FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
世界ゴールド2018 12
ゲネプロ(リハーサル)が行われた。
ゲネプロ

「ゲネプロ」という張り詰めた独特の空気が控室に舞台袖に漂う。
大ホールの舞台へ向かう廊下を歩きながら、千秋楽までの回数を数え、寂しさを覚える人もいる。

幕が開くと、月組の観劇希望者が客席を埋めてくれていた。

2月の公開稽古でのゲネプロでは、ノゾエ氏が何度かストップをかけ、やり直しを求めた。
前にも書いたが、本番中もノゾエ氏はダメ出しをした。
しかし今回は最後まで止まることなく幕をおろすことができた。
といって、決して出来が良かったとは思えない。
ノゾエ氏は最後に「まだまだ出来るはずです。縮こまらずもっともっと大きく!」と言った。

実は、最後まで通しで演じたのは、これが初めてだった。
あと数回とは欲張らないが、せめてもう一度通し稽古があれば……。
いや、通し稽古のあとに、グループごとの稽古をし、そしてゲネプロを迎えたかった。

もちろん演出家のノゾエ氏もスタッフさんも同じ思いだったはず。
しかし350人という大所帯の群集劇。グループごとに稽古せざるを得ない以上、自ずと回数も限られる。
太陽と月という二つの組を抱えれば、稽古日も舞台を使える日も半分。

だが各人の意識は、2月に演じたときよりも、遡れば2016年にさいたまアリーナで演じたときよりも数倍高い。
台本を手放す早さがそれを証明していた。

演じる者たちの熱意が舞台を創る。
いよいよ本番の幕が開く。

スポンサーサイト



世界ゴールド2018 11
全体稽古を重ねるうちに、気づいたことがある。

200名以上や全員つまり350名で、歌いながら動いたり、踊る場面が何箇所かあり、さすがにその人数だと、各人の意思で最初もしくは最後の立ち位置を決めざるを得ない。

不思議なことに、いつも同じ顔触れが私の周りにいる。

もちろん袖でスタンバイしている位置が大きく関係してくる。
しかしどこにスタンバイしていようと、必ず前面にいる人が数人。
そのバイタリティたるや素晴らしい!
多肉の花
多肉の花(名前は?)

ただし、ちょっと見せ場になるであろう全員でのマイケルジャクソン(スリラー)の踊りでは、前から3列は、選抜チームが組まれた。
しっかり踊れている人たちが選ばれたようだ。しかも親しくしている友達が数人選抜チームに! 自分のことのようにうれしい。

もちろん私は、いつもと同じように同じ顔触れで後ろの方で踊る。


世界ゴールド2018 10
昨日も全体稽古だった。

11時30分、衣装に着替えて、控室で待機。
12時、大ホールでの稽古開始。
終了は16時すぎだった。

巨大な大道具や装置が移動するのにあわせての、我々の動きも初めて全体稽古で明らかになる。
各人の立ち位置は?照明は?生演奏の音楽のタイミングは?
一つひとつ確認するだけで刻々と時間は過ぎていく。

約2時間の芝居だが、全体の1/3ほどしか進まなかった。

何せ350人の出演者。100人以上の人数で動く場面も多い。
そのうえ出演者たちは高齢。
セリフを忘れたり、飛ばしたり。

残すはゲネプロまであと3回。
演出家のノゾエさんやスタッフの方々には見えているのだろうが、私たちはまだ全体像すらつかめていない。
もちろん台本はある。
が、台本には書かれていない仕掛けや動きまでは読めない。
台本
今回の台本。
よく見ると、太陽組とある。
つまり月組の台本とは別。
どう違うのか、興味津々


世界ゴールド2018 9
今回の芝居には、ダンスや歌が多く使われていることは前にも書いた。
ダンスが得意なグループだけではなく、全員で踊る場面でもマイケルジャクソンの「スリラー」などup-tempoなダンスがある。
えぇ?踊れるの?と不安。

すると、踊りごと、歌ごとに作られた二次元コード(QR)が書かれた紙が配布された。
ユーチューブにUPしてくれたのだとか。もちろん出演者しか見ることはできない。
そのレクチャーを見て、毎日こっそり家で稽古。
そう、こっそりと。
夫が留守のとき、夫がお風呂に入っている間をねらって、こっそりとタップを踏む。

IMG_7350.jpg
この栗を収穫し、木の下で栗ご飯!
20180918 栗ごはん




世界ゴールド2018 8
昨日は、全体稽古がさいたま芸術劇場大ホールで行われた。
太陽グループ350名が集結し、全体で動くシーンを主に稽古する。

……ノゾエさんを中心にスタッフが一列に勢ぞろいし、かしこまって
「今日は、敬老の日です。皆様おめでとうございます」
というではないか!

すると皆がてんで勝手におしゃべりを始めた。

「え? 誰が? あっ私たちのこと?」
「今日は子供たちや孫たちが夜集まることになっているの」
「地域の敬老会を休んで、ここへ来たのよ」
などなど。


むろん私も含めて、我々への祝辞。
そして、まさにこれは、老人たちによる老人たちのための芝居なのだぁ~!と痛感。
IMG_7449.jpg
舞台照明

稽古のあと、再度衣装チェックがあり、あのドレスにベルトをしてスカート風にし、友達から借りた白いカーディガンをはおることで、ようやくOKをいただけた! やれやれ。 

髪かざり
家にあったリボンにアイロンをかけて作った髪飾り。


世界ゴールド2018 7
IMG_7382.jpg
できた! 縫ったといっても、裾の色が少し濃い部分を付け加えただけ。
あと、襟元に似非真珠を7個つけた。

なかなかの出来!と自画自賛。
(裾のところ、裏表逆に縫ってしまいそうになったりと、おっちょこちょいは相変わらず……)

ところが劇団四季の衣装部を経て数々の舞台衣装を手掛けてきたという女性に、
「パーティのシーンじゃないんだから!」と一言で却下された。
「普段着風に直してきて! 上にカットソーでも着ればいいのでは?」
とも、おっしゃった。

50人も列をなして、順番にチェックを受けたが、合格の方が少なかったみたい。
色が濃すぎても、柄が現代風に入っているのもダメ。 
髪飾りが派手すぎてもダメ。
ダメダメ尽くし。

どうしよう……!

世界ゴールド2018 6
衣装の一覧表が出た。
娘のアンジは、「ピンク系の膝より長いスカート、頭に花飾り」。

ピンク? しかもスカートで? 
持ってるわけがない。

あらためて電車の中や街行く人を観察すると、意外とピンクのスカートを見かける。
ならばと、あちこちの店を見て回るが、もう秋物ばかりでピンクの服は売っていない。

困りきっていたところ、友達が下赤塚にある「のとや」という店を教えてくれた。
そこは、「難あり」の服や売れ残ったものが集まるので、訪れた日によっては、思いがけない掘り出し物が安値で手に入るとか。

駅から数分のそこには、下着やTシャツ、スーツ、スカート、ズボン、アクセサリー、子供のおもちゃ、花火まで、いろいろなものが山と積まれていた。しかしお目当ての、やわらかないピンク色のスカートはなかった。

あきらめモードで店を出ようとしたとき、店の一番奥の壁際でドレスを見つけた。
1万4800円の値札。それが、「のとや」の売値は「599円」。
えぇ~??たった599円?
ちょっと短いなぁ。袖なしだし……。
う~ん、どうしよう? 悩んだ。
しかし裾を足し、上に何か羽織れば大丈夫かも!と購入。

早速、生地屋へ行き、同色同質の生地を探すが、無い。
一番同系色と思われる布も、残りがたった1メートル10センチ。
それを買い、ギャザーを寄せて裾に足す。

元のドレスより色が濃いため、見せる長さで印象が変わる。何度も試した。
これでOKもらえるかな? 
衣装を縫う






世界ゴールド2018 5
先日のグループ稽古から、生演奏が入っている。パーカッションやギター、サックスなど。
歌などの伴奏はもちろん、セリフのBGM、擬態音など、ノゾエ演出の要求にすぐ応じるところが凄い!

前回の全体稽古では2時間を歌の指導に かけた。
約2時間の舞台に、6曲ほどの歌が入る。
斉唱もあれば、パートごとに分かれての歌も。輪唱も。
ノゾエさん作詞のオリジナルや財津和夫などの曲、ヒデとロザンナの曲までバラエティに富んでいる。

参加者の中には、かつて劇団四季に所属していた方や音大での方々もいるので、合唱の歌声の中にプロの声楽が聞こえてくる。アルトの最初の音が取れないとき、耳を澄まし、その方々の音をキャッチ!

シャンソン歌手やジャズ歌手で今も舞台に立っている方もいる。
音楽だけでなく、他にも俳優座にいて、栗原小巻さんを「栗ちゃん」、平幹二朗を「ヒラちゃん」と呼んでいたという方まで。層は厚い。

シニアになられ、現役を引退なさった方々が、再度舞台に花を咲かせてくださる。
無能な私は、その方々の力に引っ張られ、今日も舞台に立つ。
世界ゴールド2018 4
渡された台本の抜き刷り(Tグループのところ)を見て、あれれ?
こんなシーン、2月の公開稽古のときには無かったし、芝居の冒頭部分も全く違う。
使われる歌も大幅に変更。
なんとノゾエさん自ら作詞した曲もあるではないか!

さて私の役はというと、結婚前のうら若き乙女、お嬢様、名前はアンジと決まった。
何せ世界初約350人の群集劇、私が出る幕でも数十人のアンジがいる。
その「アンジ」の思いとセリフを、小刻みに数十人でつないでいかねばならない。

幼稚園の学芸会で、みんな主役やりたいから、じゃぁシンデレラをいっぱいにしよう!
あれと同じレベルではいけない。
お金を支払って見に来てくださる方々に、応える芝居であらねば!
出演する素人役者たちの気持ちが大きくUPしている。

4回公演というのも大きい。ゲネプロを入れて5日間。
月組公演と交代交代なので、9~10日間は緊張が続く。

IMG_7292.jpg

今週は3回稽古。
稽古の空き時間にダンスのステップ補講練習も入る。
今日も夕方6時まで。
頑張ろう!っと。


世界ゴールド2018 3
今回も、私は太陽組のグループT。
メンバー数が350名を超えるので、p~uの6グループに分け稽古を行っている。

7月の稽古初日、
『どんなメンバーが集められているのだろう?』
『予め提出したアンケート用紙に、週当たりの稽古参加可能数を示すところがあり、1~2に〇をつけたので、「それくらいしか参加できないのよぉ~もっと参加したいけど」という人々を集めたのが「T」かな?』
などなど思いをめぐらせながら、さいたま芸術劇場へ足を運んだ。

ところが、見知った顔ばかり。
2月に行われた公開稽古のメンバーと同じではないか。
つまり歌好きな集まり。

芝居も前回と同じモリエールの『病は気から』。
演じるメンバーだけでなく、支えてくれるスタッフも顔見知り。

ホッとした。「ゼロ」からの出発じゃない。
ところが……。
satumaimo
サツマイモ。今年は太くなるかな? 




世界ゴールド祭2018 2 
今日から9月。
振り返ってびっくり!
なんと、8月は1回しかUPしていない……。
何度も訪れてくださった方々、申し訳ありませんでした。

畑仕事やブルーベリーを摘みジャムづくり、芝居の稽古、孫守、それにちょっと読み込みたい本や調べものなどがあり、8月はあっという間に過ぎてしまいました。

昨日も稽古に行ってきたので、そのご報告から。

本番まで1カ月を切った。
演出家ノゾエさんの表情も厳しくなってきたように感じる。
何せ「世界ゴールド」の一環で、お金をいただいく「見(魅)せる舞台」に仕上げなくてはならないのに、たった一行のセリフを忘れる。とちる。勝手に言い換える……などなど。
素人ですから。ジジババですから。
しかしそんな言い訳は通用しない。

昨日は挿入歌の練習をメインにセリフ、簡単なダンスの振り付け。
なんと、男女3人組になる振り付けでは舞台一番前で踊ることに……。

2018パンフ表 2018パンフ裏