FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
辛淑玉さんの講演会
在日問題、慰安婦問題、竹島をめぐる日韓問題、在日3世の視点でどう語るのかと楽しみに出かけてきた。
しかし今回は、東日本大震災によってあぶり出された、現場に出向かないと見えない、知り得ないこと、「人」が壊れるということについて語ってくれた。


・被災後、早々と命を落としていったのは、耳が聞こえなかったり目が見えない障害のある人々だった。
・被災地域内の外国籍9万人のうち、死亡確認は23人のみ。在日韓国人の60世帯、中国人100人以上が不明。
・中国人や朝鮮人が警察官を殺しているというデマが流れた。

・避難所に女性専用の小部屋を用意すると「女性だけ優遇だ!」と憤る。
・自治体の職員や教員、税金で養われている公務員には何をぶつけても良いと思っている。弱い立場、逆らわないと思っている人には強く出る。

・多動の障害を持つ子の母親は、周りの批判に耐えきれず子どもを柱に縛り付けた。
・母親が身心弱っていると感じた5歳の子が「僕を養護施設へ入れて、お母さんを病院へ連れて行って」と頼むのだという。たった5歳の子が。

・汚染地域への立ち入り禁止フェンスで任務に就いている28歳の警察官が、何度も何度も「あなたは誰ですか」と詰問する。その異様さに「恐いのですね?」と問いかけると、「恐いんです。僕はもう子どもを作れません」とつぶやいた。
・助かって良かったと抱き合って喜んだはずなのに、避難所生活のしんどさやショックで痴呆症になってしまった親を「あのとき死んでいてくれたら」と思ってしまう。
・仙台の道路で、匍匐前進をする自衛隊員を見た。


3.11の大震災後、人が、心が、壊れていった。
マスコミは、あれほどの悲惨な状況下でも、日本人たちがどんなに辛抱強く助け合い生きてきたかを繰り返し繰り返し伝えた。むろんそうやってメディアで励まし、あの危機的な状況を何とか乗り越えてほしかったからだ。
それでも人は脆く、弱く、壊れていった。その、できうるならば見たくない、認めたくない人の弱さは、やはりあちこちで露呈していたのだ。

そして辛淑玉さんは警告する。死ぬまで、心が壊れるまで公に尽くすことを美化する刷り込みは、ある意味「暴力」であると。

女子高生から「辛淑玉さんにとって、生きるとはどういうことですか?」という質問が出た。
彼女は、こう答えた。


人は必ず死ぬ。死に向かって、一生懸命生きること。死に向かう時間をどう使うか、自分が嫌だと思ったことを、他者にはさせないようにするにはどうするべきか、そう考えながら、今を生きることに意味がある。強い者に頼り、弱い者をたたくことがないよう、自分をしっかり持って生きること。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ykk88.blog.fc2.com/tb.php/167-c060a728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)