FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
アメリカ個人旅行 24 サンフランシスコ ラスト
翌朝のこと。
まずケーブルカーやバスなど1日乗り放題のチケットを買おうと、ふらふらと街を歩いていたら、目の前を横切る日本人女性が2人。
なんという奇遇!
IMG_6800.jpg

彼女たち
「わぁ~まさかの再会! 実は、アルカトラズ島へ行く現地ツアーに申し込んでいたのに、うっかり集合時間を間違えて置いてけぼりになってしまい、途方にくれていたんです」
というではないか。
ならば、一緒に観光しよう!ということに。
IMG_6876.jpg

旅は偶然の出会いが魅力。
失敗も過ぎてしまえば楽しかった思い出。
さてさて次はどこへ行こうかな?
IMG_6885.jpg


スポンサーサイト



アメリカ個人旅行 23 サンフランシスコ 
またまた間が空いてしまいました。申し訳ありません。
もう一つの友だち夫婦とのブログ「大人の手作り遊び」(左タイトルをクリックすると、ブログにとびます)とダブらないようにと、思っているとこちらがおろそかになってしまい……ごめんなさい。

では地下鉄でのトラブル話の続きを。


結論からいうと、夫が事前に調べていた乗車券の値段が間違っていたのです。
一つ前の駅の値段だったそうですが、
『まさか安い方を選び、そこからホテルまで歩くつもりだった?』
ついつい勘ぐってしまう悪い妻です。

出口で、追加料金を払い、無事通過。
得意げにチケットの買い方を教えておいて、この始末。恥ずかしい!

彼女たちが
「あれ?値段が違うなぁ~いいのかなぁ?と思っていたんです」
と。

地下鉄出口で名前も何も聞かず、「良い旅を!」と別れ、それで終わりと思っていたら、何と!(続く)
IMG_6864.jpg
サンフランシスコ ピアの桟橋にアシカがごろり……


アメリカ個人旅行  22  サンフランシスコ
空港から地下鉄で市内へ向かうため、自動販売機でキップを買おうとした。
ムム?難しい。よくわからない。

そこで列の前にいた現地人に教えてもらいながら何とか買う。
20ドルから、目的地までのチケット代金が表示されるまで、マイナスのボタンを押し続けるシステム。
夫が日本で予めホテルに近い駅までの値段をネットで調べてくれていたので助かった!
と、そのときは思った。
IMG_6773.jpg

この様子を見ていた若い日本人女性が2人いた。
「初めてのアメリカなので、右も左も分からず不安なんです。」という。
そこで今教えてもらったことを伝授。

4人で同じ電車に乗り込み、同じ駅で降りた。
「あら、同じ駅なのね。出口の改札も同じとは、奇遇ねぇ」
と、笑顔でしゃべりながら、先に女性たちを通し、いざ自分が改札を抜けようと切符を機械に入れると、バーが開かないではないか。
「えぇ? どういうこと?」


アメリカ個人旅行 21 サンフランシスコ 1
「サンフランシスコ」
すでにこの地にまつわる映画や歌やらに刷り込まれてしまっているのか、地下鉄の駅を出たときから穏やかな心地良さを感じる。
世界を牽引し突っ走っている感が強いニューヨークやロサンゼルス、一攫千金を狙おうと血走った眼や欲深かな輩から金を巻き上げようとする街ラスベガス、人を寄せ付けない大自然の荒々しさ、同じアメリカでも全く違う。
IMG_6840.jpg
くねくね坂は紫陽花が満開。

気温が年中変わらず、海流により夏は涼しく冬は暖かいとか。6月から8月は雨もほとんど降らない。
高台や海辺はダウンジャケットを着込むほど寒かった。
数日前は、40度の砂漠地帯にいたというのに……。

旅に出会いやハプニングはつきもの。
ここサンフランシスコで、二人の可愛い日本人女性と出会った。


アメリカ個人旅行 20 サンディエゴ 4
サンディエゴはメキシコ国境沿いの街なので、きっと宿泊代も安かろうと思い込み、土日にあたるよう日程を組みホテルを検索したらどこも高い!

行ってみたら洗練された街で、なんとリゾート地だった。
IMG_6721.jpg
高級ホテルコロラド むろん見学だけ

近くの公園ではヨガ教室も
IMG_6684.jpg

トランプが息巻くメキシコとのやりとりとは裏腹に、子供たちが噴水に戯れる安らかなときが、ここサンディエゴにはありました。
IMG_6686.jpg

さぁ最終訪問地サンフランシスコへひとっ飛び!



アメリカ個人旅行 19 サンディエゴ 3
サウスリムからサンディエゴまで、車だと2日はかかる。
むろん走り続けば8時間ほどで着くらしいが、無理はできない。
ところが、サウスリムからロサンゼルスに帰るなら4時間。
つまり、サンディエゴへ行かずロス発着にしておけば、レンタカーの乗り捨て代金約1万5千円も、サウスリムからサンディエゴまでの飛行機代金二人で約3万も必要なかった。

しかし、前にも書いたように、最初に日本→ロス→サンディエゴ→サンフランシスコ→日本のチケットを変更不可の最安値で買ったばかりに、サンディエゴへ行かざるを得ないのだ。

ただサンディエゴは、メキシコとの国境があるアメリカ最南端の街。
サイトをあれこれ検索すると、歩いてメキシコ国境を越えられるらしい。
『未知の世界へ足を踏み出した~い!』
食指が動いたのが本音。

国境の壁。
IMG_6701.jpg
土手にはメキシコの旗が。
IMG_6697.jpg
ここを抜ければ、入国できる。
しかし「行きはよいよい、帰りは……」で、諦めることに。
というのは、メキシコからアメリカへの入国手続きに数時間かかるらしい。



アメリカ個人旅行 18 サンディエゴ 2
先週、関東地方に大風が吹き荒れる合間をつき、無事に帰国しました。
家でパソコンで過去の記事を確認したら、写真が数枚驚くほど大きなサイズで入っていたり、誤字脱字が。
さらにサンディエゴの続きを書こうと思ったら、なぜか「16 サウスリムヤバパイ」が最新記事になっているではありませんか。
大変見づらいブログになり申し訳ありませんでした。
戻ると、雑用が山積みでして、なかなか続きが書けませんが、もう少しおつきあいくださいませ。
では早速、サンディエゴの続きを。