FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ネパール 33
ナムチェのロッジで、スウェーデン人と知り合った。
正確に言うと、ネパールの女性と結婚し、この地に移住してきた男性だ。
その傍らにいた黒髪の控えめな女性が、妻だと教えてくれた。

食事しながらの、お互い自己紹介をした程度だった。
ところが、翌日ひとりでナムチェからシャンポジェへ戻る途中で、偶然、またこの二人に行き会った。
sIMG_3674.jpg
夫妻の間に私

トレッキングシーズンに入り、訪れる人々に関心をもって!と、アピール活動をしていたのだ。
彼らは、この地域の環境を守りつつ、より開かれた観光地へと開発すべく動いている。
下記は彼らの取り組みを紹介するサイト。青字をクリックしてネ!
サガールマータnext

牛やヤクが畑を開墾し、建物も、石畳の道を作るのもすべて手作業。
一番近いヘリポートから山をいくつも越えて5時間ひたすら歩かないと家に着かない場所で暮らす人々。
暗くなると眠り、夜明けとともに活動が始まる。
風呂やシャワーは数か月に一度という人も。
洗濯も川での手洗い。

なのに、それでも先進国と彼らはつながっている。
まるでドラエモンの「どこでもドア」のように。
それはネット通信利用だ。

小さなスマホやパソコン画面の中に先進国の激しくうねる「今」が時々刻々と映し出される。
スピードは格段に落ちるが、ネパールもまた変化し続けている。

スポンサーサイト



ネパール 32
日本の子供たちの方が英語を学ぶ環境に恵まれているはずなのに、山奥に生きるSちゃんの方が数段に英語力が身に付いているのは、何故なのだろう?

Sちゃんが通うのは、小学生から高校生まで通う小さな学校だ。昼ごはんは家へ食べに戻るというから、日本と違い昼休みはたっぷり時間をかけるのだろう。秋の祭りは1ヶ月も休業し、真冬は雪で閉ざされる。トレッキングシーズンオフはロッジを閉め、カトマンズで生活するという家族も多いと聞いた。英語を学ぶ時間数、ツール、すべて日本の学生の方が優っている。

キーは「枯渇」?
Sちゃんは、18歳になったらお姉さんやお兄さんのように村を出てカトマンズの大学へ行き、将来は学校の先生になりたいと夢を膨らます。

シーズン中はこの後進地に世界中から人々が列をなしてやってくる。先進国の文化を香り豊かに振りまく彼らを通し「世界」を感じあこがれるSちゃんたち。その世界に足を踏み出すには、英語が必須であることは言われなくとも知る。

ロッジでいろいろなガイドやポーターとも行き会った。
英語ができないポーターは、一生重い荷物を担いで生計をたてるしかない。

重い大きな荷物を十数人で担ぎ運ぶポーターたち。

英語を自由に操り、観光客を相手にガイドを勤めれば、荷物を担がずして日当は数倍にもなる。
インターネットというツールを通せば、世界中から客を集めることができる。そうした夢を語る若いポーターたちの目は輝いていた。

ネパール 31
ロッジのレストランに2人して出向くと、注文する前に、彼女の前にだけカップに入ったお茶が出てくる。

外国客と一緒にいるネパール人は、ポーターかガイドと認識されるらしい。街道沿いの村々にはロッジが軒を並べる。だから客を連れて来たポーターには、ベッドと食事が提供されるとも聞いた。

「14歳のまだ若いあなたがポーターをしているの?」と、隣の席の外国人から同情の声が聞こえた。

Sちゃんは14歳とは思えないほど流暢に英語で臆することなく話す。

慌てて「ポーターとして雇っているのではなく、友達の娘なのよ」と口を挟む私。荷物を持ってくれたのは事実なのに。

トレッキング3人組の記事は、画面右側のリンクに貼ってある「大人の手作り遊び」をクリックしてくださいね!
ネパール 30
ナムチェのお寺などを散策したあと、Sちゃんが
「アイスクリームを食べたい」と言った。

富士山ほど高いこの小さな街でアイスクリーム?
しかも晩秋のこの時期に?

どこのレストランメニューにもなかった。ナムチェには、小さなスーパーもあるが、そこでも見かけなかった。

するとSちゃんが、
「カフェへ行こう」と誘う。
オーストリアへ出稼ぎに出ているお父さんが帰国したとき連れて行ってくれたのだとか。

2階へと続く階段を登り、店内に踏み入ると、突然ネパールから東京にワープした錯覚に陥った。

自転車どころかリヤカーすらない。ヤクやロバ、そして人間たちが重い荷物を運び、洗濯は川、ストーブの暖をとるのはヤクの糞。

しかし、まさしくそこには都会の小洒落た一角があった。

黒を基調とした装飾、間接照明、そしてアイスクリーム!


トレッキング3人組の記事は、画面右側のリンクにはってある「大人の手作り遊び」をクリックしてくださいね!

ネパール 29
何度も訪れてくださった皆様へ。
しばらく事情がありwifi環境がない場所にこもっており、ご無沙汰して申し訳ありませんでした。

ナムチェへ向かう道すがら、Sちゃんから一緒に泊まりたいとねだられた。

外国では、1部屋換算。2人でも1人でも同額。妹のpちゃんも泊まりたいという。Sちゃんと同じベッドを使うなら3人でもいいかな?と思いつつも、先ずはお母さんに了解を得ることに!通訳はSちゃん。

後からやって来た母親と相談し、Sちゃんだけ残り、妹は母親と村へ戻ることになった。お母さんは私に気兼ねしたのだろう、買い物の前にナムチェのレストランでネパール料理モモをご馳走してくれた。

Sちゃんと泊まったのは、前回の写真とは別の部屋。バザール期間中ということもあり、一番底のツインベッドルームしか空いてなかった。なんと隣はじゃがいも保存庫。


1泊したSちゃんと別れたあと、ロッジオーナーと交渉し、3連泊条件で、1泊5ドルずつディスカウントしてもらい、さらに見晴らしの良い、ダブルベッドの部屋に替えてもらった。

ロッジのレストランやフロントがある階から底の部屋まで5階分もあることや、部屋の上の客がバタバタとうるさかったのも理由としてあげたら、難なく良い部屋に替えてもらえた。

何でも言ってみるものだ!

夫と友達夫婦のトレッキング組のブログは、画面右側に貼ってあるリンク「大人の手作り遊び」をクリックして下さい。