FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ネパール 28
宿探し!宿探し!

バザールが開かれるためか、満室が多い。
すり鉢状に多くのロッジが並ぶ。
高台のロッジは素泊り1泊1000円と安いが、バザールが開かれるのは1番下辺り。その場所までの往復、階段の上がり下りを考えるだけで腰が痛くなる。

2軒ほどロッジの部屋を見せてもらっていると、Sちゃんのお母さんと遭遇。
私たちより1時間以上遅れて村を出ると聞いていた。
バザールの買い物にやってきたという。

Sちゃんのお母さんも一緒にロッジを探してくれ、結局少し高いが一番賑やかな通りにある所に決めた。観光客だと高値をふっかけられる心配があったが、お母さんのおかげで正規の値段で。
1泊30ドル(トイレ、シャワー付き)。さらに電気毛布まで付いている。



トレッカーたちはルクラから歩いて来て、ここに連泊し、クムジュンやシャンポジェまで日帰りで登り、またナムチェへ下り眠る。日中身体を高度まで動かし、高度を下げた場所で眠る。これを1000メートル位ごとに繰り返しながら高度順応し登って行くのだ。


スポンサーサイト



ネパール 27
ナムチェに2~3泊する予定。

次々と新しいロッジが建設され、道や階段に石畳を敷く作業に忙しい。

語るまでもなく、すべて人力だ。
竹で編んだ籠に大きな石をいくつか入れ、作業場へ運ぶのは若者たち。
それを熟年の男たちが必要な形に金槌のような道具で削り、階段や石垣などに組み上げていく。

カンカンと石を砕く音が山に反響する。
石を運ぶ男たちは、「重くてたまんねぇ」とばかりに、背負った籠から石を投げ落とす。

土煙が舞い上がり辺り一面埃っぽい。

子供たちが、工事現場側の狭い場所で凧揚げに興じている。右側は崖。柵もなく、足でも滑らせたら命はない。

しかし誰も止めないし、子供らも嬉々として走り回っている。まるで「危険」とは無縁とばかりに。

いや、車社会に生きている子供らの方が、数倍も危険かも。


ネパール 26
ナムチェでは、毎週金曜と土曜にバザールが開かれる。それに合わせて出かけてみたいと思っていた。




下るは易し。されど登るは??

ナムチェへは、標高差約400メートル弱、急坂の石階段を下り続ければ良い。道は1本。分かりやすいと聞いた。

トレッキングから戻る夫や友達夫婦と6日後にシャンポジェで待ち合わせをしている。だから数日後には、同じ石の階段を登って帰らなければならない。

腰痛持ちの私にそれができるのか、その無理が後に響かないか、ずっとネパールへ入る前からひとり逡巡していた。

ルクラからシャンポジェへヘリで飛んだように、ヒョイと上がれると良いのだけど、リフトやロープーウエイなんてものは何もない。
馬やロバなら選択肢にあるが、階段道だと揺れ過ぎて腰をもっと痛めそうだ。

歩くしかない!

迷う私の背中を押してくれたのが、Sちゃんたちだった。

そうだ!時間をかけてゆっくり戻ればいい。何とかなるさ!

当日の朝は青空のもと、歌を歌ったり、前日買ったアップルパイを途中で食べたり、SちゃんPちゃんたちとピクニック気分。
クムジュンから付いてきた野良犬が2匹。まるで飼い犬のように付かず離れず私たちの供をする。

1時間半ほどでナムチェへ到着。

大きな街。
さて先ずは宿探し!

ネパール 25
14歳のSちゃんに案内してもらわなければ気づかない小さなカフェ ベーカリー。

パンの種類や数は少ないけれど、チョコレートがかかったドーナツやアップルパイも並んでいる。

Sちゃんの妹Pちゃんの友達は、カフェ初体験なので、緊張しっぱなし。ココアラテに描かれた絵を見つめたまま、かたまってしまった。


おやつを食べた後、Sちゃんたちの家へ。
蒸したてのじゃがいもをPちゃんが一緒懸命に剥いてくれる。

それにピリ辛のソース(写真手前、バターやチーズなどに香辛料を混ぜたもの)を付けていただく。

翌日、ナムチェという村へ行くと伝えたら、Sちゃんが私の荷物を持ち、案内してくれるという。


ネパール 24
村の入り口に、世界で初めてエベレスト登頂を果たしたヒラリーさんが開設した学校がある。小学生から高校生までの約250人ほどが通っているそうだ。遠い村の子たちのために寄宿舎もあるとか。

訪れたときは、ヒンズー教のお祭り「ダサイン」で、約1ヶ月間のお休み中。

だから朝の10時頃に、子供たちが畑仕事を手伝っていたわけで、もし休みじゃなければ、当然、奇遇は起こらなかった。

皮を剥いたじゃがいもは薄く削り、天日に干して冬の備えにするそうだ。

干した芋

作業のあと、子供たちと村のパン屋さんへ。
ネパール 23
ネパール 22

「じゃがいも」
私の問いかけに、返ってきたのは日本語。「ポテト」ではなく。

しかも
「私は日本人のA子を知ってる」
とも。

A子?
タレントやジャーナリストなど有名人でその名を持つ女性を私は知らない。

そういえば、今回のヒマラヤ旅行へと導いてくれた元同僚夫妻が、この村で民泊したと言っていた。

もしかして「H A?」と、フルネームを口にしてみると、そうだという。

民泊した家の場所や名前も知らないし、子供たちが、何歳くらいとか何人いるとか詳しい話を聞いていたわけでもない。

奇遇って、こういうこと?

「その作業、私も手伝っていい?」
と、畑の中へ。


ネパール 22
村の中を散策!
人に出会うたびに胸の前で合掌し「ナマステ!」と挨拶をすると、どの人も相好を崩す。日本から来たと言うと、より破顔になる。

片言英語や中には日本語を話せる人もいる。

この国で現金収入を得るには、ポーターやガイドの仕事に就くのが一番。雨季のシーズンオフには、日本の山小屋へ出稼ぎに来る男性たちも多いと聞いた。だから日本語が話せて、親日的なのだろう。

畑の中で何やら作業をしている子供たちを発見。



「何をしているの?」と聞いたら返ってきた言葉に驚いた。
ネパール 21

これらはヤクの糞。
竹で編んだ籠に、糞を拾い集め、楕円形にして干す。
美しくもある。臭いはない。

下記のように石垣に貼り付けているところも。


よく見ると、指の跡があるので、手でハンバーグを作るよう伸ばし形を整え乾きやすくするのだろう。

大事な冬場の燃料だ。
標高3800辺りには、まだ樹木が茂っているが、この辺り一帯は国立公園内。勝手に木を切ったり、移植すれば罰金と聞いた。

荷物を運び、落とす糞は燃料に、そして最期は肉料理にまで、役に立ってるなぁ~!