FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ネパール 20
ロッジの部屋に灯りはあるが、身の回りの片付けがようやくできる程度。夜の帳が下りたら寝るしかない。だからたっぷり寝ても夜が明ける前に目が覚める。

シャンポジェの4日間もクムジュンのロッジ初日も、泊まり客は私1人。


朝霞が村にかかり、家々の煙突から立ち上る煙が、同じ方向に流れゆく。

シャンポジェでは感じることができなかったネパリーたちの日常が、この村にはあった。

山間に開かれたクムジュン村を散歩。

共同水道が数カ所あり、いつも水が流れ出ている。

そこで洗濯する人や水をがぶ飲みする子供たちを見かけた。洗濯した衣類は、屋根や石垣の上に。




ところが夕方から雨が降ってきたのに、慌てて取り込む様子が見られない。ロッジの窓からみえる洗濯干し場には、雨にうたれタオル類が。


地面に干したヤクの糞は、シートで覆ったのに。
(乾かした糞をストーブの燃料にする)

よくよく考えてみると、ここでは雨の水で洗濯し、喉をも潤す。

ならば吊るされたタオルは、さらに雨が洗ってくれているということか?
スポンサーサイト



ネパール 19
シャンポジェからクムジュン村までは緩やかな下り道。標高差は74メートル。
急げば30分もかからない道を1時間かけて歩く。
見渡す限りなだらかな牧草地、そこに草を食むヤクが一頭。野生っぽい。

この辺りで見かけた首輪(鈴つき)をしたヤギ、ロバ、牛やヤクたちは、紐などで繋がれていない。数頭群をなして移動するときも、飼い主が後ろからかける声に従って動く。


つい美味しそうな草の誘惑に負け食み始めたヤクが、飼い主の叱責の声に、目をギョロつかせ、後ろ髪を引かれつつ群れに戻るのも愛らしい。

オーストラリアやアメリカなど、境目がどこにあるのか見えないほど広大な牧草地でも、必ず動物たちが逃げ出せない「柵」があった。それがここにはない。

シャンポジェもクムジュンの村も、一家?一族?の敷地の周りに石積みの塀がある。
しかし、それを乗り越えてヤクたちは自由気ままに出入りする。


彼らが草を食むためにつけた獣道が、山肌に模様を創り出していた。

ネパール 18
ヤッタァ!
ついに乾季がやって来たぁ。

雪をいただいた左端がエベレスト


右のとんがった山がアマダブラム。

この美しい景色に導かれ、近隣の村を訪れることに。先ずはクムジュンへ。仲良くなったシェフが道案内してくれた。

お知らせ!
ネパール16に、イラン人の演奏動画をupしました。ぜひお聞きくださいませ!
ネパール 17
シャンポジェのシェルパリゾートロッジにこもって3日目。朝4時。窓から覗くと、まだ雲はあるものの、雲の切れ間にきらめくものが。

待ち焦がれた星だ。

星が手招きしている。ダウン二枚重ね、完全防備で外に出ようとするが、建物の外へ出る鍵が外れない。ガタガタさせてスタッフを起こすと申し訳ないので、すごすごと部屋に戻る。

同じロッジに3日も居れば、スタッフとも仲良くなっており、鍵が開かず、出られなかったことを伝えると、解錠のコツを教えてもらえた。明日の朝、再度チャレンジだ!

この日は、重く厚い雲に遮られながらも、午前中は白銀をいただいた山が見えた。


雨季から抜け始めていることは、素人の私でもわかる。明日の朝、星が私を待って輝いているに違いない。
ネパール 16
長逗留したロッジは、シェルパリゾート、元の名前をパノラマリゾートという。

日本人が建てたという有名な「エベレスト ビューホテル」は、ツアー客でないと泊まれない。値段も高い!私が泊まっていたロッジから、歩いて20分くらい。もちろん出かけて来たので、その報告はいずれまた!

雪で真っ白の山々に360度囲まれたロッジで、夫たちが5000メートル超えのトレッキングを終え戻って来るのを待つ。三食付き、アルコール以外飲み放題。美しい景色の中で読書三昧。のはずだった。

ところが今年は雨季が長引いていた。これも異常気象の影響だろうか?

毎朝、目覚めると楽しみに窓の外を覗くが、ガスで真っ白。

厚く重く覆っていた雲が時々切れて山々が姿を見せてくれるものの、あっという間にまた白いカーテンが降りる。


午後からは大概霧雨。トレッカーは逃げ込むように入ってきて、お茶を飲み、着ているものを乾かす。

エベレストへ向かう殆どのトレッカーははポーターやガイドを伴っているが、1人で重い荷物を背負い、トレッキングしている女性とも数人会った。

訪れる国籍は多彩だ。イタリア、スイス、フランス、ドイツ、韓国、中国、イスラエル、スペインなど。日本人とは、滞在最後にようやく会えた。(その話もまたいつか。)

ある日、大きな打楽器を抱えたイラン人がやってきた。なんとカトマンズからここまで、ヒッチハイクと歩きだけで来たという。世界中を打楽器を演奏しながら、歩いているそうだ。



その打楽器の音色が自然に溶け込み、心のひだに沁み入る。

帰国したら、ビデオ映像でブログにupできるか、tryしてみますね。
ネパール 15
シャンポジェヘリポートのそばに、Pembaの妹が営むレストランとロッジが1軒建っている。

そこで朝食を摂り、霧雨で視界が悪い中、10分ほど周辺を歩いてくるようにと言われる。

というのは、ルクラとシャンポジェには約1000メートルの高度差があるので、身体を動かして高度順応させるためだ。

一応、ルクラに着いてからダイアモックスという高山病予防薬を少量ずつ朝夕飲んではいるが、果たして薬で抑えられるものか? (なお薬はカトマンズでも買える。)

何せ視界数メートル。ちょっとした茂みの中を地べたに張り付く花を写メりながら歩く。


振り返ると真っ白で、ヘリポートがどこか分からない。危ない!危ない!それにしても、富士山より高いというのに、木も茂り花まで咲いているとは。緯度の差が生態系にこれほどの影響があるとは!

ようやく無事ロッジに戻り、頭痛もふらつきもなく大丈夫そうなので、pembaのロッジに向けて出発することになった。

ヘリポートから見上げた頂上に、Pembaのロッジが見えた。

えぇっっ? あそこまで登るわけ?

健脚なら数十分かもしれないが、登る前からドキドキする。さっきまで平気だったのに。

Pembaのロッジで働くネパール人たちが、走るように降りてきて重い米袋や野菜類、肉、果物を担ぎ、駆け上がっていく。

Pembaは私に合わせ一歩一歩ゆっくり上がってくれる。

半分ほど登ったところで、突然Pembaが両手を合わせ息を吹き音を放つ。鳥でも呼ぶのかと思うと、スタッフへの合図だというではないか。

数分もせず、スタッフが降りてきてPembaと私の背負っていた荷物を担いで行った。
携帯が使えない時もあろう。数百年前と同じ方法がここでは有効なのだ。

ネパール 14
Pembaから、パイロットが、何日も待たせて申し訳ないと言っていると聞いていた。歩いても帰れるロッジ前のエアポートまで、3回もヘリに乗せてくれたのも、イケメンパイロット。

その彼が、激昂し「No flight!」と断言しヘリから降りるとき、シートベルトの外し方が分からずモタモタしている私の手をおさえ「You stay here 」と小声で言った。

その瞬間、飛ぶんだ!と確信したものの、ここは嬉しさを隠さねばならないと判断。あたかもシートベルトが外れないかのように装いつつ、外を見ると・・・。

パイロットはすごい形相で怒鳴り散らし、みんなシュンとしている。

数分のち、後ろの席のシートを半分外し、荷物を積み込み始め、残りの半分の席にPembaと女性が乗り込んだ。よく分からん警備員?視察員?は置いてけぼり。
ここがネパールでなく、某国なら、優先されるのは公人だろうに。

荷物の積み込みにも問題があったようだ。
かわいそうに、Pembaの段ボールと女性の荷物が1つずつ取り残されたまま、ヘリは地上を離れた。転がったダンボールをカラスが盛んにつつく。

3日前仏頂面だったスタッフも笑顔で手を振ってくれている。
腰が痛くて登れない私がチャーターしたヘリに、私の許可なく、荷物を積み込み乗り込むのをパイロットはちゃんとみていたのだ。




もちろんPembaも女性も、料金を払ってくれた。
ネパール 13
飛べる確率が高いのは早朝。今日こそと朝食も取らずヘリポートへ向かう。

昨夕降りたヘリは別の客を乗せて飛び立っていった。
なので徒歩で10分弱ほど離れたヘリポートへ向かう。
数日前と違う道。
学校があったり、コンビニっぽい雑貨屋があったり。
マニ文字を刻んだ大きな岩があったり。


どうせ今日もダメなんじゃないの?と半信半疑。ついキョロキョロと写真を撮りながら歩き、ヘリポートにようやく着くと、早く乗れ!と急かされた。

パイロットの横に座るや、すぐにシートベルトを締めてくれる。今日こそ飛べるんだと実感!

一緒に乗る予定のPembaが、納屋から米、野菜、肉やらを運んできて後ろの座席に積み込む。
仲良くなったネパールの女性も一緒だ。
制服に身を包んだ公職っぽい人まで乗り込んできた。
そんなこと聞いてないなぁと思った瞬間、パイロットがキレた。

回り始めていたプロペラのエンジンを切り、
「全員降りろ、荷物もおろせ!」
と、怒鳴る。
えぇ?どうなってるの?
また現地の天候不順かぁ?
でもそれならパイロットが怒る必要はない。
一体何が起きた?
ネパール 12
フライトは6時と言われ、早起きしてロッジ前のエアポートへいく。

快晴だ。真っ白な山が青い空に映える。

1本ずつ巻き付けるインゲン豆

パイロットが、「さぁ、2分のフライトに出よう」と茶化す。

大きな荷物はヘリポートの小屋に置いて来た。それを積み込みすぐに出発するものと思っていた。

ところがヘリポートに着くや降りるよう促される。

さっきまでクリアだった山が見えなくなっている。山の天気は変わり易い、今回何度泣かされたことか。

あれよあれよと言う間に、山どころか、目の前のヘリコプターも人々も白一色。こんな自然の力にいくらあらがっても勝てるわけがない。

まさか?

一緒にシャンポジェへ飛ぶはずのナムチェの女性は、幸いナムチェ行きが出ると聞き飛び立って行った。

雨までがふりはじめた。
食堂へ逃げ込む。

お陰でヘリコプターのキャプテンやスタッフたちとすっかり顔なじみになった。

ひたすら待つ。ランチも昨日と同じようにここで焼きそばのようなものを食べ、マサラティーを何杯飲んだことか。

或る女性が、一緒にシャンポジェまで乗せてという。
もちろん大歓迎。シャンポジェから5時間歩いて自分の村へ帰るそうだ。

突然、蒸したジャガイモがお盆に山盛りになって運ばれてきた。
みんなでワイワイ皮をむき、塩やらスパイシーなものをつけて食べる。

ヘリポートには、トタン屋根の納屋が1つ、板を渡しただけのトイレが2つ。それだけだ。食堂は、ヘリポートに隣接しているが、10人も入れば満員。

ここのトイレのアイデアが素晴らしい。足を置く板の周りには山のように枯葉が積んである。用を足し枯葉を落とせば、汚物の臭いも見た目も消え去る。枯葉は糞尿で熟成し肥料になる。

待てど暮らせど雨が降り止まず、この日もまた、ヘリでロッジに戻ることに。

オーナーのマダムが抱きしめてくれ、今日は家族なみに奥のプライベートルームへ入れてくれた。

こういう経験はなかなか無い。ある意味ラッキー。
ネパール 11
外が霧で真っ白になり、そのうち霧雨にかわり、ついに屋根を叩く音が激しくなった。
もう絶望的? なのにシャンポジェは晴れだしたという。

その繰り返しを何度聞いただろうか。
本を1冊読み終えてもまだ飛ばず。

4時を回った頃、今日のフライトを諦め、今朝別れたばかりのオーナー夫人がいるロッジへ戻る。

こういうアクシデントが面白い、時間はたっぷりある。
地元の生活が垣間見え、地元の人と話し、友達にもなれる。

しかもこのちょっと離れたヘリポートから、ルクラのメインエアポートまでヘリで戻るというのだ。歩いて7、8分の場所に、フライト時間はたった2分もかからないのに。プロペラがまわり、上に上がるまでの時間の方が長い。


まるでちょっと自宅に戻るついでに乗せてやるよ!的な軽さ。
スケジュールが決まっていないから、まぁいいけど。

しかし、そう悠長にポジティブに考えらたのは、ここまで。
ネパール 10
本に夢中になってふと時計を見ると11時をまわっていた。またネパール時間というヤツかな?と、思っていると、Pembaが「ランチしましょう」という。
シャンポジェの天候が悪くて飛べないというのだ。
ここも曇ってきた。嫌な予感が走る。

ヘリポート隣接の食堂で、焼きそばを食べる。日本と同じ味。
ミルクティを何杯も飲みながら、同乗する人と話をしているうちに、フェイスブックでつながり友達になった。

ナムチェに住むが、数年前に受けた手術の経過観察のため、カトマンズの病院に数ヶ月おきに検査に通っているのだそうだ。
お兄さんは、ガイドの仕事でエベレストで命を落としたのだという。

この地で生きる男たちは、身体をはり命がけで仕事をこなし金を得、家族を支えている。
30キロはある客の荷物を背負い、トレッキングに同行するポーター。
一日18ドルから20ドルだが、仲介でいくらか抜かれ、果たしていくら彼らの手に残るのだろうか。

写真、なかなか入らないんです。
残念!
ネパール 9
朝一番のヘリということで、早起きしてきたが、残念なことに数日飛ばず待っている人がいるので、そちらを優先するとのこと。10時頃になるかもと聞き、石の上に腰掛け本を読むことにした。

ヘリがしきりに飛び交う。着陸するや、男たちが総出で荷物や客を下ろし、新しい客と荷物を積み込んでは直ぐに地上から離れていく。

男たちが、長い鉄管を持って集まってきた。
大きな荷物に鉄管を格子状に組み、紐で縛り、まるで神輿のように工夫して、17.18人ほど男たちが声かけながら階段を上り街まで運ぶ。400キロはあるとか。


もう1人シャンポジェへ行きたい女性がいるが、同乗して良いかと聞かれる。
もちろん大歓迎だ。ヘリ代が半分になるのだから。
「彼女はいくら払ってくれるの」ときくと、ずいぶんと安い。ネパリー値段らしい。
なんと3200ルピーとか。
ええ? 私たち外国人は何倍払っていることになる?
それでもまぁ、少しでも戻ればよいかと快諾!
ネパール 8

早朝7時前に、エアーポートへ向かう。
目の前がエアーポートで、2日前そこに降り立ったのに、今日は違うヘリポートだという。歩いて7~8分。

いわゆる観光客が通るエベレスト街道ではなく、地元の人々の生活圏を抜ける路地。洗濯物は石積みの上に無造作に広げられている。


外の水道で食器を洗う女性。
そういえば、日本人妻のますみさんがここに住み始めた7、8?年前には、水道も電気もなかったと言っていた。

ネパールに駐在している日本人からは、シャワーを浴びるときでさえ、一滴も口に入れないようにしなければ下痢すると忠告してくれた。

なので、ペットボトル1本には、カトマンズの薬局で買った浄化剤を入れ、ミネラルウォーターか沸騰させた水を入れたペットボトル計2本を常備している。

歯磨きのあとの濯ぎは、まず浄化剤が入った水を使い、最後にミネラルウォーターで仕上げる。

ランドセルを背負い学校へ行く子供たちを見かけた。私服は公立、赤いセーターの制服を着ているのは、私立小学校だとか。ランドセルは日本からの寄付と聞いている。


そうこうしているうちに、エアーポートに着く。
空は晴れわたり汗をかくほど。さぁ、3850メートルのシャンポジェへひとっ飛びだ!

の、はずだったのに・・・
ネパール 7
翌日、靴を受け取りに街へ降りる。

一人で歩くと、好きなところで写真を撮ったり、子供たちの様子を眺めたりできる。
ただ小雨が、邪魔をする。


その店に行ってみると、昨日頼んだ女性はおらず、老齢の婦人が店番をしていた。
近づくと、若者が寄ってくる。
Pembaに書いてもらったネパール語での、靴の受け取りと支払い額確認の紙を見るや、若者は1000ルピーと言い放った。しかし金額を言わず、靴を受け取りに来た人とでもネパール語で言ったのか、夫人の表情が緩み、靴を渡してくれた。

しかし前日にPembaが値段交渉をしていたので、私は500ルピーと言い張ってみた。昨日ネパリーと一緒に来て、値段は聞いていると。
するとそのネパリーを連れてこいという。
OK と引き返そうとすると、すぐに観念したようで500で良いという。

ネパール語で聞いたのか、ちょっと老齢な婦人の苦虫を噛み潰した表情が気になる。

ついでに友達から聞いていた、ルクラに嫁ぎ土産物屋をやっている日本人女性を知らないかと若者に聞いてみると、そこまで案内までしてくれた。
その日本人女性ますみさんに靴の話をしたら、1000ルピーが妥当という。ボンドで接着するだけでなく丁寧にミシンで縫ってあるのだからと。老齢な婦人の顔が思い出される。今から返して来ようか?と聞くと、「もう商談は終わったのだからいいのよ」と、ますみさん。その言葉に救われた。

日本のテレビでも数年前に紹介されたことがあるとか。