FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ノゾエ演出のゴールドワークショップ 7
パクリは、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を踏まえた『民衆の歌』も

戦う者の歌が聞こえるか?  
鼓動があのドラムと 響き合えば
新たに熱い 命が始まる
明日が来たとき そうさ明日が

ノゾエ氏はこれを下記のように……

お医者様たちの歌が聞こえるか?
鼓動があのドラムと響き合えば
新たに熱い治療が始まる
明日が来たとき、そうさ明日が

途中だけ抜くと……。(左が元、右が今回)

砦の向こうに 世界がある → 手術の向こうに世界がある
戦え それが自由への道  → 闘え それが健康の道

劇中、5つの歌があり、どれも生演奏付き。
演奏するのは、やはり参加した高齢者メンバーたち。
ピアノはもちろんのこと、バイオリン、コントラバス、ギター、クラリネット、フルート、サックスなどなど、皆さん多彩。しかもプロ並み。

ダンスのグループは、結構アップテンポの「ダンシングヒーロ-」(荻野目洋子)を踊りきった。

私は歌のグループで、アルトを担当し、ハーモニーを響かせ合う楽しさを久々に堪能。
新聞記事
今日(3月23日)の朝日新聞夕刊に掲載されていた


スポンサーサイト



ノゾエ演出のゴールドワークショップ 6
パクリ……こんな風に

2012年トム・フーパー監督のミュージカル映画『レ・ミゼラブル』冒頭シーン。
腰まで水に浸かり、雨風に打たれながら、大勢の囚人達が太い綱を引きながら歌う。

        
         下向け 目を合わすな 
         下向け 死ぬまでここか 
         地獄だ 陽が焼け付く 
         下向け くたばるまで
                    
この歌詞を、ノゾエ氏は下記のようにかえた。
男達は、舞台の奥から大きなベッドをロープで引っ張り出しながら歌う。
   あお向け あお向け 目を閉じるな 
          あお向け あお向け 死ぬまでここか
          あお向け あお向け くたばるまで
          あお向け あお向け ああ床ずれ 

「レ・ミゼラブル」の映画では、ジャンバルジャンとジャベールが歌でやり合うところを、ノゾエ氏はセリフに置き換えた。
        ……ヤツをここへ呼べ24653 
         よく聞け 仮出獄だ 意味は分かるか? 
         自由なのか? 
         違う ただ許可証をやるだけだ 
           …………
         俺は ジャン・バルジャン 
         俺はジャベール 忘れるなよ 俺の名を24653!
ノゾエ氏演出
        ヤツの姿を見ろ 93602
        よく聞け あなたは健康
        病気が治るのか?
        違う もともと健康なのだ
          ……………
        俺の名はアルガン
        私は トット あなたの家政婦
        ボケて私を忘れるなよ 93602(クソロウジン)   
 

雪とローズマリー
3月21日 雪 手前はローズマリーの花
ノゾエ演出のゴールドワークショップ 5
薬と浣腸によって自分の健康は保たれているのだと信じきっている男アルガン。彼は、後妻ベリーにべた惚れ。
前妻との間にできた長女アンジェは、出逢った名も無い若き男性と恋に陥るが、父アルガンは医者の息子に嫁がせようとする。

アンジェは自分の恋を実らせたいと父親に訴えるが、アルガンは医師の息子と結婚するか、尼寺へ行くかのどちらかを選べと迫る。その諍いの中で、アルガンの弟や家政婦が以前から抱いていた不満や疑惑、たとえば「薬と浣腸で健康になるはずがない!薬に頼りすぎている」や「後妻ベリーは、アルガンの遺産を狙っている」などを、アルガンにぶつける。

誰の声にも耳を貸さないアルガンに、家政婦トットは、「アルガン様が死んだふりをしている間に、ベリーがどう出るか見てみませんか?」と持ちかける。

ベリーはアルガンの死に驚喜し、財産を手に入れようとする。それを知ったアルガンの苦悩。
家政婦トットは、娘アンジェならどんな反応を示すか試してみようと、再度アルガンに死んだふりをもちかける。

ベリーと相反して、アンジェは心から悲しみ泣き崩れる。
それを見て、アルガンはアンジェの望む結婚を受け入れることにする。ただし、婿になる男が医者になることを条件として。

そこでアルガンの弟は、「いっそうのこと兄さんが医者になればいいのでは?」と言う。
「医者というのは、口がうまければなれるのだから」と。
アーモンドの花
アーモンドの花。花びらの輪郭が濃いピンク

モリエールの原作は、このあと「医者になる儀式を行う」とあるだけだが、ノゾエ氏は、具体的に質疑応答という形で「医者になる資格を与える儀式」を入れた。

さらにノゾエ氏の演出は、この原作に、ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」で使われた場面や歌を重ねた。ノゾエ氏自身が「これ、パクりです」と言っている。


ノゾエ演出のゴールドワークショップ 4
1673年にモリエールが書いた『病は気から』は、3幕ものの喜劇。主な登場人物は下記の通り。鈴木力衛訳、岩波文庫による。
( )の中の名前は、ノゾエ氏の脚色。
アルガン          自分は病気と信じ込んでいる男
ベリーヌ(ベリー)     アルガンの後妻
アンジェリック(アンジェ) アルガンの娘
ルイゾン(ルイジ)     アルガンの末娘
ぺラルド           アルガンの弟
クレアント          アンジェリック(アンジェ) の恋人
トーマ・ディアフォウリュス アンジェリック(アンジェ) を恋する医師の息子
ピュルゴン氏(ピュルル)  アルガンの主治医
トワネット(トット)       家政婦

われら素人役者たちが演じたのは、アルガン、ベリー、アンジェ、トットの4役。
今回、ノゾエ氏は参加者全員にセリフをふったので、アルガンはじめ、どの役も数十人ずつ存在することになる。
3幕を4場面に分け、場面ごとに割り振る。つまり私が出た4場面にも、アルガンやベリー、アンジェ、トットが20人ほどずついる。

「お父さん、ありがとう」
など、とっても短いセリフの人から、2~3行に渡るセリフを言う人もいた。

私の役は強欲でずる賢い後妻のベリー。セリフは、
「この人が隠していた手形や金(キン)を手に入れなきゃ!」というもの。

稽古中に、突然ノゾエ氏が、
「セリフの前後に、イシシシ……と笑いを入れて!」
と言った。
「イシシシ?」
そんな笑いある?

終わった今になって、
『あぁそうだ、これは喜劇だから、イシシシ……なんだ』
と気づいた。
しかし根がまじめな私は、「イシシシ……」とは笑えなかった。
不自然でなく笑おうとすると、どうしても嫌らしく欲の皮を突っ張らかした「イヒヒヒ……」になってしまう。
それでもノゾエ氏からダメ出しがでないので、これを押し通した。
だけど、狙いは不自然極まりない「イシシシ……」で笑いをとれ!ということだったのだろうなぁ。

「月組」(私は(太陽組)の私のセリフを言ったダブルキャストは、セリフの前後で全く笑わなかった。
通し稽古に入ってから渡された台本にも、「イシシシ」はない。

だとしたら、あぁ~笑いを狙った「イシシシ」にチャレンジするべきだった!
だけど、悪女として格好よく演じたい私の欲が、それを邪魔してしまった。

話の全容は、次回かいつまんで……
2018モリエール舞台稽古2

三角巾を付けて座っている人は、家政婦トット役。
真ん中に集まっているのは、娘役アンジェの皆さん。


ノゾエ演出のゴールドワークショップ 3
寸前までオドオドしておられたそのご婦人の演技は、突然役者魂に灯がともったようだった。
どこからそんな野太い声が出るの?
恥ずかしい、逃げ帰りたい? えぇ?
度肝を抜かれたというのは、あぁいうのを言うのだろうなぁ。
「下手に演技なさったら」なんて言わなくて良かったぁ!と密かに胸をなで下ろした。

皆、素人。いや中には、どこぞかの事務所と契約し、エキストラやコマーシャルでテレビに出ている人もいると聞いた。
それでもほとんどの方は、照れや恥じらいがセリフを言うだけなのに出てしまう。

すると、すかさずノゾエ氏は
「今までの人生で一番悔しかったときのことを思い出し、ぶつけてみましょう。」
と、声をかける。

そう、ここに集まった人々は人生の山や谷を幾つも越えてきている。
辛い、悔しい、腹立たしい、憎たらしい、そんな思いや逆に、嬉しかったこと、感動した出会いやできごとをいくつもお持ちだ。
人生の引き出しをまさぐれば、そこかしこからこぼれ落ちる。

回を重ねるにつれ、めきめき感情移入した演技に変わっていく。
特に男性たちの上達がめざましい。
「あなた、本当に素人さん?」と確認したくなるほどだ。

私のセリフ、役どころは…… 
2018モリエール舞台稽古
舞台稽古。舞台上に椅子が並べられ、観客と対峙する設定。真ん中には巨大なベッド。






ノゾエ演出のゴールドワークショップ 2
秋に開催された説明会に、行かなかった。
「説明会に参加しなくても問題ない。後ほど内容は書類で送る」と書いてあった。

1月に入り、稽古のときに、参加した人の話を聞いてみたら、主催者の想定を超える人数が集まったらしい。
そこで「今回参加しなくても、次回もあるかも(かもがミソで、無いかもしれない)ですし、まして、稽古は正月明けから一番寒い2月末までなので、無理しないで!」と、集まった人たちのテンションを下げる戦法に出たらしい。
それならと、結局残ったのは約700人。

2016年は2千人。
あの人数をさばくため稽古を4~6グループに分け、全体稽古は、巨大体育館を借り切り、最寄りの駅からは臨時バスまで走らせて対応した。それをサポートした財団法人や県の職員の延べ人数はいかばかりか?

そこで今回は700人を2つ(「太陽」と「月」)のグループに分け、同じ芝居をキャストをかえて上演することにした。
350人なら、すべての稽古をさいたま芸術劇場の稽古場や大ホールでこなせる。

シーン毎の稽古なので、踊りグループや楽器グループがどんな芝居や稽古をしているのか、全体稽古までまるで分からない。
私は「太陽の歌グループ」。
掲示板

稽古が始まった。1回約2時間半から3時間。
身体や顔全体のストレッチを入念にしたあと、発声練習とおもいきや「ハレルヤ」を半音ずつ上げていく。
さすがに「歌」志望で集まった人たち。不協和音は聞こえてこない。有名な役者たちが汗を流し、涙した稽古場に私たち素人おばさん、おじさん、いやおばあさん、おじいさんのお腹から発する大きな声が響き渡る。
何層にも重なった想像に自分の声を重ねる贅沢な時間。

さぁノゾエ氏を迎え、早速セリフの稽古だ。
順番にセリフを突然あてがわれ、前に出て言う。

隣の女性が戸惑っている。
「えぇ?セリフがあるなんて知らなかった。歌うだけでの参加だと思っていたのに、困ったわ。恥ずかしいわ。」
オロオロしておられる。
かなりご年配にお見受けした。お気の毒だ。
ならば「小さな声で下手におっしゃれば、きっとセリフ無しになりますよ」と助言しようかしら?

案じている間に、順番が来た。


カーテン
サ高住に住む母のお気に入りのカーテン





ノゾエ演出のゴールドワークショップ 1
2016年秋に、埼玉スーパーアリーナで上演された『1万人のゴールドシアター2016 金色交響曲』。
故蜷川幸雄氏が企画していた60歳以上の素人役者たちによるロミオとジュリエットをベースにした大衆劇だ。ノゾエ氏が、その遺志を継ぎ、約2千人を総動員して上演した。

そこに私も、群衆のひとりとして参加させてもらった。
fc2blog_2016102210492129b.jpg

『1万人のゴールドシアター2016』、「2016」と明示しているのだから、「2017」もあるのではと参加した多くの人々は期待した。
ところが本家本元のゴールドシアターのメンバーに聞いても、
「2017年はすでに予定がぎっしりで忙しく、皆さんと何かを演じる暇はないだろう」とつれないお返事。

かくして2017年は、何もなく終わるのかと思っていたら、昨年の秋、「2017年度」の企画として、2018年2月24.25日にさいたま芸術劇場で、モリエール作『病は気から』をやはりノゾエ氏演出のもと上演すると連絡が入った。

『1万人のゴールドシアター2016 金色交響曲』に出た人だけに参加権があり、正月明けの5日から練習が始まるのだという。
応募用紙には、何ができるか○を付けろとある。
1 楽器   2 踊り  3 歌  4 特になし

私は無能だから、4だなぁと思いつつも、少し合唱をかじっていたので3に○を付けポストに投函した。






第二、第三の人生 サービス付き高齢者住宅 10
前にも書いたが、1階にディーサービスフロアがある。
そこに週3回、2階の自室から降りていき、夕方まで過ごす。

一緒に生活している人もいれば、外から通ってくる利用者もいる。
みんなで卓球やカラオケをしたり、散歩に出かけたり、料理も。

サ高住に入るまでは、病院通いか、スーパーやデパート巡りばかり。
誰かと話すのは、家人か病院の待合室で隣り合った人ぐらい。

「私はまだ若い」と言ってみたり、「こんな年寄りだから」と、弱気になったり。
ところがサ高住に入ってみたら、同年齢の方々や90歳を越えている人が、元気に活動をしている。

異性から、笑顔を向けられることや手を挙げて、「じゃぁ、また明日ね!」と声をかけられることは、半世紀間無かったのだろう。
それだけでもドキドキなのに、「向かいの男性に、手を握られた。恥ずかしい。明日からどんな顔をすればいいの?何を言えばいいの?」と、電話がかかってくる。

「明日は、何を着ていこうか、スカーフはどれがいいだろうか?」
「新しい洋服が欲しい。」

わぁ~、母に春の風が吹いてきたぁ!

窓
手作り小屋に窓がつきました。廃材利用なので、ガラスのサイズも色々です。