FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ネパール 39 ネパールで日本食
ひとり長逗留していたロッジで日本食が出た。
味噌汁、煮物、ポテトコロッケ、日本のカレーライス、福神漬けやラッキョまで!


黄色の器の料理は甘酢がかかった大根おろし。

日本では見たことがないほど巨大なコロッケ。どうしてこんなに大きいのかと思ったら、中からコロコロとキューブ状のじゃがいもが転がり出た。

形作るのも揚げるのも大変だったろう。
そこでじゃがいもは潰して、みじん切りした玉ねぎをバターで炒めて入れると美味しくなるよと伝えたら、数日後また作ってくれた。サイズも味も格段に良くなった。

ちょっとお腹の調子が悪いとき、お粥に卵を落としてねと伝えたら・・・

卵粥は、卵かけご飯とは違うんだけどなぁ・・あぁ英語は難しい!

「ラッキョは煮物じゃなく、カレーライスに付けてね!」と言っておいたら、な、なんとラッキョが・・・

日本人9人ツアー2日目、そして夫たちトレッキング組が下山した夕飯にそれが出た。


ラッキョは?と思ったら、なんとカレールーの中に。う~ん、こう来たか!「add」じゃ伝わらなかったんだ。

スポンサーサイト



ネパール 38 4人合流
予定通り、トレッキング組3人がシャンポジェのロッジへ無事に降りてきた。
夫の顔は、真っ黒に日焼けし鼻の皮がもう剥け始め、唇は乾燥し切れ、血が滲んでいる。

夕食を食べながらトレッキングの話を聞く。
シャンプーで泡立った直後に、出ていたお湯が水になり、凍えそうになった話。
縮IMG_0808

中国人と思われるお金持ち風のご婦人一人に、お付きの者が3人。あまりにふくよかなお腹を揶揄していたら、突然日本語で話しかけられて冷や汗かいたとか。なんと中国はもちろん渋谷やオーストラリアにも邸宅を持っている大金持ちだったそうな。

5000m辺りでは空気が薄く、寝返りをうつだけで息切れし、夜中のトイレに何度も起きるのが最大の苦痛だった話。高山病予防のため、お水を毎日3ℓ飲んでいたのも、トイレの回数が増える原因の一つ。カトマンズなら1ℓ20円が、標高が上がるにつれ値段も高くなり、最後のロッジでは5百円にもなったという。
などなど話は尽きない。

この夕食に用意されたのが、ポテトコロッケ、日本風のカレー、煮物、そして特別に焼いてもらったケーキ。
次回は、このコロッケとカレーの話を。

ネパール 37
元歯科医の彼と入れ替わりに、日本人ツアーが9人やってきた。
老若男女、一人旅の人もペアもいる。日本語ペラペラのガイド二人付き。

9日前、泊まり客は毎日私1人だけだったのに、ナムチェから戻ってみたら、活気付いていた。
縮MG_0506

驚いたことに、ヘリでカトマンズから飛んで来たという。
高度順応をせず、数千メートルをヒョイと上がって大丈夫なのだろうか?

夕食時、ツアーのメンバーがビールで乾杯しようと言い出した。
低い山でなら問題ないが、アルコールは高山病を引き起こす危険がある。

怖いなぁと心配したのは、聞こえてくるガイドの説明。
「もし咳がでれば、風邪ですから、シャワーは浴びないようにしてくださいね」
風邪ですって? いやいや確か高山病の症状に「咳」もあったはず。

酸素吸入器を見せながら
「もし調子悪くなればいつでも声をかけてください。これですぐ治りますからね」
と、流暢な日本語で明るく話す。
もし9人が次々と高山病にかかれば、1本じゃ足りないのに大丈夫だろうかと他所ごとながら心配になる。

翌日は、ヘリでカラパタールまで飛び、その後カトマンズへ戻るとか。

おいくらのツアーか聞いてみたい気持ちをグッとおさえるのに必死。
というのも、ツアーの一体感というか、高揚感に気圧されてしまったのだ。

外国人は
「一人なの?」
「なぜここに何日も泊まっているの?」
「何をしているの?」
などなど気軽に声をかけてくれるのに、なぜか日本人ツアーの皆様方からは微妙な疎外感が……。

「寂しさ」を感じたのは、不思議なことに日本人がいっぱいいたあの一夜だけだった。
縮IMG_1095

ネパール 36

5日ぶりにシャンポジェのロッジに帰って来ると、日本人ゲストが1人いた。

歯科医を退職し、第二の人生は好きなことをしたいと、家族の反対を押し切ってネパールへやって来たという。趣味は、サックス、ダイビングと幅広い。私よりちょっと若い男性。たぶん。

ルクラからの歩きが予想以上にキツかった、と言っていた。あちらも1人旅、私も今は1人。一緒に朝、夕ご飯を食べながら、日本語での話が弾む。

せっかくここまで来たのに、肝心のエベレストが雲に隠れて見えないとぼやくことしきり。


シャンポジェでは2~3泊の予定だそうで、もし最終日も山が見えなかったら、ヘリをチャーターしてカラパタールまで周遊し、上空からヒマラヤの山々を見て帰るつもりだという。カトマンズの街も面白いので、そこでも数泊するのだとか。忙しない。

私も一緒にそのヘリに乗りひとっ飛びにカラパタールからヒマラヤを見てみたい!
が、そのままカトマンズまで戻るわけにはいかない。明日にでも夫たちが下山してくるのだから。ここは我慢!

翌早朝、雲が切れ山々が神々しい姿を現した。私はドラマで家の中にいる恋人を呼ぶように、外からその男性が眠る部屋をめがけ、小石を投げた。

それに気づき、男性が笑顔で出てきた。

キーンと冷えた朝、真っ白な山々を愛でながら、名乗り合うこともなく男女2人で朝食。

もう少し若ければ、美人だったら、ちょっとしたアバンチュールに発展したかしら?
ネパール 35
ネパール人の結婚年齢は、早い。仲良くなったポーターやガイド数人とも、20歳や21歳、20代前半という。

とても20代とは思えない引き締まった顔つきの人には、大概、子供が数人いる。

子供たちの教育費を稼ぐために、英語だけでなく他国語も学び、ガイドの国際資格を取得するなど自己研鑽に余念がないのも納得できる。

驚いたのは、結婚式が全て終わるまでに2年ほどかかるという話。

ルクラのスーパー。左奥にはトイレも。

先ず、「双方の一番近い親子で顔合わせ」。
これは日本も同じ。

親戚同士、友達同士との食事会。これもまぁ、日本の披露宴を親戚と友人で分けたと考えれば肯ける。

前にも書いたが、血は繋がってないが、親戚のように付き合っている人たちが、山をいくつも越えたところにもいる。この人たちにもお披露目会。さらに、同じ村、同じ種族ごとに、もし宗教が異なれば、それぞれの宗派で会を開くのだという。

苦笑いしながら「結婚するには、1年じゃ無理だよ」という言葉の意味がようやく分かった!
お金もかかるとぼやきも。


ネパール 34
2020年の年が明け、早1週間、どのような新年をお迎えでしょうか? 皆様にとり、そして世界中、平和な一年でありますように!

昨夜テレビ朝日番組「こんなところに日本人が」で、ネパールのモンジュ村に住む青年を訪れるため、ルクラからナムチェバザールを通り・・・という映像を観て、途中だったこのブログを思い出しました。ご無沙汰ばかりして申し訳ございません。
不定期な気まぐれブログですが、今年もよろしくお願い致します。
では早速続きを。


ロッジや道中で、トレッカーを連れたガイドやポーターたちと出会う。

何人かに話しかけてみると、同じ名前を持つ人が多いことに気づく。日本のある調査によると、2019年男子人気は「翔」「蓮」、女子は「凛」「陽葵」だとか。

ところがネパールでは、生まれた曜日で付ける名前があると聞いた。だから自己紹介すると、「あぁ君も、○○曜日に生まれたんだね」となり、最後に付く出身の族名で、どんな宗教や文化を持った人かもわかるそうだ。実に90を超える種族や言語があるらしい。

マニ車

不思議に思うのは、山々をいくつも越えるところに住んでいる人達同士なのに、知り合いが多い。狭い日本でひしめき合って暮らしている私たちと、距離感覚が大きく違うようだ。

昨日のテレビでもモンジュ村へは山を40個歩いて越えて行くと言っていた。彼らにとって山を数個越えて行き来するなんて朝飯前!

私たちに紹介するとき、あの人は「僕の兄」「姉」「叔父」とかいうが、よくよく家族構成を聞くと実は長男だったりする。単なる年上の知り合いや友達でも、肉親のように親しく付き合っているということらしい。

ネパール人の情や付き合いの深さがよく分かる例がある。
それは「結婚」!