FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ネパール 45 ラスト
タクシーで指定された場所までいくと、短パン姿のイケメン若者がバイクに乗って現れた。
私たちは、勝手にAさんのことを40歳前後、もしかしたら熟年世代に入っているかも?と思い込んでいた。前回も書いたが、上級ガイドの資格を持ちエベレストやアマラムダムなど高峰の登頂をサポートし、日本人登山家たちの招待で来日してもいると聞いていた。そんな経験豊かなAさんは、どうみても20代前半の精悍な若者にしか見えない。

カトマンズ郊外の新興住宅地にあるご自宅にお邪魔すると、小学校低学年のお子さんや奥さま、親戚の若者たちがあたたかい笑顔で迎えてくれた。

日本語が堪能なAさんと話がはずみ、次々と出してくれる奥さんの手料理に舌鼓をうちながら、あっという間に時間が過ぎていく。
縮IMG_3946
銀色の筒に入っているのは、きびで作ったお酒。ストローで飲む。

登山やトレッキングでガイドをつとめるとき、Aさんは、顧客のその日の健康状態や動きなどを毎晩小まめに記録し、食事の手配やトレッキングのペース配分などに活かすのだという。また同じ山でも見る位置により姿が違うので、往路と帰路では別のルートを提案するなど、どうすればより顧客に満足感を覚えてもらえるかをいつも考えているそうだ。ガイドとしての姿勢、意識の高さには感服する。

インターネット利用により世界中からトレッカーがやってくるようになり、ネパールでのポーターやガイド業も変換期を迎えているのだと語る。英語や日本語など語学取得が必須になり、以前はガイド任せだったことをルール化し、ネパール全体のガイドの質を上げようと取り組んでいるとも。またカトマンズ国内線のターミナル拡充が急がれているのだが、思ったように工事が進まないことを嘆いてもいた。
縮顔IMG_3949


ネパールが遠い昔のようでもあり、つい数日前のようでもある。

ここ日本では、水道水をふんだんに飲める、適温のシャワーが突然水に変わることなど絶対にない、暖かい部屋、もちろん空気の薄さを意識する必要もない。食べ物も服も欲しいものは何でも近場で揃えられる。

でも……
何日も身体を洗わなくても、同じ服を毎日着ていても、どうってことないことを。
電車、自動車、コンビニ、テレビ、洗濯機……何もなくても生きていけることを。
そして人間が、自然に寄り添い、その営みにあわせれば、静かに平穏に心優しく笑顔になれることを。
そんな当たり前のことに気付き、多くの人々に支えられた旅であったことをありがたく思い返す。

あれからずっと、この心地よい余韻に浸っている。
雑用に追われ、せわしなく辛く感じるとき、この感触を呼び起こそう。
心に宝物がひとつ増えた。
 
ネパール帰国後、腰痛を本格的に治すため手術を受けました。次回はその話を!

スポンサーサイト



ネパール44 ネパール人ガイドさん宅へ
ルクラから直接カトマンズまで、たった30分の飛行時間なのに、ラムチャップ経由で半日以上もかかるとは。ほとほと疲れ切った。

その疲れを労うかのように、1本のメールが届いた。私たちの初トレッキングをバックでサポートしてくれていたネパール人のAさんからだ。
「あす、ランチにきませんか?」と。

実は、Aさんとは全く面識がない。
ネパールに何度もトレッキングしている元同僚の知り合いというだけだ。

それなのに、ネパール入りしてからというもの
「いまは どこに いますか?」
「こまっていることは ありませんか?」
「びょうき や けがは ないですか?」
などなど、個人旅行でネパール入りし、初のトレッキングに挑む私たちを案じてくれていたのだ。
これらのメールを、そしてAさんの存在をどれほどありがたく心強く思ったことか。

上級ガイドライセンスを持ち、日本の有名登山家をサポートしてエベレストへも登山するベテランガイド。NHKのヒマラヤトレッキング番組に、エベレストベースキャンプにいたAさんを見つけたスタッフが、親しげに声をかけるシーンが映っていた。それほど有名な人でもあるAさんが、奥様の手料理で招いてくださるという。願って叶うような機会ではない。そして何よりも感謝の意を伝えたい。もちろん二つ返事で伺うことにした。

縮IMG_3900
カトマンズで。

ネパール 43 えぇ誰がネパールへ来たって?
水平線に向かい真っすぐに伸びた二車線道路が、なんと習近平中国国家主席がネパールへ到着するということで閉鎖されていたのだ。
縮IMG_3931

いきなり警官にストップさせられ路地へと誘導された。幹線道路を外れると、狭くうねった道ばかり。前からも後ろからも右往左往する車、車、車。ようやく広い道路へ出たかと思うと、また警官が立ちはだかり路地へと逆戻り。これではいつまで経っても前に進まない。

と、突然運転手が、驚く行動に出た。

警官に向かって「ゲスト!ゲスト!」と大声で叫び、通行止めを無視し車を走らせたのだ。
あの習近平主席のためにだけ用意された広々とした空間を走り抜けるこの快感! 
私は思わず声をあげて拍手喝采し続けた。
縮IMG_3903


沿道には、習近平の顔写真を貼った歓迎ボードがズラリと並ぶ。歩道上で、周主席を歓迎するための楽団?が待機している。
「あの車は何?」と呆然とする人々の顔が後ろへと流れていく。
縮IMG_3904

警官に阻止されるたび、後ろの私たちを指さしながら「ゲスト!ゲスト!」を連発する運転手。警官を縫い車は猛スピードで走り抜ける。

でも、これって暴挙じゃない?
もちろん日本ではあり得ないし、某国だったら警官が銃を撃ち阻んでもおかしくない。
私たち、VIPゲストだっけ? 
いやいやただのトレッカー客……なのに。

ネパール 42 ネパール道路状況
カトマンズ市内まで、車で3~4時間ほどかかると聞いていた。
迎えに来てくれた車は大きめのバンでシートの座り心地もよく、快適なドライブを期待させるに十分なものだった。快晴のもと雲の上に顔を出す美しいヒマラヤ山脈を愛でながら、さぞかし……と。


ところが実際は舗装されてないガタガタ道、すれ違うのもやっとの山道を濛々と土煙をあげながらガンガン走るので揺れる!揺れる!スピードを落とさず穴ぼこ道でタイヤがとられるたびに、天井や窓ガラスにしこたま頭をぶつけること頻り。

あまりに私たちがどこかぶつけるたびに、「痛い!」だの「ひゃぁ!」だのと、うるさいからかスピードを落とし、穴を避けて走ってくれるようになった。しかしその分時間がかかり、カトマンズ市内へ入ったころには、みんなグッタリ。

ようやく舗装道路を気持ちよく走り始めたと思ったら、いきなり渋滞。

えぇ? 〇〇が来るから通行止め?

縮IMG_3974
カトマンズ市内の旧市街地で



ネパール 41 復路カトマンズへ 1
またまた、長らくお休みしてしまい、申し訳ありません。
ここからはテンポよく、「ネパールの旅」を綴っていきますので、お付き合いくださいませ!


いよいよ旅も終盤。ポーターさんたちと「お疲れさん会」をした後、シーズン中ポーターさんたちが寝泊まりしているところへ招いてくださった。お酒が入ったせいか私は腰痛がひどくて行けなかったのだが、友達夫婦の話によれば、想像を超える別世界、まさに「ネパール地元民たちの日常」へポンと入り込み面白い経験ができたのだとか。返す返すも残念。私も覗いてみたかった! 
薄暗い灯りのもと長老たちがずらっと並び、手作りの濁酒を飲みあう場に、一緒にトレッキングをしたとはいえ、そういつでも招いてくれはしない。この16日間で親密になった証だろう。

ルクラからカトマンズ空港へ直で戻りたいが、カトマンズ空港が改修工事に入り、ラムチャップ空港を使わなければならなくなったという。カトマンズ市内へはそこから車で3~4時間ほどかかると聞いていた。
縮IMG_3891

座席は、窓際1列のみの小さな飛行機に乗って、いざラムチャップへ。
縮IMG_1142

着陸してみたら、トタン屋根?の小さな空港だった。
エベレスト街道はネパールのドル箱路線、シーズンに入るや連日大勢のトレッカーが押し寄せる。果たしてこんな空港で大丈夫だろうか? 重機が不足しているので、改修を終えるまで数年もかかるらしい。
縮IMG_1151

今回、帰路だけ利用の私たちはまだよいが、往路で早朝ルクラへ飛ぶには、他国からネパール入りした人たちは、深夜カトマンズ市内を出てここまで来るか、この近くに宿をとるか? といっても、周りにはホテルらしきものもほとんど無い。工事が終われば、また閑散としたローカル空港に戻る、となれば成金稼ぎに次々とホテルを建設するわけにはいかないと思うが、それでも建設中の建物があちこちに。

タクシーが待機しているでもなく、バス亭があるようにも見えず……。
17日ほど前に予約しておいた車を待つしかない。


ネパール 40 エベレストビューホテル
シャンポジェのロッジ近くに、日本人が建てたという有名な「エベレストビューホテル」がある。部屋には湯槽、専用のヘリポートまであり、エベレストを見ながらの食事が楽しめる素晴らしいホテルらしい。しかし宿泊予約は、日本の某旅行会社を通したツアー客しか取れないという。本当だろうか? 真相を確かめたい。

宿泊できないなら、せめてデッキでエベレストを見ながらお茶でもと、4人揃った翌朝出かけてきた。
ロッジから20分ほどで到着。
縮DSC02981

泊まっていたロッジとは雲泥の差。この風格、設備がないと「ホテル」と言えまい。
ロビーにはグランドピアノまである。


フロントで宿泊の件を尋ねると、やはり聞いていた通り、個人旅行者は受け付けていないという。
しかし、そのホテルで見かけた欧米人男性に聞いてみると、ヨーロッパからのひとり旅だが、ここに泊まっているというではないか! 日本人の個人客は受け付けないのに??

「ホテル」だが、飲み物や食事の値段は「ロッジ」と同じ。
幸い晴天に恵まれ、人気ですぐ満席になると聞くデッキのテーブル席でエベレストを眺めながら、ゆっくりランチ。


帰るころには、もう雲がエベレストを隠し始めた。
縮DSC02994