FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
中国 桂林 11 トイレ1
今回、中国の変化を一番しみじみと感じたのは「トイレ」だ。
山の上の「龍背梯田」でも、路線バスを無理やり停めてもらい立ち寄ったガソリンスタンドも「水洗トイレ」だった。

それどころか8日間に使用したトイレすべてが、壊れてないドアと鍵つきの「個室」。
和式水洗トイレだけでなく洋式も数年前よりかなり増えていた。
さらに1か所だけだが、ウォッシュレットトイレもあった。
正直なところ驚きを通り越し、ここまで水洗トイレ、いや下水道整備を推進させた政治力?にちょっと脅威を感じたのも事実。

(おっといけない。1か所はまだ工事中トイレだったので、バケツだけ置かれており、尿ならOKとのことだった。なおウォッシュレットは5ツ星ホテルではなく、今回一番安かったホテルの部屋にあった。これらについては後ほど書きますね。)
龍背入口IMG_8957
龍背梯田の入口

10年前は和式トイレというより、昔の「便所」。いやいや「便所」という名前を付ける程でもないような、例えば掘ってある穴の横に板が置いてあるだけという所が多く、汚物を踏まないかと不安だった。洒落たレストランなのに、この方式で、しかも夜の闇の中で用を足すのは至難の業だったことを思い出す。

あの時は、中国の麗江に赴任していた友達を訪ねての一人旅。その麗江からシャングリラへ友達とバスで1泊旅行に出かけたときに寄ったサービスエリアで見た光景は忘れられない。

それは……。

スポンサーサイト



中国 桂林 10 路線バス3
桂林は亜熱帯気候なので、ネット情報によると2月中旬以降は「涼しく雨も少ない」らしい。なのに……。
もちろん亜熱帯気候でも「寒い冬」はある。しかし数日程度とか。だから冷房機器はあってもほとんどの場所では暖房設備がない。食堂や洒落たレストランでも、客はもちろんのこと、ウエイトレスもコートを着たまま料理を運んでくる。
バス運転手IMG_8936

極寒の日本を抜け出しポカポカ春の旅!のつもりが、持ってきた服を重ね着してもまだ寒い。冷えは尿意を呼び覚まし、あとどのくらい走れば到着するか分からないという不安が、切迫感にまでひきあげる。
「ヤバい!」と男性陣が声をあげた。

バス停も時刻表も「無い」に等しいが、状況次第では「対応有り」らしい。
ならばと、トイレ休憩交渉を運転手にすることに。
繰り返すが、普通の路線バスで……。

ここは頼りになる従兄の出番。
「ラジオやテレビ講座で中国語を学んだだけだから片言なんだよ」というが、タクシーの運転手や地元の学生やおばちゃんたちと楽しそうに会話している従兄の語学力はなかなかのもの。

数分後に見つかったガソリンスタンドで停車してくれた。
夫たちは停まるのを待ちかねて飛び出していく。
もちろん私たちも後に続く。
失笑している他の乗客もいたが、このチャンスを逃すわけにはいかない。
どんなトイレでもいい、ともかく用を済ませねば。
ショルダーバックにトイレットペーパーをつめこみ、それぇっ!

次回は、トイレの話。

中国 桂林 9 路線バスの旅 2
私たちは、自称「晴れ男晴れ女、4人組」。
トルコの旅で雨が降ったのは、夜やバスの中。傘要らずどころか快晴だった。

ところが今回は8日間すべて曇りか雨。
それでも我々は、水墨画の世界「桂林」を楽しむための天気とプラス思考。
IMG_9205.jpg

ただ寒さは予想外。
2月半ばで菜の花や桃が咲き乱れていることからも、今回の寒波は異常気象のようだ。

バスの中なのに、吐く息が白い。
運転手はダウンジャケットを着こみ、毛糸の帽子にジャケットのフードまでかぶってハンドルを握っている。
暖房がないのだ。
昔は観光バスだったのだろうか、路線バスにしては座席が立派だ。
しかし今や壊れた空調機から布がはみ出たオンボロバス。

冷たい小雨が窓を濡らし、フロントガラスの内側が曇る。
すると運転手が横の窓を開けた。
ただでさえ寒いのに、外の冷気が後ろに座る私たちに吹き込んでくる。
寒~い。
冷えると、トイレに行きたくなる。
生理現象には逆らえない。しかしこれは「路線バス」。
どうしよう……。

中国 桂林 8 路線バス
ホテルに大きな荷物を置き、リュックを背負って1泊旅行。

朝9時 琴潭バスターミナルで「龍背梯田」行きのバスに乗る。ここでも荷物のセキュリティーチェック。ところが途中から乗り込む人たちには、荷物チェックはなし。バスターミナルでチェックする意味はいったい何なのよぉ~?と、疑問符が頭の中を飛び回る。
IMG_8930.jpg
バスターミナル

停留所じゃないところで手を挙げて乗り込む人(これは日本の田舎でも見かける)、荷物だけ載せる人。出発して数分ごとにあちこちで手を挙げる客を拾う。時刻表など無いに等しい。実にローカルだ。
IMG_8935.jpg

今回の旅では路線バスに数回乗ったのだが、こんなことがあった。

あれは小雨が降る夕方だった。
バスはのろのろとドアを開けたまま進む。しかも何故か同じ場所を二度ほど回ったりしながら……。

と、ある青年が中を覗き込んだ。
しかし彼は、乗らずにどこかへ行ってしまう。
私たちに気づきニコニコと笑顔を見せたあと、踵を返し去って行ってしまったのだ。

すると運転手はバスを路肩へとめ、建物の中へ消えてしまった。
数分後、運転手は我々乗客に一言も発せず何事もなかったようにハンドルを握る。
そしてそのあとに彼が乗り込んできた。
はにかんだ表情で。

いつもの時間にいつもと同じ場所でバスに乗り、そして降りるのはきっと彼の家に一番近い所。
運転手をはじめ、なじみの乗客だれもが、彼を見守っている。

小雨の寒さがやわらいだ。


中国 桂林7
今回の小さな冒険は下記の二つ。
・路線バスに乗る
・できれば民宿に泊まる

村の中で一夜を過ごすと、旅の味わいがグッと深まる。
特に日帰り観光客が姿を消した夜や早朝には普段の顔が見え実に興味深い。

とはいえ、中国の民宿泊は私たちにはかなりの冒険。
そこで日本を出発する前、「地球の歩き方」に写真付きで出ていた民宿に予約を取ろうと試みた。

出発数週間前、中国の旅行業者(日本語ができるという業者)にメールを送った。

毎日何度もメールボックスを覗くが、音沙汰なし。
痺れがきれ電話してみた。(モチ日本語で)

するとメールは受け取っているので、メールで返すという。
しかし待てど暮らせど、返信が来ない。

「もうこうなったら、中国入りしてからだ!」と、腹をくくる。
竹IMG_9220
こんな太い竹林があちこちに。

小さな村のようなので、民宿はそこだけかも、と心配だった。
1度目は、上海浦東空港行きの地下鉄で知り合ったイケメン君に、その民宿へ電話を入れてもらった。

ところが通じないという。

2度目は、その「程陽景区」へ行く前夜、ホテルのスタッフに電話を入れてもらった。
やはり番号が違うのか通じなかった。
おぉい、『地球の歩き方』編集部よ、電話番号違うじゃん! プリプリ

そこでもし民宿に泊まれなかったときのために、スタッフに三江の街のホテルを紹介してもらった。予約を入れれば確実にホテルの部屋をおさえられるというが、やはり民宿にチャレンジしてみたい。

さぁどうなる?

中国 桂林6 安価な5ツ星ホテル
上海から桂林までは飛行機で約2時間ほど。LCCだと片道2千円くらいから。
桂林空港からは、タクシーで市内のホテルへ。高速道路に乗り約1時間15分くらいかかったが日本円で計算すると約2千円。

中国の交通費やホテル代は安い。
なので、ホテルは5ツ星を。

言語が不安な国では4ツか5ツ星ホテルに泊まるようにしている。物価が高い国ならユースホステル。下手な私の英語を聞き取り丁寧に対応してくれるスタッフが必ずいるからだ。

今回のホテルも広々としたツインベッドで1部屋約8500円。しかも種類豊富なビュッフェ形式の朝食付き。1人あたりにすると4250円。日本のビジネスホテルでもこの値段はない。

ここに3泊。連泊ではなく、最初と最後、そして途中で1泊。大きなキャリーバックを置かせてもらい、1泊や2泊の小旅行へはリュックサックで出かけてきた。

さて翌日の計画だが……
龍背梯田へ路線バスで行き、梯田(棚田)を見た後、程陽景区へ出向き、現地で宿を探し泊まるという予定。

旅に小さな冒険を入れると、否が応でも旅の筋書きが変わる。
それが思わぬ出会いに繋がったりして。

程陽景区は、新聞広告でよく見るツアー日程だと日帰り観光が多い。山間にある小さな村にはいわゆるホテルはなさそうだ。ならば民宿泊かぁ?
水汲み場1IMG_7807
程陽景区にあった水汲み場
水汲み場2MG_7809

中国 桂林5
地下鉄から空港内への連絡通路を上海航空のカウンターを目指してひた走る。 

空港建物へ入るとき、夫が選んだ改札口を出た乗客たちがこちらに向かってくるのを、はるか遠くに見た。
軍配は私にあがったようだ。
建物IMG_7724

さらに幸いにも上海航空のカウンター前に手続き待ちの客が数組ほどしかいなかった。
しかしそれはある意味、桂林へ向かう便のチェックイン終了が近いことを表す。
屋根裏構造IMG_7754
(一枚目の建物屋根の内側)

最後まで油断できない。
というのも、中国の列車場合、改札は、その便が出発する30分前に始まり、なんと出発5分前には打ち切る。だからいつも改札が始まると乗客たちが大きな荷物を抱え我先にとばかりひしめきあう。
日本のように整然と並ぶなんてことはない、まして「早めにホームに立つ」「ホームで見送る」「ギリギリ飛び乗る」などなど、中国では絶対にありえない。


厳重なセキュリティーチェックを済ませ、ゲートに向かう。
ゲートは一番奥。
桂林行きの搭乗が始まったと放送が入った。急ぎ足になる。
ゲート番号を確かめていると、前方に不安げに人探しをしている顔が……。
従兄姉だった。
「会えたぁ!よかったぁ」
と、思わず従姉さんに抱き着く私。
「おぉ、間に合ったかぁ。絶対無理だろうと話をしていたところだよ。明日、ホテルの朝食で会えるのかと思ってたよ。奇跡だなぁ~」
は、従兄の言葉。

引き裂かれた兄弟姉妹が再会したような感動的な場面というと、脚色しすぎかも。
でも「この旅の運気は吉!」と確信した瞬間となったことは言うまでもない。

しかしながら現地でも予定通りとはいかず……で、ボチボチ綴りますね。ご期待くださいまし。

中国 桂林4
機内で「ボヘミアン・ラプソディー」を鑑賞している間に上海虹橋空港へ到着。
心臓バクバクの入国審査もすんなり通過。預けた荷物を受け取り地下鉄へ。

地下鉄改札前でのセキュリティーチェックでもパスポート検査。
またまたドキドキ。
しかし案ずるより産むが易し。
水車IMG_7834

ここまでで、すでに1時間ほど経過。
残り3時間。
順調に浦東空港についたとしても、国内便の発券手続きや荷物の預け、セキュリティーチェックなどで時間を取られたらアウトだ。

一駅先のターミナル2へ。
乗り換えのため改札口へ上がると、大きなガラスの向こうに2号線の字が見える。
よしよし、事前にネットで確認した通り!と安心したのは束の間。
なんとガラスの向こうへ行くルートがない。
手が届くのに、お預けを食っている感じ。

近くにいたイケメン青年に聞くと、一駅地下鉄で行き、そこで乗り換えるのだという。

えぇ?目と鼻の先に2号線ホームがあるのに? しかもせっかく一駅来たのに、また戻る?
ネット情報と違うことでパニック状態、頭の中がこんがらがりよくわからない。

幸い、その青年も同じ地下鉄に乗り途中まで行くというので付いていくことに。
どうも戻るのではなく、一駅先に進むらしい。

香港出身のイケメン君は大学卒業後、建築を学びたくてカリフォルニアの大学院に行き、2年前に卒業しアメリカで働いているとか。日本人建築家妹島和世が建築した墨田区北斎美術館を見るためだけに日本にも来たことがあるそうだ。
今日は、春節後に続けて休みをとり、ガールフレンドの御両親に会うため上海へ来たという。

「もし日本に来ることがあれば、会いましょう!」とメールアドレスを渡す。
心にさわやかな風が吹きぬけた。
にわとりIMG_7715

浦東空港駅に着いたとき、残り1時間を切っていた。
中国の空港はもちろん、列車の駅もバスターミナルも、ともかく無駄に広い。
ホームに降り立ち、右の地下鉄改札を抜けるべきか、左のそれへ向かうべきか?一瞬迷った。
この選択を間違うと、えらい目に合いそうな気がする。

賭けだ。

夫は右と言った。
私は言葉を発する前に左へ走り出していた。

中国 桂林3
ネット情報によると、上海虹橋空港から浦東空港への移動方法は下記の通り。
・無料シャトルバス(無料乗車券を空港でもらう必要がある)
・タクシー
・リムジンバス
・リニア
・地下鉄
夫は無料シャトルバスでというが、車移動は時間が読めない。渋滞にはまったらもうお手上げだ。我が家の財布事情からタクシー・リムジン・リニアは論外。地下鉄しかない。

「地下鉄10号線を利用しターミナル1から2へ移動、そこで2号線に乗り換え浦東空港へ」

フムフム何とかなりそう……。
出国前に気づいてよかったぁ。ネットでサクサク検索できるありがたさ。

トン族美女P2150176
トン族の美女(顔に少しモザイクをかけています)

翌早朝家を出て、羽田空港へ向かう。
もう一つ前夜準備中に発覚したのは、夫のパスポート期限が残り2カ月という事実。
国によって異なるが、中国の場合残存3カ月以上とか。

「羽田空港から飛び立つのは、私だけかも。留守番をよろしくねぇ!」
何とかなるだろうと思っているお気楽な私と違い夫の表情は暗い。

やはり空港カウンターの発券時に引っ掛かり、夫だけ別対応に。
時間はかかったけれど無事通過。

私 「日本を出国したはいいけれど、入国できないかもよ。ひとりとんぼ返りか?」
夫 「羽田はまだ日本語が通じるからいいけど、中国でもしもの場合どうなる?」
会話が続かない……。

おじさん2140058

上海行のゲートにできた列にびっくり。
私たちが並ぶエコノミー列がなんと一番短いではないか。
平日の朝一番の便、スーツに身を包んだビジネスマンたちが列をなす。日中の経済好景況が見えるようだ。

たった3時間のフライト。ビジネスクラスもプレミアエコノミーも、エコノミー席よりいくぶん広いだけ。なのにそれらの席が機内の2/3を占める。会社が落とすお金が航空事業の潤滑油になっているのだろう。

中国 桂林2
思えば……出かける直前まで色々と用事があり、旅支度も前日というバタバタ状態だった。
いやぁそれは言い訳。確認不足は否めない。

前夜、パソコンを立ち上げ飛行機や桂林現地列車のバーチャルチケットを印刷し、何気にEチケットを見て驚いた。なんと到着するのは「上海虹橋空港」だが、桂林へ飛ぶのは「上海浦東空港から」となっているではないか!

あぁ~だから安かったのかぁ!
乗り換え時間が4時間もあるのはそのためだったのかぁ~

いやいや納得している場合ではない。
空港が違うということは、日本でいうなら、「成田に到着し国内線乗り換えのために、羽田へ移動」ということだ。
これはえらいこっちゃ!

それに往復「中国東方航空」と思っていたが、但し書きには往路はJALとの共同便(これはまぁよくある話)だが、注目すべきは上海から桂林への国内線。「上海航空カウンターで手続きするように」。むろんエアーも上海航空。

そういえば……
従兄夫婦は上海浦東空港から15:50発の上海航空。
(私たちは虹橋空港から15:50発の中国東方航空……と思い込んでいた。)
今思えば、同時刻発で「これってどういうこと?」と、気づくべきだったのに。
同時刻同空港へ向けての離陸も中国は広いから「アリ」なのねと、虹橋空港内での乗り換えを信じ切っていた愚かな私。
竹ご飯4人分IMG_8956
太い竹に入れ焼いて作ったおこわ。
竹ご飯一口IMG_8972
一口サイズの蒸し竹おこわ。

「待ち合わせは上海浦東空港の桂林行きゲートに変更」と、すでに上海にいる従兄へメールを送る。

すると折り返し以下の返信メールがきた。
・上海虹橋空港から浦東空港まで地下鉄で100分はかかる。
・リニアだと乗り換えやチケットを買うのに時間はかかるが、20分くらい時間短縮できる。
(夫のポリシーからすると、高値のリニアは即却下)
・空港も、地下鉄に乗るのもセキュリティチェックで時間をとられる。
・しかも春節のあとで、どこもかしこも人が多い。
必死に猛ダッシュで来ないと乗り遅れる。

果たして我々はどこで会えたのか? は、次のネタ話で。