り入れているサ高住があることを知った。
数千万で得た利権を、相続人?次の世代?へ受け継ぐことができるというシステムだ。

そうは言っても、「数千万」。私ども庶民には遠い遠いお話……。
2018すいせん


第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 3
母の入居している高齢者住宅は、3階建て。
2,3階に居室が9部屋ずつ、各階に皆で食事できる広い共有スペースがある。
そこには、お茶や珈琲、紅茶なども用意されており、いつでもお湯がポットに入っている。
小さなキッチンもあるので、希望すれば調理もできるらしい。
(各部屋にキッチンはついてない。)
大型テレビもあり、夕食後何人かで同じテレビを観ることもあるようだ。

2018つばき

こうした共有スペースがないサ高住もある。
おそらく「マンション」に近い感覚で設計、運営しているところは、入居者が集まる必要性を感じていないのであろう。

しかし趣味もなく、友だちもいない母には、顔を毎日合わせ挨拶し、雑談できる同年齢くらいの人々が必要と思われた。
だから共有スペースは、必須条件だった。

各部屋に、小さな冷蔵庫とタンス、電動で頭や足の部分が上下するベッドも無償で用意されていた。
見学した他の5箇所にこうした家具はなかった。
テレビ台、タンス、ベッドを有料で貸し出すというサ高住はあったが、各自で用意するのが一般的だ。

なお1階は、ディサービスのスペースになっている。
毎月2度、理学療法士が来て、ディーサービスに参加している人にアドバイスをしてくれている。
そこには、痛い部分を温める機械や、負荷をかけて運動する機械がいくつかあり、高齢者ジムのようだ。
部屋の一隅には、カーテンで仕切るベッドルームもあり、疲れたらそこで横になれるのだという。





第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 2 
サービス付き高齢者住宅(サ高住)

この「サービス」にも、大きな差があった。
基本的には、玄関での客対応、宅配便や郵便物の受け取りや公共の場所の掃除などらしい。
しかし施設によっては、週に2度希望者をショッピングセンターへ送迎、月1度は個人的に送迎するというサービスをうたっているところもあった。

母の入居しているサ高住は、実にきめ細やかだ。
例えばお風呂……
サ高住は、自宅のような住まいが売り文句なので、部屋にお風呂があるところが多い。
しかし高齢者にお風呂の管理は難しい。事故も心配だ。

そういうことも関係しているのか、はたまた居室を広々とするためか、最近建てられたサ高住は、共同の風呂を置き、部屋風呂をなくす傾向にあるようだ。母の所も、9人で1つのお風呂を共同で使うようになっている。9人が個々に入る。お湯はそのたびに抜き替える。この準備や後片付けをスタッフが全てやってくれている。

脱衣所も浴室も広々としており、暖房が効き、手すりはもちろんのこと、縁に腰をかけてから湯船に浸かれるよう設計されている。
入居者は、入りたい時間をボードで示しておけば、お湯をはって呼びにまできてくれる。

スタッフは大変だろうが、入居者の安否確認や健康管理もできるわけだ。

このスタッフが夜間はいないサ高住が多い。
朝8時から夕方6時?7時?までは常駐するが、夜間はセコムなどセキュリティ会社と提携しているパターン。
人件費が高くつくので致し方ないのだろうが、入居者は不安だろう。

母のサ高住は、夜間も一人居てくれる。
これは大きな魅力だ。

サービスの話、次回も……。
1月の雪2


第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 1 
話が戻ります。初めて訪問された方は、11月12日までをご覧下さい。

「サービス付き高齢者住宅」(サ高住)と、一口で括れないことが、あちこち見学するにつれて分かってきた。
基本としては、自立できる人たちが、自宅と同じような環境で過ごす施設。
例えば、部屋にトイレや洗面台があるのは最低限、キッチン、お風呂もしくはシャーワルームがあるところが多い。

部屋に鍵をかけ、現金や通帳、貴金属なども自己管理。
出入りは自由だが、玄関のセキュリティは今時のマンションのように厳しい。
例えば、暗証番号を入り口で押したり、鍵をかざさないとドアは開かないなど。

部屋の賃料の他に、光熱費、サービス料、食費が必要だ。
光熱費は、賃料の込みのところもあれば、一部屋ごとにメーターがついており、別請求のところもある。

食事は、1食毎に選べる。例えば、夜だけも可能。
食事提供の費用削減のため、他の系列施設と共同で一括して食事を作り、それを運んできてレンジで温めて出すシステムのところでは、朝ご飯は各自でということになっていた。

またパンフレットやインターネット上では、食事提供可となっていたが、実際は弁当を部屋に配るだけというところもあった。そこは空室が多く、倒産目前という印象を受けた。

居住する建物の中に広い調理室を完備し、三食とも賄っているところは人気が高い。
実際、3食賄い付きの駅や病院に近く、陽当たりも良い某サービス付き高齢者住宅は、満室で順番待ちだった。

幸い、母が入居できたサ高住にも厨房があり、三食手作りの料理を温かい状態でいただけている。
1月の雪