FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
自分との闘い? 5
漢字の先生に、この「舞」一字のみで習字は終わりとしたいのだと、率直に申しあげたら、快く引き受けていただけた。
そして翌々週うかがうと、お手本を用意してくださっていた。
その場では書いていただけず、
「二週間後、5枚書いていらっしゃい」
と。
ただ、こうもおっしゃった。
「墨は青墨か薄墨がいいわね。安い墨や濃いのはダメよ。私は3万の墨を使っているわ。」

3万……万?しかも3万? 気持ちが冷めていく~。
「紙も安いのはねぇ」ともおっしゃった。

ただありがたいことに、太い筆を貸して下さった。

お手本を渡されただけで、その場で書いてみせていただけなかったので、お手本から、筆使いを探るしかない。
書 点

ところが、最初の点ひとつ、筆の入れ方が分からない。何百回書いても、同じ形にならず、にじみもうまく出ない。
たかが「点」、なのに掴めない。

「自分との闘い?」なんとたいそうな題!とお思いでは?
いやぁ、決して大袈裟ではない。
苦悩というか、まさに苦しい闘いそのものだ。



スポンサーサイト



自分との闘い? 4
卒業制作と称して、拙宅の床の間用に1枚書き上げ、終わりにすればよかったものを、つい
「リビングにかけるタペストリーを『舞』という1字を崩してアート的に、金粉などを散らして仕上げてみたいのですが、どうでしょうか?」
と先生におたずねしてみた。
ネットで検索した、下記のような字で書くのも面白いかと思いついたのだ。
舞1 舞2

すると、翌週の稽古で、
「漢字の先生を紹介してあげるから、その先生に習って。もう電話して了承を得ているので大丈夫よ」
とおっしゃるではないか!

えぇ~??
まさかそんな展開になろうとは……。

もう電話で話をつけている?
ならば、「じゃぁ、やめます」などと、軽く言えないではないか。

指定された日時に、その先生のご自宅へ向かう。
ドキドキ……。
自分との闘い? 3
「読売書法展」や「毎日書道展」という大会をご存じだろうか?
冠してある名をもつ新聞社がそれぞれ後援している全国規模の書道展覧会だ。
応募するお弟子さんたちは、初秋にまず書く題材を決め、次にどんな字を入れて作品を仕上げるか考え始める。
寒い冬を越え、春を迎え、蛙の鳴き声が聞こえる頃は、教室の空気がピンとはり、息を凝らして黙々と和紙に向かう。

下手な私にも「参加しませんか?」と、声を掛けてくださったことがある。
他のお弟子さんを誘ったついでだったのだろう、と思っている。
まともに自分の名前すら筆で書けないのに、展覧会に出品などあり得ない。
もし腕があがったとしても、そういう展示会に参加する気持ちは全く無かった。

同じ手本を半年以上も書き続ける、その根気が私にはない。
入賞を意識して書く……というのは、書を習いたいという私の初心から大きくはずれる。
先生の師匠にも稽古をつけてもらわなくてはならないとか、合宿に参加して、と聞いただけで、物怖じしてしまう。

「道」がつく世界は、お金がかかるということが、この展覧会一つとってもよく分かる。
まず応募するのに数千円、お手本代を先生の師匠に書いてもらうと数千円から万札が出ることも、和紙の値段は普通の半紙サイズではなく、二六やニハと呼ばれる大きなサイズなので、1枚数百円から数千円。
たった一枚の値段が、それだ。
うっかり墨を落とせば、書く前にパア~。
最初の一筆で、失敗! 逆に最後の一字がダメでもアウト。
こんな恐ろしい世界には絶対身をおかない、いやおけない。
そう思っていたのに……。
展覧会に出すわけじゃないが、まさか片足を突っ込むことになろうとは……トホホ。
パンジー



自分との闘い? 2
あまりの悪筆をなんとかしたいと、書道教室の門を叩いたのが十数年前。仕事を続けているときは、ご近所さんのよしみで、稽古の時間など随分優遇してもらっていた。飽きっぽい私が、長く続けられたのも先生のお人柄ゆえ。

書道の先生には、漢字系と仮名系があることを入門してから知った。教えていただいた先生は、いわゆる「仮名」がご専門だったが、若い頃は漢字の師に教えを請うていたという。

漢字も仮名も実に丁寧に、根気強く教えて下さった。
なのに、ひどい弟子で、
下手なくせに家での練習はほとんどしない。
先生が所属しておられる会の通信学習(2ヶ月に1度送られてくる冊子に掲載された手本を見ながら、清書した作品を協会へ送ると、仮名、漢字など分野ごとに、昇級審査を受けることができる)も、途中でやめてしまった。
市の文化展への出品もこの数年はしていない。
稽古も、なんだかんだと理由をつけて、数ヶ月単位で休会する。

これではいくらご近所さんで「書道」抜きで懇意にしてきた仲といえども、愛想が尽きよう……。
そこで、最後に好きな言葉で作品を作り教室を卒業させていただくことにした。

拙宅の床の間に飾るために
「いつも心に花を」
と書いた。
ここまでは良かった。
これで終わりにしておけばよいものを、ちょっと欲が出た。
あぁ、それが苦悩の始まりになるとは……。
多肉
多肉植物

自分との闘い? 1
この2ヶ月ほど、今まで味わったことの無い苦悩に向き合っている。
発端は、私自身の思いつきで、口にした言葉。

そんなことは、今までにもよくあった。
昔から、色々やってみたいこと、知りたいこと、出かけたい所、見たいもの、ともかく興味、関心事は尽きない。
しかし、長年生きてくれば、自分の才?技倆?キャパシティ?などなどの限界というものが見えてくる。
だからいつも限界が見えたかな?と思うと、いや見えないまでも適当なところで、「はい、ここまで。やめよう!」と終わりにしてきた。
または、不完全さを甘んじて「完成」とごまかしてきた。

ところが今回は、そうはいかない。
すべては身から出たさび、自業自得。
投げ出しては、いい加減でかたづければ、ある人の顔をつぶすことになる。
だから、やるしかない。

苦しい。それは……。
チューリップ

東松山市にある丘の上のカフェ&ガーデン
ここは軽井沢?と見まがう広大な敷地に木々や花々が……癒やしだわぁ~



ノゾエ氏演出のゴールドワークショップ 10 ラスト
当日の朝、本番前の確認稽古でのこと。

例の
「ピュルル先生のピュルル先生による……」
と言う人が、なんと!
「ピュルルルルルルル先生のピュルルルルルルル先生によるピュルルルルルルルルルルルルル先生のための」
と、チョ~張り切っていつも以上に舌を巻きに巻いた。

すると、ノゾエ氏が慌てふためきストップをかけた。
「わぁ~素人ってこれだから恐い。いやぁ、午前中に稽古を入れて良かったぁ」
ここでノゾエ氏は大きく息を吐き、引き締まった声で、
「良いですかぁ、皆さん、ゲネプロ(リハ)段階での変更は御法度です! 今までの稽古通りにやらなきゃいけないんです。これは絶対命令です!」と。

本番中、ノゾエ氏は客席の後方真ん中に立ち続け、歌や演奏が入ると指揮を振り、他の人のセリフをすっ飛ばす人が出ると、「ストップ!まだあなたの順番じゃないですよ。はい先ほどの人からやり直して!」と、マイクを通してだめ出しを入れる。

むろん、それは観客にうけ爆笑の嵐となった。
まぁ喜劇ですからねぇ。
まてよ、ノゾエ氏はその笑いも狙っていた、のか?……。(終)
台本
台本

ノゾエ演出のゴールドワークショップ 9
そうそう、本番の話の前に……。
前日、午前中に太陽組が、午後からは月組がリハーサルを行った。当然舞台上にいると、芝居全体がつかめない。
そこで、それぞれのリハを観てもよいと許可が下りた。

私のセリフは
「イシシシ(笑)この人が隠してた手形や金を手に入れなきゃ。イシシシ(笑)」。
同じ台本、ダブルキャストは私の役をどう演じるのか興味津々だ。
ところが、月組の人は、笑いも入れずサラッと言っただけ。あっけなかった。
えっ? 笑い、無し?
しかもほとんど動かずに。
私は、というと、舞台中央に置かれた巨大ベッドのど真ん中で不敵な笑いをぶちかました。

後から聞いた話だと、月組には「セリフは台本に忠実に!」と、ノゾエ氏は求めたとか。
一方、太陽組には、例えば
「ピュルル先生のピュルル先生によるピュルル先生のための……」では、
「ピュルルルルルルルル……先生のための、とここは巻き舌にして」と、
また、アルガンが厳めしく怒り狂い「馬鹿野郎」と吐き捨てるセリフなのに、
「馬鹿野郎!の後に、このウンコ!、を付けて」とも。
はぁ?ウンコ?何故ここでウンコ?と驚くような注文まで付けている。

前日の月組リハ見学で、誰もが触発された。むろん良い意味でも悪い意味でも、だ。
3時の花つぼみ
名前は? 通称「三時の花」
ピンクのつぼみが三時になると、このように黄色い花に!
3時の花


ノゾエ演出のゴールドワークショップ 8
何だかんだと気ぜわしい毎日で、すっかりご無沙汰してしまいました。中途半端なままですみませんでした。このシリーズを終わりにしなきゃ!ですね。では……

今回は「ワークショップ」と銘打っており、まぁ公開稽古のようなもの。チケットも販売しておらず、応募者のうち抽選で50名に招待券が配られるスタイル。(大手新聞に応募方法が掲載されていた)

素人に稽古をつけ、2ヶ月に満たない短期間で仕上げた?今回の芝居。

前にも書いたが、不得意であろうが、嫌々だろうが全員にセリフがある。テンポ良く続けなきゃならないところで、うっかり間を空けると、プロ?セミプロ?の若い役者がセリフを言ってしまう。

前日のリハーサル中ですら、
「あっ私のセリフだったのに、言われちゃった!」と戸惑う人や、まだ出番じゃないのに、すっ飛ばして自分のセリフを言う人も。しかも舞台上に台本を握りしめて立っている数だって数人どころじゃない。
「明日が本番だけど大丈夫だろうか??」と私たちは密かにささやきあった。

かくして不安なまま、当日を迎えた。
もも 2018
満開の桃