FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
母の変化 2
一昨年の12月に入居してから、まだ14カ月くらい。
大分、肩の力も抜けてきたように見える。

施設開設して1年も経たないうちに満室。
総勢で18人の入居者。
スタッフともすっかり気心が知れ、優しい言葉をかけてもらっては嬉しそうに笑みを浮かべている。

IMG_8632.jpg
かごを蔓で編み、ジュリアンを入れてみました。ちょっと大きすぎたみたい。

それでも、時々
「挨拶したのに、スルーされてしまった!私が何かいけないことを言ったのだろうか?」
「何かご機嫌を損ねることをしたのならごめんなさいと、言った方がいいかしら?」
状況を詳しく聞いても、問題があるとは思えない。なのに、母は憶測で悪い方へ悪い方へと考えてしまう。

長い人生で染みついた「気遣いすぎ」の性格は、今更直しようがない。
私はひたすら毎回同じセリフを吐く。
「何も悪いことはないよ。気にしすぎ!」と。
なぐさめるのではなく、諭している。
正直、こういう会話が毎日のように続くと疲れてしまい、母からの電話をとるのが嫌になってしまう。

昨年の暮れ、ついにまたあの言葉が母の口からこぼれた。
「自宅に戻っても、やっていけると思うんよ。ここは嫌なのよねぇ。」
えぇ? いったい何があったの?

スポンサーサイト



母の変化
母が、サービス付き高齢者住宅に入居して2回目の冬。
週に3回、建物の1階にあるディーサービスへ通う。

ディーサービスがあった日は、必ず
「行ってきたよ」「帰ってきたよ」
と、電話が入る。
(いやいや、ディーサービスのあるなしにかかわらず電話は毎日掛かってくる。)
同じ建物の1階へエレベーターで上がり降りするだけだが、母にしてみれば、「ディーサービスへ通っている」意識のようだ。

スタッフさんやディーサービスに外部から通ってくる人、同じ施設に住んでいる人などを合わせると、母の知人の数は数十人に増えている。

その付き合いが、母の悩みにもなる。
IMG_8634.jpg
バラの花のようなジュリアン



リアルな裏話
久々に手ごたえある本を読んだ。
読み始めたらとまらない。
安倍官邸vsNHK

森友問題が初めて報道されたとき、NHKニュースで扱われなかったことにひどく違和感を覚えた。
「NHKの体質は変わらないんだ!」とも思った。

しかしこの本を読んで、初めてその裏事情が分かった。
そして現場で取材するNHK記者たちは、やはり実にまっとうだったことも。

新聞記者と放送媒体のNHK記者、その視点からも面白い。
楽らく正月
昨年暮れに、母を囲み娘家族や弟たちと忘年会をしたので、お正月は夫婦ふたりだけ。
ならばお節は手抜きで。
忘年会時に作った余りに、唯一買い求めた特上のかまぼこ。
おせち

でも…写真手前の白みそ雑煮は、丁寧に昆布出汁に花かつおで。
食べるのは私だけですけど……これは手を抜きません。
新潟生まれの夫は、ぜんざい。
こちらは、もちろん買った煮小豆で、ちょちょいのちょい。

義母から伝授したもう一種類の雑煮も手抜きで。
教わったのは、両手では数えきれないほどの具材を入れて作ります。
欠かせないのは鮭の頭の骨(氷頭)、打ち豆(平らに打った大豆)、いくら。
今年は、その大事なものが一つもなし。それでも何種類もの野菜が良い味を出してくれます。

お酒は、久保田(雪峰)。
久保田
亡き義父御贔屓の小さな酒屋には、時折限定品の久保田が並びます。
これは昨年盆で帰省したとき、買い求めたもの。最後の2本。
スッキリ美味しい。

手抜きのおかげで、ゆったりと読書三昧。
良い正月だぁ~!






初春
明けましておめでとうございます!
昨年12月、なかなか更新できず申し訳ありませんでした。

リース2

これは河原で採取したツルウメモドキをアレンジしてみました。
全体像は下記。
正月リース

分かりづらいのですが、蔓が重なっているところをとめるのに、炭化したシダーローズなど木の実を飾りました。

今年も、人生の「」を貪欲に、でも気張らず、気楽に構えて、楽しみたいと思っています。
よろしくお願い致します。