FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
中国 桂林の旅
従兄夫婦と中国の桂林・程陽、陽朔へ出かけてきた。
今回の旅には、ブログネタがいくつもある。
つまり予定通りにいかなかったということだが、旅の場合、むしろその方が記憶に深く刻まれ、予想外の展開や出逢いに恵まれたりもする。

20元の景色
20元のお札に描かれた場所

先ずは日本を離れる前のネタから始めよう!

実は中国旅行の前に、インドやエジプトの旅企画もあった。
しかし体調を崩し断念。
お互い歳を重ねてくると、直前まで油断はできない。

そのまさかの電話が鳴ったのが、出発3日前。
「めまいがする。明日は治まると思うが……」と。

ひょぇ~!

驚き、心配した。が、前回の経験から、エアーチケットやホテルをキャンセルが可能なスタイルで予約しているので、もしもの場合でも損害は少ない。

従兄夫婦が行けず私たちだけになっても行くことにし、翌日の電話に望みをつなぐ。

幸いにもその後3日で全快。めまいは「気を緩めず、無理せず」という神の戒めか? 

従兄夫婦は四国から1日早く飛び上海で前泊、私たちは羽田から上海空港で乗り継ぎ、従兄夫婦と桂林空港出口で待ち合わせることにしていた。

ところが……ここからは2つ目のネタに。

スポンサーサイト



母の変化 4
1月に入ってすぐ、灯油ストーブからガスストーブに替えた。
灯油が切れるたびに、どっこらしょと灯油を入れに立つのも、その灯油を買いに出かけるのも辛くなっていたのだ。

夫が、寒い中自転車に灯油タンクをくくりつける姿をみると、ストーブのスイッチは押しづらい。
おのずと家の中でもダウンを着て過ごすようになった。

気づけばエスキモーのようなモコモコ冬山用ダウンに身を包んだ夫と私が、家の中でもそもそ動いているという状態に……。

その点、ガスストーブは楽。
切れることがない。
だから朝からずーっと暖かい……。
幸せ!

ところが今日、ガスストーブを使い始めて、初の請求書が届いた。
光熱費で1万を超える金額を見たことがない。
なのに、1万どころか2万を超えているではないか。

……またまたエスキモー状態に。トホホ。

そうそう母の話。
母から、施設入居者さんの〇〇さんと△△をしたなど楽しそうな話を聞くとホッとする。

何人もいれば、何か諍いも生じ、嫌な思いをすることもあろう。
しかしそれも含めて、母には新しい友達との生活を前向きに捉えてほしいと願っている。

家族だけの社会から、一歩大きく踏み出した母の背中を見守りたい。
折り紙椿
母が友達と折った椿




母の変化 3
母の会話に、個人名が増えた。
友達ができた証拠だ。

母は誰にでもすぐ話しかける。
基本おしゃべり好き。
社交的といえばそうなんだが、寂しさの裏返しかもしれない、とも思う。

施設に入る前は、電車待ちのホームで隣に座った人にすぐ話しかける。
結構深い話まで短い間にしているのにはびっくりする。
病院友達の話もよく聞いた。
耳が遠いのに・・・・。

〇〇さんは、お子さんが何人いて、何歳でどこに勤めていて、今こんな困ったことを抱えているらしい。
そのほとんどは苦労話。

みんな愚痴を聞いてほしいのだろうなぁと思いつつも、電話口で見ず知らずの人のそれを延々と聞かされるのには閉口したものだ。

ところが施設の利用者さんの話はあまり出てこなかった。

施設に顔を出すと、いつも部屋でテレビを見ていたり、寝ていたり。
陽だまりの共有スペースにある素敵なソファーでお茶を飲みながら、誰かとしゃべっている姿を一度も見たことがない。
そこには、お茶やコーヒー、ココアなど茶器と一緒に準備されており、誰でも好きなだけ飲めるようになっている。
なのに、利用している人を見かけない。
IMG_8564.jpg
万両は下に実を垂らすので、ワイングラスに短く挿してみた。