FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
アメリカ個人旅行 16 サウスリムヤバパイ
ここには色々なロッジやホテルが点在している。
たまたまヤバパイロッジに空きがあり、朝食も付いて、270ドルくらい。もちろん一部屋の値段で、ダブルツインベッドだから4人泊まれる。
部屋は広く、窓から森が見えなかなか居心地は良いのだが、バスルームに張り紙と5分間の砂時計が。
人は平均シャワーを7分ほど使うが、この砂時計がまだ残っていれば、環境保護に協力したことになる、と。
確かに大事だと思うが、プレッシャーだ!
荷物を置き、散策に出かける。

シャトルバスの終点に、こんな建物が。

石を積み重ねた柱。
中には大きな暖炉。

平坦な道を渓谷を見ながらよく歩き、夕食はサンセットポイントで、夕陽を見ながらピザを食べようと、焼きたてのピザを抱えてシャトルバスに乗る。

スポンサーサイト



アメリカ個人旅行 17 サンディエゴ
サウスリムから1時間半、フラッグスタッフ空港に到着。レンタカーの鍵を空港内のカウンターへ返して終わり。簡単なものだ。
砂利道も走ったし、うっかりウインカーと間違えてワイパーを何度も動かしフロントガラスに傷をつけたと思うのだけど。傷のチェックは全く無し。
レンタカーの運転で一度だけ左車線を走ったことがあった。ホテルを出て左折した時だ。ハンドルを握っていた夫が、何度も「怖かった!危なかった!」と言う。正面からやって来る車も左右に揺れていたから、相手も慌てたに違いない。

小さな空港。チェックインカウンターで、ロサンゼルス空港での到着ゲートや乗り換え乗り換えるサンディエゴへの出発ゲートも調べてもらい、一安心。ところが、預け荷物2つで追加料金50ドルを請求された。国内線では取られるらしい。
サンディエゴの街はロサンゼルスから車で約2時間。ちょうど土日だったので、息子たちも合流することに。おかげで美味しいものが食べられた。

アメリカ個人旅行  15  サウスリム
モニュメントバレーからグランドキャニオンサウスリムへ、またまた3時間のドライブ。
景色がニュージーランドのように変化に富み、樹木や川、滝、湖、それに羊やらの動物がいれば、楽しいのだけれど、ここアメリカはあまりに単調すぎる。
グランドキャニオンサウスリムのゲートから中のビレッジまでは小一時間。しかしその辺りからは、背の高い樹木が豊かになってきた。リスもいれば、馬?鹿?ラバ?の親子も。

ザイオンやブライス、モニュメントバレー、どれも違う壮大なスケール。

崖沿いに歩道があり、無料シャトルバスで乗り降りしながら、ビューポイントを回る。下まで降りるルートもあるけど、私にはとても無理!

アメリカ個人旅行  14  モニュメントバレー

数々の西部劇が撮影された?いや今も、というモニュメントバレー。
公園の中には一軒しかホテルがない。

ロビーの暖炉。ナバホ族のアートがあちこちに。

半年以上前から予約で埋まると聞いたが、直接ホテルのサイトから入ると、たまたまその日に空きがありラッキー! 
全ての部屋がバレー側に向き、テラスにはイスやテーブルが用意されている。

ホテルのレストラン。予想よりずっと安価。ナバホ族の料理。オーガニックだそうで、味は自分でつける。

深夜12時、星が「ほら、今夜見なきゃ、いつ見るの?」と、起こしてくれた。そっと音を立てないようにテラスへ出る。
眠り込む全ての生き物に満天の星が祝福の光を放つ。
部屋からは朝日が見える。それも見逃すわけにはいかない。午前5時、空の色が変わり始めた。

もちろん前日の夕陽も見た。車でモニュメントバレーの中を走る。赤い砂が雪のように積もっており、深みに入ると車輪が空回りして抜けられなくなる。
だから安全のためツアーに参加する人が多いらしい。ジープで砂嵐を巻き上げながら走る姿が見える。
私たちは、夕陽を見たさに遅い時間になってから出かけたので、観光客はほとんどいない。

アメリカ個人旅行  13  アンティローブ
ページという街に泊まり、翌朝11時半に予約しておいたアンティローブのツアーへ。ここは12時前後に光のビームが美しく見えるということで、半年前からこの時間帯は早々と予約で埋まるとか。
そんなに人気が高いことやツアーでないと入れないとも知らず呑気に構えていた。

こんなところに、営業所があるというが、一体どこに?
日本を出発する2週間前にネット予約しようと試みたら、やはり売り切れ。残っている時間帯は早朝6時半や夜8時頃。
参ったなぁと思っていたら、新しく発見した場所で営業を始めたツアーがありそこなら正午前後もまだ余裕があるし、親切だと息子たちが教えてくれた。
新しく営業を始めた、これは分かる。
新しく発見した場合?どういうこと?
荒地の中にコンテナのような建物ひとつ。そこで名前を告げると、「11時に間に合うから、早くその車に乗れ」という。
ガタガタ道をゆられ、降ること10分くらい。着いた場所には、テントのみ。
そこに集められたメンバーを、またグループ分けし、10数人ずつに1人ガイドが付き、いざ出発。焼け付くほど暑い。

トルコのカッパドキアみたいにあちこちに奇岩や洞窟?のようなところがある。
光による色の変化が面白い。

中から空を撮影。
大手より安く、しかも小人数だったので、丁寧にゆっくり回ってくれ、色々な場所で1人ずつ写真撮影や分かりやすく説明してくれた。
韓国の有名な俳優イ ソジンさんも訪れたと動画を見せてくれた。たまたま私たちが入ったグループは韓国人ばかりのしかも若い人ばかりだったので、私の下手な韓国語と英語でコミュニケーションでき、思い出深いツアーになった。

なかなかのオススメです。業者の名前はアンティローブX(エックス)。ネットで検索し、予約もできますよ。
アメリカ個人旅行  12 ブライスキャニオン
ブライスキャニオン国立公園

トルコのカッパドキアをダイナミックににした感じ。

ザイオン同様、やはりシーズン中はシャトルバスで回る。
途中下車し崖沿いをハイキング。
ザイオンからの道は樹木や川があり、鹿の親子を見かけた。ブライスキャニオンのハイキング途中にもシマリスがチョロチョロと。

泊まったモーテル。
部屋も広く、ベッドもキングサイズのツイン。オーナーが実にフレンドリー。

スイッチカバー
アメリカ個人旅行  11
ザイオン国立公園へまず出かけた。ゲートで一年間アメリカ中の国立公園パスチケットを買う。名前を2人分記入でき、その名前の人が乗っていれば車1台4人だったかな? そのパスで入れる。

80ドル。因みにザイオンは35ドル。国立公園ごとに違うが、3箇所も回れば元が取れる。しかも2人の名前を記入できるので、私と息子の名前を入れ、旅が終われば、彼らに渡す予定。夫の名前にしなかったのは、また渡米するとしたら友達とかな?と思って!

ザイオン国立公園はどうしてこれほどスパッと岩壁が裁断できるのか?と不思議なほどダイナミックなカット。渋滞や自然保護のため無料シャトルバスで回る。
アメリカ個人旅行  10
ロサンゼルスから2時間走っても、周りは砂漠のような荒地、樹木のないつまらない景色が延々と続く。

どこまでも真っ直ぐな道。飽きるよぉ~
アメリカ個人旅行  9
アメリカでは車検という制度がないらしい。だからテールランプが壊れていようが、車体がベコベコに壊れていようが走っている。

カリフォルニアで面白い取り組みを知った。名前はわすれたけれど、この乗り物、とごでも乗り捨て自由だとか。

乗り捨てられたのを使うのもオーケー。GPSで探知して業者が回収するらしい。
その回収、黒人が2台ずつ手で押しながら回収していた。ハイテクのようで、やはり最後は人力かぁ!
アメリカ個人旅行  8
レンタカーは、マンションに一番近いハーツ営業所を予約しておいた。10時発で。
ところが掃除が間に合わないと、1時間も待たされた。 悪いと思ったのか、50ドルも引いてもらえ、ラッキー!
さて、ロサンゼルス市街を無事抜け出せるか?高速道路は無料。でも6車線もある。ナビはつけず、iPhoneのgoogle mapを使う。予め、目的地を全て入力しておけば、なんと日本語でナビしてくれる。GPSを利用する。

ラスベガスに向け4時間半。
カリフォルニアのナンバープレートが筆記体でオシャレ。
アメリカ個人旅行  7
マリブへ車を走らせる。
駐車場でこのシャトルバスに乗り換えワイナリーへ。

到着


赤と白、5種類ずつ10種類のワインを試飲することに。
ここに到着したのは10時過ぎ。お昼近くなると、続々と大きなバッグや紙包みを持ったグループがつめかける。手にしているのは大量のおつまみ。持ち込みokらしい。

各テーブルで大人たちの野外パーティが始まる。生演奏を聴きながらワイン。
客人たちの人種も様々。私たちをふくめアジア系、ヒスパニック、黒人、南米・・・。誰もが極々普通にワインとおしゃべりと自由を満喫している。これぞアメリカ!
そうそう、6月後半なのに肌寒く私は長袖含め3枚重ね。野外ストーブも焚かれていた。なのに肌を露わにしたノースリーブ姿がかなり多いことにはびっくり!
アメリカ個人旅行  6
日本から直行便でロサンゼルスまで9時間。約2年前ニューヨークでの物々しいセキュリティチェックや表情だった職員による冷ややかな空気を今回は感じなかった。
何もない、つまらない街と聞いていたロサンゼルスは、満開のジャカランタの花と人の穏やかな対応で、私たちを和ませる。

ダウンダウンの本屋。本のアーチ?
いくつかある美術館は無料だとか。子供たちはもちろん、心の豊かさを長い目で育てようとする度量の深さを感じる。

アメリカ個人旅行  5
日本から直行便でロサンゼルスまで9時間。約2年前ニューヨークでの物々しいセキュリティチェックや表情だった職員による冷ややかな空気を今回は感じなかった。
何もない、つまらない街と聞いていたロサンゼルスは、満開のジャカランタの花と人の穏やかな対応で、私たちを和ませる。
いくつかある美術館は無料だとか。子供たちはもちろん、心の豊かさを長い目で育てようとする度量の深さを感じる。

アメリカ個人旅行 4
LA空港のゼロ(0)ターミナル、おそらくフラッグスタッフから降り立つ飛行機のサイズからして、タラップでバス移動ということになるのではなかろうか?
もうチケットは予約したわけだし、今あれこれ悩んでも仕方がない。現地で対処するしかない。
そう腹をくくると、朝まで熟睡できた。


国際免許証の話。
アメリカ、オーストラリアの場合、Hertz(ハーツ)レンタカーなら、日本の免許証を翻訳したものを提示すれば貸してもらえる。
ただ、もし現地で警察官に免許証の提示を求められたら連行されるかも……とサイト記事を読んだ。
国際免許証、とらなきゃ!

「おい、国際免許の写真を撮るからシーツ出せ! アイロンかけろ!」と。
背景にするつもりだ。
何度も位置をかえ、シーツ背景に撮った中で、一番まともなのを持って、警察署へ出かけた。

すぐに自分で撮ったことがばれ、
「通らないかもしれませんよ。2~3週間かかりますから、渡米直前ですね。大丈夫ですか?」
と、不安そうに言われた。
背景にシミがあったり、影ができているとアウト。
通らない場合、県の免許センターまで出向けば1日で手に入れることができるそうだ。

無事getできたのが渡米2日前。
あぶない!危ない!
アメリカ個人旅行 3
ストレスは不眠症を招くという。

グランドキャニオンを何百㌔も走ると考えるだけで、ストレス。
それならば疲れが出る後半、サンディエゴまでは飛行機を使おうと、考えたまでは良かった。

どこの空港から飛べるのか? Skyscannerというサイトで世界中の飛行ルート検索ができる。
400㌔走って、フェニックスまで行き、そこからサンディエゴまで直行便で飛ぶか、はたまたサウスリムから近い空港から飛ぶか。

フラッグスタッフという空港まで約100㌔、そこからLA経由でアメリカンエアーが飛んでいることが分かった。
経由だが、サンディエゴに着く時間は、フェニックスから飛ぶより2時間も早く着く。
ナイス選択! と、すぐにアメリカンエアーサイトから予約を入れた。
15:58発、サンディエゴ着が19:19。

やれやれ!と安心していたら、夜中4時にふと目が覚め気になり始めた。
待てよ、LAの乗り換えに1時間もないが、大丈夫だろうか?
アメリカ国内線での乗り換えだから、問題ないかな?と思いつつも、
羽田空港だって、ゲートの端から端までの移動は大変だ。
預けた荷物がサンディエゴ便に間に合うのだろうか?

eチケットを見たら、LAのターミナルは「0」とある。
えぇ?「0」って何?

アメリカ個人旅行 2
ちょっと、字を大きくしようとテンプレートをいじってみました。
でも字が大きくなると、ウダウダ書きすぎてるように見え読む気が失せますね。字数は同じなのに不思議なものです。

フォントも変えたいので、アメリカ旅行が終わったら挑戦してみます。
カマキリのアカチャン
カマキリの赤チャンが胡瓜の葉にちょこんと。

アメリカの広さ……そういえばオーストラリアで鉄道やレンタカーを使ったときも、半端ない広さにたまげた。
シドニーからメルボルンまで鉄道で行ったとき、「どこかの駅で途中下車してもいいかも」と日本鉄道の旅の感覚でいたら、一日2本しかなく、しかも接続待ちで結構長く停車した大きな駅ですら、駅前に何もなかった。

「google earth」で見たら、赤茶けた大地が延々と……。これは老体にはきついなぁ~。
そこで急遽、後半グランドサークルサウスリムからサンディエゴへは、飛行機を使うことにした。
さてどこの飛行場から飛ぶべきか? レンタカーを乗り捨てられる飛行場は?

アメリカ個人旅行 1
愚息がニューヨークからロサンゼルスへ今年異動になった。ESTA(渡米認証)の有効期限が切れる前に、もう一度アメリカへ行くことに。

LA(ロサンゼルス)から入国し、レンタカーでグランドキャニオンなど国立公園をいくつかまわりながらサンディエゴまで南下。そこからサンフランシスコへ飛び、日本へ戻ろうという大まかな行程をたてたのが、3ヶ月ほど前。その段階で、エアーチケットを予約した。
ところが具体的に旅程を考えるうちに、サンディエゴからサンフランシスコへの飛行プランがネックになっていることに気づいた。しかし格安運賃で予約したので、変更ができない。トホホ。

アメリカの国土の広さを甘くみていた。別にアメリカを横断、縦断するわけじゃない、西海岸をまわるだけだから15日もあれば十分だろうと思っていた。老母のこともあり、それ以上は日本を離れられない。

「google earth」を駆使し、拠点と拠点の距離を測ると、1日の移動が半端ない。
高齢者入りした年齢で、大丈夫だろうか?
左ハンドル右車線。これも不安。
さてどんな珍道中になりますやら……


胡桃の実
自分との闘い  12 
突然 神の手がおりて来た!と思うほどスラスラと書けるときがあるかと思えば、全く気分がのらない日もある。
しかしコンスタントに、コツコツ。毎日最低2時間は「書」の時間をとる。
みるみる紙が減っていく。高かった方の紙がもうない。
書き溜めた作品を和室に広げてみる。書いたときは、結構良い感じかな?と思い取り置いたはずなのに、今見ると、げんなりするほどの出来の悪さ。これもダメ。あれもダメと反故紙ばかりが積み上がる。

偶然か必然か。
残す紙はあと2枚。祈るような、いやいやマジで祈りを込めて筆を下ろす。
おぉ、これは!自分でも納得できる作品に仕上がった。紙の右下裏側に○印をつける。
やはり偶然の域はこえられなかったが、書ききった清々しい達成感がある。

ところが、先生は○印の作品を横にはけ、私の中では二番手だった作品を選んだ。言われてみると、力強さと線の太さのアンバランスに面白さがある。
表装屋さんが、アレンジをあれこれ考えてくださるとか。出来上がりを待つのみ。(完成したら、upしますね)
今、アメリカ西海岸レンタカー旅行を企画中です。お楽しみに!