FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
世界ゴールド祭2018 21
舞台を観た人たちの「涙がでた」「泣けた」という声を多く聞いた。
ツイッター一つ検索しても、舞台を観てくれた人がそう書いている。

しかしあれは喜劇で、笑いを誘いこそすれ泣かせるセリフはない。しかもジジババ素人役者が間違えたり、セリフを飛ばすので、失笑まで起きる。

それなのに、「涙が出た」という。

お世辞?
笑いすぎて涙が滲んだ?
それとも、あんな老人がうら若き男女に扮してと、同情の涙?
マイケルジャクソンの踊りを、不器用ながらも一生懸命踊ったねと、称賛の涙?

そうではない。
私も舞台に立っていて、実は思わずウルっと来てしまったことがあった。
それは、ノゾエ氏の演出がもたらしたもの。
ダンス
Twitter記事より転載  舞台稽古


スポンサーサイト



世界ゴールド2018 20
先日、NHK「ひるまえほっと」関東版で、74歳の岸宣忠さんに密着取材した内容で、ゴールド・アーツ・クラブの芝居『病は気から』(太陽組)を紹介する放送があった。

ダンスシーンsknZIQyZ
Twitter記事より転載

岸さんは、普段、消費生活相談員として市民の苦情を受け付けたり、仲間と分かりやすい芝居仕立てにして詐欺被害防止を呼び掛けたりしているそうだ。

言うまでもなく、あの舞台にたったゴールド(シニア)メンバーは役者を生業としていない。(劇団に登録して、エキストラやCMに出ている方もおられるが、それで食べているわけではない)
皆が、千穐楽後それぞれ普段の生活に戻っている。親や身内の介護、孫守り、仕事に汗を流す人もいよう。

誰もが、何らかの苦労や一言では表しようのない人生を背負ってきた、いや今は「老い」まで加わって足や腰やあちこちまで悲鳴を上げている。そういえば……
「立っているのもやっとなんです」
と、おっしゃる方もいた。
それでもノゾエ氏やスタッフのもとでゴールドに輝くために、健気に必死に稽古していたことを、あの番組を見て再確認した。

「たんぼで僕も歌ってたよ」
「それぞれ日常を背負って舞台に向かっていたんですよね」
パキンパキンとLINEが鳴る。
(続く)

世界ゴールド2018 19
千穐楽を終え、打ち上げのため駅前の居酒屋を約80名で借り切った。
太陽組に参加した約350名のなんと約1/4が集まった計算になる。

途中、顔を出してくれた若手役者さんや音楽を担当してくれた方々が、
「学生たちの打ち上げかと思いましたよ。」と言ってた。
確かにみな、はち切れ、誰もが良い~笑顔で飲んでた。

蕎麦の花
そばの花

あれからもう2週間が過ぎてしまった。

パキン、パキンとLINEの音がする。
「ゴールドロスしてない?」
「あの瞬間が大切だったと強く感じる……」
「みんなでランチでもしない? 会いたいよ!」
「ノゾエさんやスタッフの方々、みなさんと稽古した、あの時間に戻りたいなぁ」

みんな寂しがっている……。

すると、またパキンの音と一緒に下記の情報が飛び込んできた。
10月25日(木)
NHKテレビ ひるまえほっと
関東 11:05~11:30
関東甲信越 11:30~11:54
のいずれかで、「病は気から」の公演をテーマに放送が予定されているよ、と。

またまたLINEがパキン、パキンと鳴りだす。
音が心なしか明るい。
「お~い、みんな知ってる? NHKでねぇ……」







世界ゴールド2018 18
ついに千穐楽が来てしまった。

このステップを踏むのも、このセリフもいうのも、舞台上に寝転ぶのも、歌うのも最後。
その思いを舞台上にいるすべての人が抱きつつ、いとおしみながらセリフを、場面をつないでいく。
空きがちだったセリフとセリフの間も小気味よいほどポンポンと展開していくではないか。

舞台袖で待機している人々の背筋が伸び、演じているメンバーの芝居にはまり込んでいる。
薬
SAFツイッターより転載)

こんなハイテンション、何十年ぶりだろう? 
全身わしづかみにされたような充実感・達成感・幸福感。

何なんだ?これは?
今までに経験したことがない、はちきれんばかりの、まるで10代に戻ったときのような、青く希望にあふれた想い。

ノゾエ氏は終わったあと、こうおっしゃった。
「できんじゃん! なら最初からやってよぉ~!」

実は、業界用語で「中落ち」と呼ぶ2日目の幕がおりたあと、ノゾエ氏は私たちに厳しい言葉を投げつけた。まさに叱責。憤怒。スタッフも初めて聞いたというほどの怒りが、単なる気のゆるみを指摘しているものではないことは明らかだった。しかし具体的には何も言わなかった。

何が起きたのか?と、本番3日目までの1昼夜、私たちの間でラインが飛び交った。自問自答し、そして行き着いたのは、自らの甘さだった。ノゾエ氏やスタッフがかけてきた4カ月もの時間に応える稽古を積んだと言い切れるのか?  

ノゾエ氏やスタッフ方より重ねてきた年齢など、彼らの努力の前では何ら意味を持たない。むしろ邪魔なだけだ。
謙虚に、感謝しつつ、誠心誠意この芝居に思いをかける。
そこに気づいたとき、私たちは一つになった。

ノゾエ氏はこうも言った。
「来年会うとき、今より下手にはならないで。上手にもならなくていい」とも。
「ゴールド・アーツ・クラブ」の隠し味は、素人群集劇がもつ味わいにあるからに違いない。

来年の稽古再開が今からもう待ち遠しい。

お知らせ!

11月17日(土)19時から? NHKBS1でドキュメンタリー番組放映が決定したそうです。

SAFツイッター←早くこれに気づけばよかった!ぜひご覧ください。スタッフの皆さん、こんな熱い思いで支えてくださっていたのか!と、感謝感激。
世界ゴールド2018 17
昨日は本番三日目。

350人が舞台に横たわり、幕が開くのを待つ。
指一本動かさず……。

何度も、この最初のシーンを稽古してきた。
しかし昨日は、ただ横たわっているだけで鳥肌が立った。
350人それぞれが発する緊張感が、見えぬ糸を震わせている。

セリフを忘れた人もいた。言い直しをノゾエ氏からマイクを通して求められた人も。
それでも最後まで心地よい空気は漲っていた。

ところで……
昨日は友達や親戚の人が何人も遠くから来てくださった。
誰もがすぐ私を見つけたという。本番2日目に観た夫は、私を見つけられなかったと言っていたが……?
繰り返すが、夫以外みんな、すぐ私と分かったそうだ。

私「舞台前面に出てセリフを言ったじゃない! ダンスも一番前で踊ると伝えたじゃない!
夫「一生懸命探したんだけど、見つからなかったよ。えぇ?セリフ言ったの? でも全員で後ろの方で踊っているのは見つけたよ」

えぇ~そこだけ??????

世界ゴールド2018 16
パンフレットに、ノゾエ氏は誰が何役でどのセリフが適しているか、模索し割り振り、自宅で稽古中のビデオを何度も観ながら確認したとある。

稽古が終わってからビデオに向き合う。まさに気が遠くなるほど時間とエネルギーを、ノゾエ氏はこの数カ月もの間、私たちの知らない場所でも注いでくれていた。スタッフさんお1人おひとりも、いつもどんなときも、笑顔で全力で指導し、支えてくれている。
パンフ

蜷川幸雄氏の言葉を、「世界ゴールド祭」パンフレットに見つけた。

老人は天使じゃない。自己主張をする。
個々の自己主張が一つにまとまっていくのは格闘技のように大変です。
でも、それがまた面白い。
彼らは人生のリアルというものを背負ったまま舞台に立つから、
それは観たこともない演劇になるのです。

ノゾエ氏は、自己主張する我ら老人700名と格闘技してきた。いや現在進行形だ。
パンフレットの挨拶文に、ノゾエ氏はこう書いた。

(ハードルをなぎ倒して行きかねない、恐ろしい)最強の彼らのことを、最高にいとおしく思って、そういった一筋縄ではいかない愛情がこの現場にはある。 (  )の箇所は、後半部分から筆者挿入。

これらの思いに、必死に食らいつき応えねば!
さぁ3回目の本番へ向かおう。
『病は気から』 ←公式ホームページ




世界ゴールド2018 15
初日と2度目の公演(今日10/4)の間に、抜き稽古があった。

もう一度セリフ稽古を入れてほしいという思いを、ノゾエ氏はこんな形でかなえてくれた。
一幕ごとに出番がある人は舞台袖に待機し、セリフ中心の稽古。
出番がないその他大勢は客席で観る。

全体稽古や本番で舞台袖や舞台裏で待機していると、聞こえてくるセリフを頼りにイメージを膨らませるしかない。

しかし聴いて想像するのと、観客の目線、芝居する側の目線で実際に観るのでは格段の差。
あぁ、ああいう手の動きは不自然、あの人は姿勢が悪いから、こちらの人は身体が横に向きすぎているから声が通らない。
セリフとセリフの間の悪さとは、0.5秒でも起こりえる。などなど。

驚いたのは、すでに初日を終えているのに、ノゾエ氏はセリフの変更をいくつも指示した。
もちろんそのことで、より芝居は面白くなった。

それを観た私は思い切って、自分のセリフを言いながら舞台前方へ歩み出て、最後は膝をつく芝居に変えてみた。
ノゾエ氏から「ダメ出し」はなかった。一緒に同じ場面で演じる仲間からも「よかった」と声をかけてもらった。
よぉし!今日の本番、これでやってみるぞよぉ~!

コスモスと小屋
稽古の合間に畑に行ってみたら、コスモスが色を添えていました。
バックの小屋はまだ未完成。
畑や小屋づくりの様子は、もう一つのgooブログ
大人の手作り遊びをご覧くださいね。



世界ゴールド2018 14
「神回」という言葉を初めて知った。

台風に邪魔された初日の舞台を観てくださった方がツィートに、
「本日(の芝居)は神回でした。思わずもらい泣きしてしまいました。皆さんの爆発するエネルギーをたくさんの人に観てもらいたい」
そう書いてくださったそうだ。

考えてみると……
芝居を創りあげていく過程で見知らぬ、それこそ日本のあちこちから集まった人々と知り合う。
半世紀以上も生きて、人生の甘さも辛苦も舐めてきた人ばかり。

それに、この歳までくると、芝居の世界で食べていかねば!と自分を追い込む必要もなければ、スカウトされるのをねらい、もっと大きな舞台へなどという欲望もない。(いや?まてよ、 後者は否定してはいけないかも……)

怖いものなし。今までの人生すべてを、自分をさらけ出せる年齢だからこその演技、プロには出せない何かがあるはず。
蜷川さんやノゾエ氏が、狙っているのはソレに違いない。

キャベツ
初キャベツの栽培 ちょっと巻き始めている? 2週間前の写真。あぁ畑へも行かねば!







世界ゴールド2018 13
太陽組の初日、なんと台風24号が日本列島を縦断。
本番は4時からだが、劇場入りは1時。
与野本町駅を降り立ったときは、まだ雨も風もなかった。

しかしJRが8時での運転中止を早々と決定した。
山梨から参加している人から出演できないと連絡が入ったという。
急遽、代理でセリフが他の人にふられた。
他にも、数人欠席が出て、若手の役者が代理をつとめることに。

今回の芝居に、遠くは大阪や北海道からも参加しているとか。
稽古が続くときは、近くの安宿に連泊しているそうだ。

大船や蛯名から通っている友達は、交通費が1カ月で3万を超えたと嘆いていた。
しかしそこまでしても舞台に立つ魅力が、ここにはある。
初日を終えての実感!

IMG_7509.jpg