FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ネパール 45 ラスト
タクシーで指定された場所までいくと、短パン姿のイケメン若者がバイクに乗って現れた。
私たちは、勝手にAさんのことを40歳前後、もしかしたら熟年世代に入っているかも?と思い込んでいた。前回も書いたが、上級ガイドの資格を持ちエベレストやアマラムダムなど高峰の登頂をサポートし、日本人登山家たちの招待で来日してもいると聞いていた。そんな経験豊かなAさんは、どうみても20代前半の精悍な若者にしか見えない。

カトマンズ郊外の新興住宅地にあるご自宅にお邪魔すると、小学校低学年のお子さんや奥さま、親戚の若者たちがあたたかい笑顔で迎えてくれた。

日本語が堪能なAさんと話がはずみ、次々と出してくれる奥さんの手料理に舌鼓をうちながら、あっという間に時間が過ぎていく。
縮IMG_3946
銀色の筒に入っているのは、きびで作ったお酒。ストローで飲む。

登山やトレッキングでガイドをつとめるとき、Aさんは、顧客のその日の健康状態や動きなどを毎晩小まめに記録し、食事の手配やトレッキングのペース配分などに活かすのだという。また同じ山でも見る位置により姿が違うので、往路と帰路では別のルートを提案するなど、どうすればより顧客に満足感を覚えてもらえるかをいつも考えているそうだ。ガイドとしての姿勢、意識の高さには感服する。

インターネット利用により世界中からトレッカーがやってくるようになり、ネパールでのポーターやガイド業も変換期を迎えているのだと語る。英語や日本語など語学取得が必須になり、以前はガイド任せだったことをルール化し、ネパール全体のガイドの質を上げようと取り組んでいるとも。またカトマンズ国内線のターミナル拡充が急がれているのだが、思ったように工事が進まないことを嘆いてもいた。
縮顔IMG_3949


ネパールが遠い昔のようでもあり、つい数日前のようでもある。

ここ日本では、水道水をふんだんに飲める、適温のシャワーが突然水に変わることなど絶対にない、暖かい部屋、もちろん空気の薄さを意識する必要もない。食べ物も服も欲しいものは何でも近場で揃えられる。

でも……
何日も身体を洗わなくても、同じ服を毎日着ていても、どうってことないことを。
電車、自動車、コンビニ、テレビ、洗濯機……何もなくても生きていけることを。
そして人間が、自然に寄り添い、その営みにあわせれば、静かに平穏に心優しく笑顔になれることを。
そんな当たり前のことに気付き、多くの人々に支えられた旅であったことをありがたく思い返す。

あれからずっと、この心地よい余韻に浸っている。
雑用に追われ、せわしなく辛く感じるとき、この感触を呼び起こそう。
心に宝物がひとつ増えた。
 
ネパール帰国後、腰痛を本格的に治すため手術を受けました。次回はその話を!
スポンサーサイト




コメント
素敵なエンディング
なぜ
あなたが ネパールに
行くのかなあ と
思っていましたが
答えの一つが
わかった気がします
旅をしてもしなくてもいいけれど
いいことがつかめるチャンスであるわけですね
素晴らしい写真とともに
淡々とした旅日記を
ありがとうございました

[2020/02/29 17:46] URL | haruhi #3Vha0Ou6 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ykk88.blog.fc2.com/tb.php/1032-cab0cadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)