FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
自分との闘い? 11
「自分との闘い」 なんと大袈裟なタイトル。

でも本当なんですよ。
何度も何度も投げ出してしまいたい自分を叱咤激励。
褒めるのもけなすのも、いさめるのも、私自身。
自分の人生を振り返っても、これほど自分と闘った記憶はない。
興味あること、自らやりたいこと、達成したいことなら、何時間でも取り組めるのに。
芸術的な大根
芸術的な大根

『あれれ? 何だか書けそうじゃない?』
と、真っ白な和紙に筆をいれ、
『おぉ、良い感じ!』
と進めていると、突然ガチャンとドアが開く音に、緊張が一気に抜け筆がとまる。
『おぉい、ご飯はまだか?』
の声が、邪魔するときもある。
母からの容赦ない電話コールも……。

いやいや人様のせいにしてはいけませぬ。
誰にも邪魔されずとも、筆が思わぬ方向へ動いたり、何故か手が揺れ、線が乱れたり。
かすれてほしいところで、筆に染み込ませた墨を反故紙で取り過ぎ、せっかくそこまでうまく書けたのに、ダメになったり。


スポンサーサイト
自分との闘い? 10
すっかりご無沙汰してしまい申し訳ございませんでした。
昨日、多肉植物やハーブ・いちごの苗などの販売や南米音楽演奏のプチイベントを開催しました。
IMG_5749.jpg

バンド切り抜きIMG_5756

IMG_5752.jpg

その準備で、この数週間バタバタ。
前にもご案内しましたように、友だち夫婦と4人で企画、運営のイベントでした。
天気にも恵まれ、ワイワイと楽しい「とき」をすごすことができました。
詳細は、下記のgooブログ「大人の手作り遊び」をご覧下さい。
https://blog.goo.ne.jp/saidorakuen

ところで、苦悩の書、
毎日毎日、1時間かけて墨をすり、チェロやピアノ、ギターの癒やしのBGMを流しながら書き込んでいると、お手本の真似から少し離脱している自分にふと気づくこともあり……。ちょっと明るい先が見えてきたような??



自分との闘い? 9
何度白旗をあげようと思ったことか。
お手本の字がうらめしい。
書けないのだ。

思い起こせば……この十数年、稽古のたびに、
「筆をトメルときは、お尻をペタンとつけない」
「縦線を跳ねるときは、一度筆を少し軽くあげ、角度を変え跳ねる」
「墨が枯れても、バーコードのようになっちゃねぇみっともないわね」
「連綿線なのだから、それを意識して」
「仮名書は、和歌の意味に関係なく、字面の流れの美しさを出す」
「次の字につながるように筆を運ぶ」
書き出したら、次から次へと思い出す。
優しく教えて下さる仮名の先生の声が今でも聞こえてくる。
同じ注意を、何百回、何千回聞いたことか。

自分の才というよりも、学習能力の無さ、センスの無さを実感し続けた10数年だった。
まず「芸術的センス」が自分には無い。
いくら真似ても、それは真似にしかすぎず、「書」という芸術には開花しない。
そう悟り、終わりにしようとしたはずなのに、
愚かにも、自ら「卒業制作」などと言い出してしまい……。

お知らせ

多肉植物
gooブログから
大人の手作り遊び(左のタイトル青字のところをクリック、または右のバーにあるリンクからはいってください)というブログを新しく始めました。

友だち夫婦と4人での取り組みを紹介しています。
記事を書くのは、専ら、妻たちの仕事になりそうですが。

自分との闘い? 8
和紙は、120枚分用意した。(池袋に和紙専門店があり、10枚ずつならと売ってくれた)

裏表、上下と書く。
薄い墨で書いた和紙を乾かし、その上から濃い墨で書く。

ともかく書きに書いた。

すべては真似ることから始まるはず。
手本を見て書くのはもちろんのこと、濡れていない筆で手本をなぞり自分の腕に覚え込ませる。
そして真っ白な和紙に向かう。

書ける! 書けるに違いない! 書けるはず!
そう自己暗示にかけて筆を下ろす。

あぁ~それなのに……

よし、今度こそ!
神よ、助けたまえ。
無意識にも祈っている。

私は偶然に期待している。いや必然でなければならぬ。
積んであった和紙が減っていく……。
書けな~い!
ネギ
1本ネギを植えました。この細く弱々しいネギの苗が太いネギに育つのだろうか?
わらを根元にかけてやり、その上から軽く土を。



自分との闘い? 7
「もっと太く書かなきゃ! 筆はたっぷり墨を含ませたら硯の上で広げ、その幅を活かして、ねかせて書くのよ!」

「ねかせて」、確かにそうおっしゃった。
仮名書きと漢字は書き方からして違う、とは思いもしなかった。
「ササッと、素早く。1字だけなら5秒よ」とも。

今回は、筆の入れ方など、実際に書いて見せて下さった。
実に速い。力を入れ、筆を払うと、和紙が破れるほど。

「紙は何枚でもあると思って、大胆にともかく速く、思い切って! 私の流派はこうなのよ。」

IMG_5522.jpg

「墨の色は良いわねぇ。」と褒めてくださった。
3万の墨はとても買えない。今まで使っていた5千円で買った墨。でも確か半額セールで買ったので1万のはず。

その後の言葉にもびっくり。
「私は、自分ではすらないのよ。墨汁を買うの。」

家での練習に、1時間かけてすった墨をペットボトルに溜め込み使っているのだが、そのまま使うと、10枚も書けば無くなる。
先生の5秒ほど速く書けないが、それでも10分と持たない。
そこで、すった墨を硯にいれ、そこに水を3倍ほど増して薄めた状態で、まず反故にした和紙で何度も書く。
上下逆にしたり、裏も、空いている空間があれば、書く。
そうして、よし、そろそろ清書できるかな?と思った頃、本来の濃さの墨で書く。

とても仮名の先生には言えないが、10年ほどかけて減った墨と同じ量をこの1ヶ月ほどで使った。
いかに書き込んだか? いやいや、いかにこの10数年さぼっていたか!

自分との闘い? 6
お手本の「点」の周りに、墨が跳ねた跡。おそらくかなりの勢いでしかも逆筆で書いたものと思われる。
筆にたっぷり、滴るほど墨を含ませ、和紙に置く。
しかし大きな点にならない。

横線や縦線も、お手本のような太い線が出ない。
まさか側筆?
そんなことはあるまい。
今まで、側筆で書くたびに、仮名の先生から「筆は立てて、ねかせて書いてはダメよ」と教えられてきている。

書 

この横線にも勢いを感じる。
しかし、仮名の先生は、「ゆっくりと筆を操るのよ」「早く書いてはダメ」とおっしゃった。

お手本のような線が出ない。男気を感じさせる強さの中に色気がにじむ線。
書けない。何本書いても、この太さと味わいを表現できない。
裏表、白いところがなくなるほど書き込んでも、思うような線にならない。
指定された日、納得できぬ不完全な作品のまま、稽古に赴いた。

すると、耳を疑うお言葉が……。
ええぇ?????