FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
中国 桂林18 路線バスの旅 9
「翌日、程陽八塞区へ行きたいのだが」とフロントのお姉さんに相談してみた。できれば路線バスを利用したいこと、桂林までの高鉄(新幹線)三江駅発車時間も伝えて。
橋IMG_7872


すると夜10時近かったと思う。部屋の電話が鳴った。フロントのお姉さんからだった。程陽八塞区までの車チャーター代と4人分の入村料、ホテルから三江駅までのタクシー代を入れて300元で可能ですが、どうしますか?という。程陽八塞区からの戻りは路線バスを使うということで、と。

龍背梯田への入村料が1人80元だった。ならば300元はお得では?と、お願いすることにした。なお荷物をホテルに預かってもらい出かけるので、帰りは一度ホテルへ戻り、三江駅へ向かう予定。

翌朝9時、どう見てもお姉さんの知人?恋人?と思われる若者が、白い高級車(車に疎いので車種は分かりません)で迎えに来た。走ること30分ほどで程陽八塞区の村内に到着。

住民が使う裏道を通ったのか、入村料を払う所はどこにもなかった。

運転手のイケメン若者君は私たちを降ろしてサヨナラではなく、自ら少し村の中を案内してくれ、写真撮影まで手伝ってくれた。
板張りの橋IMG_7768

時間が早いせいか、観光客の姿を見ることはない。静かな村人の時間がゆったりと流れている。鶏がのんびりと我が物顔で道の真ん中を行き来し、人々は土産物店を開ける準備に忙しい。
IMG_9028.jpg

川の向こう岸では、若者たちが豚を解体していた。生々しい光景に驚く。どうもお祭りでもあるらしい。昼過ぎには多くの村民たちが川岸に集まっていた。

1軒しかないのだろうと思っていた民宿はあちこちにあった。ネットやガイドブックで見る建物や橋は時代を感じさせる古いものだが、観光地として潤ってきたのか、新しい家が予想以上に多い。


村の中心あたりにある建物で、トン族の人々が演奏や踊り、歌を披露してくれた。なかなか見ごたえ聴きごたえのある舞台だった。出入り自由。しかも無料。
トン族演奏IMG_7739

IMG_9003.jpg
ランチを村の小さな店で摂る。お腹いっぱい5種類も食べて、1人500円もかからない。
景色に癒され、お腹も満ち良い気持ちでバス停までプラプラと歩く。

すると村の出入り口に看板を発見。
なんと大人60元。ただし65才以上は無料。60才以上は30元。
つまり夫たちは無料で妻たち2人分60元だけ払えばよかったってこと??

さらに帰りのバスは1人4元。
えぇ~~???

往復路線バスを使えば92元で済んだのかぁ?

とはいえ、バスで行けば観光客がいない普段の村の景色を見ることはできなかったかもしれないし……。
ホテルから三江駅までのタクシー代も入っていたし……。
イケメン若者も親切だったし……は、余計か! アハハ!
中国 桂林 17 路線バスの旅 8
夕食は、雨の中出かける元気が出ずホテルのレストランで。

野菜肉入りスープ 河魚とパプリカ 肉炒め セロリとかナッシュ炒め 菜の花炒めの5品で、1人1300円弱。昼食の倍だが、ホテルのレストランと考えると安い!

河魚とパプリカ。これはとても美味しかった。
縮P2140086

ところがこの肉炒めには、熱々の肉に、なぜか冷えた肉が混ざっていた。 
縮P2140087

食べ残しは、中国や韓国では食の文化・礼儀。食べきると、足りないと判断され、またよそってくれる。だから、「もうお腹いっぱい、満足!」の証として食べ残す。
全て食べるのが、作った人への感謝の証という日本式とは大違い。

が、食べ残したものをどうするのだろうと、前々から疑問だった。
いつだったか、韓国で、お客が食べ残したおかずを元の容器に戻す様子が放送で流れ、問題視されたことがあった。

とはいえ、食べられるものを捨てるのは「もったいない」。
再利用はありかもしれないが、せめて同じ温度に合わせてもらいたかったなぁ~。

中国 桂林 16 路線バスの旅 7
‪3時発のバスに乗り込み山を下る。‬
‪従兄がバスの中で学生から情報を得て、龍勝バスステーションで乗り換え三江へ。乗降者する客は少なかったが、意外と時間がかかり、三江バスステーション到着したのは、夕刻6時をまわっていた頃だった。‬

‪ここから程陽八塞区までどのくらい離れているのかわからない。バスステーションは店じまいしたように閑散として、係員の姿もない。‬

‪この時間から程陽八塞区へ行き民宿を探すのは厳しいと判断し、昨夜のホテルと同系列の「三江環象酒店」へ向かうことに。ただ空部屋があるかどうかは行ってみないとわからない。‬

‪タクシーを探す私たちに白タクの兄ちゃんたちが声をかけてきた。‬
‪従兄が、50元というのを30元に値切り、交渉成立。‬

‪金曜の夜、ホテルの宴会場で、盛大なバースディパーティーが開催されていたようだが、幸いにも空きがあった。
三江ホテルIMG_8962
‬‪それらの条件が揃いながらも今回の旅で一番広く、窓からの景観も素晴らしい部屋に宿泊できた。しかも朝食込みで一部屋8806円(一人あたり4400円)。‬


‪日本の桂林ツアー日程を見ると、三江で泊まる例をみない。その意味で穴場かもしれない。‬
中国 桂林 15 路線バスの旅 6
地元のおばちゃんたちが焼いた、熱々甘~い焼き芋に幸せを感じるや、マイナスベクトルに振れがちだった気分が逆回転しだす。
縮P2140062

そうだ、先ずはお腹を満たそう!
数軒並ぶ土産物屋や食堂を覗き込み、客が多そうな店を探す。

米粉の温かい麺2種類を2杯、キノコたっぷりの野菜炒め、竹筒飯に豆腐料理を4人で分けて食べる。
縮P2140068

竹ごはんP2140070
5種類食べて1人たった700円弱。どれも優しく、日本人好みの味。

縮豆腐P2140072
茹でた豆腐をこんなチャーミングに!

さてどうやって、この山の上から降りようか?と4人で相談。
ヒッチハイクもありだと思うが、まずは本当に5時までバスがないのか、確認することに。
食堂のおやじさんに、山を下りるバスは何時か従兄が中国語で聞くと、3時だという。

ほらほら、道が開けた。
個人旅の面白さは、ぶつかった壁をどうやって打開し前へ進むか!にもある。
縮P2140065
もう少しこの道を登ると……
縮 P2140073
こんな景色が見られたはず。

中国 桂林 14 路線バスの旅 5
さて「龍背梯田」に路線バスを乗り継ぎ到着したのが、12時30分。昼食を摂る前に、まずは帰りのバスの時刻をチェックしなければ! バスの運転手に従兄が確認すると、17時と答えたという。

次の訪問地「程陽八塞区」での民宿泊を実現するためには、ここを見学後明るいうちに移動したいので、17時では話にならない。

バスを降り、時刻表を探すが見当たらない。
霧雨で視界も悪い。残念ながら美しい菜の花と茶畑の棚田「龍背梯田」を楽しめそうにない。

まさかここで5時間……。
置いてけぼりを食った気になる。
龍背IMG_8951

寂れた橋を渡り、少し登ってみる。
観光客がほとんどいない。
しかしそれは良い。
霧も小雨もこの雰囲気と合う。
卵と焼き芋IMG_8952

東屋のようなところで、おばちゃんたちが焼き芋や焼き卵を売っていた。
中華鍋に直接具材や炭を置き焼いているだけ。

芋を二種類(安納芋と紫芋)買い、4人で分ける。1本5元(43円)。
甘さが空腹と心に染みる!

で、どうしたもんだろう? 5時間も。